racrea さん プロフィール

  •  
racreaさん: 住まいを楽しむ ココロおどるインテリア
ハンドル名racrea さん
ブログタイトル住まいを楽しむ ココロおどるインテリア
ブログURLhttp://www.racrea.com/blog/
サイト紹介文インテリアコーディネーター、一級建築士が伝える、住まいを楽しむインテリアや、収納をお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/01/26 15:42

racrea さんのブログ記事

  • アートバーゼル香港2017視察
  • アートバーゼルって? アートバーゼルとは 世界で有名なアートフェアの1つ。 アートバーゼルは、もともとはスイスの都市バーゼルで開催されていた、世界最大の現代アートフェアでした。 現在はスイスだけでなく、アメリカのマイアミ、香港で開催されています。 今回はアジアで開催される、アートバーゼル香港に行ってきました。 アートバーゼル香港は、34カ国 [続きを読む]
  • 子供と行くアートフェア 東京
  • 有楽町で開催されているアートフェア東京に小学校1年の子どもと一緒に行ってきました。 美術館やアートを見るというハードルが高く感じるかもしれません。 これからの時代さらに「美」というものは大事だなと感じます。 なので、少しでも触れる機会を増やしたいと思っています。 子どもが興味をもつ作品の多々ありました。親としては、 [続きを読む]
  • ベッドのサイズと搬入
  • 搬入できるか? ベッドのサイズを決めるとき、「そのベッドを部屋まで運べるか?」という検討が必要です。特に賃貸の場合は、注意する必要があります。 廊下の幅、階段の幅が狭いことがあるからです。 今回はダブルサイズのベッドでした。それでも廊下、階段を通すことができなかったので、ベランダからの搬入になりました。 最近のベッドは、フレーム [続きを読む]
  • アートのある住まい 賃貸マンション
  • 先日のパークホテルのアートフェアで購入した作品を飾りました。 馬見塚喜康さんの「こもりみち7」 白い部分に光りを感じます。 この作品は、森の中で見えない空を見上げたときに見える風景です。 窓の無い廊下なので、ついついグリーンを置きたくなります。 でも、植物だと育たない環境なので、自然を感じるものを置くようにしています。床の間が [続きを読む]
  • SOHO アートのある暮らし
  • 横浜市都筑区 M様のSOHOオフィスです。 人が集まってミーティングをしたり、打合せをしたりと人をつなぐというお仕事をされているM様。 6人ぐらいで打合せできるテーブル、テレビ台、本棚+収納とデスク、ホワイトボードなどの小物も合わせて提案&納品させていただきました。 チェアは、来られた人がくつろいで話がはずむように、快適でやわらかな座り [続きを読む]
  • 影が美しい照明
  • 写真の照明は、先日のバーカウンターのあるお部屋(横浜市都筑区)に提案した照明器具です。お部屋のインテリアコーディネートのコンセプトは、『夜にリラックスするための部屋』お月さまのようにも見えるこの照明を、カタログで見つけて、「これ!」と思いご提案しました。 本当は、ショールームで実物が見られるといいのですが、展示がありませんでした。しか [続きを読む]
  • アートと暮らす M様邸(戸建て・賃貸のすまい)
  • 「箱根の●●ホテルのような空間にしたい」とお問い合わせがあった、横浜市都筑区のM様。お引っ越しの予定があり、ハイスピードでインテリアの打合せをしました。そして2月末に、無事納品が終わりました。 家具の納品後に、アートを取付けました。アートがある時と無いとき、お部屋が違って見えました。お客様「やっぱりアートがあると違うね〜」と言っていた [続きを読む]
  • セミナー開催報告 「アートのある暮らし」
  • 「こどもの能力を伸ばすアートのある暮らし」 横浜市の自宅での開催をしました。 このセミナー後、急に忙しくなったので、年明けの報告になってしまいました。自宅で開催するといいことは、実際に、賃貸で60平米のマンションでどんな風にアートを飾っているかを見てもらえる事です。 私の自宅の様子を見て、これなら出来そうと思ってもらえることです。 [続きを読む]
  • アートガイドご感想 パークホテル2017
  • パークホテルアートフェアのガイドの感想をいただきました。 アートフェアは、気軽にアートを楽しめるイベントです。 住まいに飾るアートを探すのは、パークホテルのアートフェアがおすすめ。いろいろなギャラリーの作品を見比べることができます。 個々にギャラリーに足を踏み入れるのはちょっと勇気が要りますが、今回のアートフェアのように集ま [続きを読む]
  • 【アートガイド】ART FAIR TOKYO 2017
  • 【アートガイド】ART FAIRTOKYO 2017(有楽町) 日本最大級のアートフェア「ART FAIR TOKYO 2017」が開催されます。 アートフェア東京は、古美術・工芸から、日本画・近代美術・現代アートまで、幅広い作品のアートが展示されるフェアです。 アートフェアって何? アートフェアでは、展示されているアート作品その場で購入できます。 価格 [続きを読む]
  • 廊下をギャラリーに
  • 廊下をギャラリーのように、たくさんの作品や写真を飾ってみてはどうでしょうか? 廊下は比較的飾りやすい場所です。 先日、「アートを飾る壁がないんです」という方がいらっしゃいましたが、 「廊下は?」と聞いてみると、「廊下なら飾れる壁があります。」と言われていました。 今廊下には、4つ飾っています。 家族の写真、こどもの写真( [続きを読む]
  • クラシックスタイルの家具
  • 先日「クラシックスタイルのデスクを探したい」 とご要望をいただきました。 クラッシックなものも、バロック、ロココ調、クイーンアン、ジョージアン、コロニアル、シェーカー、リージェンシー、ビクトリアン、アールヌーボ・・・様々なスタイルがあります。 お客様の希望を伺うと、どうやらバロックやロココ調が気になられているようでした。猫足の曲線 [続きを読む]
  • アボリジニアート
  • アボリジニアートと歴史 内田真弓さんのアボリジニアートのセミナーに行ってきました。 内田さんは、アボリジニアートと偶然出会い、そしてその魅力にとりつかれ、砂漠のアボリジニの村に通い、アボリジニの方々とたくさんの時間を共有し、面白い作品を発掘している方です。 まずお話してくれたのは、アボリジニの歴史。オーストラリアの先住民のアボリジ [続きを読む]
  • アートと色
  • アートと色の効果 先日、銀座で浜田澄子さんの個展にいってきました。 「水の歴」というタイトルで開催された個展は、日本の色を使い、和紙をコラージュした作品が展示されていました。 写真の赤の作品は、日本の紅葉を連想させる色合いです。 アーティストの浜田さんも会場にいらっしゃって、お話をすることができました。個展に来られる方は、この赤色の [続きを読む]
  • 12月22日 アートガイド
  • ジ・アートフェア+プリュスーウルトラ アートライフスタイリストが、アートを探すお手伝いをします。 今回は、表参道のスパイラルガーデンで開催される ジ・アートフェア +プリュスーウルトラ2016 the art fair +plus-ultra 2016に同行し、アートガイドをします。 各設定時間で1組をご案内しますので、じっくりご覧いただけます。 (写 [続きを読む]
  • 12月20日 アートガイド
  • ジ・アートフェア+プリュスーウルトラ アートライフスタイリストが、アートを探すお手伝いをします。 今回は、表参道のスパイラルガーデンで開催される ジ・アートフェア +プリュスーウルトラ2016 the art fair +plus-ultra 2016に同行し、アートガイドをします。 各設定時間で1組をご案内しますので、じっくりご覧いただけます。 ( [続きを読む]
  • 11月1日アートライフセミナー開催しました
  • 東銀座にて開催 「こどもの能力をのばす アートのある暮らし」セミナーを 歌舞伎座が窓の外に見えるとても素敵な場所で開催しました。 秋田からお越しいただいた方に来て頂いたので、少し緊張しました。 でも、お子様をもっている親の気持ちはみな同じ。お子様との関わりやアートを暮らしに生かすことをお伝えしました。 [続きを読む]
  • 訪問アドバイスのときの持ち物
  • 訪問アドバイス 最近訪問アドバイスで、お客様のご自宅に伺うことが増えてきました。ご相談内容は、インテリアや収納、お片付け、設計など、さまざまです。 打合せの前に、おおまかなお悩みを伺い、それに合わせてカタログやサンプルなどを用意します。 でもいろいろお話が広がることもあるので、いろいろ想定して準備をします。 その時に欠かせないのは、キ [続きを読む]
  • アトリエ山荘見学レポート
  • 吉村順三の脇田和のアトリエ山荘 旧軽軽井沢に建つ脇田美術館に隣接する、アトリエ山荘を見学してきました。アトリエ山荘は、1,970年に脇田和の友人である吉村順三の設計により建てられた、日本のモダニズム建築として知られる別荘住宅です。 建物内部 約100人ぐらいの人が集まっ [続きを読む]
  • いつでも結果をだすために
  • 「いつでもどこでも結果を出せる 自己マネージメント術」 ジョスリン・K・グライ編、を読みました。 余談ですが、テニススクールに通っています。 コーチに、プロの選手は、サーブのとき、ルーティーンを決めていつも同パフォーマンスができるようにしていると教えてもらいました。 ボールをぽんぽんと地面当てて感触を取り戻したり・・・などです。 [続きを読む]
  • こどもにこれから求められる能力
  • 私は教育者ではありませんが、1人の親として、こどもがこれからどんな能力を身につけていくのが良いか。そして、私は、こどもにどう接することがいいのか?ということを考えます。 「これからの時代に求められる資質・能力について」平成26年度文部科学省の白書にまとめれていました。キーワードは グローバル化 コンピューター です。 [続きを読む]