noritama さん プロフィール

  •  
noritamaさん: ケ・セラ・セラ
ハンドル名noritama さん
ブログタイトルケ・セラ・セラ
ブログURLhttp://noritama2525.blog.fc2.com/
サイト紹介文類つくを書いてます。 「Oh My Little Girl」投稿中!
自由文ヤフーにも「ふんわりのんびり」という
類つくのお話のブログを持ってます。
お気に入り登録して頂ければお話は読めます。
どうぞ宜しくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供378回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2015/01/18 13:38

noritama さんのブログ記事

  • beloved 144
  • 類が入った店のオーナーは恰幅のいいマスターとママだった。二人共気持ちいい位にふくよかで人柄がいいのか、マスターとママを慕いこの店に来る様だ。二人は気前がいいようで、店は客であふれている。類の空っぽになった皿を見ると、ママは類のお皿に気前よく茹で蟹を載せた。「今獲れ立てだよ?今馴染の漁師が持って来てくれたんだ。お兄さんこれはサービスだよたーんとお食べよ。あらビールが無いじゃないか、あんたビールのお代 [続きを読む]
  • アラサーで何が悪い?41
  • つくしはとても疲れていたのだと思う。フカフカのベッドに柔らかな温もり時々優しく抱っこされるような安心感が眠りを更に深くする。自分の素肌に気持ちいい温もりが伝わる。あれっマッサージ受けてるみたい?気持ちいもっと・・・もっと触って・・・。心だけの声だった筈が、はっきりと口に出していた。「そうか・・ふーん牧野はもっと触って欲しいんだ?」類の手は遠慮なく、つくしの身体を弄って行く。胸の膨らみを指で触り、そ [続きを読む]
  • beloved 143
  • ベーリング海海域一機の自家用ジェット機が、エンジンから火を噴きだして海上着陸をしたのを目撃したのは、蟹業をやっている船長のケントと乗組員。漁船からは、だいぶ離れていたが、すぐに海上警備隊に無線で知らせた。ジェット機の翼の一部に人が掴まっていて波に流されていくのが見えた。「船長、あそこ・・人がいますよ。」「あのジェット機の乗客だろうな?・・・あのままだと危ないな。仕方ない人助けするか?」「はい、俺救 [続きを読む]
  • アラサーで何が悪い?40
  • 一先ず、助け出されたつくしは類の執務室で休む事になった。長時間エレベーターの中で過ごしたつくしの、ストレスはかなりのものでそして、あの簡易トイレ事件は、つくしの一生の恥になりそうな事件である。「はあああっ・・もう恥ずかしくて恥ずかしくて・・ここには来れないよ。」「何を言ってるの?あれくらいの事で・・。」「あれくらい?花沢類には乙女心は分からないわよね?もういい・・。」「拗ねないでよ、牧野・・・。」 [続きを読む]
  • beloved 142
  • つくしが日本に戻って来た。戸倉先生や朱鷺先生、あきら、総二郎そして田村夫妻が見守る中ストレッチャーに乗せられ、安静を保ちながら一先ず病院でお腹の赤ちゃんとつくしの母体の検査が行われた。2日ほど検査入院後退院してつくしは戸倉先生の洋館にお世話になる事になっている。ケビン会長は、つくしのメイドはNYから連れて来なかった。それは、キャサリンを意識しての事だった。何故かつくしに付けていたメイドのエミリーが怪 [続きを読む]
  • アラサーで何が悪い?39
  • 唯一頼みの綱であったスマホの電池が切れて、ただの使えないものになり段々つくしは不安を増して来た。外部との繋がりは完全に絶たれてしまった。修理をしてくれる業者の人が来ない限り多分このまま、ここから出られない。つくしは大雪が都内に降ったせいで、交通機関は麻痺して主要道路が全て動けなくなった車で大渋滞になっているなど考えてもいなかった。東京に雪が積もる事など10年に一度それ程雪は降らない。除雪車が必要なほ [続きを読む]
  • beloved 141
  • あれから1カ月が経った。戸倉先生は怪我が軽く済み一先ず日本に戻った。類の消息はあのまま分からない。つくしは、ショックで倒れて入院した。「つくし、お見舞いに来たよ?」「あゝカイト。」「はい、お花・・・。」「ありがとう。綺麗だね。」「うん、何だかつくしに似合いそうだったから。」「・・・・。」「類まだ見つからないらしいね?」「うん・・・。」「大丈夫だよ、どこかできっと生きているよ。だって死体も見つかって [続きを読む]
  • アラサーで何が悪い?38
  • 止まったエレベーターの中で、非常ボタンを何度も押したが応答は一切ない・・・。室内はしんしんと冷えて来ている。灯りも、いつしか消えて非常灯の灯りだけになっている。参ったな・・。これじゃ身動きできない・・・・。あゝそうだスマホ。あちゃ・・・もう電池がないや・・・5パーセント切ってる・・。RRRRR・・RRRRR電話だ、誰からだろう?「もしもし?」「牧野大丈夫?」「あゝ花沢類良かった・・助けて私エレベーターに閉じ [続きを読む]
  • beloved 140
  • NYへ戸倉先生と類を乗せたクルーズ家のプライベートジェット機が着く予定の時間になっても着かないとケビンに電話が掛かる。つくしは、まだNYへ戸倉先生が類を伴い向かっている事など知らない。つくしには、驚かせようと思い黙っていたのだ。ケビンは直ぐにジェット機が今何処を飛んでいるのか調べさせた。「今、何と言ったんだ?」「はい、クルーズ家のプライベートジェット機が・・・消息を絶ちました。」「何処で消えたんだ?」 [続きを読む]
  • beloved 139
  • ケビンはりらが自分に内緒で子供を産んでいた事をとても後悔していた、そしてあの時りらの妊娠を知っていればりらはもしかしてまだ生きていたかも知れないと言う後悔の念もある。日本に帰ってりらは未婚で私生児を産む事で、両親には何も告げずに頼る人も居ない中、苦労して一人でつくしを産んだ。妊娠中も働き、自分の身体を酷使していたのだ。つくしの場合は自分が傍に居て苦労をさせる事は無い。だが・・自分と同じようにつくし [続きを読む]
  • アラサーで何が悪い?36
  • 類の執務室に書類を受け取りに来たのは昨日紹介された近藤だった。「書類を取りに来ました。」「あっはいそこに置いてあります。」つくしは、ブレイクタイムで自分の珈琲を淹れていたが近藤の分も淹れて手渡す。「昨日お逢いしましたよね?近藤さんも良かったら珈琲をどうぞ?」「あゝすみません・・。あの相変らずお仕事が早いですね?牧野さんは・・何処で秘書をなさった経験でも?」「いいえ・・・。そんな経験はありません。」 [続きを読む]
  • アラサーで何が悪い?37
  • つくしは、暇を持て余していた・・・。新しい仕事は無いようである。あゝ退屈だな・・・。仕事は今日はもう何も無いと言われてつくしはぼんやりと、窓から外の景色を見る。寒いと思っていたら、空から白いものが落ちて来た。雪・・・。風花のように白い雪が踊りながら風に舞う。積もるのかな?つくしは何故か雪が降る様子を見るのが楽しくなっていた。小さく見える車や人々がありんこの様に見える。こんなに高い処から、人や動く車 [続きを読む]
  • アラサーで何が悪い?35
  • 花沢物産に着き昨日と同じように類の執務室へ行こうと、受付を通る時に、近くにいる皆が自分に注目しているのが分かる。昨日の帰りに、田村からこの会社の社員証のようなものを受け取った。何時の間に自分の写真を撮ったのか分からないが、渡された社員証の写真は紛れもなくつくしだった。IDカードになっていて、各部署のドアがこれで開くことになっている。と説明を受けた。会社に来たら入り口で自分の首から掛けて置くようにと言 [続きを読む]
  • beloved 138
  • 「ママ・・・ママ・・・。うっ・・・くっ・・・。」「つくし・・。」「大丈夫?つくしちゃん。」「ごめんなさい・・私なんだか・・・ママの顔を見るの初めてで・・・。自分に似てる事に驚いて・・・そうしたら・・一度だけでも逢いたかったなって・・・。」「そうよね・・逢いたかったわよね?」「つくし、すまなかった。全てわたしのせいだ・・・。」「お父様・・・。」「つくしちゃん、ケビンはそれは本当にりらさんを愛してたん [続きを読む]
  • アラサーで何が悪い?34
  • お酒に酔ったつくしは、目が段々とろーんとしてくる。何だかふわふわといい気分である。「牧野はお酒に強いの?」「うーんあまり。お店ではノンアルコールを主に飲んでたくらい・・・。」「へえ〜そうなんだ。処で牧野って司と別れて男性とは付き合いあったの?」「まさか・・・。そんなの時間も無ければ相手も居ないわよ。」「でも銀座のお店でも言い寄って来る客は山ほどいたでしょう?」「そりゃ・・居たには居たけど・・お客様 [続きを読む]
  • beloved 137
  • マイケルから電話があった翌日の夜。ケビンはつくしを伴いマイケルの自宅に向かっていた。「お父様、どちらに行かれるのです?」「わたしの親友夫婦の自宅に招待されたんだ。つくしのお母さんの事も知ってる人物だ。」「お母さん・・・。」車が到着したのNYの郊外にマイケルの自宅はあった。呼び鈴を鳴らすと中から少し恰幅のいい男性が出て来た。眼鏡を掛けた顔は優しい笑顔だった。「やあ、良く来たなケビン。」「あゝ久しぶりだ [続きを読む]
  • アラサーで何が悪い?33
  • 早速に滋は従妹の晶を呼び出す事に成功したが2日後にしか時間が取れないと言われ、その日ホテルに呼び出す事にした。ひとまずは、それぞれが帰宅した。類はつくしのマンションに寄り、食事をご馳走になる事にした。突然電話で今から行くと言われて、つくしは久しぶりにキッチンでクリームシチューとサーモンのサラダを作る。相変わらず冷蔵庫は食材が豊富に揃っている。毎朝焼きたてのパンや新鮮な野菜、牛乳や卵が届けられる。つ [続きを読む]
  • beloved 136
  • つくしは相変わらず自分の妊娠には気付いてはいない。まだ生理も始まったばかりで、不順だったせいでまさか気分が悪いのが悪阻である事など思いもしなかったのである。ケビンは答えを早く出さないといけないが考えあぐねていた。タイムリミットはあるのだ。そんな時珍しい人物からケビンに電話が掛かって来た。大学時代の親友である。マイケルだった。「ケビン久しぶりだな?」「マイケルか?久しぶりだな元気にしていたのか?」「 [続きを読む]
  • アラサーで何が悪い?32
  • 「大河原滋さまのお電話でしょうか?わたくし花沢物産社長秘書の田村と申します。」「花沢?類君の秘書が私に何のご用かしら?」「牧野つくし様の事で・・・。」「つくし?つくしに何かあったの?」「はい、牧野様の事で是非大河原様にお力をお借りしたい事がございます。宜しければ直接お会いしてお話出来ますでしょうか?」「わかったわ、何処に伺えばいいのかしら?」「社長の花沢が出来ればメイプルホテルのラウンジでと申して [続きを読む]
  • beloved 135
  • ケビンはつくしの事で悩んでいた。どうすればつくしの事を傷付ける事無く幸せに出来るのか?りら・・君が生きてたら君ならどうする?どうしたら、つくしは幸せになれると思う?私はその為に何をすればいいんだろうか?あの歳で子供を産ませて・・・それでつくしは幸せになれるだろうか?まだつくしは子供だ・・・。あんな子供に子供を産ませる事は///親として止めるべきじゃないのか?つくしの幸せは・・・・。一体何だろう?こん [続きを読む]
  • アラサーで何が悪い?31
  • 類の秘書達の部屋で、田村は類のスケージュール調整をしていた。そこへつくしがチェックした書類が近藤の手で運ばれて来た。「近藤君、それを念入りにチェック宜しく頼んだよ?」「あの・・田村秘書室長・・・。あの牧野さんという女性は社長とはどのようなご関係の方なのでしょう?」「・・・気になるのかね?」「はい。社長は傍に女性は一切置かない主義では無いのですか?女性に対してあんな・・・社長を見るのは初めてです。」 [続きを読む]
  • アラサーで何が悪い?30
  • 近藤が、サンドイッチと珈琲、紅茶を持って来てくれて代わりに、出来上がったチェック済みの書類を渡す。カッシーナのテーブルに並べられたサンドイッチは白い大きめのお皿に載せられてデザートにフルーツヨーグルトまで添えられている。まるで高級ホテルで食べるサンドイッチのように豪華だった。つくしはサンドイッチと言えば、コンビニのあの三角形の形に包んであるものか、透明パックに入ったものを想像していたが全然違ってお [続きを読む]
  • アラサーで何が悪い?29
  • 花沢物産社長室類の執務室は、イタリア家具のカッシーナで揃えられていた。座り心地の良さそうな革張りにソファーに、スタイリッシュで高級感のあるテーブル等、デスクもデスクの椅子も全てトータルコーディネートされている。「何だか凄いね・・。」「最近家具はイタリア製のものに替えたんだ・・・。」「そうなんだ・・へえっこれってイタリア製なんだ・・・。ふーん。」「カッシーナってブランド・・・気に入ってるんだ。」「カ [続きを読む]
  • beloved 134
  • 「マイケル、お久しぶり。ええ、私よキャサリン。ケビンは元気にしてるわ。ええ・・・。貴方に折り入って大事なお願いがあってお電話したの・・・ええ勿論ケビンには内緒でどうしても調べて頂きたいのよ…貴方確か聖マリア病院に昔勤めていたのよね?知り合いの医師は今でも居るんでしょう?ええ・・・。そう・・だったら昨日そこで診察を受けた、ツクシ・クルーズについて調べて貰いたいの。診察を受けた理由・・・そう病名を知り [続きを読む]
  • アラサーで何が悪い?28
  • つくしは、類が言った時間通りに支度して現れた。類にはつくしがどういう行動を取るかは分かっていた。嫌だと言いながらも真面目なつくしの性格は昔からの付き合いで分かる。「早かったね?牧野乗って。」後部座席の類の隣に乗ると類がつくしを見て言った。「牧野、センスいいね?」「だって、スーツと靴は類の選んだものでしょう?」「でも似合う様にセンス良く纏まってるよ。」「・・・・そうかな?寒かったからコートを着て来た [続きを読む]