荘 さん プロフィール

  •  
荘さん: ドイチュ君と私
ハンドル名荘 さん
ブログタイトルドイチュ君と私
ブログURLhttp://deutschkuntowatashi.blogspot.jp/
サイト紹介文ドイツ人との交流・ドイツ語学習を通して面白いなーと思ったことなどをつづるゆったり絵日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2015/01/28 16:31

荘 さんのブログ記事

  • 誇りに思う
  • 誇りに思うって相当なことをしないと日本語では聞かないと私は認識しているんですが、ドイツ語だと親しい人ががんばったことや自信になった経験を話した時などに比較的普通に言うフレーズのようです。彼の家だけかもしれませんが・・・。なかなか相手を褒める際に誇る、という概念まで気持ちを持っていけないのですが、彼が悲しそうだったのでそうか〜ごめんね。となりました。 [続きを読む]
  • よいしょー!
  • 私としては使う場面にかなり違和感があるのでよっしゃーに軌道修正してほしいです。よいしょおー!!(ガッツポーズ)・・・どちらかというと間違いはなるべく正したい性格なんで毎回用途が違う旨を言ってしまいます。。 [続きを読む]
  • 小数点とカンマ
  • 小数点、日本だと「0.01」とかですがドイツでは「0,01」と表記するんです。桁が多いときの1,000円みたいなときもドイツでは1.000になります。これエクセルとかドイツのキーボードだと表記がカンマになっているんですが、日本のもので見るとピリオドになっていて混乱した思い出があります。 [続きを読む]
  • ドイツの包丁
  • 私が見たのは彼の家族と数人の友達のところなので日本での普通サイズの包丁を使う家庭も多いのかもですが・・・ドイツでは日本ほど料理が文化として根付いてない感じなので、場所取るし汚さないように全部小さいのかなと思いました。しかし切りにくかったです。 [続きを読む]
  • 英語はつらいよ
  • 必ずドイツ語が先に出てくるので、それを一つずつ大慌てで直訳します。結果全く同じ言い回しがない場合は変な英語になります。そしてとっさに英語の単語が出てこないこともしょっちゅうなのでフリーズします。「Was heißt nochmal "leider" auf Englisch...!?(leiderって英語でなんだ・・・?!)」など必死に考えますので疲れますし冷や汗出ます。英語だけの回路が脳にできればいいんですけども、もう英語に関してはかなりの期 [続きを読む]
  • Angst vor Viren
  • 日本語版→Auf JapanischDie Magie der Zahlen ist so ein Effekt, durch den man Sachen irgendwie wirklich mehr/weniger findet.In
    diesem Fall meinte ich... als ich nicht die Zahl(%) wusste, hatte ich sehr große Angst aber nachdem ich darüber gewusst habe, b
    ekomme ich einigermaßen weniger davon.日本語版→Auf Japanisch [続きを読む]
  • ドイツの再放送
  • 金曜ロードショーみたいな感じでやった映画が次の日の朝9時からとかやってたりして結構びっくりしました。ちなみにロードオブザリングは近年ドイツの年末(クリスマス前後〜)番組の定番だそうです。毎年全作流すらしいです。彼もDVD持ってるのにテレビでやってると見たがります。日本で言うジブリ的なポジションでしょうか・・。 [続きを読む]
  • ドイツレストランでの飲み物
  • これ昨日初めて聞いたんですけど・・・※彼曰くドイツ全土でそうかは知らないとのことです。補足すると、ドイツのレストランでは日本のように水とかお手ふきなどは出てきません。そして基本的には入ってすぐ飲み物だけをオーダーし、食べ物はそのあと頼む流れです。私は飲み物は食後に少しだけ取るタイプで、1回の食事で200mlも飲めないですし必要ないのでいつも注文していませんでした。というか飲み物が必要かどうかは人それぞれ [続きを読む]
  • 日本のゲーム?
  • ドイツでまた誤った認識が広まってしまう・・・!と思いました。というか和歌とか短歌を「詩」と言われるとものすごく違和感があります。いや大きいカテゴリー的に詩といえば詩ですけども・・。あとドイツでも大みそかカウントダウンライブってやるんだなーと見てて思いました。 [続きを読む]
  • 病院付き添いの家族
  • 私はわざわざ付き添いでその家族のために行った病院であれば、(自分の子供であればなおさら)一緒にお医者さんから説明を受けるものだと思い込んでましたが、これ欧州では違うみたいです。というかドイツとかイギリスとか、一旦子供が18とか20とかだいたい大人〜ってなれば本当ノータッチいうか、「独立した一人の人間で他人だし、彼はもう一人で良し悪しの判断ができるから」って感じが強い気がします。例>たばこ・ピアス・ [続きを読む]
  • オリエンタル顔
  • 私はドイツで2回とかかな・・・?言われたことがあるんですが、聞いてみるとドイツ留学されてた日本の女性で言われたことがある人が結構いたので、割とあるあるかなと思いました。うーんそうね〜欧州の人からしたらすべて同じオリエンタルな顔だよね〜。 [続きを読む]
  • 独曲紹介35:tereoact feat. Kerstin Ott 「Die Immer Lacht」
  • 今日のドイツ語曲はtereoact feat. Kerstin Ottの「Die Immer Lacht」という歌です。Kerstin Ottが女性で35歳というのをwikiで最近知ってちょっとびっくりしました。Kerstinってめっちゃ女性の名前ですが、曲だけ聞いて歌手名あんまり見てなかったもので・・・。【歌詞抜粋】”Die... ist die eine die immer lachtdie immer lachtdie immer lachtdie immer lachtohhh die immer lachtund nur Sie weiß es ist nicht wie es sch [続きを読む]
  • セルフレジ
  • 絶対無理・・・って言ってたのでそっか・・と思いました。日本にいるとわからないですけど、一旦長く日本から離れると日本の治安の良さが痛いほどわかります。理解と言うより実感します。 [続きを読む]
  • 指の話②
  • ↑って前の記事の話をしたら彼に言われたんですけど、なんでしょうねこの脱力感は。ドイツ語だと正式には8本の普通の指+親指って感じなんでしょうな。単語も親指だけFinger(フィンガー)ではなくDaumen(ダウメン)です。 [続きを読む]
  • 指の話①
  • 間違って出していたという恥ずかしさを払しょくするための力技だと思いますが、すごい屁理屈だな・・・と思いました。 [続きを読む]
  • 便利なPassiert
  • でもその会話ではドイツ語使えなかったのでうまいことあんまり表現できませんでした。そういうことは起こるよ・・・とかどうしようもない直訳感。そういうことってあるよ!だとなんかうまいことフォローしきれてないというか。いやあるか知らないでしょ・・っていうかあるの?みたいな。うーん。passierenは「起こる・生じる」という動詞で、Sowasは「そういうこと」です。ここでの意味的には「そういうことはどんなに頑張っても起 [続きを読む]
  • 独曲紹介34:Oonagh 「Aulë und Yavanna」
  • 今日のドイツ語曲はOonaghの「Aulë und Yavanna」です。この曲は中世っぽい・民族っぽい・ドイツ語の曲をお探しの方にはぴったりかと思います。Oonaghはたくさん同じ雰囲気の歌を出してますので、気に入ったら色々聞いてみるといいかもしれません。【歌詞抜粋】Yé art‘ Aulë lé Yavanna-a yé art‘ AulëYé art‘ Aulë lé Yavanna laitammel laitammelYé art‘ Aulë lé Yavanna-a yé art‘ AulëYé art‘ Aulë lé [続きを読む]
  • ドイツっぽいジョーク
  • ああー絶対日本ではしない(言わない)やつ〜〜って思ってしまいました。イギリスやドイツで主流のブラックジョーク系、面白いかと言われたら特に私は笑えないですけども、「わードイツ(イギリス)っぽい笑」となります。と言いますか言語と文化背景の壁がありますので、むしろ言ってる皮肉の内容がわかることにある程度喜びがありますね。でもそれで終わりで、笑うまでいかないことの方が多いです。 [続きを読む]
  • クイズショー②
  • ※私がいた時期は・・・ということで>ほとんど毎日放送でも再放送を含めたら毎日やってるんじゃないでしょうか。日本も最近クレームが来ないようにかわかりませんけど、衝撃映像・動物関係・クイズ番組が増えたな〜と感じます。ドイツの人割ときっちりしていて、教えたがりと言いますか「間違いを正したい!」という性格の方が多いように感じられますので、多分クイズ好きなんでしょうね。非常にどうでもいいですが私は去年の末の [続きを読む]
  • クイズショー
  • 年末にドイツで見たクイズショーの話です。※500ユーロは現在のレートで約61,300円です。この後、芸能人チームの人が最後に寄付する団体名を叫んで終わってました。(「1000ユーロを○○子供支援団体に!」「4000ユーロを△△プロジェクト推進委員会に!」など)日本にもクイズ番組はたくさんありますが、たくさん賞金をもらえる形式のものはミリオネア以降少ない気がします。個人的にはそういうの日本でもやればいいのにな〜と思 [続きを読む]