くるみ さん プロフィール

  •  
くるみさん: 優しい時間・・見つめていこう、今とこれから・・
ハンドル名くるみ さん
ブログタイトル優しい時間・・見つめていこう、今とこれから・・
ブログURLhttp://kazokugohann125.blog.jp/
サイト紹介文今日1日を大切に、心と体を大事にしながら今の親と自分の老後も見つめます。
自由文どんなに忙しくても、少しでも優しい気持ちでいられるように・・
1日のうちにその時間が少しずつでも長くなっていけば、幸せに近づいていける・・そう思いながら過ごしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 249日(平均2.6回/週) - 参加 2015/01/21 12:44

くるみ さんのブログ記事

  • 家を手放さない方向で。同年代として、本当に良かったねって思う。
  • 2月に知人から聞いていた「家を手放そうと思う時」定年退職後に家のローンが払えなくなるから3年後に家を手放して賃貸に住もうと思っているそのことを書いていたけどあれから4ヶ月経って奥さんに仕事が見つかったそうで先はどうなるかはわからないけどご主人の定年までのあと3年、できればその後も奥さんが仕事を続けることができれば家を手放さなくてよくなるかも、ということだった。そんな話しを聞くと同年代として本当に良かっ [続きを読む]
  • それを自分の悩み事にはしない。
  • 忙しい毎日にまた一つ、考えていかなきゃいけないことが増えた。認知症の話しを聞いた後に私もできるだけ接し方に気をつけているけど気の強い母のことなので私もたまにムッとすることはあってでも、その度に心の中で頭を振り払いここで抑えるほうがお互いのためだただ、それだけを思ってぐっと我慢する。我慢なんて言葉は使うべきではないかもしれないけどでも、本来なら母自身がやっておかなきゃいけなかったというか考えておかな [続きを読む]
  • 素直にありがたい
  • 素直にありがたいと思うこと忙しい毎日でバタバタして仕事は短時間しかできなくて母のこともあって。いずれ仕事につながるとはいえ確実に1回で受かる可能性があるとは限らないのに勉強時間、作らせてくれてありがとう。今、こうやって生活ができるのは夫のおかげ。そう思うと、頑張らないといけないというか今は ありがとうの気持ちの方が大きい。今日はそんな朝でした。 [続きを読む]
  • なんて爽やか、まるで紫陽花のような人。
  • 先週、1回限りの講座に参加した帰りのこと。土砂降りとまではいかないけど結構な大雨。誰もが憂鬱そうな顔をしている。でも、1人だけ今から何か良いことでもあるのかなっていうような顔でそれじゃ、お先に、とレインコートを着て原色に近い花柄の傘をさしてビルから出ていった。なんて爽やか。まるで紫陽花のような人。雨降りを楽しんでいるわけじゃないだろうけどそんな彼女の雰囲気に、私まで気持ちが明るくなってきた。こういう [続きを読む]
  • バッグで肩凝り、それと靴・・50代になって感じたこと
  • 50代に入る前自律神経が乱れ始めた頃からだっただろうかそんなに重くはないのにショルダーバッグを掛けた方の肩がすごく凝るようになった。そして50歳過ぎたらその日の夜だけではなくて次の日の朝は首の近くまで凝っていて今はこんなところにも年齢を感じてしまうのだけどここで、ああ、歳だなぁ、深く思いこまずに次からはバッグの中の荷物をもう少し減らして意識してストレッチして少しでも肩を楽にする。それと、靴。去年までは [続きを読む]
  • 見えないから、わからないから 、 今を頑張るしかないんだよね。
  • 目標を決めてそれに向かって進み始めたことを今までお世話になっていたカウンセラーに話すかどうか迷っていた。でも、今まで相談にのってもらって何も言わないままでいる、なんてできない。だけど、この年齢で、今更 何を無駄なことやっているんだってそう思われるかもしれないと恥ずかしさもあって、なかなか切りだせなかった。でも、思い切って話したら「いいと思いますよ。頑張ってください。そして、回り道したと思ってももし [続きを読む]
  • 目も体も疲れて、夜はバタンキュー
  • 今週に入ってから認知症の講座を受けるために出かけたりその他の用事を済ませながら頼んでおいたテキストが届いたので早速、スキマ時間をみつけては暗記したり振り出しに戻って短時間パート探したりと今はもう悩む暇もないぐらい時間が足りない。 家では急いで家事をして、外ではかなり歩いて錆びついた頭に油を差すように年号とか詰め込んで目も体も疲れて、夜はバタンキュー。でも、目覚めもよく朝から体の動きがいいから今すぐ [続きを読む]
  • 「・・たら。」「・・れば。」そう考えていい時もあるかも。
  • あの時、ああしていたら、こうしていれば「・・たら。」「・・れば。」そう考えてはいけないとも言われているけどそう考えていい時もあるんじゃないかなと思った今日この頃。そう思えるようになったということは自分が悩みすぎて行き詰ったりどうしていいのかわからなくて悶々とした日々から、たぶん、少しは抜け出すことができたのかも。2年前は年明けから今頃まで心の安定、自律神経を整える、そう思ってぬり絵に没頭していてい [続きを読む]
  • 加齢によるものと認知症との違いを聞いて思ったこと。
  • 母が70代半ばを過ぎた頃から気になっていたのは昔は気が強いだけで、そこまで怒ることがなかったのにちょっとしたことで、感情の起伏が激しくなってきたこと食事作りや身支度を面倒がるようになっていたのと薄暗い部屋の中にずっといて朝、起きるのが遅くなっていたこと。母のことをこんな人じゃなかったのに、そう思い始めたのは定年退職後の60歳を過ぎてから徐々にだったけど70歳〜77歳と歳を重ねるごとに態度や言葉に振り回され [続きを読む]
  • 母だけでなく、これからの私にも助かること
  • 昨日、行って良かった。認知症のこと。親だけでなく50代過ぎたら、自分だってわからない、ということ。脳の病気なのだから、誰にでもそうなる可能性があってそれは脳の細胞が壊れることで症状が起こり見当障害や理解、判断力が低下しそこに性格や環境、人間関係などが絡み合って精神症状や行動上などの問題が出てくる。昔、知人に聞いた時に、認知症になって終末期まで進行すると寝たきりになると聞いたことがあったけど私にはそれ [続きを読む]
  • 母のことが切っ掛けで認知症についての講座を受けることにした。
  • 幸せを広げる、そう書いた時からだろうか気持ちをリセットしたあとに母の部屋を片付けてからだろうか周りから、それとも自分から?トントン拍子に風向きがいいほうに向かっているようなでも、それは今すぐにではなくてこれからの自分の努力次第なんだろうけど国試なので3年目標でまずは1年。仕事が見つかったら、勉強と両立できるように頑張ろう。それと、母のこと。部屋を整理整頓してから、顔の表情や何かが少しずつ変わってきて [続きを読む]
  • そうと決まったら即行動
  • そうと決まったら、即行動。18年前に補助をしながらその資格を取ろうと思って通信教育を受けていたけど試験を受ける3ヶ月前に入院したのと家や子供にお金がかかってくる時期が重なってそこで踏ん張りきれなかったというか体が少し落ち着いてから再挑戦すればよかったのにお給料や昔の慣れに甘えてしまい独身の頃にやっていた仕事に戻ってしまった。今から思うと、目先のことしか考えていなかったと思う。昔のテキスト、なぜか4冊だ [続きを読む]
  • 仕事につながる。50代、まだまだこれから。
  • 思いがけなかった。正直、驚いた。知人から情報が入って私が18年前に一度諦めた内容の仕事それをこれからもやろうという気持ちがあるならアシスタントで入れるかもしれないって。でも、それは今すぐではなくて早くて来年。その職種での資格は持っていないけどそれに準ずる別の資格を持っていたので自分がやりたくて飛び込んだ世界だった。ブランク18年。これまでなら迷うところ。でも、聞いた時点で迷う気持ちは全く無かった。でも [続きを読む]
  • そうなれるアンテナをたくさん張れたらいいなと思う。
  • 6月に入って慌てて行った婦人科でのガン検診の結果も出ているはずなので早く聞かなきゃと思いつつあれから2週間が過ぎていて気がつけば、もう6月の半ば。昨日聞いた結果は、異常無しでした。小さいけど、取れないポリープがあるのでこれからは忘れずに検診に。それと血管腫のほうはまだ行っていなくてこれも来週、遅くても今月中には行かなきゃ。何があったかは書かないけれど夕方に少し下がりそうな気持ちをぐっと引き上げ一晩 [続きを読む]
  • 明るい部屋から、明るい気持ちから、始まっていく
  • この1日、2日で効果が出たなんて期待してはいけないけど朝陽というか太陽の光の力はすごいと思った。薄暗いままの部屋の時も朝5時前には目が覚めていたらしいけど母が起き上がるのは8時から9時だった。その理由はあちこちが痛いから、その他いろいろだったけど窓際を片付けて、その周りに物を置かず障子がちゃんと見える状態でそのまま眠ったら朝、太陽の光が障子を通してそのまま差し込んできて目が覚めたらそのまま寝ている気持 [続きを読む]
  • 母の部屋を片付ける。
  • 本当なら、こちらの方を早くしようと思っていたけど予定より早く仕事を探すことになったので順番が逆になっていたこと。それは、母の部屋の整理と片付け。母が寝室にしている部屋は東側に窓があって日当たりがいいのに朝だけでなく日中も障子を閉めっぱなしでその上に服やなんやらたくさん掛けて天気のよい日も夕方のような暗い部屋。気分が落ち気味の時はその薄暗い部屋で、まるで置物のようにじーっとしていたり前に、朝10時近く [続きを読む]
  • 忘れてはいけないことまで、 忘れてしまった自分がここに。
  • 昔はこんなこと、思わなかったけどこの歳になってくると忘れてしまいたいことやところどころでいいから自分の記憶から消してしまいたくなるようなことがある。それは、これまで生きてきたことや人との関わりを否定するとかそんなことではなくてひとしきり悩んでもうこれ以上は無理って思って自分を新しくするために、前に進むためにそれまでに心や体に貼りついていた記憶を少しずつ消してほんの少しの痛みを感じながらいつしか心が [続きを読む]
  • 自分のどこかのスイッチをリセット
  • この1ヶ月を振り返った。やる気のつもりでいたのに気がついたら焦りになっていたこと。1つのことに集中しすぎて気がつかないうちにやる気が焦りになってしまうとなぜか焦りだけが相手に伝わってしまうような気がした。それは、面接だけじゃなくて家族や友人、知人、誰に対しても。昨日、息抜きをして思ったことは今の私、自分の中にあるもの息だけじゃなくてもう少し抜かなきゃいけない。それを感じた。やる気を失くしたのではなく [続きを読む]
  • 幸せを広げる
  • 普通に生活していてもやらなきゃいけないことはたくさんあって考えるだけで、ため息が出てしまいそうな時もあるけどそれは、たぶんみんな同じ。こうしなきゃと思っていることで頭の中が一杯になってこうしよう、やってみよう、が無くなってどうしよう、ばかりになってくるとそれがストレスになってしまうんだと思う。だから、息抜きは必要。体でも、心でも、疲れたなぁ、そう思ったら一旦、頭と心を空っぽにしてほんのひとときだけ [続きを読む]
  • 何十年前も、つい最近のことも、流せるだけ流して・・・
  • いつかは自分もそうなるけど親が高齢になって介護が必要になった時に実の親子とは言っても家でみるとしたら、いろいろと大変だと思う。私の場合は、母1人子1人だったからそうなるんだよねって若い頃は当たり前と言うか、自然なことのように思っていたけど母が60歳過ぎて2年、3年、5年、10年、15年、17年と進んでいくのは時と体の老化だけではないと言うのがわかり始め昔はこんな気持ちになるとは思わなかったことがこの10年近くで [続きを読む]
  • コップのフチ子みたい
  • 昨日は親類のことで用事があり今日は家の排水のことでみてもらわないといけない場所があって家を開けられない2日間。こんな時は、仕事がまだ決まっていないから時間の都合をつけなくていいぶんよかったと思えばいいけど変にまた気持ちが焦っているようなそんな自分が、また嫌だなと思ったり。でも、こうやって書きながら気持ちの切りかえ。朝のうちに見てもらう場所の掃除をやって待つのみ。この記事を書いたら今日はパソコンで求 [続きを読む]
  • 母親の気持ちよりも 子供の心に近い気持ちになる。
  • 水曜日の22時からのドラマ「母になる」途中、何話か見逃してしまったけど昨夜は、30分遅く始まったので眠い目をこすりながらTVの前に座った。ドラマの後半、子供が育ての親にもう二度と会わないことを伝えに行くシーンがあった。涙ぐむ育ての親とは反対にさらりと別れを告げる中学生の子供。育ての親よりも、やっぱり本当のお母さんなんだろうか子供ってそんなに早く割り切れるものなのだろうかそう思っていたら別れた後に、歩き [続きを読む]
  • 体は正直です。
  • 昨日、晩ご飯を作ろうとしたら背中から肩にかけてピリピリ電気が走ったようになっていやだ、何だろう、これ。また何か変なことになったのかとひやりとしたんですが最近は、時間に追われていて寝る前のストレッチをやっていなかったのでもしかするとそれかなと思って昨夜は15分だけやりました。そして今朝、目が覚めて昨日までよりも体が軽いというかすっと起き上がれたような気がしました。体って正直です。いえ、体だけじゃなくて [続きを読む]
  • 自分が生きてきたそのままが未来になる、本当ですね。
  • 5月のGW以降の母と私の関係は私が忙しくしているせいもあるとは思うけどお金に関しては、気がついたことはきちんと言っておかないとこれからの私の老後にもかかってくるので距離をおきながらも気にかけている日々です。でも、この3週間は毎日のように出かけて、その合間に家事をして前ほどはできなくなったけど内職もしている私を見て母も自分の考えが少しずれていたことをやっとわかってくれたみたいで今のところ、ですが、私 [続きを読む]
  • ご飯が美味しいと感じられたらそれで良し、今は。
  • 昨日、夕食の後片付けをしているとどうしてなのかわけもなく気持ちがザワザワしてそれは不安とは違うのだけど胸の中に何か重いものが引っかかってそこから落ちないような気がしました。たぶん、それは昨日のお昼に久しぶりに遠方の友人から連絡があった時にいつものように、元気っぽくできなかったから。私が就活をしているのは知っているけど向こうからはそこには触れず、それはありがたかったけど気をつかっているのがすごくわか [続きを読む]