くるみ さん プロフィール

  •  
くるみさん: 優しい時間・・見つめていこう、今とこれから・・
ハンドル名くるみ さん
ブログタイトル優しい時間・・見つめていこう、今とこれから・・
ブログURLhttp://kazokugohann125.blog.jp/
サイト紹介文今日1日を大切に、心と体を大事にしながら今の親と自分の老後も見つめます。
自由文どんなに忙しくても、少しでも優しい気持ちでいられるように・・
1日のうちにその時間が少しずつでも長くなっていけば、幸せに近づいていける・・そう思いながら過ごしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 299日(平均3.3回/週) - 参加 2015/01/21 12:44

くるみ さんのブログ記事

  • 1人になりたい、そんな気持ち。こんな日もあるよね。
  • 忙しい毎日とはいえ子育てが終わって昔よりも時間があるはずなのにこんなことを書くと我儘なのかもしれないけど1人になりたい、そう思う時がある。母のことも含めてその他、いろいろ。3日でいいから1人になりたい。でも現実は無理だし3日も家を空けている暇もないし悩んでいる時間で、覚えなきゃいけないことがヤマのようにある。わかっているんだけど今日は1人になりたい、そんな気持ち。こんな日もあるよね。 [続きを読む]
  • 忘れていたと言われた方が不安にならなかったかも。
  • 歳をとってからの母は手前が障子ではなく、開き戸になっていてその奥が窓の2畳ぐらいのスペースに洗濯物を干しているのだけど晴れの日以外は窓を閉めてクーラーを入れていた。ところが、お盆に何気なく洗濯物が干してある向こうの窓を見たら全開ではないけど、半分ずつ開いていたのでたぶん閉め忘れなんだろうと思って「窓が開いてるよ。」って言うと、母から返ってきた言葉は「この前くるみが、湿気を逃がさないとダメって言って [続きを読む]
  • なんか、負けそう。
  • 今年は初盆参りが多かっただけでなく去年よりも気持ち的に忙しいお盆休みで今日は体が少しだるいような、疲れているみたい。昨日の自分のこともそうだけど母の物忘れとは違った場面を見てやはりこれは認知症の始まりなのかと思ったりでも、80歳に近づけば何も無く、若い時と同じように考える、動ける人は少ないのだからこれぐらいは仕方がないとその都度うまく対応していくしかないと思ったり。詳しくは次の記事で。そして、昨日 [続きを読む]
  • 少しだけ息抜きを。
  • 今年のお盆休みは去年よりも忙しくて今まで頑張って覚えてきたことこの3日間は復習していないからどんどん忘れている状態。50代の固まりかけた脳ミソは新しいことを覚えながらもその前に復習を2回ずつ。どんなことがあっても1日に最低10分でもテキストを開くかメモ書きに目を通すようにしているのにそれすらスルー。仕方がないと割り切っているけど忘れていく速さが本当に怖い。こういうのが続いていくと途中で断念してしまうんだ [続きを読む]
  • お盆とお墓
  • 家に帰って 窓を開けると昨日までと違って 風が少し涼しく感じました。いつぐらいからだったでしょうかお盆がくるとお墓のことを考えるます。3〜4年、もう少し前だったか毎年、この時期になると思います。昨日の夜に、初盆のことで夫と息子が話しをしていたのでその流れから、その後で話しを切りだそうと思いながらも言えないまま、聞けないまま。1人だったとしても、2人だったとしても私、私たち、どうするのか話し合っておかな [続きを読む]
  • これからの人生と その周りが少しでもうまくいくように、そんな毎日です。
  • 最近は暗い?ような内容の記事が続いているので管理人は、またあれこれと悩み始めているんじゃないかそう思われてしまいそうだけど本人は、現実ではとても元気でたまにイラッとしても、早めに気持ちを切りかえて今を生きてる毎日です。資格のことから勉強を始めて十数年経ってしまったから、というだけではなくその間に子育てを終え、親が高齢になりそれまでの過程を振り返り、今現時点での問題が今、学んでいることに 良いも悪い [続きを読む]
  • 身体の成長のスピードも心が開くのも違うので
  • 昨日、テレビを観ていて思ったこと。「挨拶が一番大事」それは私もよくわかっていたし何ができても挨拶ができなければダメ昔はそう思っていた。なぜなら、自分の親、特に父親が厳しかったから隣近所の人と会ったら向こうが気がつかなくても必ず頭を下げなさいそう言われて育ってきたから。そして、ずっとそう思ってきて息子が生まれて、自分も父と同じことを言ってきて娘が生まれてどんなにその環境を作ったとしてもそうはいかない [続きを読む]
  • きれいごとだけでは生きてはいけない
  • 子供は 自分が小さい頃は親がダメだということそれが悪いことなんだと思っているけど小学2〜3年頃からは道徳というものは親が言うそれが絶対ではなくてその時々の状況によって変わるものなんだとわかってくるようになる。そして、小学4年生頃からはその相手によっても変わってくることを理解するようになる。これ、わかっていたようで自分でもそうやってきていたんだと思っていたけど私自身、途中の段階で躓いていたというか発達 [続きを読む]
  • スチューデントアパシーと意欲減退症候群
  • 私が聞いたのはもうずいぶん前7年か8年前と思うけど中学、高校と進学校に進んで大学受験に合格するためにずっと頑張って勉強してきてやっと大学に合格したのに半年、1年、2年で学業に専念できなくなり学校に行かない間も親はいつかまた通ってくれると信じて授業料を払い続けるのだけど最終的には子供が途中でやめてしまったというのを1人ではなく私が直接知っている人で3人。間接的にだと、4、5人。合格目指してずっと頑張ってきた [続きを読む]
  • 負の気持ちに引きずられないようにしないと、ですね。
  • 今は少しだけど心理学的なこと、福祉に関することを学ぶようになって過去にあれだけ悩んでいたことが薄皮が剥がれていくように自分の過去を洗い流す、とまではいかないけど自分が幼い頃に乗り越えていなかったことやうまくいかなかったこと全く同じではないけれど繰り返されてきたようなことその原因というか根っこになっていたところがわかってきたことでこれまでに 人が、周りがという環境があったとしてもそればかりはどうして [続きを読む]
  • それは信じている証拠
  • 春が過ぎ夏がきて私も その周りにもいろいろな変化があって私自身は、よい方へと向かっているそう思っているけれど今の時点では果たして それが本当に数年後に良くなっているのかそれはわからない。でも、たとえ、先で解決しないままだったとしても今、離れた場所で家族それぞれが頑張っていることそれはきっと1人1人に悪いことにはならないと思う、きっと。喧嘩したことも無視したこともわかりあえなかったこともたくさんあった [続きを読む]
  • そんな私になるのも これからは必要なこと
  • 息抜きの1日はあっという間に終わってしまったけどそんなふうに感じた今日という日は今、ソファーから体を起こせないほどぐったり、体は疲れているけれど精神的にはとても充実していたんだと思う。家の中は少し散らかっているけれど明日の朝まではもう 気にしない。今からお風呂に入ってぐっすり眠って明日、目覚めたらゆっくり片付けたらいい。そんな私になるのもこれからは必要なこと。 [続きを読む]
  • それは、自分を発達させてくれるもの
  • いつからでも遅くはない、そう思ったのは発達は子供だけではなく、大人もそれは老年期になっても続いていくから。ドイツの心理学者が人の生涯を乳幼児期から老年期までに8つに分けてその時の危機を乗り越えられた時に獲得していくものがあると説いている。人を信じられるか行動を抑制できるか生きる力をつけられるか、など人生の中で直面していく様々な状況にたとえ躓いたとしてもどうやって対応していけるかそこで乗り越えること [続きを読む]
  • 変わっていく、それはいつからでも遅くはなくて
  • 幼児期の環境はその後の人格形成に影響するというけどこの世の中で経済的にも愛情面でも何から何まで全てが整っている状態で育ってきた人ばかりじゃないというかみんなそこそこにああ、あの頃に違った環境だったらと思うようなことがあったんじゃないかなって思うけどそこで、学校や職場、その他の場所で家族以外のどんな人たちと関わってきたかでまた自分自身が変わっていくんじゃないかなって思った。知人がずっと前に周りからよ [続きを読む]
  • 拒否と放任
  • 過保護にもいろいろあるけどそのような家庭環境で育つと性格的に こうなること が多いと前の記事で書いたけど反対に子供を放任したり拒否するとどうなるのかこれも一概には言えないと思うけど親が拒否の態度でいれば、子供は劣等感を持ち強情で冷たい性格で放任過ぎると、何でも自分でやってしまうけど情緒的に不安定になりやすいらしい。大まかにではあるけれどそして、なんとなくではあるけれど自分も含めて、知人や友人のこと [続きを読む]
  • 母親が傍にいなくても。
  • 幼児期に母親とのスキンシップや情緒的な 絆をつくることがその後の人格形成の基礎になると昔も今も言われているけどでも、それは必ずしも母親だけではないって思うのはうちもそうだったけど幼い頃に母親が傍にいられない家庭もあるし母親が家に居ても、家庭にはそれぞれの事情があるので子供との十分な時間を作れないこともある。それでは、そんな中で育つと大きくなって情緒不安定になるのか。うちの息子で言えばその逆でいつか [続きを読む]
  • とてもシンプルなことなんだと思うようになった。
  • 人生は山あり谷あり人それぞれいろんなことがあって楽しいことよりも悩んだり苦しんだりすることの方が多いような気がする。でも、悩み考えたあげくに自分の周りが見えてきてじわっと染み入るように、今度は自分が見えてきて気がつけば脆くなっていた心が強くなったわけではないけど、ブレなくなってきた。先月から学んでいる中で心理的な関係で、それは性格だけでなく人や周りの環境で子供も大人もこんなふうに影響が出てくるんだ [続きを読む]
  • 1つにまとめていく予定です。
  • 今はただ、前に進むことしか考えていない私だけど一ヶ月前から関わり始めたことが私自身の以前からの悩みだけでなく 今現在と自分だけでない周りにもつながっている、それがわかってきてでもそれは私だけではなくてもしかすると子供や親のことで同じように思ってある方や過去に似たような経験をされたり何かを感じるところがある方もいるかもしれないそう思った時にブログのカテゴリも1つにつながっていくんじゃないかと先週ぐらい [続きを読む]
  • 若くても
  • うまく書けないけど人って歳をとっているから何でも知ってる、とか人間ができてる、とかそういうわけじゃなくて若くても十数年、二十数年その中でたくさんのいろんな経験をして何十年か生きたぶん、もしかしたらそれ以上の心の広さと環境に適応する力を持っている人もいてそんな人たちのこれまでの話しを聞いていると50代の私はなんて小さな心の狭い人間なんだろうかとつくづく思ってしまう。でも、ここで自分を責めてはいけない。 [続きを読む]
  • 過保護のタイプ
  • 過保護にもいろいろあると思うけど大きく分けると二つのタイプがある。1つは、子供に干渉、命令してこれはあなたのためなのよって子供のことを大事にしているようであって自分が思い込んでいる愛情を子供に押し付けている。もう1つは、子供のことを異常に心配し、何もかも先回りして親がやってしまう。子供に奉仕しているような感じ。この環境が長いこと続けば子供の性格にも影響するらしいけどこの2つでいえば、微妙に違うところ [続きを読む]
  • 母の状態、それは自己防衛の1つだったのかも。
  • 今日の記事に内容に対してそれは違うよという考えもあるとは思うけどうちの母の性格もあると思うのでああ、こんなこともあるんだなというふうにさらりと読んでもらえたら、そう思いながら書いています。生きていると、いろんな壁にぶつかることがあるけど全く同じではなくても、似たような境遇でうつ状態に陥ってしまう人とそうでない人がいる。うちの母だけど、今まで不思議だと思うことがいくつかあった。ウツっぽいというか、ウ [続きを読む]
  • ストレス頭痛にならないように
  • 今朝、気になるニュースを見た。ストレス頭痛というのがあるようでhttps://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170726-00010000-otonans-soci&p=1家庭、仕事、人間関係などでストレスを感じることから起こるらしく年齢、性別関係なく、子供でも発症するらしい。頻繁に痛む人とそうでない人がいて痛み方も 締めつけられたり、めまいや吐き気がしたりいろいろな症状があるみたい。こうやって書きながら、やっぱり昔の私もそうだった [続きを読む]
  • 当たってる、というか、そうだ、そうだと思いながら。
  • 少し前の「欲求不満」の記事の中でそれがうまく解消されればその出来事にうまく適応できたということになるけどそうじゃなかった場合、欲求不満が続いている時意識してなのか無意識なのかそれは人それぞれと思うけど別のことに置き換えて、となるのかなほかのことで適応させて自分の心を安定させるような働きがあるらしい。例えば、同じ境遇の人がいたらその人に自分を重ね合わせて自分は1人じゃないと思って安心したり自分ができ [続きを読む]
  • クレームもいろいろ。
  • 昨日のアサリではないけど物を買った時に、その商品がどのくらいの状態でクレームしてもいいのかどうか考えてしまうことがある。昔、野菜の共同購入をしたことがあった。あの時も夏場だったと思う。注文して届いたプチトマトの下の半分にカビがはえていてどう考えても食べられる状態じゃなかったので電話をして問い合わせたら「上の方は食べられるんでしょ?」そんな返事だったけど私としては、お金を出して買っているのに半分が食 [続きを読む]
  • こんなことって普通なんだろうか。パックのアサリ貝。
  • 昨日は夫が親類のところに行って近くに新しいスーパーが開店したのでみんなで一緒に行って安かったので家用にも肉や魚、野菜を買い夕方に持って帰ってきた袋の中を見るとパックに入ったアサリ貝があったので洗おうと思ってパックを開けたらいつもよりも違った臭いがして何度洗っても水が濁って見えたので一個ずつ手に取って見てみると合わさったところが、ブワブワしている貝があってこれはたぶん生きていない証拠。2〜3個ぐらいな [続きを読む]