ありちん2 さん プロフィール

  •  
ありちん2さん: ありちん旅行ブログ
ハンドル名ありちん2 さん
ブログタイトルありちん旅行ブログ
ブログURLhttp://arichin.blog.fc2.com/
サイト紹介文韓国人夫との旅行や、ひとり旅。韓国が多いですが、国内旅行も。国際結婚についても少し。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2015/01/16 13:00

ありちん2 さんのブログ記事

  • 小倉にはメーテルがいっぱい(2017/5)
  • 門司港&下関旅行の続き北九州空港に戻るまで時間があったので、小倉によってみた。観光誌にを見たところによると、なんと銀河鉄道999のメーテルがいるらしい。小倉駅の改札を出ると、モノレール乗り場の入り口にデカデカとポスター。実際に見ることができなかったが、モノレールに銀河鉄道999のキャラが描かれているらしい。それにしても先頭がメーテルとは、何かセンス無いような・・・私の記憶だと松本零士さんは福岡県久 [続きを読む]
  • 門司港はステキなランニングコース(2017/5)
  • 門司&下関旅行のまだ続きもっぱらダイエット中のSちゃん。旅行でもランニングしたいと言うので、朝食前にランニング。しかも10キロくらいしたいって言い出した。そこで、ホテル→門司港→ノーフォーク広場→めかり潮風広場のコースがだいたい往復で8キロのコース。海岸を走るのは非常に気持ちいい。ほとんど走っている人はおらず、それもまたいい。ノーフォーク広場何の碇か忘れちゃった。この広場では、ラジオ体操をたくさん [続きを読む]
  • 恐るべし、ヴァイツェン焼カレー(2017/5)
  • まだまだ門司港韓国人率が非常に高い「門司港地ビール工房」ようやく順番がきて、席に着く。この店は1階がジンギスカン、3階がビアホールになってる。なぜか2階はない。1階でもビアホールのメニューを注文できるらしいが、やっぱり3階の方がいいので3階を選択。お店も港に面しているし、眺めがいいのかなって思ってた。しかし、なんと窓に向かっている席がない!!なんともったいない。1人で来る観光客も多かったので、ぜひ [続きを読む]
  • 門司港は韓国だった?!(2017/5)
  • 北九州&下関旅行の続き関門トンネルで県境に興奮しながら門司に到着。門司港付近は、特にこれと言って観光するところはない。ちょっと気になったのは、バナナのたたき売りどうも日本で最初にバナナのたたき売りが始まったのが門司港らしい。そんなバナナのたたき売りをゴリ押ししなくてもって思うけど、仕方ない。他になにもないし。バナナマン。実際のバナナマンがいるらしい。そういえば以前、テレビで見たことあった。(画像お [続きを読む]
  • 境い目・割れ目に興味あり(2017/5)
  • 北九州、下関旅行のまだまだ続き私にとって、今回の旅のメインイベントここは、下関市と門司市をつなぐ人道トンネル歩行者は無料、自転車・原付は20円の自己申告制。韓国人夫のSちゃんは、コレを見て。「コレじゃ自転車の人も無料で通れちゃうじゃん」そう心配しますが、ここは韓国ではなく、日本なので皆さん良心的でしょうよ。エレベーターで地下に降りて、スタート。長さは約1キロくらい。関門トンネルは二重になっているら [続きを読む]
  • ごめんなさい、壇ノ浦(2017/5)
  • 北九州&下関 観光の続きカフェからお目当ての場所に行く途中にあった神社特に有名ではないようだが、写真撮るにはいい感じに鳥居が並んでる。下側の鳥居は立派だけど上がるにつれて、いつ壊れてもよさそうな感じの鳥居。関門橋関門橋もランニングできたらいいのに。この高さから見る景色はいいだろうな。関門橋は高速道路らしく、人の通行はできないので残念。今回、行く予定ではなかったが、偶然たどり着いた壇の浦古戦場何で行 [続きを読む]
  • 下関の眺めがいいカフェ 「uzuhouse」(2017/5)
  • 北九州&下関観光の続き耳なし芳一の話を思い出して、気分が落ち込んだので、一息入れることにした。近くにあったカフェは下関らしからぬ、オシャレさだった。「uzu house」店の前に自転車がいっぱいだったので、自転車屋かと思ったがカフェだった。店の中に入ると、かなりステキ。1階の空間。2階にも座席があるということなので、2階へ行ってみるといい感じな空間。テラス席もあるらしいが、あいにく満席。店の隣から撮った写 [続きを読む]
  • 「耳なし芳一」も下関だったとは!?(2017/5)
  • 北九州・下関旅行の続き唐戸市場から歩いていくと何か神社があった。その名は「赤間神宮」入っていく人も多かったので、観光してみた。いきなり「フグ料理の由来」なんて看板があるから、てっきりフグを祭った神社なのか思っていた。そして、何も知らない夫のSちゃんに「フグを祭った神社だよ」と教える私。このイラストが適当すぎる大きな絵馬このあたりに来ても、まだフグの神社だと信じてやまない私。突如現れた「耳なし芳一」 [続きを読む]
  • 唐戸市場の寿司バトルは、色んな意味でバトルかも?!(2017/5)
  • 北九州旅行と言っても、下関の続き下関はやはりフグ。下関は龍馬ゴリ押しのほかに、もちろんフグもゴリ押し。フグ像がいくつもある。どうも夫のSちゃんはアゴが長い顔が好きらしく、彼が写真を撮る私の写真は必ずアゴが強調される。本当に嫌だわ。(よってアゴにモザイクかけてみた)ここにも巨大フグ。昼食に選んだ場所は、唐戸市場。唐戸市場では、週末に寿司バトルが開かれるらしい。しかし、いくらHP見ても、この寿司バトルが [続きを読む]
  • 下関港のゴリ押し感がハンパない(2017/5)
  • 北九州旅行の続き。巌流島から今度は、下関港へ。到着するとすぐにある坂本龍馬と妻の「顔ハメ込み」門司港といい、下関といい、いったい何個あったんだ。さすがの私も、もう飽きた。龍馬が下関に滞在していた期間はほんのわずか。それなのに、下関は坂本龍馬押しがスゴイ。坂本龍馬と高杉晋作の友情をあらわしたモニュメント。他の方がブログで「税金のムダ」って書いてたけど、まさにそう。まだ銅像の方がよかったのでは?!一応 [続きを読む]
  • 到着!巌流島の決戦(2017/5)
  • 船に弱いこと忘れて、直前にビール飲んで、乗船。門司港から巌流島までは、船でわずか10分程度。10分と言えども、関門海峡の流れをあなどってはいけない。そう思って、中央のシートの、中央の席に座った。船の中でも、ビクビクしていたが、ほとんど揺れずに到着。巌流島は現在は無人島で、島の3分の2は企業の土地で入ることができず。巌流島が想像以上に整備されていて、ビックリ。しかも早い時間だったので、人もほとんどい [続きを読む]
  • いざ、巌流島へ(2017/5)
  • 引き続き、門司旅行。門司への観光を決めた時、初めて巌流島がここにあることを知った私。韓国人夫のSちゃんは、巌流島を知らないだろうと思っていた。巌流島について聞いてみると「巌流島?知ってるよ。佐々木小次郎でしょ」どんだけ日本に詳しいんだ。今回、やたらとある「顔はめ込み」。子供用なのか、顔が小さすぎる。巌流島へは門司港からと、下関港から行くことができる。船乗り場近くでチケットを購入。往復割引などもある [続きを読む]
  • 門司の歴史を知れたかもじ(2017/5)
  • 門司港が港である以外、何の知識もなかった私。門司港駅を降りて、最初に入った場所で門司港の歴史について知ることができた。旧大連航路上屋は1929年に建てられた建物で、門司港の国際ターミナルとして使われていた建物。門司港が国際ターミナルだったってことも知らなかったわ。戦前までは、貿易港として栄え、また、多くの人が門司港から海外のあちこちに船で渡航していたらしい。そして、戦争中は、ここからたくさんの兵が出征 [続きを読む]
  • 加齢臭が漂う電車で門司港へ(2017/5)
  • 早朝フライトだったため、午前8時過ぎに北九州空港に到着。ここからバスに乗り、朽網駅(くさみ)へ。北九州空港から朽網駅まで、工場地帯だと聞いていたが、本当に工場だらけ。トヨタ九州、TOTO、新日鐵などなど昔、四日市に行ったとき、教科書に出てくる写真と同じだと感動したが、それを思わせる光景。小倉は工場のおかげで成り立った街だと誰かがYAHOO知恵袋に書いてたけど、それも納得。当然、朽網駅も何もない。日豊本線と [続きを読む]
  • 早朝リムジンバスで羽田空港(2017/5)
  • オモニとの箱根旅行は、楽しかった。しかし、飲食が不完全燃焼。(特に飲が)その思いを燃焼させるために、再び旅に出ることにした。朝5時発の羽田空港行きリムジンに乗る。満員のリムジンが空港に着いたのは午前5時40分。空港ラウンジも開いてなければ、店も開いてない。だいたい午前6時から開店なのね。やっと開店したお店から牛タン麦飯を購入。Sちゃんは機内で食べるもんだと思っていたらしいが、搭乗直前にも関わらず、 [続きを読む]
  • 嗚呼、箱根ビール(2017/5)
  • 箱根旅行 with オモニ強羅公園の後は、近くの蕎麦屋で昼食。本当は強羅駅近くのトンカツのお店がよかったんだけど、「揚げ物は食べない」主義のオモニなので蕎麦屋へ。さつま揚げは、ペロッと食べるんだけどな。手打ちそば屋なのに、うどんを注文した韓国人家族とは別に私は「天ぷらそば」を注文。やっぱり蕎麦と言ったら天ぷらでしょ。天ぷらは揚げたてなので、美味しかったけど、蕎麦は普通。そして、時間があまったので箱根湯本 [続きを読む]
  • 行ってよかった強羅公園(2017/5)
  • 箱根旅行withオモニ大涌谷観光の後は、強羅公園へ。強羅公園って全く知らなかったけど、強羅駅で乗り換えついでに行ってみた。しかし、行って大成功。箱根フリーパスがあれば、入場料は無料。そしてオモニも大絶賛!!その理由は、まず盆栽展をやっていた。盆栽好きのオモニは、興味津々。盆栽は外国人になぜ人気なのか?!熱帯植物エリアで、オモニは初めてバナナがなっている様子が見る。オモニは毎日バナナを食べているらしい。 [続きを読む]
  • 念願の黒たまご(2017/5)
  • 箱根旅行 2日目朝ごはんはビュッフェスタイル。夕食よりはずっとマシだったので、よかったよかった。健康食が大好きなオモニは、いかにも健康っぽいものを選んでいた。しかし、この後、クロワッサンにバターをつけて食べはじめた。カロリー高すぎてそんなマネできないわ。恐ろしい。さて、ホテルを出発し、大涌谷へ。ホテルからロープウエィ乗り場へ行く途中にワラビが生えているのを発見したオモニ。「取って帰りたい」と言うが [続きを読む]
  • 酒はコソコソ飲むと美味しくない(2017/5)
  • 箱根旅行with オモニ(韓国人夫のお母さん)続き。温泉で気をよくしたオモニ。しかし食事の際は、テンション低め。なぜならば、息子のSちゃんがお酒を飲んでいるのが面白くないらしい。Sちゃんは、以前オモニと同じキリスト教徒だった。(キリスト教と言っても、オモニが信じている宗派はお酒を飲むのを好ましく思っていないらしい)韓国のキリスト教が嫌になり、Sちゃんはキリスト教徒をやめたらしい。お酒を飲んでるのを気にした [続きを読む]
  • オモニが浴衣にきがえたら(2017/5)
  • 道のりは遠かったが、小田急レイクホテルは建物が若干古いが全体的にきれい。よかった、よかった。早速、ブログ用に部屋の写真を撮ろうと思った。しかし、オモニが写真を撮ってる私を見ながら座り始めた。「ポーズはこれでいい??あぐらじゃない方がいいかしら?」とオモニが聞いてくる。いや、ブログ用に部屋の写真を撮りたかっただけなんだけど。。。部屋はリノベーションされていて、畳もきれい。部屋に洗面台があり、ちょっと [続きを読む]
  • 芦ノ湖までの道のりは果てしない(2017/5)
  • 箱根湯本駅まで食事を済ませ、小田急レイクホテルへ。小田急レイクホテルは桃源台という芦ノ湖の近くにある。そこに行くまでの道のりは、・箱根湯元からバスで行く・箱根湯本駅(登山鉄道)→強羅(ケーブルカー)→早雲山(ロープウエイ)→大涌谷(乗り換え)→桃源台バスは渋滞してそうだったので、電車を使って行くことにした。いや、これが大変だった。通勤ラッシュ並みの混雑の登山鉄道(運よく座れた)しかも、強羅でケーブ [続きを読む]
  • オモニは湯葉にフォーリンラブ(2017/5箱根)
  • 続・箱根旅行 with オモニ以前も食べたことがある直吉の湯葉。美味しいが、予約はできず並ぶこと必須。オモニが長時間待てるか分からなかったので、湯本富士屋ホテルのランチビュッフェを予約した所、満席のため×。(店の写真撮り忘れたので、以前の画像を使用)なんとお店に行ったら90分待ち。オモニにはさつま揚げを食べていただいたので、しばらくお腹空いたとは言わないであろう。90分待ちとは言っても、キャンセルする [続きを読む]
  • オモニ念願の箱根旅行(2017/5)
  • 韓国人の夫であるSちゃんの母(オモニ)来日後の一番のイベント。それは、箱根旅行。オモニの妹が以前、箱根に来たらしく、「すごく良かった」と聞いたらしい。確かに箱根は良い所かもしれないけど、GWに行く所ではない。まず、人が多い。箱根の普通のホテルに3人で宿泊するだけで、ビジネスでソウル往復できるくらいホテルが高かった・・・息子と仲良くツーショット。まだまだ、元気なオモニ。しかし、彼女の荷物が重すぎた。重 [続きを読む]
  • 根津神社つつじ祭 with オモニ
  • 5月1日と5月2日は、Sちゃんが出勤のため、私とオモニの二人きり。さすがに2人で家にいても仕方ないので、お出かけすることに。色々考えたが、オモニは植物がお好きなようなので、根津神社のつつじ祭に連れて行った。神社内はつつじ祭で賑わっていたが、肝心なつつじは暖かいからか、終了?!だいたい、オモニはつつじ祭がどんなものか知らないので、つつじがなくても良し。なぜかオモニは、鯉をずーーーと見ていた。しかも、 [続きを読む]
  • 隅田川水上バス 浜離宮with韓国人家族
  • オモニとの浅草観光の続き寿司を食べて上機嫌になったオモニ。息子と仲良くツーショットこの親子ベタベタ感がいいね。日本人はあまりやらない、非常に面白い。浅草から水上バスに乗って、浜離宮を目指す。「水上バスの写真を撮ってくれ」と希望するオモニ。そんなに水上バスに乗るのが楽しみなのかと思ったら、乗った瞬間テンション下がりっぱなし。推測されるオモニのテンション下がり理由・人が多すぎる・景色が面白くない・セォ [続きを読む]