ひそひそiPhoneとMusicStudioとGZ-5(ときどきmicroKO さん プロフィール

  •  
ひそひそiPhoneとMusicStudioとGZ-5(ときどきmicroKOさん: ひそひそiPhoneとMusicStudioとGZ-5(ときどきmicroKO
ハンドル名ひそひそiPhoneとMusicStudioとGZ-5(ときどきmicroKO さん
ブログタイトルひそひそiPhoneとMusicStudioとGZ-5(ときどきmicroKO
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/4696acode
サイト紹介文iPhoneアプリのMusicStudioとかで初心者が音楽を作ってみようとして もがいて あがいてジタバタします…
自由文ただいま作曲練習中です。
最近はド(C)〜シ(B)までの12個の音階をそれぞれメインに使って作曲する練習
 と
梅雨の脳内情報を一掃するアウトプットお祭り一人開催中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/01/17 20:06

ひそひそiPhoneとMusicStudioとGZ-5(ときどきmicroKO さんのブログ記事

  • 「Banal#02」(17作目)upしました。
  • 「G#のキーをメインにスケールを覚えながら30秒の曲をたくさん作る練習」作品の6曲目、できました。「平凡、陳腐、凡庸」をテーマにした曲、「Banal#02」です。作曲「Banal#02」(Cubase AI7)すべてMIDI→Audio化してMixしてみてるんですけれど、どうもパンニングで悩む…飛び道具的な音は、他に邪魔する音がないから<左・右>で遊べてるんですけど、ブラスの音(トロンボーン)が元々の音源 [続きを読む]
  • 「Banal#01」(16作目)upしました。
  • 5曲目の「G#のキーをメインにスケールを覚えながら30秒の曲をたくさん作る練習」作品できました。今度のテーマは「ザ・平凡、陳腐、凡庸」。タイトル「Banal#01」です。今回の練習はきっともう全部安直タイトル。作曲「Banal#01」(Cubase AI7)iPhoneのMusicStudioで使った音をそのまんまCubaseに送って仕上げ。途中と最後のところのギター音に<Octaver>というエフェクターを使 [続きを読む]
  • Cubase AI7最後の課題ジャンルは“平凡な30秒”
  • なんとなーく、たぶんCubase AI7の機能の1/10ぐらいは慣れてきた感じ(という錯覚、妄想)。そろそろCubase Pro 9に移行したいので、今作っているジャンルをAI7最後の曲作りにする予定。ジャンルはBanal(=バナル。平凡な、陳腐な、凡庸なという感じの意味)。今度のは久しぶりにあいぽんのMusicStudioでいくつかササっと大筋できたやつがあるので、音をそのまんまCubase AI7に移して、Mixっぽい仕上げをやってみたりしようかと。 [続きを読む]
  • 「Bossa #02」(15作目)upしました。
  • 4曲目の「G#のキーをメインにスケールを覚えながら30秒の曲をたくさん作る練習」作品できました。ボサノバの二曲目、「Bossa #02」です。作曲「Bossa#02」(CubaseAI7)「Bossa #01」が少し暗めだったので今回は明るい感じに。前回の「Jungle #02」で試したMS処理(したもののなんだかんだで失敗気味)に今回も挑戦。今度は各MIDIトラックをAudioトラックにちゃんと変換してから前回同様のMS処理(Sl [続きを読む]
  • 「Bossa#01」(13作目)UPしました。
  • 強風土ぼこりなんのその。土作り早めに切り上げて(春の園芸シーズン到来の予感…)続、「G#のキーをメインにスケールを覚えながら30秒の曲をたくさん作る練習(Cubaseとエフェクトの操作覚えを兼ねて)」の、2作目「Bossa#01」できました。すんなり出来たやつ。音数も少なめ(ギター&シェーカーだけ)。作曲「Bossa#01」(CubaseAI7)どこかアレに似てるアレとは中田ヤスタカせんせーの「Teleportat [続きを読む]
  • 「Jungle #01」(12作目)UPしました。
  • 「G#のキーをメインにスケールを覚えながら30秒の曲をたくさん作る練習(Cubaseとエフェクトの操作覚えを兼ねて)」の一つ出来ました。いくつか作るジャンルをリストアップした中から1作目は「Jungle#01」。(←テクノ系のではなく熱帯雨林の方です)作曲 「Jungle#01」(Cubase AI7)30秒ってよくよく作ってみたら、思いの外自由にいかないもんで、何かフレーズ凝ろうとするとすぐ30秒経ってし [続きを読む]
  • ボサノヴァ(ゴン太くんの正体)から広がる音の世界
  • 現在、(大見出し的に)「G#キーをメインにしてスケールを覚える練習」の、(小見出し的には)「30秒の曲を作る」、という修行中です。Cubaseとエフェクト、MIXの理解度・習熟度を深めましょー、を目的になんとなくそこら辺の操作が身について完成させるのが先か、勉強の合間に思いつくイメージが(MIX前の)曲になるのが先か、のせめぎあい。とりあえず、今のところジャングル風(テクノのやつじゃんくて密林の意味の [続きを読む]
  • 解決策。USB-MIDI Driver、microKEY Air61不安定問題
  • 最近愛用中のMIDI鍵盤「microKEY Air61」さんがCubase(だた9使ってなくてAI7の方)で突然使えなくなり、あーだこーだやって無事解決できたので、万一同じことでお悩みの方がいらしたときのために。まず、環境:Windows10、Cubase AI7にてmicroKEY Air61(USBで)を接続症状: ・トランスポートパネルのメーターは反応なし(あれ、信号きてない?) ・デバイス [続きを読む]
  • とうとうCubase Pro 9 とKOMPLETE SELECTセットで購入。
  • オーディオインターフェイスのUR22に付いてきたバンドルソフト、Cubase AI7に出会った2014年11月。2年ちょっと経ってとうとうわが家へいらっしゃいましたCubase最上位版 Cubase Pro 9  とKOMPLETE11 SELECT。長かったー(´;ω;`)ウッ…ろくにAI7使いきれてないけど、セット購入で安くなるタイミングってことで、KOMPLETE11 SELECT5千円引きの誘 [続きを読む]
  • 今年最大の買い物(の予約)
  • 前回の作曲(合唱曲)はiPhoneアプリのMusic Studioで骨となる部分、PCのCubase AI7でお肉となる部分を作りました。骨と肉。お骨がなけりゃお肉もつかぬ。骨肉の争い(違そんなわけで、カテゴリーにも【iPhone以外でも音楽をつくる】をこっそり追加。だからってMusicStudioはやめまへん。週に4日間はPC触れない環境にいるもので、MusicStudioやめまへん。いつも懐にM [続きを読む]
  • 11作目「分裂人間」(合唱曲)upしました(歌詞再掲)
  • いつの間にか開けてました2017年酉年。今年は跳んでやるー、都合のわるいことがあっても三歩歩いてポーンと忘れてなんかやってやるぞー(つまりいつも通り)。ということで、本当だったら12月後半にはupしてたはずの作曲動画ですが、なにがあれしてようやっと年またいでupできる運びとなりました。年末貴重な休日を数日費やしたおかげで(あとMicrosoftサポートのおねえさんたちのおかげ)、どうにか完全復旧とはいかないまでも [続きを読む]
  • 2T増やしたドントコイ(外付けHDD)
  • 合唱曲作ってたPCオカシクナッタ復旧過程に空き容量不足解消が必須とわかったがんばって容量空けたと思ったら全然空けたりなかった(そうこうしてるうちに諸事情がもう二つ増えたり風邪治り悪かったり、いたし方なく園芸趣味をしばしお休み)意を決して買ってきたI-O DATAさん外付けハードディスクHDJA-UTシリーズの2.0W(Western Digital社「WD Red」NAS用ハードディスク採用版。…クラウドしないけど安心安全第一で)ドーン。こ [続きを読む]
  • 諸事情入り乱れ\(^o^)/延長の延長
  • 担当直入に、今週中に曲をupできる気? いたしません…っ!!なぜなぜどうしてこうなった的事態真っ只中orz。事をたどれば…(回想シーン開始)Cubase AI7で作るはずがいつも通りMusic Studioで作り上げてしまったのでせめて再生するのはCubaseでやりたいわん、と思い立ちMusic Studioで作った曲データをmidiファイルでPCに送り、細かい手入れを始めました。今までYoutubeに上げてきた動画はiPhoneアプリの「MusicStudio」を「Refl [続きを読む]
  • 歌(合唱曲の声)の代わりとする楽器
  • お庭の土を掘り返し、根っ子を根こそぎ取り除き、とうとう多肉植物の育成にも手を出し始めました。コツコツ作業が嫌いじゃないせいで園芸に力を注ぎすぎ、人のお庭のデザイン見てついうっとり……と、こりゃイカン!こんなんじゃ園芸、作曲、どっちも終わらねぇぜ、今日こそはと混声4部合唱曲各パートと伴奏、やっと前奏以外作り終えました。作れるときにはしっかり集中してやらないと進みませぬよぅ…。なんだーかんだーCubaseで [続きを読む]
  • 重なる声について(八代亜紀を例に合唱とJpopの差を考えてみるてすと)
  • ハモり、ユニゾン、そういう声の重ね方について思うこと。合唱曲の作曲に取り組んでみて感じているのは、合唱で歌う曲ってパートを割り振ってもそれぞれの声の良さ、とかいうのは合唱の性質上、人数を特定数に制限するか、あまり現実的ではないけれど、パート譜がものすごい数に分かれた曲とかでなければ個々の声質というのは女性(男性)であるか、とかソプラノ(或いは他の各パート)であるか、みたいに(当然のことではあるけれ [続きを読む]
  • 合唱曲のパート割りふり返ればバスがいる
  • 今回作ってる合唱曲は混声(男女)4部合唱にしようと思い、さて、混声4部はソプラノ(女声)、アルト(女声)、テノール(男声)、バス(男声)という構成でやっているつもりなのですが、声色はこれ以外にもメゾソプラノ、とかバリトンなんてのもありまして、音域や声質にも沿って充てることになるわけです(ちなみに、声さえ出せるなら男女の縛りなく、男の人がソプラノをやる、なんてのもOKなのです)。んが、私の初めて作る合唱 [続きを読む]
  • 間奏ショック
  • 初めての合唱作曲のメドが付いたーついたーつきやしたーヾ(・∀・)ノ゙ メロディーのほとんどは作詞時に一緒にくっついてきてたのに、途中で間奏入れたあたりからなんかえらい展開になり、同時にそれ以降の最初に思いついたメロディーが間奏のショックでアタマの中からご退出になりました。忘れたメロディは振り返らない主義、サヨナラ三角またきて四角、要はオヤジの禿げ頭ですよ(。・`ω・´)(などと意味不明なことを申しておr)結果、 [続きを読む]
  • 合唱曲音付け中(とひっそり作詞内容)
  • 合唱曲を作る練習として、多くの合唱曲に習い詩先(作詞が先で曲付けが後のこと)で取り掛かることにしまして、たぶん人生初の作詞をやってやりましたサー。作詞と同時に音とリズムもほぼセットで比較的さらーと出てきたので例によって今度は?G(ソ)のキーでスケール(音階)を覚える回”として音付け中。作詞のみ公開のこっ恥ずかしさというのはもうあきらめました(いつか境地に辿り着かねばなんべぇ)。もうどんどんガシガシ [続きを読む]
  • 一面的にとらえることのあやうさ
  • 一義的なもの、一面的なもののとらえ方、視点のせまさあまり好きまへん。好きませんけど悲しいかな自分がやらかしてしまうこともあり得るもんだから気を置かなければと、気を引き締めねばなんね…といっても歌詞に関してダブルミーニング(複数の解釈しようがあること)やその背景次第では歌詞とは裏腹の状況を思い起こさせるような歌というのはたまーにありまして、例えば、ダブルミーニングだとカタカナ使いが一番簡単なやり方だ [続きを読む]