Babe さん プロフィール

  •  
Babeさん: ヨーレンス君とBabeはLondonにいます。
ハンドル名Babe さん
ブログタイトルヨーレンス君とBabeはLondonにいます。
ブログURLhttp://ameblo.jp/babelikeit/
サイト紹介文愛妻家ヨーレンス君とBabeのロンドン暮らし。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/01/26 06:05

Babe さんのブログ記事

  • 彼女のランジェリーは見たくない男。
  • みなさん。彼氏や旦那と一緒に暮らしていて洗濯物どうしてますか?普通の女の子だったらランジェリーなんかは別洗い。手洗いなのかしら?デリケートなものだし。私は普通に洗濯機にぶち込みます。他の洋服と同じように:)だから他の服と一緒にランドリーバスケットの中にいれてます。もちろん一緒に住んでいるヨーレンス君の服も一緒に。本題はそのヨーレンス君が洗濯物をする時いつも私のランジェリーだけをバスケットの中に残 [続きを読む]
  • 夫からの男よけキーホルダー:0
  • ほんの一週間前までヨーレンス君と結婚してはじめての遠距離を経験しました。ヨーレンス君はお仕事でスコットランドへ。同じイングランドにいてもやっぱり毎日会えないのは寂しかった。その気持ちはヨーレンス君も同じだったようでスコットランドから戻って以来ヨーレンス君はひと時も私から離れません。家にいる時も手をつないで数分おきにキスしてハグして。それは毎日の事だけど仕事のブレイクタイムに"愛している"という一言 [続きを読む]
  • This is England.
  • ロンドンで22日に起こったアタックのことを日本でもニュースになっていると思う。その事件があった時私はwestminsterから歩いて5分の距離にいたけど私が事件のことを知ったのは遠くにいるヨーレンス君からの緊急電話。ヨーレンス君は事件のことは言わずにすぐに家に帰ることを忠告。事件の直後にWestminster周辺の道交通機関はストップしていたので私は他の人と同じように歩いて隣の駅まで歩いた。彼らと話してようやくアタックら [続きを読む]
  • 男性が女性に甘くなる日:)
  • 2月8日はInternational women's dayでした。この日は男性が女性にとってもとっても甘くなる日:)??本当は女性が女性として社会で男性と同じ権利を勝ち取った日。詳しくはこちら★日本語のウィキペディアをどうぞ。ということをヨーレンス君パパからメールが来るまですっかり忘れていたBabe。仕事が終わって夕方家でゆっくりしてたらヨーレンス君から電話。『今どこー?Babeが好きなあのお店においでよ。皆と飲んでるからー』との [続きを読む]
  • ロンドンの大人の遊び場。
  • この前のヴァレンタインデーにヨーレンス君ととても面白いBarに行ってきました:)ロンドンのDalston Kingsland駅から歩いて10分弱にあるBallieBallersonは大人の遊び場。グランドフロアに位置するBarは少し待っててもらって着いてすぐに早速地下にあるダンスフロアへ。ダンスフロア中がクリアボールでいっぱい!歩くと言うよりダイブ。踊るというより泳ぐ。一度クリアボールの海に足を踏み入れると立つのにも一苦労。でも。楽しー: [続きを読む]
  • 男はSで終わって、女はAかE。
  • 私の旦那さまヨーレンス君はラトビア人。ラトビアの男は必ずSで終わる。とヨーレンス君は言う。そうなんです。ラトビアは小さな国で姿形はどちらかというと北欧系なのではっきり言って見た目ではラトビア人とすぐに区別はつきません。でも。もし、ラトビア人に会ったらすぐに彼らがラトビア人であるとわかる方法が1つ。名前である。日本のように飛び抜けて奇想天外な名前をつける文化はラトビアにはまだないのでほとんどの両親は [続きを読む]
  • 夫の知られざる狂気的な過去。
  • ヨーレンス君とラトビアのTVチャンネルを観ていたら突然「あー。こいつ知ってる!知ってる!」TVに映っている男性を指差して名前を叫んだ。TVに映っていたのはリーガ警察署の署長さん。なんで知ってるの?「同じ学校だったんだ。」へぇーそうなんだ。「頭を蹴飛ばしたことがある。」えっ?「あいつは覚えてないだろうなぁ。」いや。覚えてるでしょ?大体なんで頭蹴飛ばすの?「面白いから。」そんな理由でって最低だよ:(彼が警察 [続きを読む]
  • 君の妹を俺にください‼?
  • ヨーレンス君の大親友2人が去年の終わりにわざわざラトビアからロンドンに遊びに来てくれました。ヨーレンス君のお友達は皆本当にいい人たち。そして、"いい男"‼?‼?ヴァンスは奥さんと娘ちゃんを深く深く愛していてそれを表現することを1秒も止めない。奥様のクリスはそのおかげでいつも幸せそうで輝いてやきもち焼いちゃいそうなくらい:)彼は滞在中真剣に何を話すかと思えば『ヨーレンスは俺の大親友だ。本当に本当に奴が好 [続きを読む]
  • 夫が別のベッドで眠る理由。
  • ヨーレンス君はほぼ週3のペースでベッドで寝ません。他の場所で寝ます。女の子のところじゃないよ。リビングルームです。我が家のリビングルームのソファはそのためにあるかのようにソファベッド。本当はゲストが来たときのために買ったんだけど。。。。週3のペースとなるともうヨーレンス君のベッド。夫婦によって月が経つにつれて自然と寝室が別に。。。なんてこともありますよね。私たちは違います。まだ!ヨーレンス君がリ [続きを読む]
  • それはロマンチックか?ストーカーか?
  • この前。少しいつもとは違うことが起きた。毎日gymに行っているBabe。いつもは仕事帰りに行くのだけれどその日は一度家に帰ってゆっくりしてから24時間営業のgym。遅い時間に行けば行くほど人がいないから好きなマシーンを使い放題。0amほとんど人がいないgymでみっちり1時間。終わってロッカーを出て出口に向かうときブリティッシュの男の子とすれ違ってドアを出る前に彼が追いかけて来て話しかけてきた。何か落として拾って [続きを読む]
  • パンダを飼おう。
  • 実は犬が大好きなBabe。猫も可愛いと思うけどやっぱり犬ちゃんがいい:)だから。ヨーレンス君と歩いてて犬を見かけたら『babyはいらないから子犬が欲しい。』がbabeの口癖。『子犬なんて飼ったらbabeの好きな旅行にいけなくなるよ。』がヨーレンス君のいつもの答え。でも。ある日、ヨーレンス君が『子犬よりパンダがいいじゃん。』とか言い出した。何言ってるの?ジョークでもパンダって。『なんでダメなの?絶滅危惧種だから?』 [続きを読む]
  • 黒人さんのあるある。
  • たぶん。海外に住んでいる人なら絶対こういった状況に遭遇したことがあると思う。私も彼らと話をしていて何度も気まずい状況におかれたことがありました。少し前のイギリスのコメディドラマでもジョークのネタになっちゃうほどこういうことはよくあるのです。まずはこちらをご覧ください↓*the inbetweeners より*ストーリーはいつもホラばかり吹いているJayがドラッグの入手法を知っていると嘘をついたために友達からドラッグ [続きを読む]
  • ロンドンでいちばん美味しいバーガーとアート。
  • 週末。この日のロンドンは朝から霧もよう。高いビルの上半分はすっぽり霧の中。まさにロンドンといった天気。そんな日にヨーレンス君が『今日は絶好のデート日和だね。』と言ってデートに誘ってくれた。テムズ川沿いSouthbankはふたりのお気に入りのデートコース。ビッグベンを眺めながら観光客にまざってお散歩。こんな天気の中で川沿いを歩くと皆がイメージする最も近いロンドンを満喫できると思う。薄暗くて。湿っぽくて。少し [続きを読む]
  • ありがとうございます:)
  • またまた嬉しいことが。アメブロトピックスに記事が紹介されました:)最近仕事で忙しすぎで書きたいことはたくさんあるのにまったくといっていいほど書いていないブログ。ごめんなさい。でも。こうやって記事が紹介されるとこんなメッセージも皆さまから記事へコメントももらえるのでこれからも少しずつ綴っていこうと思います。おかげさまでランキングも一瞬だけ1位。 どんな風に紹介されたのかは見れませんでしたけど(たぶん [続きを読む]
  • なぜなんだトマ。
  • 我が家によく遊びに来るオーストラリア出身のお友達夫婦。明るくておしゃべりな奥さんケイリィと反対に旦那さんのトマは物静かで話しかけてもうんうん。と会話が続かない.....でも。皆が食べたあとの食器の洗い物を率先してやってくれる主夫:)それにしてもトマが何度かお家に来て気づいたことがある。ある日。洗い物をしているトマに『ありがとう!とってもきれい!』っと言ってお皿を見ると.....あれ?なんだか異様にきれい..... [続きを読む]
  • 死ぬ前に行っておきたいイギリスのフェスティバル:)
  • ちょっと前のお話ですが。死ぬ前に行っておきたいイギリスのフェスティバルSW4に行ってきました:)ロンドンのサウスウェストサイドClapham Common Parkで毎年開催される音楽イベント。この日。ロンドンの中心から若者が消えた!それはLondonerのほとんどがこのフェスティバルに来ているから:)でも。どうしても今年来たかった理由は....彼のため。Paul Kalkbrenner映画Berlin calling で主役を務めたのが彼:)ヨーレンス君とBab [続きを読む]
  • パーフェクトエギー:)
  • 最近働き過ぎでろくに食べてないし寝てないBabe。いつも夏のHolidayは長くとるつもりなのでその前後は死ぬほど働かなくちゃ。ということでヨーレンス君もBabeもできるだけ忙しくしてたらBabeだけ倒れる。具合悪くする。具合の悪いままOfficeに行ったらボスが『Babe。今日はもう帰りなさい。』って。帰ってベッドルームにたどり着く前にリビングルームのソファでダウン??そのまま熟睡。数時間後目が覚めたらブランケットがかかっ [続きを読む]
  • 国が変わる瞬間と夫の思い出:)
  • ヨーレンス君が生まれてからすでに3回も通貨が変わった国ラトビア。ヨーレンス君の国ラトビアは1940年代からソビエトの占領されていたつまりヨーレンス君がまだ幼い時にはラトビアはソビエトの一部でした。1991年に独立し、ヨーレンス君はソビエト生まれのラトビア人になった。幼いながらに彼はそのことをとてもよく覚えていて特にソビエトの通貨ルーブルからラトビアの通貨ラッツに変わった瞬間。授業で先生がお札に描かれたラト [続きを読む]
  • あの俳優も来てたRooftop Bar:)
  • 仕事帰りにお友達とRooftop barに行ってきました:)みて!この素敵な雰囲気:)中にはBarと食べ物が買えるお店があるよ。とっても居心地がよくて夜までいちゃった:)夜にはライトがついて雰囲気がまた変わる。ロンドンにはこんな素敵な隠れ家的な夏限定のお店がたくさんあるよ。日本のガイドブックにはのってないまた少し違ったローカルロンドンの楽しみ方この時期にロンドンにいらした際には是非寄ってみてください:)...そういえば。 [続きを読む]
  • 嬉しい出来事:)??
  • またまたアメーバトピックスにブログが紹介されていたみたい:)??でも...どの記事?どの記事?トピックスに紹介されて楽しみなのがアメーバブログさんがつけたタイトルを見るのが楽しみなんです:)今回はなんて言うタイトルがついていたのかしら?知ってる人は教えてください??.....と思ったら。21日のトピックスランキング13位にいました:)きゃー??????なんだか嬉しい。サボり気味のブログに素敵なタイトルがついてる? [続きを読む]
  • 記念日の日の出来事:)
  • 6月のはじめは。ヨーレンス君とBabeの結婚記念日でした:)??いくつもある恋人たちの記念日のなかで私たちが大切にしている日がこちら??去年はたまたま仕事がお休みで一緒に1日中ふたりでゆっくり過ごせたけど今回は引っ越し騒ぎで忙しくてお仕事のあとに会うことに:/"仕事帰りに待ち合わせしよう"と約束してたのに仕事中電話がきて『1度家に帰って来てドレスアップしてでかけない?』プランは何もなくてただ食事だけしましょう [続きを読む]
  • ラトビアの名前の日:)
  • 先日ヨーレンス君のName DayでしたName Dayの説明はこちら:)まずはカード探し。イギリスにはName Dayの文化はないのでName Dayのカードはお店には売ってない:(ネットでName dayカードは買えるけどせっかくだからラトビア語のカードを送ってあげたいな。色々さがしてやっと見つかったヨーレンス君に渡したら昔の言葉で書いてあったみたいでラトビア人のヨーレンス君でも難しそうに読んでた。愛の詩が書いてあるみたいよ:)Name Day [続きを読む]
  • 妻の外出。夫の愛情:)
  • 女の子たちと出かけた夜。ヨーレンス君はもちろんお留守番。すぐ帰るつもりでいたけど女の子たちからあと1時間!あと1時間って引き止められて結局clubが閉まるまで皆で踊ってた。途中でtextを送って帰って来た返事は"Don't worry bb Enjoy with friends Anyway I'm here.waiting for u."って優しい返事が来たけどさすがに帰ると言った時間から数時間あとに帰ったらもう寝てると思ってた。玄関を開けたらその音でヨーレ [続きを読む]
  • 女の子だけで:)
  • 先週末ダニエルの誕生日だったので女の子だけで久しぶりのClub:)Holbornにあるswayにいってきました。外観がとってもposhな感じでドレスも着てないけど大丈夫かしらと思ったけどまったく問題なく入れてくれちゃった:)メンバーはもっといたけど皆ダンスに夢中でとりあえず近くにいた子たちで撮った写真。中はレストランとBarとClubに部屋が分かれていて皆でBarで乾杯したあとにClubへ移動。中にはフォトグラファーもいて写真を撮っ [続きを読む]
  • ベルリンはまるでリーガ
  • 以前ヨーレンス君とヨーレンス君の故郷Latviaに行った時『Rigaの街をどう思う?』って聞かれてBabeは言った『Berlinみたい:)』本当にそう思ったの。建物も街並みも人々の暮らしも家の前にはえている木もRigaはBerlinにそっくり:)Berlinに来るまでヨーレンス君は信じてなかったでも、街を歩いた途端『なんだか故郷に戻ってきた気分。』なんて言うのよ。Rigaは素敵だけど正直。ヨーレンス君もBabeもRigaに住むつもりはないわ。退屈 [続きを読む]