MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処 さん プロフィール

  •  
MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処さん: MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処
ハンドル名MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処 さん
ブログタイトルMAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mamma-mi-e
サイト紹介文箱根西麓の山の上で 自然な生き方を模索する日々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供310回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2015/01/22 23:10

MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処 さんのブログ記事

  • どちらも素敵
  • 先週千倉の花畑で摘んできたポピーの蕾に、楽しませてもらっています。どんな色の花が咲くのか、毎日何度も見に行きます。12個の蕾が1週間で残り1個だけになりました。おまけで入れてくれたストックも元気で、こちらは香りが強いです。こういう目の覚めるような華やかな感じもいいなあ。花畑にするなら、ポピーはカラフルで楽しい感じがします。MAMMAの花は野性の物が多くて、今ヒュウガミズキも花束のようです。下から出てき [続きを読む]
  • 突然の大雪
  • 昨日からの寒さは今日も続き、全国的に時ならぬ大雪。どんよりした雲に覆われていた富士山が、夕方姿を現しました。 17:40駐車場の入り口に植えた水仙も咲き始め、ヤグルマギクも育っています。写真右下の白之進の白い花を5輪見つけたので、開花宣言かな。今週末には何分咲きになるか、楽しみです。那須で高校生の山岳部員7名と教諭1名が、雪崩に巻き込まれて亡くなりました。部活の訓練中だったそうです。自然が好きな高 [続きを読む]
  • ジャムと松前漬け
  • 真冬に戻ったような冷たい雨の一日でした。外の仕事は出来ないので、台所仕事をすることにしました。まずは、冷凍しておいたブルーベリーでジャム作り。次は、ハッサクの皮を細く切ってしばらく水につけ、茹でました。1.2キロの皮に300グラムの砂糖を入れて煮つめてゆきました。もう少し水分をとばしたいので干してみようかと思います。ばあちゃんの台所に、するめと切り昆布が入った松前漬けの素があったので、それで松前漬 [続きを読む]
  • ヤシャブシの大木
  • 桃之助の近くにある斜面は、去年の冬に初めて手を入れました。雑木がいっぱい、特にヤシャブシの苗木が一面に出ていたので、それらを全部刈り、ヤマツツジだけ残しておきました。一年経ってまた小さなヤシャブシがいっぱい出ているので、昨日からまたそれを刈り始め、今日は大木になっている木を伐りました。久し振りに使うチェンソーは、エンジンをかけるまでが一苦労、切れも良くないですが、伐りたい木は何とか全部伐れました。 [続きを読む]
  • 海のめぐみ
  • 21日に行った富浦の菜の花畑の近くで、面白い物を見つけました。大音量のクラシックが聞こえるので行って見ると、プレハブの小さな店です。おもしろーい! かわいー!店の中にもたくさんありましたが、人がいないので入りませんでした。店の横には大地のめぐみと書いてあったと思います。ひょっとしたら、元は違う店だったのかも。森友問題、何が本当なのでしょう?嘘をつき始めたら、上書きしながら死ぬまで持ち続けるなんて、 [続きを読む]
  • 鎌倉へ
  • 旅行二日目は晴天、野島崎灯台への早朝散歩で始まりました。風は冷たかったですが、普段山ばかり見ているので海の景色は新鮮でした。宿から10分位走ると、千倉(ちくら)の花畑に到着。テレビで見たことがあったと思うのですが、花畑の広さにびっくり!ポピーの花摘みをした後、働いている人に話を聞いて来ました。また来た道を戻っていき、金谷港から東京湾フェリーで久里浜港まで40分の船旅を楽しみ、いざ鎌倉。鶴岡八幡宮の [続きを読む]
  • 房総半島
  • 一泊二日で、房総半島と鎌倉に行って来ました。21日は雨の一日でしたが、それなりに楽しみました。東京湾アクアライン、9610mの海底トンネルは4番目の長さだとか。海ほたるから、人間の力ってすごいなと思いながら眺めました。君津市にある濃溝(のうみぞ)の滝と亀岩の洞窟は、急に有名になったそうです。1年くらい前にSNSに投稿された写真からだそうで、今を象徴する話でした。日が差すと全く違う景色が見えるらしいので [続きを読む]
  • 一等地花壇
  • 去年の2月、廊下の前の花壇の石と土を運んで平らにしました。リフォームが終わったので、そこをまた花壇にすることにしました。昨日からばあちゃんと掘り起こしたら、石ころザクザク、ドクダミどっさり。石は大きい物と小さい物に分けて2台の一輪車に入れ、農園横の道のへこんでいる所に運んで、道を平らにしました。こういう活用が出来ると、仕事のし甲斐があります。掘り起こした所に落ち葉の腐葉土と炭を入れて混ぜ、準備完了 [続きを読む]
  • ヒュウガミズキ開花
  • ヒュウガミズキを移植してから、いつ最初の花が咲くか気にしています。去年は3月16日でしたから、今年はちょっと遅いですが見つけました。この花を見つけると、私の労働の一年が始まったなと実感します。先日から大斜面の西の土手にある笹を刈り始め、次の場所も決まっています。草刈り以外にもやりたいことはありますが、優先順位を考えて仕事を決めます。一昨日アップした河津桜の下を歩いたら、思っていた以上に花がありまし [続きを読む]
  • タネツケバナ
  • いろんなラッパ水仙が咲き出し、周囲を明るくしています。タンポポの斜面は、水仙に負けず劣らず目を引きます。雑草たちの花は小さい物が多いですが、その数はすごい!オオイヌノフグリやナズナ以上に、あちこちに咲いている可愛い花。多分タネツケバナだと思います。この花が咲いたら種もみを水につけたことから、名前が付いたとか。水田の畔などに生育とあったので、湿った所が好きなのでしょう。MAMMAに田んぼはありませんが、 [続きを読む]
  • 河津葉桜
  • 河津桜が葉桜になりました。まだ花も少しありますが、この黄緑色は今の色。まいぺぇすのじゅんちゃんとたかちゃんの記念樹、大きくなりました。植えてから丸5年が経ったのかな。今年もメジロが来ているのをよく見ました。下に植えた水仙は黄色の八重なので、遠くからでも目立ちます。蕾が膨らみ、咲く寸前です。この木を見るたびに、二人のことを思い出します。 [続きを読む]
  • 木の椅子
  • 36年前に買った椅子を修繕しました。30年近く使ってきて、接着してある板が離れてきていました。これまでにも数回ボンドで接着して直してきたので、今日は一脚だけです。MAMMAに持ってきてからは使っていなかったので、ほこりをかぶっていました。雑巾で丁寧に拭いてから久しぶりに座ってみると、とてもいい感じ。前の方が高くて後ろが少し低く、背もたれがしっくりきます。ガッチリした椅子ではないですが、この木の感じは今 [続きを読む]
  • 分相応の床張り
  • 古い長屋の西南の角は、昔々トイレだった所です。コンクリートで囲われている所に、ばあちゃんが板を敷いて使っていました。基礎なんて無いつくりですから、板を敷いてもボコボコでガタガタ。平らだったら使いやすいのに、と言うので、板を張ることにしました。材料は、リフォームで出た廃材です。きちんとした長方形なら苦労は無いのですが、4辺の長さが全部異なり、平行な辺の高さも違くて、めちゃくちゃ四角形です。まずどんな [続きを読む]
  • 親友からプレゼント
  • 高校からの親友が、遊びに来ました。MAMMAの活動を始めてからは会う機会が増え、月に一回のお楽しみに。いつもお昼用のパンを買って来てくれるので、私もおかずをちょこっと準備し、のんびり食べながら尽きないおしゃべりをします。今回はミカンやレモンも持って来てくれた上に、素晴らしいお花まで!お花を頂くなんて、何年ぶりのことでしょう・・・。リフォーム完成のお祝いをしてくれたのだと思います。夢にも思っていなかった [続きを読む]
  • 柑橘類の剪定
  • 柑橘類の剪定は、3月上旬から萌芽までと本に書いてあります。ハッサクと黄金柑は全部実をとったので、先日剪定しましたが、正直どの程度切るのがいいのか、いまいち分かりません。次はシークワーサーをやることにしました。この木は一昨年たくさん実がなり過ぎたので、バッサリ切ってしまったら、一時は大丈夫かなと心配になりました。去年は一つも実はなりませんでしたが、新しい枝はたくさん伸びて来ました。それらを全部切り、 [続きを読む]
  • 干し大根
  • 去年から、畑で作る野菜の量を減らしていこうとばあちゃんに言っています。70年近く畑仕事をしてきたばあちゃんは、いい物がたくさん出来るのが喜び。私も軽トラで売りに行ったり、軽トラ市をやったり、チラシを作ったり・・・初体験をしながらずい分協力してきたので、もういいなという気持ちです。二人で一生懸命土づくりをして、農薬を使わず作った大事な野菜ですから、無駄にしてしまうのが一番嫌、もったいなさすぎます。大 [続きを読む]
  • アザレア再引っ越し
  • 去年の2月19日に移植したアザレアを、再引っ越ししました。家が建てられた時から玄関横に置かれていたので、50年近く経つ木ですが、新しい場所に移しても元気になりませんでした。変だなと思って掘ってみたら、悲惨な状況。これでは苦しかっただろうなと、申し訳ない気持ちになりました。粘土の塊のようになっていて、新しい根がどれかも分かりません。水で洗っても土は落ちず、ばあちゃんと必死で古い根を切りました。こんな [続きを読む]
  • 水かけ菜とショウガの味噌漬け
  • 御殿場の友人が、水かけ菜の漬物を送ってくれました。退職してから毎年自分で漬けるようになったそうです。これも旬の美味しさを季節の変わり目に感じられる一品、見た目も味もバッチリです。その翌日、沼津の方からショウガの味噌漬けを頂きました。辛い物は苦手なので(食べられるかな?)と思ったら、美味しい!味噌と生姜がこんなに合うとは、驚きです。元々薄味で何でも食べる食生活ですし、高血圧の薬も飲んでいるので、漬物 [続きを読む]
  • 毎日野菜
  • 風が強い一日でしたが、午前午後草刈りに集中しました。まずは、農園のブルーベリー畑だった所から始めて、周辺に進み、午後は竹やぶの中と農園横の道?草むら?を刈りました。夢の畑の方を見に行くと、まだそんなには伸びていませんが、地面を這う草は元気でした。今年はほとんど毎日、夢の畑の菜花を食べています。最初はフライパンで蒸して食べたのですが、苦味が気になるので、今はさっと茹でて食べています。少し食べるなら苦 [続きを読む]
  • 足場
  • 突然インターネットにつながらなくなり、四苦八苦、電器屋さんのちょっとしたアドバイスで、元通り、目に見えない物の世界の不思議は、キツネにつままれたようです。先週で長屋の屋根の工事が終わりましたが、足場の意味を再認識しました。足場は、作業する人が歩いたり足を置いたりするためだけの物では無いのですね。職人さんが安心して仕事をするための役割が大きいということを、痛感しました。屋根の上からの景色は、眺めるの [続きを読む]
  • 農園は準備万端
  • 3月から畑を借りたいという人達のために、農園を耕しました。畑にあったヤグルマギクも植え替え成功のようです。久し振りに使った管理機は、快調でした。前回使った後、ガソリンを入れると漏れてしまうので、「壊れちゃったのかな?」と心配していたのですが、先日試しにやってみたら漏れないのです。何かがちょっとずれたような感じになっていたのでしょうね。すぐに修理に持って行かなくて良かった!機械も人間みたいで、なかな [続きを読む]
  • 個人では行かない旅
  • 24日25日に行ってきたミステリーツアーは、異色でした。移動距離が短く、ゆっくり出発、早めの帰宅なので近場だとは分かっていたのですが、「秘境に佇む一軒宿、雪景色の露天風呂」に誘われました。ミステリーツアーは行き先が分からない面白さが魅力、とは言え、沼津で東名に入り、御殿場で降りた時には???最初の目的地は忍野八海、迫力の富士山が見えました。それから、金多留満という和菓子屋さん、笛吹市のワイン工場、水晶 [続きを読む]
  • 10センチの日本水仙
  • 雨が上がりいい天気になったので、周辺を一回りしてきました。11月10日になって急いで水仙の球根を植えた東の斜面の一番上、百日紅の間に、小さな日本水仙が並んで咲いています。10センチ程度で葉っぱも小さいのですが、今咲かねばいつ咲くの?という感じ。日本水仙は早咲きですから、あんなに遅く植えられて参ったでしょうね。房咲き水仙は遅いので、これからゆっくり咲いてくると思います。いつものことながら、自然の仕組 [続きを読む]
  • 新しい場所
  • 貸し農園を始める時に作ったブルーベリー畑、適地だと思ったのですが、実際はそうでは無かったようで、これも引越しを始めていました。小さい木は既に東の斜面に移植してあったので、残りの大きい木10本を庭に植え替えが終わりました。その後、イチジクも挿し木の小さな苗木と大きい苗木を植え替えました。小さい方は園芸用らしいので、大きな木にはならないのではと期待して植えました。ミカンもアジサイもそうだったのですが、 [続きを読む]
  • ゆっくり長く
  • 昨日の暴風で河津桜は大丈夫だったのでしょうか?本場でも今年は咲き始めが早かったらしく、もう満開に近いような雰囲気でしたから、地元の人たちははらはらしたことと思います。MAMMAの河津桜、じゅんちゃんとたかちゃんの卒塾記念樹も、富士山といい感じに咲いています。一番最初の花を見つけたのが1月10日、ちらほら咲き始めたのが2月1日、今は蕾と花と散った後が混ざっているように見えます。寒い時期だからこそ、長く楽 [続きを読む]