KONASUKEの部屋 さん プロフィール

  •  
KONASUKEの部屋さん: KONASUKEの部屋
ハンドル名KONASUKEの部屋 さん
ブログタイトルKONASUKEの部屋
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/konasuke_2012
サイト紹介文笠間での日々と風景 出会った生き物 映画やテレビの感想など 時々政治
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供992回 / 365日(平均19.0回/週) - 参加 2015/01/15 14:02

KONASUKEの部屋 さんのブログ記事

  • マルウンカ
  • マルウンカ。丸っこくて、前翅が固そうで。ちょっと甲虫っぽいけど、カメムシ目です。この目力!分類:カメムシ目マルウンカ科マルウンカ亜科体長:5〜6mm分布:本州、四国、九州   平地〜山成虫の見られる時期:4〜9月エサ:植物の汁参考:日本の昆虫1400①チョウ・バッタ・セミ(文一総合出版・刊)ほか [続きを読む]
  • 閲覧注意・ツチハンミョウ幼虫
  • クチナシの花に、何か黒いポチポチ。思いっ切りトリミング。ツチハンミョウの幼虫です。こうしてハナバチを待ち構え、上手くメスの脚にしがみつけたら儲けもの。巣に潜り込んで、卵を食べ、ハナバチの運ぶ蜜や花粉を食べます。確か「ファーブル昆虫記」でのタイトルは、「泥棒虫・ツチハンミョウ」とかだったような。もっとも幼虫は、他の虫とハナバチの区別がつかないそうですし、運よくハナバチの巣にたどり着いても、蜜に溺れて [続きを読む]
  • ヘリグロテントウノミハムシ?
  • テントウムシそっくりですけど、コイツ、偽物です。ヘリグロテントウノミハムシ? だと思います。(テントウノミハムシの可能性もあります。)本物と違って、触覚の形が違うし、長いです。ほとんど動かないことも特徴。乗っているキンモクセイの葉が削り取られているのが、何よりの証拠。滅多に馬脚は現さないんだけど。珍しく脚が見えてますな(笑)テントウムシは翅で飛んで逃げますが。コイツはジャンプして逃げます。だから「 [続きを読む]
  • トビイロトラガ
  • トビイロトラガ。一般的には、後翅のオレンジ色が美しいと言われてるんですが。今回は撮影できず。でも、この前翅も、実際に観ると、もっと美しい紫色だったですよ。分類:チョウ目ヤガ科トラガ亜科翅を広げた長さ:44〜46mm分布:本州、四国、九州成虫の見られる時期:4〜8月エサ:成虫・・・樹液   幼虫・・・ブドウ、ノブドウ、ヤブガラシ、ツタなどの葉参考:昆虫エクスプローラほか [続きを読む]
  • アカヒメヘリカメムシ?
  • アカヒメヘリカメムシでしょうか?ネットの画像で観るより、色が薄い気がします。もしかすると、羽化して間もなかったのかも。分類:カメムシ目ヒメヘリカメムシ科体長:5〜8mm分布:全国の平地〜低山成虫の見られる時期:4〜11月エサ:イネ科、タデ科、キク科などの汁参考:ポケット図鑑 日本の昆虫1400①チョウ・バッタ・セミ(文一総合出版・刊)ほか [続きを読む]
  • ウメエダシャク
  • ウメエダシャク。昼間、活動する。白と黒のまだら模様の翅。腹は黄色と黒の縞模様。この個体は、何か、翅がシワだらけだけど。羽化不良なのか、羽化したばかりなのか。6/18撮影。分類:チョウ目シャクガ科エダシャク亜科翅を広げた長さ:35〜46mm分布:北海道、本州、四国、九州、対馬成虫の見られる時期:6〜7月エサ:成虫・・・花の蜜   幼虫・・・ウメ、モモ、アンズ、サクラ、リンゴ、ナシ、マユミ、ニシキギ、コマ [続きを読む]
  • ホオズキカメムシ
  • ホオズキカメムシ。ぶっとい後脚が特徴。灰褐色の体。腹には、黄色と黒の縁取り。お尻も写してみる(笑)身体には、細かいトゲがある。しばらく似た画像が続きます(笑)分類:カメムシ目ヘリカメムシ科ヘリカメムシ亜科体長:13〜14mm分布:本州、四国、九州、南西諸島   平地〜低山成虫の見られる時期:4〜11月(成虫で冬越し)エサ:トウガラシ、シシトウ、ホオズキ、アサガオ、ヒルガオ、サツマイモ、サトウキビ、 [続きを読む]
  • ハチ目の1種
  • ハチ目の1種。最近、分類すらよく分からない虫と出会うことが多くて。同定に四苦八苦してます。今回、もはや「目」までしか分かりません。深い緑色に輝く胸。翅には黒い筋があるようです。脚は、根元近くが黒、先の方がオレンジ色。同じくオレンジ色の腹にも、不明瞭な黒い模様が。特徴的なのは体型。横から見たところ。この細い腰。腹の形は、ちょっと表現方法が見つからない、奇妙な形態をしています。サイズは数ミリ。大きさと [続きを読む]
  • ウスイロクチキムシ
  • ウスイロクチキムシ。初めは、樹上性のゴミムシの仲間かとも思ったんだけど。それらしい候補が見つからず。他の虫のことを調べていた時、偶然、似た画像を見つけました。オレンジ色のボディ。前翅には微毛が生えています。前翅の後ろの方では、ビロード状に見えます。6/18撮影。分類:コウチュウ目クチキムシ科体長:約6mm分布:本州四国、九州、対馬、南西諸島成虫の見られる時期:4〜10月エサ:成虫・・・枯れ木やキノコ  [続きを読む]
  • コメツキムシの1種
  • コメツキムシの1種。栗の花の中。横からの写真しか撮らせてくれなかったので、同定は不可。しかし、栗の花には、多くの抜け殻のようなものが見られるけど。単なるアブラムシあたりの抜け殻なのか?コメツキムシの中には、小昆虫を食べる肉食の種も知られているけど。多くのコメツキムシは、成虫の餌は、よくわかっていない。この子は、何を食べるんだろう? [続きを読む]
  • キイロシギアブ♀
  • キイロシギアブのメス。オレンジ色のボディ。円錐形というか、紡錘形の腹が特徴。翅のと脚の先は黒っぽい。オスは左右の複眼の間がもっと狭い。また、腹の先の方に、黒い縞模様が多いようです。この個体は、栗の葉の裏にいました。6/18撮影。分類:ハエ目シギアブ科体長:6.5〜10mm分布:本州成虫の見られる時期:5〜8月エサ:不明参考:虫ナビ [続きを読む]
  • アトジロサビカミキリ
  • アトジロサビカミキリ。体長1cm程の、小〜っちゃなカミキリ。身体は黒褐色で、黒い錆びのよう。前翅の後ろの方に、白い微毛が、白くて太い帯のようになる。6/18撮影。分類:コウチュウ目カミキリムシ科フトカミキリ亜科体長:7〜11mm分布:北海道、本州、四国、九州   平地〜山成虫の見られる時期:4〜8月エサ:成虫・・・広葉樹の枯れ木の樹皮や枯れ葉   幼虫・・・広葉樹・針葉樹の木の中参考:ポケット図鑑 日 [続きを読む]
  • テントウ類幼虫→蛹
  • 何だろう?これ?、と思って写真撮って、帰って観てみたら、テントウ類のサナギが脱皮中だった。しまった!もっと良く観察しとくんだった!近くには幼虫もいたけど、同じ種類かな?6/18撮影。 [続きを読む]
  • クサギカメムシ
  • クサギカメムシ。前回は、翅に異常がある個体の写真だったので、再録。分類:カメムシ目カメムシ科カメムシ亜科体長:16mm分布:本州、四国、九州、南西諸島成虫の見られる時期:4〜10月エサ:成虫・・・クワ、クサギ、ウメ、モモ等の果実の汁や大豆・インゲンマメ等の豆類   幼虫・・・主にスギ・ヒノキの球果参考:虫ナビ [続きを読む]
  • タテハサムライコマユバチが羽化
  • タテハサムライコマユバチ。大きさは3mm程度かな?小さいうえに、よく動く。ガラス瓶越しなので、ピントはイマイチ。6/2に、ルリタテハの幼虫から出て、繭を作ったワケだが。6/23朝の時点で、3匹が羽化しているのを確認。三匹のサムライ・・・コマユバチ(笑)繭の一部を、ハサミで切り取ったりしたので、圧で死んだ者が多かったのか?それとも、これからまだ、遅れて羽化するのか?ガラス瓶越しなので、フラッシュをたくと、 [続きを読む]