うきょう さん プロフィール

  •  
うきょうさん: 木かげ de えほん
ハンドル名うきょう さん
ブログタイトル木かげ de えほん
ブログURLhttps://ameblo.jp/kokage-de-ehon/
サイト紹介文絵本セラピスト協会認定 絵本セラピスト がおとなが読んで楽しい絵本を紹介しています。
自由文忙しく、自分にも他人にも余裕を持つことができないおとなにこそ、絵本を読んでほしい。子どもにも伝わるように書かれた美しい日本語、感性にひびく完成度の高いイラスト。おとなだからこそ、こどものときには見つけられなかった人間が生きるときに必要な普遍的なテーマを、「絵本」の中で過ごす5分ほどの時間で感じられると思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供252回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2015/01/23 08:50

うきょう さんのブログ記事

  • とんことり
  • 筒井頼子 文林明子 絵福音館書店 「とんことり」 こんな音をたてて届くものってなにかしら? この絵本の中ではお手紙です。 どんなお手紙が、だれのためにだれが届けたのか。 それは、ぜひぜひ、絵本の中でじんわり、 いいなあって思ってください。 読むだけでね、これから秋が深まるのに、 春のおだかやかなうらうらとした空気とね、 環境が変わる季節でもあるのでね、 その緊張感のある少しひりっとした空気がやってきますよ [続きを読む]
  • ダンデライオン
  • ドン・フリーマン 作アーサー・ビナード 訳福音館書店 この絵本、ライオンくんが、お招きいただいたティパーティに いつもより、ドレスアップしておでかけ。 ところが、おめかししすぎて、いつものライオンくんと気付いてもらえない、 っていうお話なんですね。 このお話、あるプログラムにいれているんですが、 その時に、 「うきょうさんだって、ダンデライオンでしょう。 ほら、おはなし会のときにわざわざ、エプロンするで [続きを読む]
  • おひざでえほん だっこでわらべうた at 西宮
  • まいど〜絵本講師の くが やよいです。 の 絵本で子育て講座おひざでえほんだっこでわらべうた に行ってきた。 「うきょうちゃんは、こんでええやんっ」 て突っ込まれたけど、 わらべうた、知らんし、行ってみた。 すげー、濃い1時間でしたよ。 でも、あれ、多分、くがさん、まだまだ、しゃべりたらんで 設定時間があれば、 まだまだ、しゃべりまっせ、たぶん。 置いてある絵本の選書は、 ロングセラーのあれ、とか、 定番のあれ [続きを読む]
  • アナウンサーによる絵本読み聞かせ勉強会 at 京都
  • 昨日のブログで少し触れましたが、 9月11日に開催された 「アナウンサーによる絵本読み聞かせ勉強会」 に参加してきました。 うきょうは、2回目の参加となります。 たいへん、不出来な生徒ですので、 予習も復讐もせずに参加しました。 ごめんなさい。 そんなに雑な感じでも、 なぜ、参加したのか、というと……。 11月には自分の勤めている場所での講座開催もあるし、 1回は会社のお金で研修名目で受けさせてもらったので、 ち [続きを読む]
  • 密かに、ひそやかに。
  • まだまだ、厳しい日差しを感じる9月。 京都に行って、 アドラー心理学「勇気づけ」を取り入れた育児を実践中の一児のママで 絵本セラピスト®でフリーアナウンサーの ひろちゃんの『絵本の読み聞かせ勉強会』を受講してきました。 うきょうはリピート回になるのですが、 2回目でも、なるほど、と思うこともありました。 それについては後日……。 そのひろちゃんがうきょうの先日のおはなし会について ブログにて書いてく [続きを読む]
  • けむしのおなら
  • けむしのおなら [ 松村正希 ] 先日の「せい、せいっ、せい」のおはなし会で(記事としてはこちら→★★★)ふーちゃんのお知り合いが出版されたとのことで、 買わせていただきました。 2場面1構成の絵本らしい、テンポのよい進行です。 ○◯のおならは? の問に対しての2場面目。 シンプルながら、参加型の絵本として使ってもいいかもしれません。 子どもって、うんちとかね、おしりとかね、 隠したがるものが大好き。 小さな人 [続きを読む]
  • ボタ山であそんだころ
  • 石川えりこ 作、絵福音館書店 先日、ボローニャ絵本原画展にいって(→★★★)、 最後の絵本売り場のコーナーで立ち読みをして、 思わず泣くかと思った絵本。 「いやー、あれはよかった、泣くかと思ったよ」 とりすくんととりちゃんに話して、 その場では買わなかった絵本。 そんでも、やっぱり、気になって、気になって。 結局、買った うきょうの中で、「ボタ山」と聞くと、 「つかこうへい」さんがでてくる。 ボクの生 [続きを読む]
  • おとなのためにおはなし会 H29.9.5 part3
  • 上の写真は、選書のときに候補にはあげつつ、 使わなかった、今回は読まないけど、表紙だけでも知っててもいいかな、 というテーマに係る絵本です。 今回のおはなし会 「せい、せいっ、せい」 ご参加いただいたみなさまの声をお届けします。(ブログへの転載をお許しいただきました方のみとなっております。) ご感想 始めて読ませて頂きました。自分がどんな時にも自分を大切に考えていけるという事をうけとったと同時に、 [続きを読む]
  • おとなのためにおはなし会 H29.9.5 part2
  • 昨日から引き続き、 H29.9.5(火)に小林エステート(西宮市)で 開催された 「おとなのためにおはなし会」タイトルテーマ:「せい、せいっ、せい」 についてのレポート。 阪急西宮北口から徒歩5分という小林エステートさん。 大阪、京都、神戸市とあちこちから、 年齢層も20代から、60代までいろんな世代の方にご参加いただきました。 絵本セラピストさんもそうでない方も、 うきょうの会で初顔合わせの方も複数いらっしゃる中、 [続きを読む]
  • おとなのためにおはなし会 H29.9.5 part1
  • おとなのためにおはなし会、昨年末に一旦終了してから、 そろそろ、始めようか、と再開してみました。 初めての会場ということもあり、 手際よく、とはいきませんでしたが、 本日、ご参加いただいた皆様にお礼申し上げます。 さて、本日のブックリスト。 かがくいひろし 文・絵ブロンズ新社 ディック・ブルーナ 文・絵いしいももこ 訳福音館書店 山本直英・和歌山静子 作童心社 みずのつきこ 文・絵やまもとなおひで 監修子 [続きを読む]
  • えらいえらい!
  • ますだゆうこ 文竹内通雅 絵そうえん社 これ、前回は母の日にちなんでお伝えしていた絵本。 2年前になります。 で、今回、あるプログラムに使いたくて、 (やっぱり、お母さんをたたえたくて使ったんだけど) 今回、大発見。 ずーっと、イラストレーターさんのこと、 「たけうちみちまさ」先生だと思ってたーっっ 「たいうちつうが」先生なんですって。 すみませんっっっ。 ほんとに、すみませんでした。 あのね、あれこれ、ま [続きを読む]
  • うきょうのブログ ふりかえり 2017年8月
  • 9月と聞いたらとたんに、 秋風を感じるようになりました。 そういえば、夕日もずいぶん早く落ちるようになりました。 ああ、夏の名残が残るこの今の感じ、 もうちょっとだけ、もうちょっとだけ、 ああ、夏が終わり切るのが惜しい! さて、今月のふりかえり。 アクセス数が多かったのは8月5日。 この日はブログ更新していないので、 内訳を見てみると昨年の同じ日に紹介していたこの絵本「ひょうざん」↓↓ ひょうざん (たの [続きを読む]
  • タキタキ 定例会 参加 at 元町
  • 去る8月29日に元町にあるギャラリーVieでの タキタキ定例会に参加してきました。 今回は11月のグループ展に向けての作品提出もありました。 えっ、うきょうちゃん、絵描くの? って思った方、描きませーん 絵は嫌いじゃないし、描かないこともないし、 習っていたこともあるけど、 上手い人、いくらでもいるからね。 それにうきょうはうきょうの伝えるっていうツールが 「絵」じゃなくていいかな、って思ってるから描きま [続きを読む]
  • 心が育つ「IQ絵本講座」in兵庫西宮 参加者募集
  • 開催日 2017年9月18日(月) 開場  10:15開始  10:30〜12:30講師  橋本まき 場所  沿線コミュニティーベース 「スタジモにしのみや」    兵庫県 西宮市高松町14−2 阪急西宮ガーデンズ5F ホームページ 参加費 3000円(当日現金にてお支払いください) 申込方法 申込みフォームはこちら→★★★      FBイベントページはこちら→★★★     (いずれのお申込みからでも承れます) 問い合わせ先:この下の問 [続きを読む]
  • 100万回生きたねこ
  • 佐野洋子 作、絵講談社 木かげで登場3回目。以前の記事はこちら→★★★ 朝、起きたら、ニュースはミサイル発射に関することばかりでした。 平和を訴えるようなメッセージ性の強い絵本とかね、 静かに攻撃することを反対するような絵本とかね、 そういうのでも今日なんかはいいかなって思ったんですけどね。 いや、Jアラートのあの不穏な音を聞いて、 うきょうたち、何ができる? 専守防衛とはいっても、もし、万が一、日本が攻 [続きを読む]
  • おとなのえんそく 持ち寄り絵本でおしゃべり会 Vol.3 at 西宮
  • 先日の遠足。 あちこちでブログアップしていただきました。 うきょうだけの視点でなく、 みなさまからのレポートもお届けします。 「キラキラりすくんのブログ」 から →★★★ 「ぴあのの小箱」 から →★★★ 『えほんらへん』 から→★★★ みなさんの写真からも、ちょっとずつ、目のつけどころがちがうことが 伝わりますね。 まだまだ、9月に入っても開催中のこの企画、 ぜひぜひ、お楽しみあれ。 絵本セラピー® [続きを読む]
  • おとなのえんそく 持ち寄り絵本でおしゃべり会 Vol.2 at 西宮
  • 昨日からの続き。 さて、みなさんがお持ちよりくださった絵本たち。 たぶんほんと (マッシュノートのおしゃれ絵本) [ 間部香代 ] この中のチョコレートのところとか、 あそこのページの画面がお好きなんだそうです。 お母さんたちに、じんわりお話したい1冊だそうですよ。 My Very First Book of Shapes MY VERY FBO SHAPES-BOARD [ Eric Carle ] MY VERY FIRST BOOK OF COLORS(BB) [ ERIC CARLE ] 洋書もきました〜。 そし [続きを読む]
  • おとなのえんそく 持ち寄り絵本でおしゃべり会 at 西宮
  • いやあ、今日も西宮は暑かったです。 さて、遠くは滋賀から、近くはうきょうの家と目と鼻の先から みなさまにご参加いただきありがとうございました。 現在、西宮市の大谷記念美術館にて開催中の ボローニャ絵本原画展に行こう! そして、それだけじゃもったいない、せっかくだから、 絵本についてもおしゃべりしようってことで、 「アートな絵本」を持ってきてください、 とお願いしてみました。 「アート」って何? アート [続きを読む]
  • 泥かぶら
  • 眞山美保 原作くすのきしげのり 文伊藤秀男 絵瑞雲舎 昨日、読み時間が長いんだよね、 っていう絵本を紹介しました。 いい絵本なんだけど、なかなか読むチャンスがないんだよね、 っていう絵本。 これもその1冊。 これも10分以上あるよねえ。 元がお芝居ってことで、展開も早く、 テンポもよくっていいんですけどね。 40歳を過ぎたら、自分の顔に責任を持ち、 そして50を過ぎたらその人格にふさわしい顔になる、 らしいですよ [続きを読む]
  • おしいれのぼうけん
  • 古田足日・田畑精一 童心社 2014年にお亡くなりになった古田足日先生。 うきょうは、よく存じ上げませんが、 すんごい先生らしい。 なにがどうかはわからない。 わからないけれど、1970年代のキラキラ輝く、 今でもいろんな人が読んでいる絵本がバンッバン誕生した時期に、 この1冊を世に送り出してくださったってだけで、 そりゃもう、すんごい先生なんだと思います。 今時、よく売れる絵本なんかと比べると、 ぜんっぜんカラフ [続きを読む]
  • しゅん
  • 高部晴市 作、絵BL出版 タイトルの「しゅん」は表紙の主人公の男の名前です。 この「しゅん」くんがねえ、返事させると 「ふぁーい」 なんていっちゃう子でねえ。 和太鼓って威勢のいい感じの楽器なのに、 思わずうきょうなんかは、おせっかいだから、 「しゅんちゃん、大丈夫かい。ビッとせな、ビッとぉ」 って言いたくなっちゃうのね。 このたよりなげなかわいい感じのしゅんちゃんが、 やっぱり、かっこよく盆踊りで太鼓を打ち [続きを読む]
  • ムーミン谷の夏まつり at 西宮
  • 週末も暑かった。 うきょうは涼しく、劇場にいました。 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール で 人形劇団ひとみ座による 「ムーミン谷の夏まつり」 を見ていました。 人形劇っていってもね、手のひらサイズの人形じゃなくて、 1m近い人形を動かすので、文楽のように、 人形一体を複数の人で動かすのです。 それでいて、セリフを文楽の太夫のように、 その専任の人がいるんじゃなくって、 人形を使っているその人が話しま [続きを読む]
  • 9月5日 おとなのためにおはなし会 参加者募集
  • タイトルテーマ:「せい、せいっ、せい」 タイトルテーマ、気合が入っております。「せい」は「性」そして、生きることに通じます。絵本の中の「性」に触れてみませんか?◆日時:9月5日(火)◆開場・受付 10時15分〜◆おはなし会開始時間 10時30分〜12時◆定員 10名◆持ち物:筆記具、ファイル(初回の方はこちらでご用意します)◆場所:小林エステート 西宮市南昭和町5−8 電話:0798652360 地図、道順→ https://ame [続きを読む]
  • おふろやさん
  • 西村繁男 作、絵福音館書店 秋になったら、 絵本セラピー®をしよう! と決めたら、 9月選書、10月選書、11月選書、許諾申請とこの休みは慌ただしい。 しかも、自分から宿題ある講座に申し込んじゃって、 もう、アップアップであるよ。←泣き言をいう……。 部屋中に絵本の山ができていて、 家族に、この絵本は重ねていいのか? よけていいのか? とうざがられています。 ってな状況の中、気になっている、 「もうおふろから [続きを読む]
  • おじいちゃんがおばけになったわけ
  • キム・フォップス・オーカソン文エヴァ・エリクソン絵あすなろ書房 いよいよ、お盆も終わりますね。 ふるさとで懐かしい人に会ったり、 のんびり過ごしたりいろいろなお盆時期の過ごし方を 皆様楽しまれたことと思います。 きっと、目には見えないけれど、 そこに帰りたいと思ってた、すでに肉体のない人たちも 皆様の生き生きとした姿や、 頑張って働く姿をみて、 ぼちぼち、あちらに戻ろうか、 なんて思っていることでしょう [続きを読む]