さりーぬ さん プロフィール

  •  
さりーぬさん: 生理しおみずむ めでぃしぬ
ハンドル名さりーぬ さん
ブログタイトル生理しおみずむ めでぃしぬ
ブログURLhttp://salineasahikawa.seesaa.net/
サイト紹介文呼吸器内科医 / 医学・医療・初期研修 / 留学のための英語・ロシア語 / 株・税金・資産運用
自由文呼吸器内科医 / 医学・医療・初期研修 / 留学のための英語・ロシア語 / 株・税金・資産運用
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/01/17 01:16

さりーぬ さんのブログ記事

  • 今後の一般内科医や総合内科専門医の医師像と適正配置
  • ◆最近、専門医制度の変更に際して、様々な事が言われています。http://www.naika.or.jp/nintei/seido/ishizo_top/ishizo_01/◆総合内科医が沢山増えれば、総合内科医が見れる範囲は広いので、専門内科医の数は減らしてもいいのでは?何かを一つの科を極める過程で、ある程度の総合性は出てくるので、その後でもいいのではないか?総合内科を目指す人間だけが総合的に見れればよく、専門内科はその専門性を磨くことに力を注ぐべき [続きを読む]
  • Vincent van Gogh
  • ファン・ゴッホの生まれた1853年は日本では黒船来航の年にあたります。開国した日本からは大量の美術品が外国に出て行くことになります・・・当時まだ安価だった浮世絵を集め、展覧会を開き、模写をし、肖像画の背景にも描き込みました・・・浮世絵と接することでさらに革新的な独自の絵画を生み出すようになります。後のファン・ゴッホ特有の画風、平坦で鮮やかな色面を使った画風は、浮世絵の研究を通じて生まれてきたものです。 [続きを読む]
  • 半夏厚朴湯・麦門冬湯
  • レセプト上、半夏厚朴湯、麦門冬湯は「咳・気管支炎」の適応を持っています。半夏厚朴湯>気分がふさいでのどに異物がへばりついたような違和感があるときに使用します。そのほかの症状としては、咳、しわがれ声・・・不安神経症で出てくる薬のようですが、湿性咳嗽に。http://www.tsumura.co.jp/kampo/list/detail/016.html麦門冬湯>広く咳の治療に用いられる古典的な処方、乾性咳嗽に使うもんだと思っていましたが、痰がからむ [続きを読む]
  • 111回医師国家試験反省会:111A-27
  • http://bbs.icrip.jp/forums/topic/111a-27/ 大いに割れた問題ですが、結局のところ「プロラクチノーマ」なのか「ホルモン非分泌性腺腫」なのかの鑑別を問うている問題ということが出来ます。下垂体腺腫の基本は経蝶形骨洞腫瘍摘出術なのですが、「プロラクチノーマ」では、薬物療法(cabergoline, bromocriptine または terguride)が基本であるからです(間脳下垂体機能障害に関する調査研究班編:診断と治療の手引き.http:.. [続きを読む]
  • Chemotherapy plus radiotherapy
  • …reduced the risk for death at 1 year (relative risk, 0.88 [95% Cl, 0.80 to 0.96]), 2 years (relative risk, 0.87 [Cl, 0.81 to 0.
    94]), and 3 years (relative risk, 0.83 [Cl, 0.77 to 0.90]).Chemotherapy plus radiotherapy compared with radiothe.. [続きを読む]
  • Pleural fluid adenosine deaminaseの診断意義
  • 胸水中のADAが、40-50UI/L以上の時、結核性胸膜炎の可能性が高いと考えられます。胸水細胞が好中球優位でADAが上昇しているときは、膿胸あるいは細菌性胸膜炎に随伴した胸膜炎を考えることに注意しましょう。胸水のADAは結核性胸膜炎の除外としても用いることができ、リンパ球優位の胸水でADAが40IU/L未満であれば、結核性胸膜炎は否定的と考えられています。胸水中のADA高値が結核性胸膜炎を示唆するのは、胸水細胞がリンパ球優位 [続きを読む]
  • 夢追人
  • 夢を追い続けた そしてここまで来た でもどうしてかな 熱い涙が止まらない本来は校歌として制作されたものではなく、飯尾が取材を通じて交流のあった女子レスリングの伊調姉妹(伊調千春・伊調馨)と吉田沙保里が、2004年のアテネオリンピックでメダルを獲得したことを祝して制作されたものだった:Wikipedia [続きを読む]