櫻井頼朋 さん プロフィール

  •  
櫻井頼朋さん: よりともの算数
ハンドル名櫻井頼朋 さん
ブログタイトルよりともの算数
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/skjbkt54
サイト紹介文算数の面白さと、算数指導、中学受験指導や身の回りの事等を話題にした、徒然なるよりともの独り言
自由文横浜で中学受験の算数指導をしています。小学生の発想の豊かさに毎日が驚きの連続です。「算数の面白さ」「算数と数学の違い」「小学生には方程式は時期尚早」「教えすぎは逆効果」などをテーマを中心に、身の回りの出来事なども勝手気ままに掲載してます。著書「コツブックシリーズ」3冊、「ヒラメいた!」シリーズ2冊があります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/01/29 12:38

櫻井頼朋 さんのブログ記事

  • 文科省に問い合わせをした
  • 渦中の官庁ですが、例の審議とは別件で2つの疑問について文科省に電話で問い合わせをしました。そのことについて掲載します。公立中高一貫校の設置数の推移について文科省のHPで調べてみると次のグラフが掲載されています。中高一貫校は文部科学省のもとで平成11年度から「中等教育」「併設型」「連携型」の3つのタイプに区分されその設置数の年度ごとの推移を表したものです。「高等学校教育の改革に関する推進状況について [続きを読む]
  • 人は石垣
  • いとこの集まりが3年ぶりに復活した。ところは金沢。叔父が野々市にいるのでそこが集合場所。今回で6回目かな? 以前訪れた時金沢城はただただ広いというイメージしかなかった。が、今回はブラタモのお陰で予備知識があり、石垣中心に結構散策できて満足しました。前田利家の入城後、本格的な石垣づくりが始まった金沢城は「石垣の博物館」と言われています。というのも、金沢城は出入口や庭園といった場所に応じて、特殊な技術 [続きを読む]
  • 今日は横浜開港記念日
  •  本日6月2日は横浜港が開港した日で今年158周年を迎えます。当時小さな漁村だった横浜は、海外の窓口として国内外から技術・文化・人が集まるようになり、港を中心として発展を続け、現在の大都市横浜が築かれました。本日と明日の2日間は開港記念祭が開催され、公立の小中学校はお休みです。3日土曜日の夜はお祭りのフィナーレを飾る花火(6000発を予定)があり、レーザー光線演出の派手な大会です。興味のある方はYOU [続きを読む]
  • Z会エクタス渋谷校誕生
  • 6月1日渋谷宮益坂に新教室の誕生。講師紹介の原稿を公開します。「先生!ちがう解き方でやったよ!」「このやり方でいいの?」等々小学生の発想の豊かさにはいつも感心させられます。また逆に、「こういう解き方もあるよ!」と違う視点からの解法を紹介すると「なるほど、そうか!」「これいいねー、おもしろい!」と従順に反応してくれます。この子どもたちとの発想のキャッチボールの瞬間が授業において相乗効果を生みます。私の [続きを読む]
  • 森林浴
  •  今日は暑い1日でしたね。田舎島根の津和野では35°を超えたと先ほどのニュースで知りました。森鴎外は津和野出身です。よく津和野は山口県だと思っている方が多くいらっしゃいますが、津和野が山口県の萩とセットで観光案内されているせいでしょうか?どうでもいいことをつらつら書き留めております。今日は暑い日でしたが、今の季節はとても過ごしやすく緑がまぶしいほどですね。久しぶりに近くの遊歩道で森林浴を楽しみまし [続きを読む]
  • 当時私は「サムソン」と呼ばれていた
  • 昨夜は東京の祖師ヶ谷大蔵で卒業生7人と楽しい時間を過ごした。7年前ブログを始めた頃に投稿した「サクラ咲く」の主人公の声掛けで集まった。そのうち5人は卒業してから会っていなかったので15年ぶりになる。当時私はその代の生徒から「サムソン」と呼ばれていた。名付け親の生徒も15年ぶりに会った生徒のうちの1人で、櫻井のサから始まる当時のアニメのキャラから付けたそうだ。「サムソン、変わらないですねー」「みん [続きを読む]
  • PCと戯れる
  • 一昨日からPCがやたら重くて作問、テキスト作成、ブログ関係すべてがストップしていました。本日時間が取れたのでスマフォを片手にいろいろ試みることにしました。まずタスクバーから状態を調べてみるとディスク使用率がなんと100%の赤表示。この状態からの解決法を何通りかやってみる。バイト数の多いプログラムを削除、ピュアネットワークを無効。等々・・・・・・素人が下手なことすると取り返しがつかなくなるのを覚悟の [続きを読む]
  • 目に青葉・・・連休終了!
  • 暑かった連休も終わり、今日と明日はゼミの授業です。北海道は雄大でとても気に入りました。札幌の街並みや道路、地下道、近くの公園、観光地の待合場所すべてスペースに余裕があります。 撮った写真を思い出しながら掲載します。モエレ沼公園です。もともとは石狩川の支流の三日月湖を人工的に公園にしたものです。天気も良く芝生の緑がとても爽快でした。また訪れたい場所の一つです。 [続きを読む]
  • 8×7+17=73
  • 「ブログの更新がしばらくないが、元気かいなー?」田舎の親友から電話あり。言い訳です。この間ブログ原稿は2つ書いてはいたのですが、いずれも満足いく内容ではないために投稿に踏み切れずにいました。書き直してからと思いつつ、書き直せずに今に至りました。毎日投稿していた頃の自分が信じられず、退化したのか、いや老化なのでしょう。そんな状況下ですが無理せずに書き続けます。さて今回は考えさせられる課題を取り上げま [続きを読む]
  • オペラ石見銀山
  • 島根県の石見銀山が世界遺産に登録されて今年で10周年を迎えます。地元大田市ではこれを記念して多彩な催し物が企画されています。その1つにオぺラ石見銀山があります。このオペラは舞台で披露されるのは石見神楽なのです。厳かなる神楽そのものだけでも都市部では珍しいものですが、それをオペラ化するという発想に驚きます。先日加入しているリメンバー島根事務局の定期便にてその企画のPVが配信されたので興味のある方は [続きを読む]
  • 年度の大きな節目
  •  桜が満開にならないうちにプロ野球が開幕、TVの番組や各種コーナーも来週から続々新スタート。新年度の始まりを迎えました。塾では2月から新年度に変わっており新学年での春期講習最中、4月は格別にどうっていうことはないのですが、人事の異動は5月連休明けからとなります。私も連休明けからオープンする新教室の授業を担当します。新しい出会いがまたあります。まだ1か月以上先ですがとても楽しみにしています。出会いもあ [続きを読む]
  • 中2の時のノート 相撲その3
  • 帰省して荷物整理をしていたら古いノートを発見。表紙にはとても丁寧な文字で「国語 大田一中 2年3組10番 桜井頼朋」と書かれてある。当時国語が大の苦手でその時の国語という科目に対する深妙な気持ちが思い出され、45年前のことが蘇ってくる。タイミング良く私はこの後その2年3組の同窓会にでかけます。まさにタイムスリップ。その匂いのするノートをペラペラとめくってみると、なんと「すもうの歴史」と題して4ページもの記載 [続きを読む]
  • あわただしい年度末
  • 島根では数日前に教諭異動が新聞にて発表されたようだ。島根県出身の大学の後輩の一人がある高校の校長として赴任するという連絡があった。そんな中、私は田舎の家のことで帰省する。今夜の深夜バスで明朝に到着。家を購入したいという方がいるらしい。幸いなことに春期講習の授業は後半の4月はじめで、今月末は授業の担当がない。天気予報によるとしばらく雨が続き、気温も上がらない。よって準備した着るものは完全に冬物。30 [続きを読む]
  • 今年の花粉症
  • 真っ赤で示す花粉の飛散量に恐怖を感じながら天気予報を見ています。つい先日まで今年は鼻水程度で収まるからそろそろ卒業かな? なんて思っていたらとんでもありません。目の周りが大変なことに。ガサガサで皮が削れて粉を吹いているような感じになっています。お風呂上りに手足につけるひび割れ対策のスキンクリームをつけましたが、ヒリヒリして余計に悪くなるような気がするので、明日はかかり付けの病院に行ってみようと思い [続きを読む]
  • 制限時間と仕切り線 相撲その2
  • 先日の大相撲では横綱の名勝負と題して大鵬・柏戸戦を放映していました。そこで気になったのが立ち合いです。2横綱とも手は付かないどころか蹲踞(そんきょ)もしないで突っ立ったままの立ち合いです。思い出せば昔は制限時間をいっぱい使わないで早く勝負する力士が多くいたように思います。今では「手をついて!」の行司の掛け声を耳にしますが、昔はこの言葉がけもほとんどなかったと思う。相撲の勝負は立ち合いで8割方決まる [続きを読む]
  • 相撲その1
  • 久しぶりに相撲中継を観ました。相変わらず面白い。小学生の頃からの相撲ファンでよく畳の上で相撲を取ったものです。当時は新聞紙の取り組み表を見て、それに結果を書き込みながらの観戦が自分の中での定番でした。大鵬が横綱でしたが、塩をまいた後にまわしにパンパンと2回音をたてる大豪のファンでした。相撲の見どころは勝負そのもの以上に、相撲全体の一連の流れとそれに付随する役割の人の姿と動きがとても面白いことです。 [続きを読む]
  • 「一人だと速く、一緒だと遠くに」 〜言葉から学ぶ22〜
  • NHK「激動の世界をゆく ヨーロッパを覆うポピュリズム/分断社会 立ち向かうオランダ」の中で、昔からオランダにある言葉として農業を営む男性が表題の言葉を紹介していました。大変意味深い言葉だと思い調べてみると、もともとアフリカのことわざ「速く行きたければ一人で行きなさい、遠くまで行きたければ一緒に行きなさい」がもとになっているようです。なるほど広大なアフリカではうなずけることわざですね。 番組ではポ [続きを読む]
  • 人と人とのふれあい
  • 先の休日はNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の地浜松に行ってきました。昨年の暮れに家族がガラポンの特賞を当て、なんと優雅な旅の機会を得ることができたのです。1泊2日で2日間ともに4.5時間のタクシー観光付きという何とも豪華な旅です。浜松と言えば「ヤマハ」「スズキ」「ローランド」「カワイ」をはじめとする大手企業を連想させる街です。日本史に疎い小生にとって今回の旅はそのイメージを一新させる出来事、いや事 [続きを読む]