猫やなぎ さん プロフィール

  •  
猫やなぎさん: とるなら〜福井ロケハン道中記〜
ハンドル名猫やなぎ さん
ブログタイトルとるなら〜福井ロケハン道中記〜
ブログURLhttp://asobinet.com/
サイト紹介文福井県の写真スポットのロケハンとPENTAX関連の機材など。各地のグルメやデートスポットも紹介しています。
自由文2014年の冬からカメラを趣味にし始めて、ついでにブログも始めました。写真を撮るより機材云々とロケハンがメインかもです。駆け出しカメラ小僧なので、カメラにまつわる備忘録などもコツコツ記事にしています。主にPENTAX機で撮影をしていますので、興味がありましたら是非御覧くださいませ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供563回 / 365日(平均10.8回/週) - 参加 2015/01/22 00:09

猫やなぎ さんのブログ記事

  • シグマ 100-400mm DG OS HSM C 描写性能を実写で確認【機材レビュー】
  • 解像力チェックISO 100固定STD初期設定JPEG:F100mmF5.6 してスライドショーを表示絞り開放から四隅まで安定した描写で、批判すべき点が無い。望遠端と比べて絞り開放における四隅の画質は僅かに良好。もう少し拡大して確認すると、やや線の太さを感じる。2400万画素のα7 IIではあまり気にならなかったが、3600万画素や4200万画素のカメラで撮影するとまた違った感想を持つかもしれません。F8.0 してスライドショー [続きを読む]
  • ソニーα9とα7R IIの違いはこれだ!【海外の評価】
  • 2017.4.27:DPREVIEWがソニーの新型ミラーレス一眼「α9 ILCE-9」についてα7R IIとの違いを解説する記事を公開しているので抄訳してページを作成しました。Alpha-better:Sony α9とα7R IIの違い解像力この2台における最も基本的な違いはセンサーだ。α9は2400万画素の解像力で、αフルフレームの画素数としては真ん中のポジションだ。一方α7R IIのセンサーはソニーαの最高解像力であり、フルフレーム市場では実質EOS 5Ds/Rに [続きを読む]
  • LEICA DG 8-18mm F2.8-4.0はパンチがある画質で際立った解像力【海外の評価】
  • ePHOTozineにて「LEICA DG VARIO-ELMARIT 8-18mm F2.8-4.0 ASPH.」のレビューが公開されています。解像力は良好で、特に色収差がかなり抑えられている点が素晴らしいですね。広角端が最も高いパフォーマンスで望遠側にズームするにつれて若干ですが四隅の解像力が低下するようです。フレアの影響を受けやすいと指摘していますが、競合レンズにしてもフレアに強いとは言えませんので「超広角なり」と捉えておくと良いかもしれません [続きを読む]
  • 超高速連写モデルSony α9とOM-D E-M1 Mark II【海外の評価】
  • MirrorlessComparisonがα9とE-M1 IIの電子シャッターをテーマに記事を発信しているので一部抄訳。具体的な比較と言うよりは「最近の電子シャッター(と諸機能)すげえなぁ…」という記事ですね。E-M1 Mark IIの纏まったレビューを発信しているサイトなので、主にE-M1 Mark IIの電子シャッターの印象を元にしている感じがあります。α9+縦型グリップMirrorlessComparisonの見解従来の電子シャッターにはいくつか制限で「高感度ISO [続きを読む]
  • SIGMA 100-400mm F5-6.3 DG OS HSMレビューまとめ【国内の評価】
  • 2017.4.26:気になるレンズだったので国内の評価をまとめるページを公開。私自身もこのレンズを購入しているので、4月27日以降にレビュー記事を公開する予定です。100-400mm F5-6.3 DG OS HSMの国内における評価複数人のレビューを一つにまとめているので、評価が2分している部分もあります。主観性の強いコメントも多いので”こういう意見もある”という程度にとどめておいた方が良いかもしれません。F値の変動100mm114mm234mm400 [続きを読む]
  • Batis 135/2.8は完璧な光学性能だがBatisとしては価格が高い【海外の評価】
  • Dustin AbbottがカールツアイスのBatis 135/2.8についてレビュー記事を公開しています。どのサイトでも「光学性能は完璧」という声の多い135mmですが、このサイトでも同様の結論となっているようです。Batisシリーズとしては価格がかなり高くなってしまっている点は指摘しています。Dustin AbbottツアイスのOtusやMilvusをレビューしてきた私としては見慣れたデザインだ。同様に滑らかな黒色の金属鏡筒の外観は例えばMilvus 135mm [続きを読む]
  • Batis 135/2.8は性能面で欠点の少ないレンズ【海外の評価】
  • PhotographyBlogにBatis135/2.8のレビュー記事が公開されています。高価なレンズであることには違いありませんが、それ以上に魅力的なレンズのようですね。135mmと言えばシグマの135mm F1.8 DG HSMも登場したばかりですので悩ましい選択肢となりそうです。PhotographyBlogPhotographyBlog:欠点がほとんどないレンズ直径98mm、全長133mm、614gのこのレンズはかなり重いが、テスト機のα7R IIと組み合わせるとバランスが取れていた [続きを読む]
  • 135mm F1.8 DG HSMは素晴らしい解像力をボケを持つレンズ【海外の評価】
  • PhotographyBlogにシグマ 135mm F1.8 DG HSM(ニコン用)のレビュー記事が公開されています。海外のレビューサイトでも絶賛の135mmですが、このサイトでも同様のようですね。批判すべき点として挙げているのは重量・サイズくらいですが、それも光学性能を考慮すると妥当と考えているようです。PhotographyBlog1.130g、直径91.4mmと大きなレンズだが、このような大口径レンズとしては驚くべきものでは無いだろう。Nikon D5と組み合 [続きを読む]
  • α9 ILCE-9 ハンズオンレビューまとめ
  • DPREVIEWα9は既存のα7よりもしっかりとした造りになっているがそれほど重くない。ソニーは「ほとんどのボタンやダイヤル周辺を密閉しており、埃や水滴に対して強力だ」と述べている。カメラグリップはα7よりも少し深く、24-70GMのようなより重いレンズを快適にするものだ。とても革新的な仕様であるにも関わらず、既存のα7シリーズと基本的に同じような外観を維持している。しかしカメラの内側は高速化のために全てが改善され [続きを読む]
  • 一眼カメラ頂上決戦 α9 ILCE-9・Nikon D5・EOS-1D X Mark II【比較】
  • 2017.4.20:α9のブラックアウトフリーで超速連写の説明動画を掲載・外観比較を追加2017.4.20:α9の海外発表を受けてソニー公式(UK)のスペックリストを元にD5とEOS-1D X Mark IIと見比べ「どれだけα9が凄いのか?」を検討していきたいと思います。まずはざっくりスペックリストを作成しました。時間を改めて内容を追記していきたいと思います。外観比較正面背面側面上面スペック比較詳細比較α9 ILCE-9Nikon D5EOS-1DX Mark I [続きを読む]
  • クラス最軽量の超望遠GM FE100-400mm F4.5-5.6 GM OSS【評価・作例】
  • 2017.4.21:国内公式アナウンスがありました。7月発売予定で先行予約開始は未定とのこと。2017.4.20:レンズの特徴を追加2017.4.20:公式発表を受けてページを作成。ひとまずα9 ILCE-9を先に作成しているので、こちらはひとまずページのみ。参考に海外のSONY公式リンクを掲載。参考 記事・サイト評判・関連 で展開価格.comレビュー/口コミ楽天市場レビューAmazonレビューカメラのキタムラレビュー作例 で展開公式フ [続きを読む]