MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処 さん プロフィール

  •  
MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処さん: MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処
ハンドル名MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処 さん
ブログタイトルMAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mamma-mi-e
サイト紹介文箱根西麓の山の上で 自然な生き方を模索する日々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供321回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2015/01/22 23:10

MAMMA ちょっと 元気になれる かもしれない処 さんのブログ記事

  • ヤグルマギクの引っ越し
  • 優先順位を考えて、さっそくヤグルマギクの移植をすることにしました。午前中で終わるだろうなどと考えていたら、大間違い、一日仕事になりました。植える場所を掘ったら草の根がびっしり、全部取るのは大変なので、植える場所を中心に、草を取っては土を払っていきました。畑のヤグルマギクは、大きい株から掘って植えていったのですが、果たしてつくかどうかは、分かりません。大体真っすぐならいいくらいのやり方、今日はこれで [続きを読む]
  • 農園から富士山
  • 貸し農園はまだ冬季休業中という感じ?土を休ませることも大事なんだろうなと思います。先日大きなクスノキが伐られたので、富士山が良く見えるようになりました。ちょうど富士山が隠れるくらい大きなクスノキは、それはそれで素敵な眺めでした。クスノキが無くなって寂しい気もしますが、富士山が見えるのもいい感じです。もう少しすると畑の仕事が始まるでしょう。3月から畑を借りたいという人の畑には、今ヤグルマギクの苗が育 [続きを読む]
  • プレミアム腐葉土作り
  • 昔の瓦の下には粘土質の土を敷いてあるので、それを取り除いて修繕します。職人さんが屋根の上で集めてくれた土の塊は、石のように固くなっていました。それをばあちゃんは細かく砕いて、集めた落ち葉の上に載せています。職人さんが来る前の朝の一仕事、大きな木槌が役に立っています。木槌を巧みに動かす仕事ぶりも、私から見ると職人技です。50年前の土で作る腐葉土は、プレミアム腐葉土?屋根から降ろされた50年前の土も、 [続きを読む]
  • 瓦屋根修繕
  • 築50年近い母屋の屋根をどうしようか、ずっと考えて来ました。瓦をやめてガルバリウム鋼板にする方向に傾いていたのですが、瓦の良さに心が残り、大工さんに相談して瓦やさんに見てもらいました。耐震面から見ると屋根を軽くする方がいいのですが、平屋建てなので、このまま傷んでいる所はやり直し、全体的に補修することになりました。クヌギの木と竹やぶに囲まれた場所だったので、瓦の下もすごかった!職人さんがほこりをかぶ [続きを読む]
  • 猫進入禁止
  • 畑で使う炭やかごや段ボール等を入れておく場所は、昔は出入り自由でした。つまり、入り口に扉がありません。無い方が仕事はし易くて良かったのですが、猫が来るようになって状況が変わりました。ここも数年前まあちゃんとネットを張って、猫の進入禁止にしたのですが、先日、中で猫が寝ているのを発見! 狭い場所に入るのが得意な猫さんは、頭さえ入れば通れるようで、多分、ねじくぎに引っ掛けて置いたネットのすき間から入った [続きを読む]
  • 大工さんのプレゼント
  • 昨日の午後3時過ぎ、お世話になった大工さんがいつものトラックでやってきました。9日の午前中で大工さんの仕事は終了していたので、びっくりしました。毎日往復60キロの道を、朝早くから通い続けて下さった方です。何とわざわざ、お土産を持って来て下さいました!家で引き出し付きの台を作って来て、プレゼントしてくれたのです。奥様手作りのきれいな和菓子も一緒に。私より年は少し先輩ですが、中学を卒業してすぐに大工の [続きを読む]
  • 初雪2017
  • 今朝は冷え込んでいるなと思ったら、薄っすら雪景色でした。 7:34道路にはほとんど積もっていませんが、草の上は雪も居心地がいいようです。朝日が昇るにつれて木々が明るい色になり、大斜面にも日が差してきます。このくらいの雪景色がいいなあと思います。きれいな情景を見ることが出来て、後の苦労が無い、ほどほどバンザイです。去年から苦労して取り組んできたことがあったのですが、良い結果になりそうです。努力しても [続きを読む]
  • プロの仕事
  • 軒下喫茶店にしている長屋の屋根は、数年前まあちゃんとペンキを塗りました。まだそんなに経っていないつもりだったのですが、ブログを見たら2010年。もうすぐ7年になるとは、驚きです。またさびがひどくなってきたので、去年の暮れプロに見て頂きました。その結果、今のトタンの上にガルバリウム鋼板を打ち付けることになり、今日は屋根の上での準備作業を裏の土手に見に行って、感動しました。屋根のてっぺんを取り壊した後 [続きを読む]
  • 冬キャベツ
  • 冬になると野菜が甘くなります。苗を買って来て育てたキャベツが、収穫できるようになりました。先日1個採って来て食べていますが、肉厚で食べごたえがあります。普通は捨ててしまう少し外側の濃い緑色の葉っぱも、無農薬なので食べられます。硬そうに見えますが、蒸し野菜で十分柔らかくなります。鳥たちはブロッコリーの葉が大好きですが、キャベツの外側の葉も食べてありました。栄養のたくさんある方を知っているのでしょう。 [続きを読む]
  • 大斜面サッパリ
  • 午後から雨という予報だったので、午前中にカヤを片付けようと頑張りました。大斜面の上2段は私の管理下、春から秋まで月一回の草刈りをするので、カヤは随分小さく細くなり、存在感を失いました。下の2段は12月からばあちゃんがカヤを刈り束ねていましたが、これで終了です。 11:14カヤを軽トラに積んで畑に運ぶ途中、ばあちゃんが帰る姿が見えました。11時少し前から雨がポツポツ降り始めたので、ひどくなる前に運び [続きを読む]
  • 極寒ジャガイモ
  • 一昨年の7月から去年の5月まで、月単位で畑を利用した方がいらっしゃいました。確か秋じゃがでキタアカリを作った時に、畑に残っていたジャガイモがあったようで、去年の暮れ、草と一緒にジャガイモが伸びていました。今は完全に枯れてしまったのですが、よーく見ると乾燥した茎があったので、掘ってみました。やっぱりキタアカリ、先日の厳しい寒さでも凍らなかったのでしょうか?雪の下で保存すると野菜が甘くなるのは有名です [続きを読む]
  • 農園の手入れ
  • 昨日から貸し農園の手入れを始めました。2013年4月にオープンしたので、もうすぐ丸4年が経ちます。道との境界に伐った竹を置いて区画整備したのですが、竹がかなり壊れて来ました。まさしく私の手作り農園、それはそれでいい感じだと思ってきましたが、壊れている所を見ると、いい感じとは言っていられません。新しい竹にしようかとも考えたのですが、今回は文明の利器?を使ってみました。腐らないロープをばあちゃんがとっ [続きを読む]
  • 2月スタート
  • 大斜面の2段目のカヤが無くなったので、道の手入れを始めました。毎年やっているので大変な作業ではありませんが、クズのつるが伸び放題。それを切りながら道も平らにしていくので、思うほどにははかどりません。今日から2月、富士山は雪が飛ばされたままなのか、雪は少なめです。12:22じゅんちゃんたかちゃんの河津桜は、ちらほら咲き始めました。びっくりするような温度変化の日々ですが、自然の歩みはマイペース。蕾が [続きを読む]
  • タケノコ芋
  • 農園の畑でばあちゃんがタケノコ芋を掘り始めました。タケノコ芋は普通の里芋より収穫時期が遅いです。長いのが親芋、かごに入っているのが子芋で、どちらも食べられます。タケノコ芋はぬめりが無くて、煮えるのも早く、ほっこりした感じ。好みがあるので、普通の里芋の方が好きだという人もいますが、いろんな調理ができるのは魅力的です。皮をむくのも簡単で、塩ゆでした芋を焼くのも美味しいですし、コロッケやフライにしても、 [続きを読む]
  • 減らした種イモ
  • 先日注文しておいたメークインとキタアカリの種イモを、買いに行って来ました。今までは10キロ箱で買っていたのですが、今年は検討の結果減らしました。ここ箱根西麓で、カヤや落ち葉の腐葉土いっぱいの畑で作る野菜は、どれもみな美味しいですが、特にジャガイモは有名になりました。私も注文販売をしたり、軽トラ市で売ったりしてきましたが、元々売ることへの執念が無いので、減らしたいとずっと思ってきました。そうは言って [続きを読む]
  • 天敵猫の一家
  • 先日の夕方、猫の一家がお稲荷さんの階段に集合していました。中段の大きい猫がビクの天敵、この一家の親だと思われます。白黒の親からいろんな模様の猫が産まれるものですね。なぜこんなにたくさん集まっているのだろう?あっ、あれかも・・・。この前日、ブリ大根に入れたブリのアラや骨をビクにあげたのですが、骨はものすごく硬くて、ビクも歯がたたなかったようでした。その骨が転がっていたのでしょう。においをかぎつけて集 [続きを読む]
  • 風よりすごい!
  • 昨日の風はすごかった!!!富士山の雪も飛ばされて、寒々とした眺めでした。そんな中でしたが、農園は風の影響が少ないので、ばあちゃんはカヤ刈り。残してあった下から2段目のカヤを、刈り終わりました。 12:22風の影響が少ないと言っても、集めたカヤが飛ばされていました。ばあちゃんの根性は、風よりすごかった・・・。毎日こつこつ、鎌とハサミで刈り続けた結果です。次はこのカヤを束ねて、私が軽トラで畑に運びます [続きを読む]
  • 別世界
  • 友人がランチに招待してくれました。長泉町の駿河平にあるリストランテプリマベーラというお店です。クレマチスの丘にあるイタリアンのお店は、別世界でした。契約農家から取り寄せているという野菜で、野菜料理のオンパレード。こういう調理の仕方があるんだと驚きながら、頂きました。都会の人が感動する味を体験してきました。木々に囲まれた場所で、毎日自家製の無農薬野菜を食べている私、これは贅沢な暮らしだと友人に言われ [続きを読む]
  • 水道管破裂
  • 三島の今朝の気温は−4.5度、ということはMAMMAはもっと低かったはず。先日の方が低かったのに、今朝は大ビックリでした。まあちゃんと農園に引いた水道管が、破裂しました。早朝は大丈夫だったのに、9時ごろになって破裂したようです。水が噴き出すところを初めてみました。もっとびっくりだったのは、水道管全体がひび割れ状態になっていたことです。冬は農園で水を使うことも無いから閉めておけば良かったのですが、後の祭 [続きを読む]
  • クヌギの若木
  • 家の周りの大きなクヌギは、かなり前にすっかり葉を落としてしまいました。ところが大斜面に植えたクヌギだけは、未だに茶色の葉をつけたままです。大きな古い木から落葉し、若木はなかなか葉を落とさないことには気づいていました。若い木はエネルギーが増えていく時期だから、なかなか葉を落とさないのかな?勝手にそう考えていたのですが、どうも違うようです。葉の付け根の離層という部分が、若いクヌギは未発達なためという説 [続きを読む]
  • 大斜面でカヤ刈り
  • 昨日は風の強い一日でしたが、今朝は静かな青空です。ばあちゃんはいよいよ大斜面のカヤ刈りを始めました。 9:22日の当たる場所からやり始めたと言っています。枯れたカヤは硬くて、鎌で刈るのも大変な仕事です。大斜面には私が道を作ってあるので、それだけで大分やり易くはなったはず。この斜面で踏ん張ってカヤを刈り、それを集めて束ねるのですから、ものすごく有意義なトレーニングだと思います。子供が夢中で外遊びをす [続きを読む]
  • 大寒過ぎて
  • 廊下はぬくぬくですが、風は冷たい日曜日。富士山の雪も風で飛ばされ、見るからに寒そうです。 11:55ばあちゃんの畑の真向かいのビニルトンネルは、レタス君が働いている畑、レタス農家で農業を学んでいます。ピンクの入れ物が見えるので、今日はレタスの収穫をしていて、昼の休憩に入ったのかもしれません。ばあちゃんの畑には、私が運んだカヤや草の束が点々と置かれています。畑を掘ってこれを入れていくのが、ばあちゃん [続きを読む]
  • ハッサク風呂
  • 2011年4月12日に、ザクロやシュガープルーンと一緒に植えたハッサク、丸5年でたくさんの実を付けました。植えて2年目ごろ、伐った杉の大木が真ん中を直撃して折れましたが、その結果枝が横に広がり、自然にいい形となりました。ハッサクの収穫時期はいつだろうと調べたら、1月から2月のようです。採って1カ月位置くと、皮も柔らかくなって甘くなります。皮の利用法で、お風呂に入れるというのがあったので、昨晩やって [続きを読む]
  • 冬のドキッ!
  • 草刈りをした林の中に、またドキッとするものを見つけました。シバの木です。林の中でもグングン育つので、そのままにすると大木になります。切っても切っても新しい芽を出し伸びてゆく強い木です。太い藤づるがからんでいたのを、確か一昨年くらいにとった記憶があります。ばあちゃんが面白いので残しておいたようですが、やっぱりドキッとします。私は何よりヘビが恐ろしいので、冬は安心して仕事が出来るはずですが、時々はっと [続きを読む]
  • 厳寒のバラ
  • 三島でも氷点下の朝が続きましたが、バラが咲いています。これは野性のバラでは無いので、本来は肥料や消毒が必要なはず。でも、夢の畑同様、何にもしていません。去年の冬に剪定をしただけです。この場所に引っ越してまだ2年くらいなので、このままここで根付くかは?日当たりと水はけは良い場所なので、ここを気に入ってくれるといいのですが。それにしても、見た目の可憐さと本来の強さを併せ持つバラ、魅力的な花です。こんな [続きを読む]