劇団にひき さん プロフィール

  •  
劇団にひきさん: 今日もどこかで野遊びを〜
ハンドル名劇団にひき さん
ブログタイトル今日もどこかで野遊びを〜
ブログURLhttp://gekidan2.naturum.ne.jp/
サイト紹介文キャンプ天国東北を中心に自然回帰をテーマにお気に入りのスタイルキャンプをご紹介
自由文英国製ランタンにこだわる夫と冷え性なのに冬キャン大好き妻のしっとり大人なキャンプスタイルと料理、赤メインの道具選びで見ているだけで元気が出るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2015/01/16 09:25

劇団にひき さんのブログ記事

  • 冬キャンプ NOTE 熱源 テント内温度の相関データまとめ
  • 外気温6℃熱源 ガスストーブ&BIALADDIN(プレッシャーランタン)テント BA BURN RIGDE OUTFITTER 4テント内温度 15℃外気温5℃熱源 アルパカストーブテント CABANON NEPTUNE3(フルコットン)テント内温度 22℃外気温−3℃熱源 アルパカストーブ&BIALADDINテント SP トルテュライトテント内温度 9℃外気温 6℃熱源 ナシテント LUXE MEGAHONE IIテント内温度 記録ナシ外気温 2.7℃熱源 アルパカストーブ&BIALADDIN&布団乾燥機コタツ [続きを読む]
  • 温泉!焼肉!トルテュライト&バーボンin 遠刈田キャンプ適地
  • この幕を使って約三年、50泊以上を共にしたトルテュライトここにきてこれまでで最もピシッと美しく設営できた事に誇らしさを感じた。出撃時の予報では等圧線の間隔が非常に狭く列島を輪切りにするように何本も走っている天気図こんな日は北西の風が終日強く吹く暗示大好きなオープンタープでのキャンプは危険レベル小さい幕でのこもりっぱなしのキャンプは気が休まらないかと言ってbahariをこの無料の営地に夕方から一泊のために設 [続きを読む]
  • トルテュライトにアルパカin 久々にインナーテントを下げてみた。
  • 風が収まるのを待ってトルテュライトを設営した。明るいライト幕は、剥き出しの白雪のお陰でいっそう明るくなり早々と訪れるこの時期の夕刻まで陽射しの衰えを感じさせなかった。あらゆる部分においてちゃんとしていて抜け目のないトルテュライトは腰痛を抱える二人にも優しく労わりを感じるツールーム宵の明星の傾きに春を感じた氷点下キャンプこれだからキャンプはやめられないにほんブログ村皆様の励ましにいつも感謝しておりま [続きを読む]
  • 冬キャンプの熱源のダークホースは復活するのか? 後編
  • 2017/02/08冬キャンプの熱源のダークホースは復活するのか? 後編氷点下の雪中キャンプではスカート付きフルインナー装備の冬幕は万全なのか?とことん山豪雪キャンプは通常疑問に持たない当たり前をある意味くつがえすキャンプだった。このキャンプ、氷点下の雪中キャンプにもかかわらず石油ストーブを捨てた。持参したのだから使えばいいだけだったが二月のとことん山 積雪2メートル弱という豪雪キャンプにおいてかさ張る荷物を [続きを読む]
  • 楽しみで眠れない夜が続くそんなキャンプ地
  • 早朝5時44分まだ日の昇らない雪景色の中、除雪車輌の運転音が響いていた。幕の外に一歩足を進めるとキーーーーンと凍てつく空気全ての音を吸収する雪景色、その他に耳に届く音はムギュムギュと雪を固めるように踏みしめる私の足音とシュラシュラとリズミカルに鳴く防寒用アウターの衣擦れの音そして時折、サラーっと幕を滑り落ちて行く粉雪あのキャンプから2年が経っていた。凍結必至の山越えのルートステアリングを握る手は汗で [続きを読む]
  • 冬キャンプの熱源のダークホースは復活するのか?
  • 冬キャンプにおけるテント内の熱源は数あるが最も実用的で小さい幕ならそこそこ暖められられる火器の一つに加圧燃焼式ランタンがある。それはもちろん光ってなんぼ なのだがあれば心も身体も温まるもし冬キャンプを経験しなければ私がケロシンプレッシャーランタンを手にする事はなかったかも知れない。そんな我が家の実用お宝VAPALUXとBIALADDINVAPALUXはヴァポライザーの交換がなされず二軍落ちしたままだがBIALADDINは片時も離 [続きを読む]
  • ビンテージテントの樹脂部品を自力で補修できるアレが凄い!
  • 大好きなフルコットン幕CABANON NEPTUNE3雨以外の冬の出撃ではこれほど快適かつ頼りになる幕は見当たらない。ただ、ビンテージ幕ということで随所に疲れが出ている。ここ数回の幕営では疲れどころか破損なんて箇所も見付けてしまったから さぁ大変今回問題の患部は中間ポールと最後部を屋根部分で真横につなぐリッジポール付け根の樹脂部品写真は前方連結部分だがこの後部ポールエンドは輪っかが付いた樹脂部品がはめ込まれ最後部 [続きを読む]
  • シェラカップを知らない我が家がシェラカップを選んでみたらこうなった!
  • キャンプで美味いものを食ういつからそうなったのかは定かではないがもしかすると最初から全てのキャンプに共通する重要なテーマだったに違いない。前にも何度か当記事では述べた事のある話だが…人の味覚というのは非常に繊細かつ曖昧で様々な要件の影響を受けやすい事が科学的に証明されている。これは人の五感に優先順位があり優先順位の高い情報を得ている時は下位の感覚器は感じづらく味覚の優先順位は最も低いという事。つま [続きを読む]
  • 我が家がハイランダーのインフレーターマットについて思う事
  • 我が家がビギナーだった頃、とにかく妻がこだわったのはキャンプにおける快眠だった。初めて二人で行ったのは山形県古龍湖キャンプ場だったが…道具も何もないままBBQコンロと簡単タープのみ車に積みこみ正に今で言うタープ寝キャンプだった。シュラフはなく自宅の布団を持参、ロウソクを囲むように配置まるでそれは中世の何やら怪しい宗教儀式のようでもあったが楽しいキャンプだったのを覚えている。その後、年一キャンプが月一 [続きを読む]
  • 再考 メガホーンII 買って良かったエピソード
  • 次はどこにどの幕で行こうか?一泊だしササっと設営撤収出来る幕で山奥にでも行きたいもんだ。こんなシチュエーションで重宝するのがLUXE MEGAHORN II1度使用したら病み付きになる訳もなくキャンプに出かけたくなる参天テントこの販売コピーの通り簡単設営、充分な居住性がウリの人気の幕我が家でも2015年より追加設定されたデザートカラーモデルを所有している。昨年、テンマクデザインより発売されたコットン混紡幕サーカスTCと [続きを読む]
  • キャンプ幸福論概論 1月のオープンタープ最終話
  • 明かりが灯った瞬間適温のお風呂に浸かった時想像以上に美味しいものを食べた時眼前の美しい景色に清々しさが込み上げてきた時意識せずとも、ついつい人は笑顔になっている。そんな笑顔が沢山あらわれるのがキャンプ手が冷たければ熱に手をかざすだけで笑顔は訪れる。両手を温められれば心までほっこり五臓六腑を温める料理は格別他には誰一人いない物哀しい冬の営地には焚火の煙とランタンと石油ストーブから漂う灯油のにおい。こ [続きを読む]
  • 1月のオープンタープ
  • 今期二度目の雪中キャンプ予報最低気温マイナス3度身体を暖めるのはアルコール度数63.85%のストレートバーボン BOOKER'S1月のオープンタープを満喫するこれだからキャンプはやめられないにほんブログ村皆様の励ましにいつも感謝しております! [続きを読む]
  • キャンプコタツ3号機は高さにこだわる
  • コトコトコトコトBAHARI-4の中ではコッパーケトルが湯を沸かす音が響いていた。時折、風が森を揺らす音も耳に届き幕を小刻みに揺らす。有名な安達太良の風に動じることのないBAHARIの幕営は安心でとにかく頼もしい限りだった。年越し、幕の中を見渡す位置からのこの眺めが未だ目に焼き付いている。妻の目にはと言えば、こんな幕内の景色それはコタツのお陰様。我が家のコタツチャレンジとしては3号機年越しキャンプシュミレーショ [続きを読む]
  • 出撃直前、恐れていたインシデントに遭遇
  • 夜中、吐き気に襲われ目が覚めた。そう言えば日中から水下痢に悩まされてもいた。指を入れて無理に吐くまでもなくドバッとそれは噴射三度目のマーライオンにだだならぬ体調をやっと自覚した。病は気からが信条の私はこの自覚にいつも時間がかかる。頭をよぎるのは日曜の出撃に立ち込める暗雲。睡眠をとりたくても、とにかく吐き気に耐えきれず眠ることもままならなかった。こうなると思考はどんどんネガティブに向かうのだが…翌日 [続きを読む]
  • 年始早々のバチ当たりキャンプ 遠刈田キャンプ適地
  • 年越しキャンプから1週間ある意味いろんな思いを果たし疲れ果てた夫婦二人でもあった。そんな時は、いつもの仲間とワイワイやって疲れを癒したいやって来たのは遠刈田キャンプ適地夏以来となる道端のキャンプ地、我が家はこう呼んでいる。明日の予報は雨雨撤収となると簡易な装備がありがたいそんな我が家のワガママを察してくれてソロなのにシェルターを出してくれた手羽さんに感謝の幕開けだった。今回持参したビールは世界のフ [続きを読む]
  • 劇団流カマンベールで熱々とろ〜り洋風鍋
  • こんにちはノシお久しぶりの妻です。今年も劇団家のキャンプごはんレシピをご紹介しようと思っています。宜しくお願い致します^^今回、ご紹介するのは【劇団流カマンベールで熱々とろ〜り洋風鍋】寒い冬キャンプで身体の温まるお鍋は最高ですよね〜!定番のおでんに飽きたら、こんな洋風のお鍋はいかがでしょうか。それでは4人分の材料です。●エリンギ 1P●シメジ 1P●ブロッコリー 1房の半分●プチトマト お好みですが、 [続きを読む]
  • 延泊で生き返る 年越しキャンプ2016〜2017 最終話
  • 当初予定の最終日の朝を迎えた。2017/01/10後悔しきりの元旦 年越しキャンプ2016〜2017 その22017/01/04年越しキャンプ2016〜2017 電源サイトだからこそ出来る妻が望んだ究極のカクテルキャンプ大晦日から二泊して、天候コンディションは一番良かった。妻はまだ起きてこないがズラリと並べていた道具たちを一つ一つ手に取りなんともシックリいかない気分で店仕舞いの準備そのうち妻の目も覚めた。起き掛けなのにズッと起きてたかの [続きを読む]
  • 後悔しきりの元旦 年越しキャンプ2016〜2017 その2
  • テントの中に差し込む新春の柔らかい陽射しフォレストパークあだたら林間サイトの静かな静かな朝これが2017年のスタート。呑み潰れた大晦日のせいでやけに身体は気怠いものの新しい一年が、この様な包まれるような陽射しから始まるのは心地良かった。そうこうするうちに空には雲がかかりあっという間にどんよりな曇り空BAHARI-4で迎える元旦は我が家の昨年の忙しない一泊キャンプからは想像も出来ない時に追われる事のないまったり [続きを読む]
  • 「今日もどこかで野遊びを」ブログ開設2周年 感謝の大総括
  • 本日、ブログ開設2周年を迎え節目の3年目が始まりました。振り返るとアレーまだ2年しか経ってないんだなぁなんて思ってしまうのですがいちブロガーとして濃密な2年目であったのは言うまでもありません。ブログ開設一年目と比べる事に意味はありませんが昨年の1年間は実に思い出深い忘れ得ぬ1年の様に感じます。中でも、貸切りキャンプがデフォルトとなった事これは、私達夫婦二人にとって試されてる何かがありました。出撃日程の関 [続きを読む]
  • これだからキャンプはやめられない
  • 新年、撤収日を迎えた。新年だというのに重苦しい時間を前に妻が言った。「もう一泊出来たら私今年一年頑張れる」言葉は間違えると大変だ。仮に…この言葉が「今日帰ったら今年一年頑張れない」だったとしたら彼女の希望が叶う事はなかっただろうというわけで、延長決定!新年に我が家がした三つの事①模様替え②干し肉仕込み③ムフフこれだからキャンプはやめられないにほんブログ村皆様の励ましにいつも感謝しております! [続きを読む]