NPO法人・地域福祉協会 さん プロフィール

  •  
NPO法人・地域福祉協会さん: NPO法人・地域福祉協会
ハンドル名NPO法人・地域福祉協会 さん
ブログタイトルNPO法人・地域福祉協会
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/societyofphilosophy
サイト紹介文政府・自治体・民間の経営支援事業
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/01/28 16:07

NPO法人・地域福祉協会 さんのブログ記事

  • 竹林整備に関する重要な知見。
  • 先般の県事業においてはるばる滋賀県彦根市から内村博士をお迎えしました。感謝であります。そしていろいろなお話をお聞きした結果重大なる知見を得ました。すなわちモウソウチクは5世紀頃既に日本に生えており江戸期に島津家が持ち込んだ有害な外来生物であるという一般的な説を批判的に語られました。これは本会事業の内容と戦略の変更を迫る重大な知見であり有害外来生物指定を喧伝していた私説をもひっくりかえすものです。確 [続きを読む]
  • 平成28年度魚津市公園里親事業等の予定。
  • 1.魚津市公園里親事業日時:2017年3月25日(土) 場所:魚津市役所前公園・電鉄魚津駅前公園・大光寺ロードパーク・大町海岸公園・経田海浜公園内容:トイレ清掃・ごみ拾い2.富山県リバーボランティア(県新川土木センター)日時:同上場所:魚津市県河川(大座川・角川)内容:ごみ拾い3.国土交通省ボランティアサポートプログラム他日時:同上内容:魚津市国道8号線のごみ拾い(国土交通省富山河川国道事務所・黒部国道 [続きを読む]
  • 平成28年度NPOと企業との協働推進事業の報告。
  • 日時:2017年3月21日(火)場所:YKKセンターパーク内YKK 50ビル・ふるさとの森(黒部市吉田200)内容:YKKの経営理念、ふるさとの森づくりの経緯、ふるさとの森に生息する希少な動植物等の講座及びふるさとの森視察。講師:YKK株式会社環境・安全衛生グループ環境担当:村重誠吾さん☆感想村重さんに貴重なお話をして頂きました。初めて拝聴するお話ばかりであり感動しました。本会から4名、地元上野方校下から1人、稗苗県議の秘 [続きを読む]
  • 皆様へ渾身の思いを述べるの巻。
  • 最近卒業したものは過度の思い煩いであります。花咲く旅路プロジェクトも諸般の事情により実施困難な状況から奇跡的に実現できそうです。いうまでもなく参加者は増えそうにありませんがもう泰然自若としているしかありません。やはり本会は地味で小規模な感じで良いと悟りました。さまざまな活動や事業をなされている人へ最も伝えたいことはぼくのようなだらおんじゃでもあるいはしょぼくれNPOでも何らかの社会貢献が出来るという [続きを読む]
  • 花咲く旅路プロジェクトのお知らせ。
  • 1.植栽日時:2017年3月20日(祝・春分の日) 10:00〜12:00場所:国道8号線花壇(魚津市本江3311)魚津市総合体育館前内容:富山県の森の植生と山野草のお話。植栽。講師:内村悦三先生(農学博士)NPO法人地域福祉協会理事・元富山県中央植物園長補助:富山県男女参画・県民協働課さまのNPO未来創生県民協働事業 助成:イオングループ幸せの黄色いレシートキャンペーン2.「YKKふるさとの森づくりを学ぶ」吉田忠雄社長(創 [続きを読む]
  • 平成28年度花咲く旅路プロジェクト の進捗。
  • 日時:2017年3月11日(土)13:00〜14:00場所:国道8号線花壇(魚津市本江3311) ボランティアサポートプログラム実施個所内容:スイセン・シランの植栽。竹チップの散布。参加:5名。飲み物・お菓子のプレゼント(稗苗清吉県議)。感想と今後の予定:開木の里山を守る会の三浦さんと白尾さんが来られたので、大変うれしかったです。稗苗先生におかれましては従前より本会の稚拙でありつつも崇高なる志をご理解頂き深く [続きを読む]
  • 右翼的な潮流について。
  • 世界的に右翼的な思潮が勃興している。言うまでもなく謬説であり稚拙な近代思想の諸相に過ぎない。わたくしの個人的な政治説は反動保守や超保守であるとされるがそれは当らない。むしろ近代を否む普遍主義であり歴史主義の貧困と抑圧の体系から解放されている。近代の国民国家と絶対君主を神と聖権の上位に据えるあらゆる営為は過ちである。したがって日本なる漠然たる概念や民族なる相対的な属性あるいは国粋主義アーリア人の優位 [続きを読む]
  • 少食実験の進捗。
  • 先月から本格的に少食生活に入りました。山田鷹夫氏の如き不食的な微食、間食的な食生活で十分であることが判明しました。腸の癒着や閉塞のような感じも少しずつ改善してきました。2月は主ににんじんを主食にしていました。よって今月は果物を主食にしてみようと思います。週に1日か2日は果物ジュースやヨーグルトなどの液体食にすればよいと思います。いずれにしましても沖正弘氏や甲田光雄氏の志が自らに顕現し継承されていく [続きを読む]
  • 3月の予定。
  • 1.平成28年度花咲く旅路プロジェクト3月11日(土曜) 13:00〜14:00内容:ごみ拾い・植栽3月20日(春分の日・月曜) 10:00〜12:00講師:内村悦三先生(富山県中央植物園顧問・NPO法人地域福祉協会理事)内容:植栽及び山野草と森のお話場所:魚津市本江地内:国道8号線花壇(魚津市総合体育館前) ☆平成28年度NPO未来創生県民協働事業(富山県男女参画県民協働課)2.NPOと企業との協働推進事 [続きを読む]
  • 2 月の主な活動と3月の予定。
  • 1.清掃事業・NPO法人ぴーなっつ様の清掃(第一及び第三土曜日) 担当:高橋。・魚津市公園里親(魚津市役所前公園・電鉄魚津駅前公園・大光寺ロードパーク・大町海岸公園・経田海浜公園):トイレ清掃・ごみ拾い。 第2土曜日だけであったが、汚れやごみが多いので第4土曜日も実施することにした(25日)。 参加延べ4名。2.森林事業・国土交通省ボランティアサポートプログラム:魚津市本江地内国道8号線花壇の植栽(シラ [続きを読む]
  • 少食・少塩健康法の検証。
  • 西式健康法甲田光雄氏の断食少食療法ヨガの浄化法といった様々な健康法が喧伝されてきた。おそらく榎木さんの如く断食や少食をいつか実施したいと考えている人は多いだろう。かくゆう私もその一人である。先般の水行(滝行)によって冷水浴の健康に著効あるを豁然大悟した。と同時に少食療法も実施できるのではないかという天来の閃きを得た。そして2月から本格的に少食生活に突入した。そもそも健康になりたい願望と極貧のため食 [続きを読む]
  • 平成28年度 花咲く旅路プロジェクト の進捗。
  • 日時:2017年2月11日(土)建国記念日場所:魚津市都市公園5箇所(魚津市役所前公園、電鉄魚津駅前公園、大光寺ロードパーク、大町海岸公園、経田海浜公園)及び   国道8号線花壇(魚津市本江地内)事業概念:魚津市公園里親、国土交通省ボランティアサポートプログラム。内容:トイレ清掃、植栽(日露友好のシラー・シビリカ《シベリカと間違えていました》、日本スイセン、原種チューリップ、100株位)。参加:2名感想と今 [続きを読む]
  • 川田稔著「柳田国男 ―知と社会構想の全貌」ちくま新書刊を読んで
  • 私はこの本によりハンディの始源と意義についてある種の豁然大悟を得た。柳田国男氏はフレイザーの「金枝篇」の影響を受け次のような仮説に至ったらしい。「神祭において神が憑依しその意志を伝えるべく定められた者は、ふつうの人と区別するために、聖なる役割をもつものとして片目をつぶされた。」273頁「日本では、ひろく各地に一目小僧をはじめ様々な片目の妖怪に関する伝承が分布している。柳田によればそれは、一つ目を特徴 [続きを読む]
  • 食事療法に関する研究テーマ。
  • 私は旧来から栄養学に関するいくつかの重要な研究テーマがある。それについて列挙し皆さまの研究に資することにする。まずグレイシーダイエットの有効性。糖質制限食の程度問題(厳密な方法から緩やかな方法まで)。ナトリウムとカリウムのバランスすなわち無塩食や減塩食の有効性。こういった点である。今現在ではやはり減塩食を追求するのがとくに現代日本の食生活では重要な気がする。すなわちラーメンや汁もの加工食品は相対的 [続きを読む]
  • 自然医学探求の方途。
  • 今般の温冷浴体験ツアーにあたり沖正弘著「ヨガ入門」光文社(昭和46年初版)を再読した。沖氏は記念すべきヨガ入門の日について次のように述べている。「シェンクの声がして、「三時半だ、水浴に行こう。」と言う。十二月の朝夕はインドでも寒く、山麓の早暁は東京の冬ほどの冷え方だ。「ぼくは、神経痛だから、水浴は遠慮するよ。」と断った。すると、「やると決まってることを一つでもしりごみすると、他のこともやりたくなくな [続きを読む]