劇団にひき さん プロフィール

  •  
劇団にひきさん: 今日もどこかで野遊びを〜
ハンドル名劇団にひき さん
ブログタイトル今日もどこかで野遊びを〜
ブログURLhttp://gekidan2.naturum.ne.jp/
サイト紹介文キャンプ天国東北を中心に自然回帰をテーマにお気に入りのスタイルキャンプをご紹介
自由文英国製ランタンにこだわる夫と冷え性なのに冬キャン大好き妻のしっとり大人なキャンプスタイルと料理、赤メインの道具選びで見ているだけで元気が出るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供160回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2015/01/16 09:25

劇団にひき さんのブログ記事

  • 三月の今更発見してしまった東北の冬キャンプ適地でTATONKA焚火
  • 三月後半の東北キャンプエリアの殆どのキャンプ場は未だ冬期閉園中なのが悩みどころ四月になればオープンするキャンプ場は増えて行くものの毎年、春を待つこの季節の幕営地に頭を悩ませている。こんな時は妻頼み…検索能力には定評のある彼女が我が家にとって、未開の営地を必ず見つけるのだった。目指した場所は福島県双葉郡川内村にある「いわなの郷」1月に厳冬キャンプのイベントを行っていたのだが日曜出撃の我が家の日程がど [続きを読む]
  • 季節外れのドカ雪直撃!今季最後の雪中撤収
  • 小雨のキャンプはタープ下の焚火が何よりの楽しみ雨は夜更け過ぎに水分たっぷり重量級の雪へと変わった。翌朝は一面の銀世界、吹雪の真っ最中だった。雪は何度も屋根から滑り落ちその度、テントが傾いた。撤収は終えたものの無事に帰宅出来るか不安なコンディション家に着くまでがキャンプにほんブログ村皆様の励ましにいつも感謝しております! [続きを読む]
  • 超超ショック!この春、買って良かった一点モノ デビュー編
  • 先日、我が家にやって来た真鍮製アンティークランプ無事、牛野ダムでデビューした。悲劇は、自宅で起こった…のだが今回は悲劇が訪れるその手前のまだ喜びに輝いていたわずかな時間のレポートとその顛末だ。構造上、風には決して強くなく屋外での点灯は出来なかった。真鍮製バーナー下部に無数に入ったスリットがガンガン風を通してしまう構造上の欠陥だと思った。スリットはこれほど必要とも思わないので幾つか残して埋めてしまっ [続きを読む]
  • この春、買って良かった一点モノの逸品
  • マタイの福音書第7章7節「求めよ さらば 与えられん」久々の散財このところキャンプギアを物色する行為はすっかり落ち着きあれが欲しいこれが欲しいなどといった物欲もよほどの逸品じゃなければもたげる事はなかったのだが…見つけてしまったよほどの逸品真鍮製アンティークテーブルランタンインテリアとしての利用だったのだろう未使用のバーナー、タンクなど指紋一つなく若干の真鍮の曇りがいい味を出している。このホヤの形はコ [続きを読む]
  • ワイルドキャンプー月夜に感じた一瞬のホラー感
  • 焚火台の炭は音も立てずに静かに燃焼している。赤く光り高熱を発する炭の上には焼き網が直接設置され焼き網に無造作に載せられた肉達は脂を滴らせながらもうもうと煙を上げていく。メインランタンと言ってもジェントス三台が設けられたTATONKA三角張りの幕内では間接照明的な使い方だが直接地面を照らし、タイトなTATONKA内移動を安全なものにしてくれた。人っ子一人いないこの高原に灯るのは我がサイトの明かりだけ夜景も何もない [続きを読む]
  • ワイルドキャンプで感じたキャンプスキルの円熟味
  • ちょっといい感じTATONKAは直張りでメガホーンIIから三角の屋根動線を作った。三天に三角TATONKAきっと一般的には三天にはムササビとかヘキサタープなのだろうがTATONKA一枚を変幻自在に操るのが我が家。なぜならこれしか持ってないから 笑こんなビジュアル滅多に見ないそんな張り方レイアウト独創的かつ合理性の融合を考えたらこの時期にぴったりだった。3月の晴れ間のこの時期、春を感じる日中の二桁気温から殺意すら感じる温度 [続きを読む]
  • TATONKAを変幻自在で楽しむ
  • じかにペグ打ち日中の春の気温とは裏腹なこの時期の夜間気温に備える芋をアルミホイルに包んで炭に横たえる三角に張った頂点に…ぴったり太陽が来たりなんかしちゃったりして野営感半端ないこの営地の価値が跳ね上がるこれだからキャンプはやめられないにほんブログ村皆様の励ましにいつも感謝しております! [続きを読む]
  • 焚き火海鮮&コアントローでなんちゃって自前グランピング
  • 見事なロケーションを目の前にすると食事も酒も美味くなる。そんなキャンプ地を目指して辿り着いた東北某所。目に入る景色が海だったりすると…それだけでプレミアムこんな景色を眼前に海の幸と本格カクテルを堪能するキャンプタイトルだけなら一丁前のグランピング感キングサイズのベッドや大型の布製テントはないし薔薇の花もなければボーイもいないけれどそれと変わらぬ快適キャンプは夫婦二人でもできるはずそんな自前グランピ [続きを読む]
  • 花粉症には海辺のキャンプが最高に気持ちいいという仮説
  • よく晴れた日曜日海風を浴びに来た。この風にはスギ花粉が混ざってない気がしたから。そりゃそーだ海側から吹く風はノンアレルギーに決まってる。自力では2年ぶりとなる木炭なんかを準備したりして春の明るい陽射しの中、海鮮キャンプがメインイベントだ。CABANON格子窓からはこの景色水平線と樹木の美しいマリアージュつか、近過ぎただけ 笑それがキャンプにほんブログ村皆様の励ましにいつも感謝しております! [続きを読む]
  • キャンプコーヒーが格別に美味くなるその方法
  • 気温は未だ1℃に満たないが二月最後のキャンプの朝の光は暖かさに溢れ左手に持った淹れたてのコーヒーの美味さは格別だった。人工物はちょいちょい目に入るがこんな清々しい朝を実感した夫婦二人の夜景と温泉キャンプもまもなく終焉だ。夜明け前となる朝5時半、トイレで目覚めた。外気温は氷点下4℃ストーブに点火し用を足し幕に戻った時にはテント内は14℃になっていた。間も無く街の夜も終わり最後の明かりたちの瞬きは分を追 [続きを読む]
  • 温泉まで徒歩数十秒夫婦で身体を癒すキャンプin あづま温泉キャンプ場
  • あんなに晴れてたのになぁ〜汗営地に到着した瞬間の感想だった。道中、どんどん増えて行く雲や、時折147の窓に吸い込まれるように落ちる水滴もあったが…全国的に高気圧予報 こんな時は少し損した気分になる。そもそも、温泉に浸かりこのところ無理をしてきた身体をゆっくり休めたいという動機が私達をここに連れてきた。そう、ここあづま温泉はテン泊者は何度でも温泉に入り放題なのだ。それに加え、山の中腹のこの場所は福島市の [続きを読む]
  • 真冬のモヒートが美味いのはコットン幕ならでは!
  • 夜景と温泉を楽しみに2016/10/14冬キャン好適地を探せ!夜景を心ゆくまで満喫するキャンプ例の営地に来て風呂上がり真冬のモヒートに感動を覚えた。夏の定番を冬に持ってくる…こういうのって外気温1℃にして20℃以上に簡単になってしまうCABANONの中だからこその贅沢これだからキャンプはやめられないにほんブログ村皆様の励ましにいつも感謝しております! [続きを読む]
  • 冬キャンプ NOTE 熱源 テント内温度の相関データまとめ
  • 外気温6℃熱源 ガスストーブ&BIALADDIN(プレッシャーランタン)テント BA BURN RIGDE OUTFITTER 4テント内温度 15℃外気温5℃熱源 アルパカストーブテント CABANON NEPTUNE3(フルコットン)テント内温度 22℃外気温−3℃熱源 アルパカストーブ&BIALADDINテント SP トルテュライトテント内温度 9℃外気温 6℃熱源 ナシテント LUXE MEGAHONE IIテント内温度 記録ナシ外気温 2.7℃熱源 アルパカストーブ&BIALADDIN&布団乾燥機コタツ [続きを読む]
  • 温泉!焼肉!トルテュライト&バーボンin 遠刈田キャンプ適地
  • この幕を使って約三年、50泊以上を共にしたトルテュライトここにきてこれまでで最もピシッと美しく設営できた事に誇らしさを感じた。出撃時の予報では等圧線の間隔が非常に狭く列島を輪切りにするように何本も走っている天気図こんな日は北西の風が終日強く吹く暗示大好きなオープンタープでのキャンプは危険レベル小さい幕でのこもりっぱなしのキャンプは気が休まらないかと言ってbahariをこの無料の営地に夕方から一泊のために設 [続きを読む]
  • トルテュライトにアルパカin 久々にインナーテントを下げてみた。
  • 風が収まるのを待ってトルテュライトを設営した。明るいライト幕は、剥き出しの白雪のお陰でいっそう明るくなり早々と訪れるこの時期の夕刻まで陽射しの衰えを感じさせなかった。あらゆる部分においてちゃんとしていて抜け目のないトルテュライトは腰痛を抱える二人にも優しく労わりを感じるツールーム宵の明星の傾きに春を感じた氷点下キャンプこれだからキャンプはやめられないにほんブログ村皆様の励ましにいつも感謝しておりま [続きを読む]
  • 冬キャンプの熱源のダークホースは復活するのか? 後編
  • 2017/02/08冬キャンプの熱源のダークホースは復活するのか? 後編氷点下の雪中キャンプではスカート付きフルインナー装備の冬幕は万全なのか?とことん山豪雪キャンプは通常疑問に持たない当たり前をある意味くつがえすキャンプだった。このキャンプ、氷点下の雪中キャンプにもかかわらず石油ストーブを捨てた。持参したのだから使えばいいだけだったが二月のとことん山 積雪2メートル弱という豪雪キャンプにおいてかさ張る荷物を [続きを読む]
  • 楽しみで眠れない夜が続くそんなキャンプ地
  • 早朝5時44分まだ日の昇らない雪景色の中、除雪車輌の運転音が響いていた。幕の外に一歩足を進めるとキーーーーンと凍てつく空気全ての音を吸収する雪景色、その他に耳に届く音はムギュムギュと雪を固めるように踏みしめる私の足音とシュラシュラとリズミカルに鳴く防寒用アウターの衣擦れの音そして時折、サラーっと幕を滑り落ちて行く粉雪あのキャンプから2年が経っていた。凍結必至の山越えのルートステアリングを握る手は汗で [続きを読む]
  • 冬キャンプの熱源のダークホースは復活するのか?
  • 冬キャンプにおけるテント内の熱源は数あるが最も実用的で小さい幕ならそこそこ暖められられる火器の一つに加圧燃焼式ランタンがある。それはもちろん光ってなんぼ なのだがあれば心も身体も温まるもし冬キャンプを経験しなければ私がケロシンプレッシャーランタンを手にする事はなかったかも知れない。そんな我が家の実用お宝VAPALUXとBIALADDINVAPALUXはヴァポライザーの交換がなされず二軍落ちしたままだがBIALADDINは片時も離 [続きを読む]
  • ビンテージテントの樹脂部品を自力で補修できるアレが凄い!
  • 大好きなフルコットン幕CABANON NEPTUNE3雨以外の冬の出撃ではこれほど快適かつ頼りになる幕は見当たらない。ただ、ビンテージ幕ということで随所に疲れが出ている。ここ数回の幕営では疲れどころか破損なんて箇所も見付けてしまったから さぁ大変今回問題の患部は中間ポールと最後部を屋根部分で真横につなぐリッジポール付け根の樹脂部品写真は前方連結部分だがこの後部ポールエンドは輪っかが付いた樹脂部品がはめ込まれ最後部 [続きを読む]