ebinosuke さん プロフィール

  •  
ebinosukeさん: town + country
ハンドル名ebinosuke さん
ブログタイトルtown + country
ブログURLhttp://ebinosukeuk.blogspot.co.uk/
サイト紹介文ロンドン近郊在住。旅行、映画、レストラン、森の散歩などなど、英国的片田舎生活を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/01/25 01:02

ebinosuke さんのブログ記事

  • All about food! | 食がテーマの日本映画 2 本
  • ジャパンファウンデーション主催の日本映画上映イベントが、2 週末にわたってありまして。なんと無料、という太っ腹ぶり。張り切って 2 本観て参りましたよ。上映前に日本の食事情をたっぷり見せつけて「日本へおいでませ」と誘う広告が流れて、すぐにでも帰国したくなりました(笑)Oyster Factory | 牡蠣工場Director: SODA Kazuhiro2015/Japan=USA★★★★☆「観察映画」という手法でドキュメンタリー映画を撮る想田和弘監督。 [続きを読む]
  • A 5,000 km journey in Namibia 5 | ナミビア 5,000 キロのたび 5
  • リューデリッツ 3 日目。この日は朝からボート・ツアーでペンギンたちの住むハリファックス島へ。風を切って進むボートの上はめちゃくちゃ寒い!のですが、毛布やコートを貸してくれ、途中でホット・チョコレートが振る舞われ、と、至れり尽くせりでありました。途中、アザラシの住む島やウミウの住む島を通過。お食事中のところ我々のボートに遭遇して逃げ惑うウミウ。イルカがボートに並走!なんてこともありました。そうこうし [続きを読む]
  • In This Corner of The World | この世界の片隅に
  • Director: KATABUCHI Sunao Writers: KATABUCHI Sunao, KONO Fumiyo (manga)Stars: Non, HOSOYA Yoshimasa, OMI Minori, INABA Natsuki, US
    HIYAMA Shigeru, SHINTANI Mayumi 2016/Japan★★★★☆こうの史代原作の『この世界の片隅に』。映画化のニ
    ュースを見た時から、観たいよ〜と思っていたところ、なーんと英国で一般公開されました!早
    速、喜び勇んで観に行ってきましたよ。いや〜、原作に忠実なのだけど、アニメーションにし [続きを読む]
  • A 5,000 km journey in Namibia 4 | ナミビア 5,000 キロのたび 4
  • さて、長時間ドライブの末到着したリューデリッツは、大西洋に面した海辺の街。ナミビアに到着以来ずっと人里離れたところにいたせいか、文明がまぶしい! 街には 19 世紀末から 20世紀初頭にかけて入植したドイツ人の建てた建物が数多く残っています。首都ウィントフックから鉄道が敷かれているのですが、途中で線路が砂漠の砂に埋もれちゃってて、リューデリッツ駅はここ 10 年ほど開店休業中だそう。車で 10 分ほど行くと、フラ [続きを読む]
  • A 5,000 km journey in Namibia 3 | ナミビア 5,000 キロのたび 3
  • さて。朝、デッドフレイを堪能したワタクシ達、夕日に染まる砂丘を見ようと、夕方再びナウクルフト国立公園へと向かいました。 国立公園のゲートから 45km にある砂丘 Dune 45。沈みゆく夕日に照らされて燃えるような橙色に。せっかくなので、登ってみることにしました。登頂に成功したツレアイ。が、 意外にも斜面が急でしんどい…一生に一度のことだし頂上に立ちたい!とも思ったのですが、ここで無理をして後々に響いては…と [続きを読む]
  • I Was Born, But... | 大人の見る繪本 生れてはみたけれど
  • Director: OZU Yasujiro Writers: James Maki, FUSHIMI AkiraStars: SAITO Tatsuo, YOSHIKAWA Mitsuko, SUGAWARA Hideo, AOKI Tomio 1932/Japan★★★★★先日、バービカン・センターの映画館にて小津安二郎監督の『生まれてはみたけれど』を活動弁士とピアノの生演奏付きで観てまいりました。デジタルではなく、東京からやって来たフィルムでの上映で、85年前にこの映画が公開されたときと(ほぼ)同じ体験をすることができたので [続きを読む]
  • Oldroyd in Islington | 素材が光るモダン・ヨーロピアン
  • ここロンドンで「小皿料理」と「シェアして食べるという概念」を広めた立役者と言えば、今や英国内に9店舗を展開するベネチア小皿料理の Polpo でしょう。この Polpo 創立時から料理長を務めていたトム・オールドロイド氏が独立してオープンしたのが、こちらの小ぢんまりとしたレストラン。ずっと気になっていたのですが、やっと先日ランチに訪れることができました!ランチは 2 コース 16 ポンド、3 コース 19 ポンドとなかなかお [続きを読む]
  • A 5,000 km journey in Namibia 2 | ナミビア 5,000 キロのたび 2
  • さて、ナミビア2日目。この日は4時起きでナミブ砂漠のナウクルフト国立公園へ。目指すは「死の沼地」デッドフレイです。ナミブ砂漠と言えばアプリコット色の砂丘が有名ですが、それはこの辺りだけで、他の場所では普通の砂色(?)でした。この砂の色は酸化した鉄分によるものだそう。ナウクルフト国立公園の入口にはゲートがあって、開門は日の出から日の入りまで。ゲートの近くの売店で入場料を支払います。朝食中のオリックス。 [続きを読む]
  • A 5,000 km journey in Namibia 1 | ナミビア 5,000 キロのたび 1
  • 幼い頃テレビで『野生の王国』を観て以来、いつかアフリカで野生動物を見てみたい、と思っておりました。が、不惑を過ぎてめっきり体力の衰えを感じる今日この頃。「今行かなきゃ、"いつか"は永遠に来ないんじゃあ?」という心の声に押されて、ツレアイと2人、5月の後半に2週間ほどかけてナミビアを旅してきました。ナミビアでかい!総走行距離 5,000 キロ、砂漠の中をひた走りに走って参りましたよ〜。ナミビアを選んだ理由は、「 [続きを読む]
  • The sense of an Ending
  • Director: Ritesh Batra Writers: Nick Payne, Julian Barnes (novel)Stars: Jim Broadbent, Charlotte Rampling, Harriet Walter, Michell
    e Dockery, Billy Howle, Freya Mavor2017/UK★★★☆☆人生の終盤にさしかかかって、若かりし日の記憶に激
    しく揺さぶられる男性の話。サスペンスの要素がありながらも全体的にはしっとりと落ち着いた
    佳作、でありました。2011年にブッカー賞を受賞したジュリアン・バーンズの『終わりの感覚 [続きを読む]
  • My first hopper | 初めてのホッパー
  • ロンドン初のうどん専門店「KOYA」の閉店後に登場した、スリランカとインドのタミル・ナードゥ州の料理が食べられるお店 Hoppers へ行って参りました。このお店、予約を受け付けていない上、いつ行っても「1時間待ち」とかなのですよ。この度、中途半端な時間に行ってみたらば、運よく入ることができました♪(ワタクシ達が帰る頃には、ちょっとした行列ができておりました....)南アジア系のレストランはちょくちょく行くのですが [続きを読む]
  • Bluebell wood 2017 | ブルーベルの森 2017
  • 近所の森のブルーベルが今年も見頃を迎えました!新緑が眩しい森の遊歩道。ここから森の奥へ足を踏み入れると....見渡す限りブルーのカーペットが!辺りにはふんわり甘い香りが漂っています。この風景、何度見ても眠っていた乙女心(笑)が呼び覚まされます。しばらく気温の低い日が続きそうなので、まだ当分ブルーベル・ウォークを楽しめそう♪帰り際に近所の溜池でオタマジャクシを捕獲。我が家の池にお連れしました。無事カエル [続きを読む]
  • Get Out | ゲット・アウト
  • Director: Jordan Peele Writer: Jordan PeeleStars: Daniel Kaluuya, Allison Williams, Bradley Whitford, Catherine Keener2017/USA★★★★☆アメリカで黒人である、というのはとても恐ろしいことなのだ!という風刺の効いたコメディ・ホラー。そう、ホラー映画なのにコメディなのです。そしてトランプ大統領が誕生した今観ると、恐ろしさも倍増でございます。ホラー映画、登場人物がやたら叫びまくって血みどろで…というの [続きを読む]
  • My first food of Laos | 初めてのラオス料理
  • 各国料理店が軒を並べるロンドン。初めてのイラン料理、初めてのミャンマー料理、初めてのペルー料理。。。すべてこの街で経験したのでした。そしてこの度、友人が見つけたお店でラオス料理デビューを果たしました!このお店、ロンドンに数店舗あるタイ料理屋さん Rosa's Thai Cafe の共同設立者の方が始めたそうで。6名以上のグループしか予約を取らない、ということで17時半過ぎに行ってみたら、ご覧のように余裕で席をゲットで [続きを読む]
  • The Past (Le passé) | ある過去の行方
  • Director: Asghar Farhadi Writer: Asghar FarhadiStars: Bérénice Bejo, Ali Mosaffa, Tahar Rahim, Pauline Burlet2013/France = Italy = Iran★★★★☆『彼女が消えた浜辺』を観て、 要チェック、と思っていたアスガル・ファルハーディー監督。先日、BBC iPlayer で彼の2013年の作品『ある過去の行方』を発見、大喜びで鑑賞しました。男女間や親子間の葛藤にまつわる心理劇に加えて、「犯人は誰だ?」的な謎解きの要素もあ [続きを読む]
  • Venetian tapas | ベネチア風小皿料理
  • 再開発された St James's Market に入っているベネチア風小皿料理のお店 Veneta に行ってきました。ロンドン市内で何軒ものタパス・バーを経営する Salt Yard グループの新しいお店ということで、かなり期待値高めで訪問。ほんのりアールヌーボーな内装。照明がかなり落としてあって、ロマンチックな雰囲気です。ワタクシたちは女子2名での訪問だったのですが、他のお客さんはデートと思しきカップルが多かったです。さて、そんな [続きを読む]
  • Modernismo in Catalonia 4 | カタルーニャ モデルニスモを巡る旅 4
  • すっかり間が空いてしまいましたが、秋に行ったカタルーニャの旅。最後に訪れたのはバルセロナから列車で1時間半ほど内陸に行ったところにあるビックという街。バルセロナ出身の画家ホセ・マリア・セルト作の壁画が街の教会にあって、それを見に行ったのでした。なのですが、ワタクシ自身はさほど壁画に興味がなく。おまけにポカポカ陽気のバルセロナとは打って変わってビック激寒。バルセロナ仕様の服装でぶるぶる震えながら歩く [続きを読む]
  • Paterson | パターソン
  • Director: Jim JarmuschWriter: Jim JarmuschStars: Adam Driver, Golshifteh Farahani, NAGASE Masatoshi, Nellie2016/US=Germany=France ★★★★☆ジム・ジャームッシュ監督の新作『パターソン』 。すでに観てから1カ月近く経ってしまいましたが、忘れないうちに感想をば。主人公のパターソンは、ニュージャージー州のパターソンという街で(ややこしい!)妻のローラ、犬のマーヴィンと一緒に暮らしています。バスの運転手をし [続きを読む]
  • White morning | 雪の朝
  • 昨日のこと。前日の夕方から降り始めた雪で、朝起きたら一面銀世界になっておりました。こんなにまとまった雪が降ったのは、今の家に越して来てから初めて!という訳で、朝食の後、森へ散歩に出かけました。いつも通る小道。雪の重みで枝がしなって獣道のようになっておりました。我が家の庭の灌木も雪に押しつぶされ気味になっていて、大慌てで払い落としました。雪国で雪吊や雪囲いが必要な理由がよーっく分かりました。散歩の後 [続きを読む]
  • Silence | 沈黙 - サイレンス -
  • Director: Martin ScorseseWriter: Jay Cocks, Martin Scorsese, ENDO Shusaku (based on the novel by)Stars: Andrew Garfield, Adam Driv
    er, Liam Neeson,KUBOZUKA Yosuke, ASANO Tadanobu, Issei Ogata2016/Mexico=Taiwan=USA★★★☆☆原作ものの映画で、「原
    作を先に読むか、映画を先に観るか」 というのは意見の分かれるところ。ワタクシの場合、原作
    を先に読むと、頭の中に「俺バージョン」ができちゃって映画にガッカリす [続きを読む]
  • Banksy spotting | バンクシーを探せ!
  • Graffiti Area, Cargo on Rivington Street年明け早々に友人 K さんが日本からやって来ました。6年ぶりの再会を果たした後、バンクシーをこよなく愛する彼女と一緒に「ロンドン バンクシー巡り」へゴー。コチラとコチラのサイトを参考に、ロンドン中をウロウロと。これが、宝探しのようでとっても楽しかったのですよ!Rat, Tooley Street初期の作品だそう。まず向かったのは、ロンドン・ブリッジ。橋の下を通る路地に小さなネズミ [続きを読む]
  • The best pasta in town | バラ・マーケット脇のパスタ・バー
  • 少し前にバラ・マーケットに行った帰り、長い行列ができている新しいレストランを見つけました。なんだなんだとググッてみると、手打ちパスタをお値打ちにいただけるパスタ・バー、だそうで。日を改めてツレアイとランチに行ってみました。予約を取らないお店ということで、開店時間の12時に合わせて15分前に行ってみると、早くも20名ほどの方が並んでおりました。開店と同時に入店の案内が始まったのですが、一度に注文をさばける [続きを読む]