kopitto さん プロフィール

  •  
kopittoさん: おうちもココロもすっきり暮らす 〜片づけ生活〜
ハンドル名kopitto さん
ブログタイトルおうちもココロもすっきり暮らす 〜片づけ生活〜
ブログURLhttp://ezdoit2014.com/
サイト紹介文断捨離から持たない暮らしへ。お金をかけずに豊かに暮らすシンプルライフを綴るブログ。
自由文いろいろ捨てて、新しい自分を探し中。モノに頼り過ぎない、シンプルな暮らしを目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/01/22 13:01

kopitto さんのブログ記事

  • 【色彩心理と波長の法則】真っ赤な服に込められた深層心理
  • 秋の服を買いに行き、ぱっと目に飛び込んできた赤いトップス。 今まで買ったことのない色だけれど一目で気に入ってしまったので、試着の上で購入した。 ご存知ですか?波長の法則もしかしたら、あまり信じていただけないかもしれないが古くなったモノ、気に入らないモノ、好きでないモノつまり波長の合わなくなったモノを手放していくことで自分の波長が変化していく。 今まで、グレーの服ばかりに波長を合わ [続きを読む]
  • 「モノが少ないこと」が快適という名のギフトだとしたら
  • 姑の入院騒ぎの中、介護の不安と戦う中で唯一、私の気持ちにそよ風が吹いたことといえば 姑の空間はモノが少ないことだった。 姑は良くも悪くも質素な人。多くのモノを持たず、つつましく暮らしている。以前は、その質素さに嫌気がさしたが今となっては「ありがたい」と思うようになった。 なにせ、タンスの中も、押し入れの中も、スカスカなのでモノの管理がラクなのだ。 姑の様子を見ていると半径1m以内に [続きを読む]
  • キッチンは、小さな小掃除を重ねるだけで大掃除いらず。
  •  いったいどうしたらキッチンが片付くのだろう。引き出しのあちこちを仕切ったり冷蔵庫の隙間にラップやアルミホイルを入れるラックを取り付けたり。コンロ周りに、調味料をずらりと並べていたこともあった。 飛び散った油にホコリが張りつき、気が付いた時にはベタベタになっていた。 ため込んだ時の、キッチンの汚れほどやっかいなものはない。 シンク回りやコンロ周りにモノを置かなくなってからは簡単にき [続きを読む]
  • 調味料は月一のまとめ買いを。でも、ストック品の買い置きは要らない。
  •  以前に比べて、食品の買い置きは控えるようになった。 缶詰も、ドリンクも、調味料も、ストックを切らしたところで困ることはなくむしろ管理の手間から解放されてラクになった。 持たない不便さよりも、持たないメリットを優先させることで「工夫をする」ことを覚えていった。代用できるものはたくさんあるのだし、次を買うのは、なくなってからでも遅くはないのだ。 それでも月に一度、冷蔵庫や食品ストッカ [続きを読む]
  • 忙しい時のために、時間がなくてもお家をすっきりさせるコツ
  • 「忙しい忙しい」毎日をそんな風に過ごしている私たち。独身・既婚を問わず仕事のあるなし、子供がいてもいなくても旦那が協力的であってもなくても忙しくしている時は、時間に追われて雑多になり暮らしを整える気持ちが起こらない。半面、どんなに忙しくともいつもきちんとしている人もいてこの違いは何だろうとずっと思っていた。 忙しくともきちんとしている人との違い時間がなくて雑多に暮らしていた時を思い出すと頭ばか [続きを読む]
  • 手放すと入ってくる?そんな「宇宙の法則」にしたがって
  •  信じられないかもしれないが、モノを捨て始めてからというもの私の身の回りのすべてが一変してしまった。モノを捨てているのだから当然、家の中の様子が変わっていくのはわかる。けれども、なぜかモノが入れ替わっていくのと同様に人間関係が入れ替わり、起こる出来事も入れ替わっていった。 手放すと入ってくる要らないモノを手放すと、新しいモノが入ってくる。そんな「宇宙の法則」があるらしい。 お家の中の要 [続きを読む]
  • 不思議なことにモノが減れば減るほど、気持ちが豊かになる。
  • きっと以前の私なら、娘がいなくなった部屋をそのまま維持していたと思う。あなたのために、このまま残しておいたのよ、と。 独立していった娘(次女)を誇らしく送り出した後は、残されたモノを潔く処分するワタシ。 広がった空間。そこに、家に残ってくれたもう一人の娘(長女)のための空間を作る。 リビングを片づけた時に要らなくなったTVをこの空間へ運び入れ、長女のために彼女だけのリビングを作った。モノ [続きを読む]
  • 【断捨離のコツ】子どもや親に片づけをさせるには。
  • 自分が片づけをしているとどうしても周りの事が気になってくる。 私がこんなに頑張っているのに。どうして家族は協力してくれないの?実家のモノの多さは尋常じゃない。どうしたら親はモノを捨ててくれるの?なぜ自分ばかりが。なぜ。 孤独感やイラだちが半端なくなんで私ばかりが苦しいのだろう。そんな風に思っていました。 ところが、ほんの少しコツを掴んだらすべてが上手く回り始めた。ここではそんなコツをお [続きを読む]
  • 【呼び水の原理】やる気が起こらない時に奮い立たせるには
  • 片づけたいのに、やる気が起きない。そんな時はどうすれば?こんなことをよく聞かれる。 やりたくないのであれば、やらなければいいのでは?というとどうもそうはかないらしい。 やりたくないけど、やらねばならない。そんな風に思うと、片づけってシンドイ。やりたくないけど、きれいであるべき。そんな風に思うと、片づけって息苦しい。  いや、別にそんな風には思ってもいないけれど、とはいうけれど私たち [続きを読む]
  • 【実家の断捨離】実家の母を動かすには?
  • GWに、久しぶりに実家に帰った。電話の声では嫌な予感がしていたものの帰ってみたら「やっぱり・・・」な感じ。お家が変わると、住む人の気持ちも変わる。実家の片づけから3ヶ月、母のその後。あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。お正月は実家へ行って...ezdoit2014.com去年の秋に、きれいに片づけた実家だったが母の心が荒むと同時に、お家の中も荒んでいた。 散らかる、というよりモノ [続きを読む]
  • 【断捨離とミニマリスト】持たない暮らしとお金の関係性
  • 持たない暮らしを意識してから、自然とお金が貯まるようになった。特に頑張って、家計管理をしているわけではない。 なぜなのか、考えてみた。 家の中に入れるモノを厳選するために不要なモノを取り除いている結果として、「無駄遣いが減る」ことは想像しやすい。けれど、そう聞くと暮らしを切り詰め、買いたいモノを我慢しているのでは?そう思われがちだが、思いのほか好きなモノを好きなように手に入れているという実 [続きを読む]