rie0725 さん プロフィール

  •  
rie0725さん: 心に響く言の葉〜本から学ぶ人生と幸福〜
ハンドル名rie0725 さん
ブログタイトル心に響く言の葉〜本から学ぶ人生と幸福〜
ブログURLhttp://rie0725.blog.fc2.com/
サイト紹介文読書の記録として運営中。心に響いた本との出会いは奇跡です。
自由文読書のなかで出会った言葉、本達を詰め込みました。問題解決に導く本、心を和ませる本、子どもと一緒に眺めたい本等、すてきな出会いが待っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/01/26 14:30

rie0725 さんのブログ記事

  • こどもの未来と親のエゴ
  • こどもの教育著者 A・アドラー  訳 岸見一郎アドラー真理学の著書やマンガを読んでいくうちに実際にアドラー氏が書いた本を読んでみたいと思うようになりました。そこで、子育てをしている私としては『子育て』について書かれている本を手に取りました。子どもの行動が遅いと「早く!!」と言ってしまう私。イライラして手をあげそうになったりと、親としてこの様なままで大丈夫なのか?いつも心配していました。楽しく笑顔で [続きを読む]
  • 算数だって歴史あり
  • 算数おもしろ大辞典 IQ(1994.2.20)株式会社学習研究社算数・数学なんて嫌いだ!!そう思う人は世の中に沢山いると思います。学校の授業で行われる作業的な計算、やたら長く、作法の様なものが必要な証明、何に役立つのか全く疑問に思う公式。(この辺は私が中学生の時に思っていたことです。)算数は実生活に使うもの、数学は芸術みたいなもの。そういう風に考えていた私ですが、じゃぁ、算数の歴史、数学に貢献してきた研究者 [続きを読む]
  • 漢字のふるさと こどもの日記念!!(過去の読書日記より)
  • 漢字えほん〜はじめての漢字作・絵 とだこうしろう  戸田デザイン研究室本の表紙には「鳥」の象形文字がデザインされています。象形(しょうけい)とは、漢字の造字法である六書(りくしょ)の一つ。筆画を組み合わせて物の姿形をかたどることを言うそうです。「日」「月」「山」「川」など。(ウィキペディア参照)つまり、漢字の起源になります。漢字を記号の連続ではなく、漢字そのものが意味を持っていて、そのものを表すと [続きを読む]
  • 業界に革命を起こした男  Steve Jobs Ⅰ
  • Steve Jobs スティーブ・ジョブズⅠ著者 ウォルター・アイザックソン 訳者 井口耕二     講談社「学習漫画 スティーブ・ジョブズ」と「スティーブ・ジョブズ 神の遺言」に続いて、今回は本格的な伝記を紹介します。この本の作成は著者にスティーブ・ジョブズ氏本人から依頼され、2年にあまり50回以上のインタビューから書き起こされました。スティーブ・ジョブズ氏はプライベートは内緒、秘密のベールで包まれた方で [続きを読む]
  • 夢を叶える(過去の読書日記再録、ちょっと改稿)
  • 夢をかなえるゾウ(2011.5.28)著者  水野 敬也      飛鳥新社以前、テレビ番組のアニメコーナーでちらっと見たことがある『夢をかなえるゾウ』。(見たのは初回のみ)最近書店で3巻がズラッと並んでいるところを見て、ふと1巻から読んでみようと思いました。アニメコーナーの続きは気になったのに、放置して結局見れず仕舞いだったのが少し後悔だったのです。ゾウはインドの神様ガネーシャのこと。インドのお土産屋さん [続きを読む]
  • だれでも変われる
  • まんがで身につくアドラー 明日を変える心理学(2014.12.22)著者 鈴木義也  まんが 緒方京子   あさ出版人生には勝者と敗者がいる。だから負けてはいけない!あの人には負けたくない!!私は高校生のときにこの思いに翻弄されました。まわりの人は友達だけど成績の競争に参加しているライバルなんだと。これは優越感を感じたい表れだそうです。でも、勝負は絶対につきません。人と比較しだしたら終わりなんか無いのです。 [続きを読む]
  • 子どもと名画 みんなが知りたい「世界の名画」がわかる本
  • みんなが知りたい「世界の名画」がわかる本著者 レブン  メイツ出版株式会社あの名画がいくつも表紙に配置されていて、インパクトが強いです。皆さんは美術館に行かれますか?美術館では小学生から入場できるところがほとんどです。(最近ではイベントでワークショップを開催 しているところもあるそうです。)世界の名画、日本の誇る名画に実際に目にする機会は少ないのです。私も、2人の子どもがまだ就学前の時、美術館に行 [続きを読む]
  • 哲学は人生論 「哲学の先生と人生の話をしよう」
  • 哲学の先生と人生の話をしよう (2013.11.30)著者 國分 功一郎  朝日新聞出版この本は著者の方が無料のメールマガジンの人生相談をまとめたものです。精神科医、心理学者、解説者の人生相談は新聞などでも目にしていますが哲学者の先生は相談者に何と応えるんだろうと興味を持ちました。まるで「嫌われる勇気」みたいなんじゃないかと思っていましたが、予想は外れました。さて、人生相談の内容とは??↓↓ [続きを読む]
  • 嫌われる勇気 過去の読書日記再録
  • 嫌われる勇気(2013.12.12)著者 岸見一郎 古賀史健           ダイヤモンド社『自由とは他者から嫌われること』本の帯のこの一言が目に入り、人から嫌われることがとても怖い私には衝撃をうけました。自由とは何だろう??と思った私はこの本を貪るように読み出したのです。話は哲学者であり、アドラー心理学に精通する「哲人」と悩み多き青年の会話形式で展開します。読みやすいです。青年は、自分の理論で哲人を論 [続きを読む]
  • 本物の上司、本物の部下 「仕事は楽しいかね2」 過去の読書日記再録
  • 仕事は楽しいかね?2(2002.7.26)著者 デイル・ドーテン 翻訳 野津智子    きこ書房あなたは”ほんもの”の上司に出会ったことがありますか?(私は無い。 ”ほんもの”の部下ではないから)以前書いた、「仕事は楽しいかね?」(別窓開きます。)は仕事と向き合う本人について書かれたものですが、この二作目は、上司と部下との関係に重点が置かれています。一作目で仕事に向き合う姿勢を変えた主人公は出世して部下を持 [続きを読む]
  • 人生を自分でコントロールする
  • リッチウーマン(2007.7.10)著者 キム・キヨサキ 訳者 白根美保子   筑摩書房人からああしろこうしろと言われるのは大嫌い!という女性のための投資法サブタイトルをみて、キム・キヨサキさんって強い女性だなぁ・・・と感じました。このキム・キヨサキさんは『金持ち父さん 貧乏父さん』を書いたロバート・キヨサキ氏の奥様です。金持ち父さんシリーズを読むと奥様がちょいちょい出ては来るのですが、奥様だけに焦点を絞 [続きを読む]
  • 人を動かす 「まんがでわかる 7つの習慣 4」
  • まんがでわかる7つの習慣4(2015.1.29)監修 フランクリン・コヴィー・ジャパン  まんが 小山鹿梨子 株式会社 宝島社ついに、歩ちゃん自分の店を持つ!!の本になります。自分のお父さんがバーテンダーで、バーを持っていましたが、亡くなった後は母がカフェをしているという思い出のお店の復活を夢見ていた歩ちゃん。その夢は自分がどういうバーテンダーになりたいのか          どういうお店にしたいのか   [続きを読む]
  • 成功の考え方 「まんがでわかる 7つの習慣3」
  • まんがでわかる7つの習慣3監修 フランクリン・コヴィー・ジャパン  まんが 小山鹿梨子 株式会社 宝島社歩ちゃん第三巻です!1巻が7つの習慣の概要。 2巻がパラダイムと原則、第1の習慣と第2の習慣の解説。3巻は第3の習慣と第4の習慣、第5の習慣の解説となります。こうしてみると背景の人が増えていってますね。。。ラインナップとしてはchapter1 第3の習慣 最良の選択のために「ノー」という。chapter2 第3の [続きを読む]
  • 自分の生きる使命 「まんがでわかる7つの習慣2」
  • まんがでわかる7つの習慣2(2014.7.25)監修 フランクリン・コーヴィー・ジャパン  漫画 小山鹿梨子   宝島社歩ちゃんシリーズ2巻目です。バーテンダーの修行、まだ続く。7つの習慣のうち、第1の習慣と第2の習慣を解説しています。ではラインナップです。Chapter1 パラダイムと原則①      人はパラダイムに縛られて世界を見ているChapter2 パラダイムと原則②      原則を軸に”自分を変える”ことを目 [続きを読む]
  • 成功を手にする 「まんがでわかる 7つの習慣」
  • まんがでわかる 7つの習慣(2013.10.25)監修 フランクリン・コーヴィー・ジャパン  漫画 小山鹿梨子あの有名著書7つの習慣(新しい窓が開きます。)を最初に知ったのがこの漫画、この漫画から火がついて「まんがでわかる・・・」シリーズやら「コミックでわかる・・・」シリーズを本屋にあるものを片っ端から読むようになりました。書店の方、毎度毎度ごめんなさい。でも、今回もちゃんと買ってますよー(^o^)/この漫画 [続きを読む]