Userone さん プロフィール

  •  
Useroneさん: 宇宙麻雀理論
ハンドル名Userone さん
ブログタイトル宇宙麻雀理論
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/spacemj
サイト紹介文麻雀であまり触れられてない事柄を中心に書きます。在り来たりな記事は基本、書きません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供244回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2015/01/31 13:08

Userone さんのブログ記事

  • 麻雀を一から始める為には
  • これだけ麻雀を熟知してくると、やってることななんて簡単に思えるが、一から網羅するにはやはり難しいゲームと思える。 誤解のないよう、もちろん以下は俺、個人の意見である。1、どういう麻雀、どういうルールで打つようにするかを思い浮かべながら打つ。私自身、何も考えない麻雀なんて打ったことがないので分からない部分もあるが、そんな麻雀だと絶対に迷いがちになるし、いい加減に気分で判断したり、良い戦績も残せないよう [続きを読む]
  • 蓋然性と可能性の違いの重要性とは?
  • ネットで調べたが回りくどくて分かりにくい説明も多かった。蓋然性・・・高い確率でそうなる場合にだけ遣う。可能性・・・高い、低い確率であれ、なることがある場合に遣う。シンプルにこれだけのニュアンスの違いが分かれば十分に思える。例、宝くじ一等に当たることは蓋然性はないが可能性はあるかもね。麻雀では、、、1、蓋然性は少なくても可能性はある。例、この牌を一牌切ることで先制立直に振り込む可能性はあっても、蓋然 [続きを読む]
  • 和了ヤメの基準
  • 基本的に麻雀は1位勝ち2位引き分けか少し勝ち3位負け4位負けとなる。もちろん素点も絡んでくるが基本的にこんな感じである。トップを少なく2着を多くして勝つ麻雀であれば、3着以下を取らない麻雀を打つ必要がある。まぁ、大抵の場合、いくら実力があっても、自分の思う通りになんてならないし、そう上手くはいかないことも多い。なので基本はトップをより多く獲ることが大事に思える。しかし、こんなことがあった。東家5000南家55 [続きを読む]
  • 注意が必要な四暗刻手代わり
  • 東1局 9巡目 東家ドラである。切りが多いだろうなと思ったが、案外そうでもなかったようである。切りでもそう悪くもないだろうが、ここから萬子をツモり四暗刻になったとしても振り聴になってしまうということである。ツモだとスッタンに受けられるが単騎待ちである。かの単騎待ちじゃ和了易くもないし、もうちょっと巡目が深くして出題すればよかったと思ってるが。そうなるとそのような待ちではより和了も厳しくなるだろう。 [続きを読む]
  • 実力で勝つ教訓
  • 1、自分なりのスタイルとルールを決める。断定できるような問題であれば別に越したことはないが、微妙でファジーな問題はスタイルやルールなしに判断できない。そのようなスタイル、ルールを守り続けることによって、効率化を計れるし、よりブレない結果が残るようにになる。2、現状に満足しない、一生学び続ける。高寿命時代であり、麻雀の技術の進歩は低空飛行かも知れないが、より勝ち、勝ち残る為には常に新しいセオリーを学ぶ [続きを読む]
  • こんな待ちあるのか?
  • が対面に一枚、が上家が下家に一枚ずつ切れている捨て牌。ここから、切り立直で対面から立直が入り、それを下家がポン。は上家対面の現物だが、下家には通ってない。南家 ドラ巡目は3段目の前半ツモは危険牌である。ここで何を切るか?完全撤退なら、100%通るか分からないがを切るかを切るかの選択肢もある。真っ直ぐいくならである。ここで私はを選択したのだが、1、の筋はまず通る。2、バッタ待ちはない。刺さるなら単騎待 [続きを読む]
  • 三色が好きな人間と得意な人間の違いとは?
  • 好きな割りに狙わない。好きな割りに不得意。好きな割りに見落とす。ということがよくある。よく好きな手役で三色が挙げられるが、三色が好きな人間で得意な人間はどのくらいいるだろうか?三色というのは基本的に1、4面子一雀頭という手牌構想だけでは、見落とすことがある。雀頭を面子にしたり、待ちも両面にばかりに拘らないようにしたり、柔軟な考えが大事に思える。2、今ある手牌だけ見て考えてはいけない、3手4手先くらい読 [続きを読む]
  • どの最終形でも対応できる想定
  • 東3 六順目 北家 点棒はほぼ平ら ドラが1枚ずつ切れている。あとは生牌。赤一枚ずつ入っている。索子を切るのであれば難しいが切りも良いように思える、ではダメということでもないだろうが、なぜかというと、引きでも引っ掛けになるからである。をチーされずらいということを考えるとの方が良いのかも知れないが。3〜7同士のシャボは大抵アガれないことが多いので注意が必要である。 [続きを読む]
  • ドラの雀頭が二つある時の選択肢
  • 東発 八順目くらいで西家だったと思う。第一印象としては中盤でドラを二つ使い切ることだけを考えて、切りである。中盤で、両方のドラを使い切る方が安全に手組みが出来るようにも思える。にくっつけば、そこそこ良い形にもなるし。ちょっと手狭になるが、別に普通の打牌に思える。しかし、既にドラ2あるし受けを考えて両面を犠牲にするというのも納得がいかない。切りも多かったようだが、引いたら切ることになるだろうし、多分 [続きを読む]
  • 麻雀の未来予測
  • 1、おそらく、あと十年か二十年くらいは低空飛行。2、ただし、それ以上経ったら何が起こるかは分からない。一つの大きな変化は技術革命、AI化が進むということ。それは麻雀も例外ではないように思える。運転、買い物、家の掃除などが自動化されるくらいなら、雀荘のシステムが自動化されたとしても、満更おかしいことではない。かなり先の話にはなるだろうけど。3、麻雀が非合法化されたり、より厳格な規制が入ることもない。ちょ [続きを読む]
  • 夢、空想を貶す人間の欠点とは?
  • そもそも人間の歴史というのは良い意味でも悪い意味でも空想から来ている。空想なくして昨今の繁栄も衰退もなかったであろう。そのような人間の欠点とは言うまでもなく、可能性を潰す可能性である。潰した方が良い可能性もあるだろう。しかし、潰さない方が良い可能性もある。前者なら良いが、後者であればもったいないことをしてるだけでなく、そもそも、未来というのは予測不可能、そういうことを過去の経験とか現実の出来事で分 [続きを読む]
  • このサイトに文句を言うのであれば、、、
  • 何か口だけの身の程の知らずの雑魚がいたので、これくらいの戦績は超えてからにしろよと。FAQは以下。同じ質問をしないように。Q1、弱い相手での戦績じゃ意味ない。なら、やってからいえよと。そもそも、何がどう意味がないのか分からない。Q2、インチキ。インチキとか言ってる時点で俺より弱いんじゃねえの?と。俺を批判できる程、強い身分ならむしろ貶すべきだろ。そもそも、俺はそんなこと一切やってない。つか、インチキし [続きを読む]
  • ダントツトップ目の押し引きと守備意識
  • その後の南一局の親、どうするか問題。勝負するか?抑えるか?こっちだって形もそんな悪くなく場に索子も安く、親跳ね確定の向聴である。それに巡目も少し残っている。勝負しないならそれはそれで良いが、抑えて何を切るかということも考える必要がある。私は、打しかないように思えたが、打もあるのかなと思えた。もちろん上家の対々を考えるとは少々、危ない牌である。それにこの巡目で、張ってる人間もいるのかも知れない。しか [続きを読む]
  • トップだけを意識しすぎないこととは?
  • どれくらいの点差がトップを諦めるポイントというのは正確には分からんけど、も下家にも通り易そうだし、降りた方が良いんじゃないかと思える。ダントツトップ目からの立直が入っており、2着以下は競ってるような状況である。その差42000差、まだ南場があるとは言え、ちょっとまくるのは難しいか。ツイてるトップ目には逆らってはいけないみたいな格言がある。これはおそらく、トップ目というのは大事に打つ傾向があり、無謀な立直 [続きを読む]
  • 形聴取りをどう考えるか?
  • 南一親 23000自分 40000西家 8000北家 27000上家対面ともに一副露、下家は国士気配一枚切れ、は2枚ずつ見えており、萬子も筒子も安い。上家からが出たのでチーするかどうか?は下家が国士だから危険、はまず通るのでここで形聴を取るかどうか?も現物であり、残り4順くらいある。ここでチーする理由とは?1、カンチャンを先に埋まらないと結局は平和にならない。いくら筒子が安いとは言え立直打つわけにはいかない。そんな役なし [続きを読む]
  • ドラ対子を叩き切るケース
  • 親 八順目 ドラツモ赤は入っている。何を切るかだが、、、ほとんどの人間が筒子か索子に手が掛かりそうである。赤が入ってることも考えると、も普通に思える。これならでもでもどちらでも対応できる。それか打も面白い。こちらでもでもでもどちらでも対応できるし、これなら萬子の伸びにも対応できる。と、誰にも思いつかないような打牌を打ち手はしたのだ。打である。ドラがだとまず、使い切ることを考えるだろう、それに断ヤオも [続きを読む]
  • 私って早打ちが合ってるのでは?
  • そもそも、早打ちが合ってるタイプって。・緻密な作業があまり得意ではない。・いい加減、面倒くさがり屋。・多少難しくても、即断できるタイプ。・一回一回大事に打つようなタイプではない。トータル勝負。全部、俺のことかも知れない。これまで雀鬼流や、早く打つことしか頭にない人間をこき下ろしてきた、、、それもそのはず、遅く打つ方が基本的により考えて打つことなるので、巧遅タイプの方が、拙速タイプよりも麻雀のレベル [続きを読む]
  • 仕方ないケースと仕方なくないケースを決めることとは?
  • それを決めるには、どのような麻雀を目指すのかということも大事であり、それを元に決める必要がある。あまりにもハードルを上げ過ぎて、身の丈に合わないようなことをしてたらやめたくなるし、ハードルを下げ過ぎても、成長が止まるだけである。私を例に挙げると、仕方ないケース:1、ケアレスミス切り間違え、見落とし、勘違いなど。2、難しい局面での結果的失敗それがどんな大きな小さなロスであろうと。3、自分が気付いてるミ [続きを読む]
  • メンホン立直の研究
  • 例えば、ドラで東家 十順目門混一気通貫の聴牌だ。これをどうするだろうか?生牌の場合、これはもう立直といきたい。ダマってても出るかどうが分からないし、手代わりも引きでバッタでも大して上がりやすくなってないので、皆無に等しい。親でも子でも一緒である。一枚切れの場合、これはダマでも良いが、立直も全然ある。スタイルによると思われる。2枚切れ以上の場合、これらは流石にダマか。抑えられるとキツイのと。あまりに [続きを読む]
  • こんなネット麻雀を作るかやると良い。
  • 私は無料よりも有料の方が良いように思っている。雑魚は自分の麻雀に金を賭けるなんてことは出来ないし、どうしても無料の方にいきがちだからである。ま、金持ちとかであっても雑魚はいるけども、その傾向が一層、強いことは間違いないように思える。だから有料に越したことはない。ただ、有料と言っても、自分の金を賭けるのか賭けないのかということで分かれる。金を賭けない場合、以下のようなポイント制をオススメしたい。1 [続きを読む]
  • 七対子ドラ2以上の研究
  • 1、1枚切れの字牌やノーチャンスやワンチャンスの単騎なら立直みたいなセオリー立直打っても出るだろう的な考えであろうが、このようなセオリーだけだと、出にくい捨て牌にも関らず立直としてしまいがちだ。まず、焦って立直を打つ前に自分の捨て牌を確かめてから立直判断したい。それに割と素直な捨て牌であっても抑えてくる人間は抑えてくる。冷静に考えると、このような待ちは一枚でも抑えられるとかなり厳しい待ちとなる。残り [続きを読む]
  • ネット麻雀の限界
  • 残念だが、もうネット麻雀はやらなくなるであろう。1、あらゆる面で弱い。別に下手糞なのはいい。ただ、最後まで打ち切れよと。勝ってるなら続行、負け始めたら離脱、現実世界ではそんな人間はほとんどいないが、ネットだとそういう雑魚がアホなくらい多い。そんな雑魚は一生、コンピューター相手とやってろよと。ま、総合的に見れば、ネットの方がレベルが低いのは間違いない。それに、それに対して何の対処もしようとしない。無 [続きを読む]
  • 七対子のみVS七対子ドラ2を解説
  • 東一局 六順目 西家 ドラは上家が二順目に切っている。何切る問題でもよく見かける問題である。捨て牌的に七対子ぽくないので、出和了はそこそこ期待できそう。しかし、色々な思考が巡らされる。發単騎で待つデメリットとして、、、1、対子持ちで持たれてる可能性。2、発が王牌。3、ドラで振り込む可能性。4、ドラを鳴かれる可能性。5、抑えられる可能性。6、値段。1、二順目に切っており、六順目聴牌なので可能性は割と低そうで [続きを読む]
  • 運が良い悪いとは何か?
  • 自分をこうだとか、アイデンティティを決めることで、そのような運命を体験することになる(マーフィーの法則)。ただし、誤魔化しも存在する。・他人や自分のエゴで、無理矢理、自分の麻雀に合わないことをすること。根暗な人間が明るい人間を演じるのと同じことである。はたから見て、このような人を見ると気持ち悪いし、気の毒にしか思えない。麻雀も自然体が一番に思える。直感で自分に合わない考えだと思ったら、そういう考え [続きを読む]
  • 染めVS手なり5800、7700
  • ドラ親 東場 六順目ポンここで選択だ。ソーズを払って染めに向うか、を切って手なりでいくかである。は切らない方が良いように思える。筒子が伸びてソーズを払って染めても一貫性がないし、何より形が窮屈で遠い、ちょっと不自然な気がする。考え方としては二つある。ダブ東を絞られてる間に、長引いて染まってしまうケース。ダブ東であろうと切るような面子で、ダブ東を切るくらいだからそれなりに手も入ってるであろうと [続きを読む]