Userone さん プロフィール

  •  
Useroneさん: 宇宙麻雀理論
ハンドル名Userone さん
ブログタイトル宇宙麻雀理論
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/spacemj
サイト紹介文麻雀であまり触れられてない事柄を中心に書きます。在り来たりな記事は基本、書きません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供238回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2015/01/31 13:08

Userone さんのブログ記事

  • 和了トップVS役満、W役満
  • オーラス南家ドラ親25000自分26000西家24000北家25000ウマ1-2 祝儀なし。捨て牌は普通の捨て牌と考えてください。以外ないだろと思う人も多いだろう。ただ、それは早とちりに思える。ここで切りで七対子狙いならほぼ確実に聴牌であり、そっちの方がスピードは早いのは否めないだろう。それはいくら鳴き仕掛けが効くとは言え。手牌にある牌以外は全て聴牌なので。また、聴牌形も微妙である。単騎待ちの聴牌とは言え、ドラと役牌 [続きを読む]
  • 麻雀が苦手な人間へのフィードバック
  • 麻雀が下手な人間から、アドバイスを求められることがある、麻雀が上手くなりません。セオリー通り打ってるつもりだけど、負け組みのまま、メンタルが弱いなど。そのよう打ち手の悲惨な傾向の一つとして、不得意な分野を努力して上手くなろうということがある。基本的に、下手な人間は何年掛けようと下手。上手い人間は最小限の時間の中でも上手く、要領が良い。ことがある。俺がいつも言ってることは、出来ないことを無理に努力す [続きを読む]
  • 新しい麻雀の簡単なルールを考える
  • 符計算平和は20符鳴き面前は全て30符。どの牌でも暗刻なら 10符どの牌でも暗槓なら 20符待ちはどの待ちでも0符。雀頭がどれでも0符。ツモ符も0符。子1翻2翻3翻4翻20符100020004000800030符150025005500800040符200030007000800050符250035008000800060符300040008000800070符4000450080008000親1翻2翻3翻4翻20符1500300060001200030符2000400080001200040符25005000100001200050符3500600012000120006 [続きを読む]
  • 上級者同士でも差が出る先打ちテク
  • 先打ちと手を広げるというのは、出来る限り放銃を回避し、和了も打点も卒なくこなすというのが基本的な考えである。でも、どっちも取るということはなかなか難しい。かなり微妙な問題も多く、目一杯抱えるタイプか、スリムに構えるタイプかに分かれるように思える。だが、ある程度、正解はある問題もあるように思える、それを今回は解いていきたい。Q1、ドラ打としそうな打ち手も多そうだが、よりいらないのはである。ドラが重なれ [続きを読む]
  • 最近の打ち手は個性がないのか?個性がないことの問題点。
  • 麻雀はまだまだ未開の分野であるが、かなりのセオリー化がされているのと戦術本が多く普及されている昨今である。昔に比べれば牌効率とか計算とかも、効率的にかつ的確に出来るようになっているだろうし、それは良い側面でもあるだろうけど、何も良いことだけじゃない。それに伴い自分で考えて開拓する麻雀から、他人に考えさせられて他人化する麻雀も強くなっているように思える。それは分かり易く言えば昔の混沌CHAOSの麻雀から [続きを読む]
  • 三色の関連牌は残すべきか?2
  • は安牌 ドラは関係ない設定。Q1、ツモなぜを残すかは、二手代わり678三色である。がであれば残す人間も多いだろうけど。私だったら99%切りである。一順目とかオーラスで条件があるとかなら考えるだろうけど。考え方は色々あると思うが、いくら三色が見えてるとは言え、リスクの方が勝ってしまうと思えてしまう。Q2、ツモこれも678の三色が見える。安牌を残して打としても十分そうではあるが、これは極力残しておきたい。三色云 [続きを読む]
  • 三色の関連牌は残すべきか?
  • このタイトルがどういう意味か?例えば、、、ドラツモ全員の安牌。は全員の危険牌ここでを残して567の三色目を残すかを温存して先に安全度を重視するかの問題である。基本狙える手役は狙うというインプットが強くされているとを残しがちである、しかしこれは難しい。まぁ、基本的に残す人は残せば良いと思えるけども、、、色々考えることがありそうである。ここで先切りする人の思考として、、、・三色になる可能性は五分五分だが [続きを読む]
  • ネット麻雀評価 -天鳳-
  • ゲーム性★☆☆☆☆何と言っても現実の麻雀ではありえない酷い順位ウマ設定である。これは、あくまでバーチャルの世界でしか通用しないルールである。バーチャルの世界であっても勝ちたいというなら、このルールでもほぼ問題ないと思える。持続性★★★★☆おそらくあり続けるのではと思える。操作性★★★★☆可もなく不可もなくと言った所。不正対策★★☆☆☆どのサイトも回線落ちをなんとかするべきではないか?それ以外は良い [続きを読む]
  • ネット麻雀評価 -RON2-
  • ゲーム性★★★★★やはり、普通が一番である。持続性★★★★★それなりにいるみたいだし、余程のことがない限りないと思われる。操作性★★★★☆かなり良い。持ち時間もそれなりに長い。ただ、牌譜機能が微妙。不正対策?こういう話しはなさげである。そもそも不正する価値があるのかということである。料金★★★☆☆ネット麻雀で月1000円では、ちょっと高い印象がある。それに加えて打ち放題だと、やり放題である上に、打たな [続きを読む]
  • ネット麻雀評価 -MARUJAN-
  • ゲーム性★★★☆☆リアル麻雀に近いルールではあるのだが、、、一位獲ればポイントを消化しないというシステムはおかしい気がする。2着以下は同じ価値であり、価値がないのかとなる。持続性★★★★★優勝賞金1000万とかやってるくらいだから、それなりにやっていけてるのだろうし、長く続くだろう。ネット麻雀は大したライバルもいないし。操作性★★★★★言うことなし。他のサイトがゴミに見えるくらいである。ちょっと持ち時 [続きを読む]
  • ネット麻雀評価 -賭けネット麻雀-
  • ゲーム性★★★★★ルールも自分で決めることが出来る。持続性★★☆☆☆私はどんな有名なオンラインカジノサイトでも金を預けてる以上、逃げられる可能性はないとも言い切れないように思える。逃げられない可能性がないなんていう保証はどこにもないからだ。預かってる金額なんて小額だろうけども、その点を考えると逃げられる可能性は低いのかも知れない。それに私がこういうサイトやってたら、責任感もあるし、少しはマシなサイ [続きを読む]
  • ネット麻雀評価 -MJ-
  • ゲーム性★★☆☆☆至って普通のルールである。ただ、トップを取れないとチケットみたいなのが消化されるみたいで、トップ以外意味がない的な所も見ると、★二つか。持続性★★★★★ゲーセンとかでも10何年くらい前から出してた会社である、おそらく長く続くと思われる。操作性★★★☆☆牌もデカイし良い方だと思える。ちょっと不具合があるようである。牌譜とかも面倒くさく、これでは振り返る気もおきない。不正対策★☆☆☆☆ [続きを読む]
  • ネット麻雀評価 -ハンゲーム-
  • ゲーム性★★★★☆パーフェクトではないが、自分でルールを決められるし、良い方だと思える。持続性★★★☆☆これはかなり微妙であるが、ユーザーは少なくなってるにしてもいるということである。1000人を超えてることもある。1000人くらいいればまぁそこそこである。操作性★★★★☆至って普通である、持ち時間と牌をでかくしてほしいというのもあるが。ただ、牌譜機能がテキストファイルで残せるでかなり良い感じであり、これ [続きを読む]
  • ネット麻雀評価 -東風荘-
  • ゲーム性★★★★☆サドンデスルールとかは廃止してほしいと思えるが、ルール自体は割と現実的でネットの中では良い方だと思える。赤なしもあるが、赤ありもあるようである。持続性★★☆☆☆ハッキリ言っていつ閉鎖されてもおかしくはないが、結構長く続いてるという点で★+1操作性☆☆☆☆☆評価に値しないくらいの操作性の悪さ。何百回やっても慣れないように思える。不正対策?よく分からない。不正する人間もいないのかも分 [続きを読む]
  • 玄人から見たPC版ネット麻雀評価最新版
  • ネット麻雀と言っても将来閉鎖されるようなサイトではダメだし、労力が無駄になるだけなので、よくそこまで考えてみておく必要がある。というか、無料サイトで大盤振る舞いとか、有料だけども中身がクソで誰も課金しないとかだと、基本的に赤字になる。金を落とさない現状もあるのかも知れないが、利用者の建設的な意見を無視したり、サイト側のやる気の問題で閉鎖されることが多い。そういうサイトではやらない方が良いということ [続きを読む]
  • 赤、一気通貫、純全帯、三色、ドラと多くのファクターが絡む牌姿
  • 東1 南家 六順目 ドラ切り私も正直切りそうになったし、無難に見えるが、ちょっと切りと比べてどうかという感じがある。特にツモは受け入れに入れて良いのかというくらいのツモである。ま、聴牌取らずもあるだろうけど、遅い感じは否めないだろう。切り私的にはこれがぴったりかな。どこ引いても好形が確定している。受け入れもそう狭くもないし、安定感があるように思える。索子切り 切りちょっとこの二つは正直、意味が分からな [続きを読む]
  • 麻雀を一から始める為には
  • これだけ麻雀を熟知してくると、やってることななんて簡単に思えるが、一から網羅するにはやはり難しいゲームと思える。 誤解のないよう、もちろん以下は俺、個人の意見である。1、どういう麻雀、どういうルールで打つようにするかを思い浮かべながら打つ。私自身、何も考えない麻雀なんて打ったことがないので分からない部分もあるが、そんな麻雀だと絶対に迷いがちになるし、いい加減に気分で判断したり、良い戦績も残せないよう [続きを読む]
  • 蓋然性と可能性の違いの重要性とは?
  • ネットで調べたが回りくどくて分かりにくい説明も多かった。蓋然性・・・高い確率でそうなる場合にだけ遣う。可能性・・・高い、低い確率であれ、なることがある場合に遣う。シンプルにこれだけのニュアンスの違いが分かれば十分に思える。例、宝くじ一等に当たることは蓋然性はないが可能性はあるかもね。麻雀では、、、1、蓋然性は少なくても可能性はある。例、この牌を一牌切ることで先制立直に振り込む可能性はあっても、蓋然 [続きを読む]
  • 和了ヤメの基準
  • 基本的に麻雀は1位勝ち2位引き分けか少し勝ち3位負け4位負けとなる。もちろん素点も絡んでくるが基本的にこんな感じである。トップを少なく2着を多くして勝つ麻雀であれば、3着以下を取らない麻雀を打つ必要がある。まぁ、大抵の場合、いくら実力があっても、自分の思う通りになんてならないし、そう上手くはいかないことも多い。なので基本はトップをより多く獲ることが大事に思える。しかし、こんなことがあった。東家5000南家55 [続きを読む]
  • 注意が必要な四暗刻手代わり
  • 東1局 9巡目 東家ドラである。切りが多いだろうなと思ったが、案外そうでもなかったようである。切りでもそう悪くもないだろうが、ここから萬子をツモり四暗刻になったとしても振り聴になってしまうということである。ツモだとスッタンに受けられるが単騎待ちである。かの単騎待ちじゃ和了易くもないし、もうちょっと巡目が深くして出題すればよかったと思ってるが。そうなるとそのような待ちではより和了も厳しくなるだろう。 [続きを読む]
  • 実力で勝つ教訓
  • 1、自分なりのスタイルとルールを決める。断定できるような問題であれば別に越したことはないが、微妙でファジーな問題はスタイルやルールなしに判断できない。そのようなスタイル、ルールを守り続けることによって、効率化を計れるし、よりブレない結果が残るようにになる。2、現状に満足しない、一生学び続ける。高寿命時代であり、麻雀の技術の進歩は低空飛行かも知れないが、より勝ち、勝ち残る為には常に新しいセオリーを学ぶ [続きを読む]
  • こんな待ちあるのか?
  • が対面に一枚、が上家が下家に一枚ずつ切れている捨て牌。ここから、切り立直で対面から立直が入り、それを下家がポン。は上家対面の現物だが、下家には通ってない。南家 ドラ巡目は3段目の前半ツモは危険牌である。ここで何を切るか?完全撤退なら、100%通るか分からないがを切るかを切るかの選択肢もある。真っ直ぐいくならである。ここで私はを選択したのだが、1、の筋はまず通る。2、バッタ待ちはない。刺さるなら単騎待 [続きを読む]
  • 三色が好きな人間と得意な人間の違いとは?
  • 好きな割りに狙わない。好きな割りに不得意。好きな割りに見落とす。ということがよくある。よく好きな手役で三色が挙げられるが、三色が好きな人間で得意な人間はどのくらいいるだろうか?三色というのは基本的に1、4面子一雀頭という手牌構想だけでは、見落とすことがある。雀頭を面子にしたり、待ちも両面にばかりに拘らないようにしたり、柔軟な考えが大事に思える。2、今ある手牌だけ見て考えてはいけない、3手4手先くらい読 [続きを読む]
  • どの最終形でも対応できる想定
  • 東3 六順目 北家 点棒はほぼ平ら ドラが1枚ずつ切れている。あとは生牌。赤一枚ずつ入っている。索子を切るのであれば難しいが切りも良いように思える、ではダメということでもないだろうが、なぜかというと、引きでも引っ掛けになるからである。をチーされずらいということを考えるとの方が良いのかも知れないが。3〜7同士のシャボは大抵アガれないことが多いので注意が必要である。 [続きを読む]
  • ドラの雀頭が二つある時の選択肢
  • 東発 八順目くらいで西家だったと思う。第一印象としては中盤でドラを二つ使い切ることだけを考えて、切りである。中盤で、両方のドラを使い切る方が安全に手組みが出来るようにも思える。にくっつけば、そこそこ良い形にもなるし。ちょっと手狭になるが、別に普通の打牌に思える。しかし、既にドラ2あるし受けを考えて両面を犠牲にするというのも納得がいかない。切りも多かったようだが、引いたら切ることになるだろうし、多分 [続きを読む]