名瀬なのか さん プロフィール

  •  
名瀬なのかさん: 稼ぐフリーライターになる方法
ハンドル名名瀬なのか さん
ブログタイトル稼ぐフリーライターになる方法
ブログURLhttp://naze7000nanoka.hatenablog.com/
サイト紹介文フリーライターのための情報を発信。未経験、副業でお小遣い稼ぎ、WEBライターになりたい人にもおすすめ
自由文ライター、編集者の経験を元に、雑誌や書籍、さらには広告、WEBで活躍するためのテクニックを発信。編集者だから知る「稼げるライターと稼げないライターの違い」や「未経験からライターになる近道」、「副業でライターを始めるメリット」など、文章を書く仕事にまつわることなら何でも紹介!現役ライターはもちろん、ライターになりたい人、副業をしたい人、WEBライターを目指す人、ブロガーに有益な情報をお届け!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/01/23 15:48

名瀬なのか さんのブログ記事

  • なぜみんな喫茶店で「相席」したがらないのか?
  • フリーライターをしております。ライターという仕事柄か、よく喫茶店を利用するのですが、最近は暑い日が続いているからなのか、近所の喫茶店がものすごく混んでいる。で、いつものようにコーヒーを注文しようとすると、店員さんから「申し訳ありませんが、あいにく満席でして…」たしかに席は満席なのだけど、よく見ると2人席にバックを置いている人がたくさん。あれをどければいいだけなのに。こういう時、私は極力笑 [続きを読む]
  • ブログで稼ぐ「お金以外」のメリット
  • ブログで稼ぐのは悪いことなのか、みたいな話がよく盛り上がりますね。みんないろんな意見があって興味深い。そういった善し悪しの議論とはちょっとズレますが、今回はブログで稼ぐことの「お金以外のメリット」について。私自身ブログで稼いでいて、これまでの仕事とは別の収入が得られたことで生活に余裕ができたのは本当に良かった。金銭的なメリットはものすごいありました。先が見えない今の世の中、誰しもが副業や副収入を持 [続きを読む]
  • パクチーが急に食べられるようになって「才能ってなんだろう」と考えた
  • これまで、私はつくづく中途半端な人間だなぁと思って生きてきた。好きなものに打ち込んでも長続きせず、途中でなんとなく諦めてしまう。「どうせ天才には勝てない」「自分には才能がない」努力は必ず報われるとか継続は力なりという言葉は正しい。ただ、それは元々の才能がある人に限った話だ。天才は努力を続けることで超一流になれるかもしれない。でも、私のような凡人が頑張ったところで、すごい凡人くらいになれるのが関の山 [続きを読む]
  • 「ゆず」という字はズルい。どんな言葉と合わせても可愛くなるから
  • ゆずという字の可愛さが異常だと、いまさらながら気付きました。その可愛さゆえ、どんな言葉とくっつけても可愛くなってしまう。それをこれから証明しようと思います。可愛い言葉ゆずプードルゆずぺチーノ広瀬ゆずゆず官山これは愚問というやつです。ゆずの可愛さに可愛いものをプラスすれば、そりゃやっぱり可愛い。硬めの言葉ゆずビルゆず信用金庫ゆず民年金円高ゆず安硬めの言葉ならどうか。やっぱり可愛くなってしまう。しかも [続きを読む]
  • フリーライターなのに仕事がない時に意外と使える3つの対処法
  • 仕事がなくなってしまったフリーランスはどーしたらいい?フリーランスのライターという仕事には、常に「いつ仕事がなくなるか」という不安がつきまとうものです。自分の努力不足や才能のせいだけではなく、タイミングの悪さで急に仕事がゼロになることも少なくはありません。そうした場合、どうしたらいいのか?よく言われるのは、「委託サービスに登録する」だったり「とにかく本を読んで勉強する」、もしくは「ライター講 [続きを読む]
  • 単純な4タイプ診断で自分が仕事に向いているかなんてすぐ分かる
  • フリーライターをしております。最近は就職や転職にまつわる仕事を担当することが多いのですが、なぜかこうした記事ってやたら具体的な数字とかデータとかを求められるんですよね。あ、求められるっていうのは編集者とかクライアントとかにってことじゃなく、読む人にという意味です。詳細な数字やデータなんて書いたところで、入った年代や配属される部署、さらには担当する上司によって、労働時間やお給料なんてまったく違うだろ [続きを読む]
  • もしも千円札を拾ったら実際のところどうすべきか?
  • もちろん交番に届けたのですがフリーライターという仕事をしています。これはフリーライターあるあるかもしれませんが、生活が不規則になりがち→運動しなくては!→移動は自転車にしようと、取材や打ち合わせの際に、自転車移動になるもの。ただ、私の場合、ママチャリで壁に激突して前カゴと前歯が同時にあの世行きという大事故を起こした過去があり、それ以来、自転車に乗るのが怖い。今はひたすら徒歩で移動する毎日です。で、 [続きを読む]
  • 編集ライター講座に行く価値は本当にあるのか?通うべき人とは?
  • 編集者&ライター志望者は「編集ライター講座」に通うべきか、否か先日、知り合いの編集者が「ライター講座の教壇に立つ」ということで、ひやかしついでに見学させてもらいました。私の若い頃と違って、今はWebに向けたライティングなどの話もあって、けっこう勉強になることも多かったり。なかなか楽しめました。思えば、私も過去に何度かこの手の講座に通ったことがあるのですが、今回はライター、編集者になりたいと思ってい [続きを読む]
  • 厚顔無恥vs薄顔有恥、どっちが得か?
  • 「厚顔無恥」になるのを恐れる人、多くない?私はフリーランスとしてかれこれ10数年仕事をしていますが、普段から心がけているのは「やる」か「やらない」かを迫られた時、ほとんどの場合「やる」を選ぶようにしているということ。駆け出しのころは「こんな仕事を引き受けて大丈夫だろうか?」と悩むことの連続でしたが(今もそうかもしれない!)、それでもやっぱり「やる」は「やらない」を選ぶよりも絶対によいと思うんです。先 [続きを読む]
  • メモを取るならパソコンよりも手書きのほうが記憶によいのは本当か
  • たま〜にでいいから手書きしてみる私はフリーライターをしておりますが、週に1度はパソコンではなく手書きをするようにしています。メモやノートを取るのは手書きのほうが記憶に良いという話がありますし、パソコンだとどうしても深く考えずにタイピングしてしまいます。今や、文章を書くという行為は、もはや「キーボードを打つ」と同じ意味になっています。よほどの大御所作家さんじゃない限り、長い文章を今でも原稿用紙に手 [続きを読む]
  • ライターは「好き勝手に」ではなく「好き」を書こう
  • このままライターとして何も書けない状態でいいのか今回はフリーライター初心者に向けた話。みんな今、戸惑っていると思うんですよ。webからライター稼業をスタートさせることが当たり前の時代なのに、webで何かを書くことに慎重にならざるを得ない状況。ライターだけではなく、最近はブログをやっている人も同じように感じているかもしれません。「無知な自分が、こんなテーマを書いてもいいのだろうか?」信頼性、信憑性の [続きを読む]
  • 名言を残したいなら「靴」をテーマにすればいい
  • 「オシャレは足元から」「良い靴は履き主を幸せな場所に運んで行ってくれる」など、靴に関するフレーズは不思議と人を前向きにさせる効果がある……気がします。私はフリーライターという仕事柄か、たまに「なんとなくよさげなフレーズ」を考えるという不毛なことをしょっちゅうメモしているのですが(いつかベストセラーのタイトルにならないかと淡い期待を抱きながら)、今回は靴をテーマに考えた名言(すべて創作!デタラメです [続きを読む]
  • はてなブログ読者数が700人を超えました!
  • 私がブログ読者数を増やすためにやったことこのブログをはじめてもう2年が経ちました。最近は本業が忙しかったりでなかなか更新するタイミングが少なかったりもするのですが、気付けば登録していただいた読者数は700人を突破!これって、もしかするとちょっとすごくない?とあれこれ調べてみると、ランキングをまとめているサイトを発見。はてなブログ読者数ランキングなんと、このブログは現在151位でした。はてなブログ [続きを読む]
  • 編集者が教える「ゴーストライター」になる方法
  • 雑誌や書籍で活躍するゴーストライターへの近道稼げるフリーランスになるための一つの選択として「ゴーストライター」を目指すというのはおすすめです。なぜおすすめなのか? 私はこれまで雑誌や書籍を中心にライター、編集者として活動してきましたが、今回は「稼げるゴーストライター」になるための話を通して、その理由について解説したいと思います。ちなみに、かつてお騒がせとなった作曲家としてのゴーストライターの話で [続きを読む]
  • メモを取らないメリットとデメリットとは?仕事に役立つ習慣はどっち?
  • IT時代でもやっぱり重宝するメモ帳私は普段フリーライターの仕事をしています。そして私のようなライターにとって、必要不可欠ともいえるアイテムのひとつに「メモ帳」があります。私もずっとメモ帳を愛用していて、特にロディアというメーカーの「ブロックロディア」を好んで使っていました。厚紙がしっかりしていて、手に持ちながらでも書きやすく、また、大きさがいろいろあるので用途によって使い分けられるのなど、使い勝手 [続きを読む]