スゥ さん プロフィール

  •  
スゥさん: のんのんの部屋
ハンドル名スゥ さん
ブログタイトルのんのんの部屋
ブログURLhttp://nonnon4u.com/
サイト紹介文マンガ大好き。わたくしスゥが おススメのマンガを独断と偏見でご紹介。ネタバレありで失礼します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供120回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/01/22 19:25

スゥ さんのブログ記事

  • 柳井の金魚ちょうちんを見に行きました②
  • 灯りが灯ってからが本番なので、夕ご飯にします。白壁の町並みの中にあるレストラン。創作和食の蔵やさん。お料理や器がすごく凝っていて、目も美味しい(^^)さりげなくカープ帽が!食事はうどん。柳井川の本橋のたもとにあるうどん屋さんのおうどんだそうで、これがまた美味しい!ただクレジットカードは使えないのでご注意ください。美味しかったです(^^)食べ終わって出てみると、町はようやく夕暮れ……。本橋に何ヶ所も金魚やぐ [続きを読む]
  • 柳井の金魚ちょうちんを見に行きました①
  • 夏休みですね! 家族サービス(?)で、山口県柳井市に金魚ちょうちんを見に行って来ました(^^)金魚モチーフ、大好き!メインはライトアップされた金魚ちょうちんですので、午後2時前にのんびり広島市を出発。一時間半くらいでいい感じに到着しまして……まずは夏休みの宿題も兼ねてるので、金魚ちょうちん製作体験!「やない西蔵」さんでやってます。メイン通りからちょっと入ったところですが、すぐにわかります。金魚がお出迎 [続きを読む]
  • 三瀧荘に行って来ました
  • こんにちは(^^)地元の方向けの記事をひとつ。お盆の会食のご参考までに。和とモダンが交差する洗練された空間1946年開業の老舗料亭、三瀧荘。風格漂う外観と日本庭園はそのままに、シンプルな現代アートと老舗の品格と現代建築を融合させたゲストハウス。だそうです。公式HPから。場所は広島県広島市西区三滝町です。お友達と女子会に行って来ました!まずスマホから金曜日を予約しまして、前日のお昼に確認のお電話をいただきまし [続きを読む]
  • 「きのう何食べた?」105話 感想 モーニング34号
  • モーニング 2017年34号 [2017年7月20日発売] [雑誌]最新単行本13巻が9月22日に発売です!前回の12巻から約一年弱と「いつものペース」での刊行です。嬉しいですね! 特装版あるかな〜ないかな〜♪以下ネタバレありの感想です。「きのう何食べた?」105話お久しぶりの佳代子さんからのメール。“頂きもののつくだ煮をおすそわけしたいんだけど、日曜日の午後どうですか?”“2時頃伺います!”と、ご機嫌なシロさんでスタートです。 [続きを読む]
  • 「魔法使いの娘ニ非ズ」7巻(完結) 感想③
  • 「娘」を読み返してみて改めて「非ズ」は大人のお話なんだなあ……と思いました。初音ちゃんが抱えている問題は解決しないまま終わるかもしれない。「娘」の時のようなカタルシスはないけれど、多分それが人生だってことなんでしょう!「魔法使いの娘ニ非ズ」7巻(完結)最終話:前編パパ(の中身が入った人形)にもう人殺しをさせたくない! と奔走する初音。どうやら五猿の恨みというのは、ある新興宗教の後継者争いに起因する [続きを読む]
  • 「魔法使いの娘ニ非ズ」7巻(完結) 感想②
  • ①はこちら①の先生のお気に入りの話というのは、ネタが練れていて「うまく描けたほうなんじゃないか」というお気持ちもあるようです。以下ネタバレありです。「魔法使いの娘ニ非ズ」7巻(完結)7巻は50ページ増量!分厚いです。第27話事務所を物置代わりに使っていたのを叱られて、いやいや部屋探しをする初音(と兵吾)。めったに帰らないからととにかく激安物件を見つけたい、となると……。前にお祓いの依頼を受けた不動産屋 [続きを読む]
  • 「魔法使いの娘ニ非ズ」7巻(完結) 感想①
  • 魔法使いの娘ニ非ズ (7) (ウィングス・コミックス)たくさんの方が過去の「非ズ」の記事を読んで下さって、根強い那州雪絵先生の人気が嬉しい! 2002年にスタートした前作(「娘」)から足掛け15年! ついに完結……愛着あるキャラクターともお別れ……と感動の中にも複雑な思いが去来する最終巻でした。以下ネタバレありの感想です。「魔法使いの娘ニ非ズ」那州雪絵どうして背景をオレンジで塗っちゃったんだろ〜?表紙は初音・兵 [続きを読む]
  • 襖の張り替え
  • こんばんは。今日は襖紙を新しくしてみました。その前に畳を替えろって話なんですが、畳屋さんを探すのがめんどくさくて……。のんのんは超がつくめんどくさがりなんです。興味のないことは全て後回しです。まんがだけは興味があるので特別です。でも、今日はちょっと「海街」の感想がめんどくさくてサボりました……。今回もすごい情報量だったんで……。まず古い紙を豪快に剥ぎました。糊が弱くなっていたのか楽に取れてしまいま [続きを読む]
  • まんがの名言・名場面⑤ 「東京物語」ふくやまけいこ
  • 東京物語 1 (ハヤカワコミック文庫)また古い作品を……。アニメージュコミックスワイド版(「ナウシカ」もこのレーベルで出てました。「アニメージュ」はまだ現存のようで何より)、1989〜1992年にかけて刊行され、定価なんと360円!普段ちゃおとかなかよし読んでるムスメが夢中になって読んでくれて嬉しい。感無量です。草ちゃんがいいんだよね〜と言い合える日が来るとは。いかんせん2004年のコミック文庫と比べると日焼けがす [続きを読む]
  • 「フラワーズ」2017年7月号感想(とりかえ以外)
  • 月刊flowers(フラワーズ) 2017年 07 月号 [雑誌]表紙は無事に最終回を迎えた「7SEEDS」!Wヒロインの花とナツ。……ダブルヒロインだったことに今気が付きました。お花は百合と…蓮⁈ちょっとわかりません。めちゃめちゃ大きく最終回って入ってます。16年……すごいなー。以下ネタバレありの感想です。「フラワーズ」2017年7月号「7SEEDS」巻頭カラー100P。A3ポスター付き(男性陣を描き下ろし)。花と嵐の会話と「愛してる」。や [続きを読む]
  • 「とりかえ・ばや」感想② フラワーズ2017年8月号
  • ①はこちら「とりかえ・ばや」episode60.魔錯乱し喚き散らす弓弦を、主上は「弓弦にあらず!」と言い切ります。そこへ沙羅が飛び込んで来て、「なりませぬ!」と背後から覆いかぶさるようにして両手を掴んで止めます。「尚侍は私に嘘をつかれた! お慕い申し上げていたのに…許せぬ!」沙羅が以前に入内はしない…と言ったことですね。姉のように慕う心の底に、淡い想いがあったんですね、初めて見るような美しいお姫様が、他の誰 [続きを読む]
  • 「とりかえ・ばや」感想① フラワーズ2017年8月号
  • 最速ー!! 我慢できずにお昼休みに読んでしまいました(^◇^)弓弦親王が! 幻覚が! そして銀覚が〜!! 思ってたより派手な展開でびっくりしました。そして次号9月号はウテナ続編と2本立てでした。嬉しい!\(^o^)/以下ネタバレありの感想です。「とりかえ・ばや」episode60.魔なんと60回!!もう五年も連載が続いているんですね。さいとう先生の画業35周年ということで、三省堂の池袋本店で原画展があるそうです!8月13〜2 [続きを読む]
  • 明日
  • フラワーズ買ってきます!楽しみ!とりかえ→海街の順で!!こんなことをちょっと言うにはツイッターがやはり便利かなあ。でも長々感想書く気がますますなくなりそうだしなあ……(´-?-`;)※読みました…なんだか…バトル展開?!(^◇^;)呪い返し!幻覚に暗い過去!ちょっと思ってたのと違うけど、派手で面白いです。 [続きを読む]
  • 「きのう何食べた?」104話 感想 モーニング30号
  • もう買えないかも……と覚悟してましたが無事購入。嬉しいけど、コミック雑誌を買う人が少なくなっているのかなあ? 雑誌はいいですよね! 新しい出会いが必ずある。「モーニング」読んでなかったら「コウノドリ」を読むこともなかった。テレビ見ないので。今週号は同じ月イチ連載の「モーニングを作った漫画たち」が「ドラゴン桜」の特集で嬉しかった〜! 昔はドラマ見てたのでこれも見てました。もう今回ますます三田先生を尊敬 [続きを読む]
  • 「とりかえ・ばや」感想② フラワーズ2017年7月号
  • ①はこちら「とりかえ・ばや」episode59.幻覚従者に馬を引かせて、都の裏通りの貧しい地域を訪ねるのは、吉野の宮と睡蓮です。人々はその姿を目にするなり、馬上の二人の元へ駆け寄ります。二人が配った菓子を口にすると病気が快方に向かうと評判になっているようです。例の食べ切れないお菓子をリサイクル。米がなければお菓子を食べればいいじゃない(^^)さすが宮〜冴えてる!「ありがたい、先日の幻覚さまといい…」菓子を受け取 [続きを読む]
  • 「とりかえ・ばや」感想① フラワーズ2017年7月号
  • こんにちは!ついに7月号?無事に追いついた〜!クライマックス直前って感じだから気を抜かないようにしなくては。今回はセンターカラーでございました。担当さんのアオリもばっちり期待を煽ってくれてます!以下ネタバレありの感想です。「とりかえ・ばや」episode59.幻覚前回のラストシーンの、沙羅が肩をはだけたままの格好で抱き合う二人のカラー、本編にはない妖艶な雰囲気……!黒と紫で色っぽい。「過去の傷跡が二人を繋ぐ [続きを読む]
  • 「とりかえ・ばや」感想② フラワーズ2017年6月号
  • ①はこちら「とりかえ・ばや」episode58.白蛇(はくじゃ)束の間の光子さまとの逢瀬を、睡蓮が涙を流して惜しんでいる時ーー祈祷の用意が整いましたーーそう告げに参ったのは、銀覚の配下にある例の美坊主でした。護摩壇に赤々と火が燃え上がり、多数の僧侶が居並ぶ中で、光子さまも一心に目を閉じて手を合わせます。弓を手に静かに見守る睡蓮や石蕗。厳かな祈祷の最中、美坊主が壺を手に護摩壇に近付きます。そして中身を一握り火 [続きを読む]
  • 「とりかえ・ばや」感想① フラワーズ2017年6月号
  • 前号で、見返りを求めず愛を貫くことを決意した沙羅と睡蓮……。原作がありますから! ハッピーエンドですから! とは言うもののハラハラどきどき……楽しいですね(^^)以下ネタバレありの感想です。「とりかえ・ばや」episode58.白蛇(はくじゃ)表紙は沙羅の局の俯瞰図。美しいお道具に囲まれて、沙羅もすっかり姫君らしくなりましたねえ…。お仕事の中休みに沙羅の三人の女房たちが主上に御注進……梅壺の悪事を言い付けに参りま [続きを読む]
  • まんがの名言・名場面④ 「マインドアサシンMIND ASSASSIN」
  • Mind assassin (3) (集英社文庫―コミック版)1994年に週刊少年ジャンプ誌上で連載された作品です。連載終了後も読み切りが増刊号に掲載されたりと、それなりの人気作品だったと記憶してます。手元にあるのは文庫版の3巻。31話目の「異国の雪降る街」がシリーズの中でも特に好きで、今でもこの3巻だけは手元に置いています。画面はすっきりしていますが、線が細くてセリフが長いためか、コマ数が多いわけでもないのに読みにくい。 [続きを読む]
  • 「きのう何食べた?」103話 感想 モーニング26号
  • モーニング 2017年26号 [2017年5月25日発売] [雑誌]こんにちは! このブログをずるずると二ヶ月近くもお休みしてしまったのは、「何食べ」が4月はなかったからだと思います。結構真面目に一ヶ月の指標となっている……。というわけで待望の103話。以下ネタバレありの感想です。写真は広島県三次市のゆるキャラ「きりこちゃん」。名物霧の海(雲海)から生まれた霧(雲)キャラ。羊かと思った。分かりづらいという致命的な欠点があ [続きを読む]
  • 「フラワーズ」2017年5月号感想(とりかえ以外)
  • 月刊flowers(フラワーズ) 2017年 05 月号 [雑誌]フラワーズ5月号は「風光る」が連載20周年。沖田さんとセイ。お花は桜。ふろくにシールカレンダー、カラーページで新撰組関係の史跡紹介。もちろん巻頭カラーと「風光る」尽くしでした。時々さらっと読むくらいなのでなんとも……。以下ネタバレありの感想です。フラワーズ2017年5月号「風光る」町医者の娘のイマさんがすっごく可愛い…。控えめで気が利いて優しくてお淑やかなん [続きを読む]
  • 6月の予定(仮)
  • ①フラワーズ5月号全体の感想②「何食べ」103話③「とりかえ」6月号④フラワーズ6月号⑤「とりかえ」7月号⑥フラワーズ7月号⑦「ホイッスルW」1巻感想⑧「ホイッスル!」文庫最終巻の感想⑨「魔法使いの娘ニ非ズ」7巻感想とりあえず喫緊の課題はこれくらい?「Kiss」は買うのを止めようかどうか迷い中です。続きが気になる作品があんまりない…。 [続きを読む]
  • 「とりかえ・ばや」感想② フラワーズ2017年5月号
  • ①はこちら「とりかえ・ばや」episode57.心鬼(こころのおに)うららかな秋の昼下がり、お付きの女房三人を連れて渡殿を行く沙羅に、少しよろしいですかーーと梅壺の女房が声をかけます。すかさず沙羅をかばう忠実な女房たち。この三人組、単純でかわいい(^^)我が主が尚侍にお尋ねしたいことがあり待っているので来ていただけませんか?藪から棒な提案に戸惑いつつ、無碍にも出来ぬと、「…はあ。いつ頃参れば?」と訊ね返した沙羅 [続きを読む]