nana さん プロフィール

  •  
nanaさん: 主人が定年退職したら・・・
ハンドル名nana さん
ブログタイトル主人が定年退職したら・・・
ブログURLhttp://teinentaisyoku.blog.jp/
サイト紹介文主人が定年退職してからのことを綴っていきます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/01/21 17:04

nana さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 定年退職をした夫の配偶者(妻)の年金
  • 夫が定年退職をした場合の妻の年金ってどうなると思います?前に私の場合で少し書いたと思いますが、こうなったという事実しか書いていなかった気がします。改めて、調べてみました。昔は定年というと60歳、と思っていましたが今は、62歳が定年だったりいろいろあるようです。今回は、60歳定年の場合で話を進めます。それと、妻はそれまで夫の扶養だった場合です。夫は、定年するまでは『第2号保険者』と呼ばれます。(会社員や公 [続きを読む]
  • 退職2年目の市県民税
  • 先日、税務関係書類在中の封書が主人あてに届きました。税務関係書類ね。。。何だろう?と思って封を切ると、市県民税の納付書でありました。5月・6月は、退職したらいつまでも いろんな支払いに追いかけられんだ・・・とどんよりしていまします。でも、なんと嬉しいことに年額で12,500円で済みました。第1期分・・・・3,300 円(6/30納付期限)第2期分・・・・3,000円 (8/31納付期限)この二つは、納付書により自分で支払うよう [続きを読む]
  • 国民健康保険について
  • 4/13日に手続きを済ませ、国民健康保険(国保)に加入することが出来ました。お陰で4/15日に予約していた病院には変更なしで行くことが出来ました。ところで、国保に加入したときに『国保ガイド』なるものを頂きました。   いつもは、あまりこういうのって面倒くさくて中をじっくり読んだことがありません。でも、国保になるのは初めてだったので何か知らないことがあるかなと思いのぞいてみました。この中にいくつ [続きを読む]
  • 国民健康保険に切り替え完了
  • 《熊本地震における被災者の皆様、謹んでお見舞い申し上げます》熊本の地震、いったいいつまで続くのでしょうか?いまだ連絡のつかない方、避難所で不自由な暮らしをしている方本当に大変だと思いますが、どうぞ心折れずに頑張ってください。4月12日、無事に任意継続健康保険から国民健康保険に切り替えが済みました。会社の健保から、3月中旬に早くも「健康保険資格喪失証明書」が送られてきていました。書類には、資格喪失日が4 [続きを読む]
  • 退職後、2年目の健康保険
  • この記事も内容がすでに遅くなっているかもしれません。時間がなくて更新がなかなか出来ません。同じような環境の方に少しでもお役に立つ情報があったら発信したいと思っているのですが・・・・今年の方には遅くても、来年同じ境遇になる方にはお役に立つかもしれないので、この記事を書きます。主人が嘱託の期間を終えて退職することが決まった時に健康保険をどうするか考えたのですが、結局、それまで勤めていた会社の健康保険の [続きを読む]
  • 退職後、2年目の医療費控除
  • お久し振りです!半年ぶりの更新です。書きたいことも沢山あったのですがなんせ、時間が取れない・・・・ 今日の話題はタイトル通り退職後、2年目の医療費控除についてです。年金生活者の医療費控除は市県民税の控除になるのでやった方がいいそうです。まず、主人は60歳で定年になりその後、5年間嘱託で働き、65歳を過ぎた12月で本当の退職になりました。退職してから、わずか〜な年金で暮らしています。年金だけで暮らしてい [続きを読む]
  • 主人の楽天カード
  • 主人の楽天カードの話をしたのは6月でした。あれから、ずっと昨日まで更新さぼってました nanacoのチャージ用に主人の楽天カードをモッピーで作ろうってところまで話をしていました。カードはあっという間にできました!早いですねぇ〜!主人がモッピーで「楽天カード」を作った時はモッピーのポイントは、ナント 8,000ポイントでした。今日見たら、7,000ポイントになっています。モッピーのポイントの付与はキャンペーンなど [続きを読む]
  • 主人が手術!
  • しばらくぶりの更新が主人の手術の報告です。先日、車の運転中に「今日は、調子が悪い」と言い出しました。悪い冗談が始まったと思っていたら、冗談ではないらしく車を止めて少し休んでも、どうも落ち着かないようです。もともと高血圧もあり、数年前に救急車で病院に行ってから体調の変化には敏感です。車を止めた場所が以前に行った病院の近くだったこともありそのまま病院に行くことにしました。病院では普通の受付をせず、救急 [続きを読む]
  • 過去の記事 …