荒ちゃん さん プロフィール

  •  
荒ちゃんさん: 荒ちゃんの投資競馬
ハンドル名荒ちゃん さん
ブログタイトル荒ちゃんの投資競馬
ブログURLhttp://ameblo.jp/maruha3079/
サイト紹介文長年、競馬を投資として研究。 馬券の考え方、投資法、必勝法を一挙公開!
自由文『荒ちゃんの投資競馬』でお馴染みの、

荒木こと「荒ちゃん」です。

様々な角度から競馬を研究し、

遂に編み出した「馬券必勝法」

如何にして馬券で稼ぐかを公開します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/01/31 19:10

荒ちゃん さんのブログ記事

  • 荒ちゃんの宝塚記念の解説
  • 宝塚記念の枠順が確定。 キタサンブラックに恐れをなしてか、頭数が極端に少ない11頭になってしまった。 この頭数なら枠順に関しても大きな影響がないので有利不利については 割愛したい。人気の中心であるキタサンブラックは8枠10番を引いた。年々強くなる印象を受ける馬で、余程、トレーニングの方法もマッチしているのだろう。天性のスタート、スピード、そして折り合い面と死角らしい死角は殆ど見つからない現状だ。ここは不 [続きを読む]
  • 荒ちゃんのユニコーンSの展望
  • ユニコーンSの枠順が確定。東京1600mのダート戦は芝からのスタートになり、途中からダートのコースに入る。それは内枠の各馬から先に入り、外枠の馬は軽い芝を少しだけ多く走る事が出来る分、やや有利である。人気を集めそうなリエノテソーロは2枠4番を引いた。枠は良い。芝、ダート共に走れる馬だが、前走のNHKマイルの2着は実積的にはナンバーワンだろう。 今回はマークされる辛さはあるが、押し切るだ けの素質を秘めるの [続きを読む]
  • 荒ちゃんのエプソムCの解説
  • エプソムCの枠順が確定。東京の芝1800mのスタート地点は、1〜2コーナーの中間辺りになり、スタート後は直ぐにカーブになっている。何かと問題の多い内枠有利で有名なコースである。注目のアストラエンブレムは5枠10番を引いた。枠はマズマズか。前走が今回と同じコースの東京1800mで、そこでの好内容の2着は光る。上がりの速い競馬にも対応力はあるし、良馬場でやれそうなのも良い。ここは上位争いは必至だろう。タイセイサミ [続きを読む]
  • 荒ちゃんの安田記念の解説
  • 安田記念の枠順が確定。東京の芝マイル戦のスタート地点は向こう正面の右側、2コーナー辺りになる。スタート後は長い直線を走るので、意外にも先行争いは熾烈を極めない。スタート直後は、外枠が不利ではないが、最初のコーナーに差しかかると外から内に馬を入れるのが難しく、外々を回らされると最後の直線で脚が上がるので注意。注目のイスラボニータは7枠15番を引いた。ある程度の先行力もあるのでこなせる枠だ。直近4走はル [続きを読む]
  • 荒ちゃんの日本ダービーの解説
  • ダービーの枠順が確定。東京の芝2400mのスタート地点はスタンド前の正面になり、かなりの声援があり、入れ込みタイプの馬はどう落ち着かせるも課題。スタート後の最初のコーナーには10番手以内で入りたい馬も多く、結構先行争いが激しくなる時もある。注目はレイデオロか。枠は6枠12番。中枠の偶数ならマズマズか。後方から仕掛ける馬なので、皐月賞のような中山コースではああいう取りこぼしもあるのは仕方ないところだ。今度は [続きを読む]
  • 荒ちゃんのオークスの解説
  • オークスの枠順が確定。東京の芝2400mのスタート地点はスタンド前の正面になり、かなりの声援があり、入れ込みタイプの馬はどう落ち着かせるも課題。スタート後の最初のコーナーには10番手以内で入りたい馬も多く、結構先行争いが激しくなる時もある。注目のソウルスターリングは1枠2番を引いた。これは阪神JFで経験した2番ゲートと同じである。インで脚を溜める競馬が出来るので良い枠と云える。とにかくレースセンスの良さ [続きを読む]
  • 荒ちゃんのヴィクトリアマイルの解説
  • ヴィクトリアマイルの枠順が確定。東京の芝1600mのスタート地点は、向こう正面の右寄り、第2コーナーあたり。スタート後は長い直線を走り、内枠、、外枠共に大きな不利はない。注目のミッキークイーンは6枠11番。枠はここで良いだろう。牡馬に交じった有馬記念でさえ5着に健闘しており、牝馬同士の戦いなら明らかに地力は上だ。ただ、この時期の東京コースは時計が速く、昨年は1分31秒9で駆けながらも2着に敗れている。差し馬だ [続きを読む]
  • 荒ちゃんのNHKマイルCの解説
  • NHKマイルCの枠順が確定。東京の芝1600mのスタート地点は、向こう正面の右寄り、第2コーナーあたり。スタート後は長い直線を走り、内枠、、外枠共に大きな不利はない。注目のカラクレナイは2枠4番を引いた。インの馬場状態が良いので文句のない枠だろう。牝馬ながら確実性のある脚を使えるので大崩れのないタイブだ。問題は牡馬との力関係ながら、そう強力な牡馬もいないので十分にやれる手応えだ。頭数が多いので上手く捌けるか [続きを読む]
  • 荒ちゃんの天皇賞(春)の解説
  • 天皇賞(春)の枠順が確定。京都の芝3200mのスタート地点は、向こう正面の真ん中辺り。スタートしてから最初のコーナーまでは距離もあり、長距離だし急いで先を競うことはない。枠も内、外と、特に不利はない。注目のキタサンブラックは2枠3番を引いた。これは絶好枠が当たったと云える。逃げて良し、差して良しの自在型で、地力もトップクラスとなると死角を探すほうが難しい感じだ。一連のレース内容から余程のことがない限 [続きを読む]
  • 荒ちゃんのフローラSの解説
  • フローラSの枠順が確定。東京の芝2000mのスタート地点は、スタンド前右奥のポケット。以前よりも改善はされたが、依然として内枠の馬に利があるのは否めない。1800m戦ほどではないにしろ、枠順が多少なりとも影響する。注目のフローレスマジックは7枠14番を引いた。 少し外だがそう問題はないだろう。何と言っても前々走のアルテミスSでリスグラシューと0秒1差の競馬をしたのが光る。前走は上がりも速かったし、位置的にも仕方 [続きを読む]
  • 荒ちゃんの皐月賞の解説
  • 皐月賞の枠順が確定。中山の内回り2000m戦のスタート地点は、スタンド前右の直線の入り口辺り。1800m戦に比べると最初のコーナーまでは距離があり、激しく先を急がなくても良い。なので、隊列が決まるのが比較的早く流れが落ち着くことが多い。基本的には内枠の馬が有利ではある.注目のファンディーナは4枠8番を引いた。先行力があるので問題ない枠だ。 牝馬ながら桜花賞に向かわずに、あえて牡馬相手の皐月賞に挑戦してきたの [続きを読む]
  • 荒ちゃんの桜花賞の解説
  • 桜花賞の枠順が確定。阪神の芝1600mのスタート地点は向こう正面の奥の真ん中辺り。以前は1コーナーのポケット地点で外枠の馬には随分不利なコース形態であったが、それが改良され現在は内枠も外枠も平等な設定になっている。注目のソウルスターリングは7枠14番を引いた。揉まれぬ外枠は有難いに違いない。何せ、ここまでの勝ちっぷりが半端なく、全てが楽勝という強さ。ある程度前にも行けるし、能力が殺がれる展開は考 [続きを読む]
  • 荒ちゃんの大阪杯の解説
  • 大阪杯の枠順が確定。阪神の芝2000mのスタート地点は、スタンド前の右寄り。スタート後は最初のコーナーまではそれほど距離がなく多頭数の場合は外枠はやや辛い。 注目のキタサンブラックは4枠5番を引いた。ここなら文句はないだろう。昨年のこのレースは未だGⅡ戦だったが、出走メンバーはGⅠ級がずらりと顔を並べていた。そこで2着なら、今年も当然いい勝負が出来るはずだ。良馬場で行われそうなのも [続きを読む]
  • 荒ちゃんの高松宮記念の解説
  • 高松宮記念の枠順が確定。中京の芝コースは2012年にリニューアルされ、それ以降はタフなコースとして名を馳せている。息の長い末脚を使える馬が好成績を挙げており、じっくり構えても間に合うが、インコースの状態も良いのでスローなら前残りも警戒せねばならない。 注目のレッドファルクスは4枠7番を引いた。枠はここで良いだろう。とにかく凄まじい切れ味を持っており、メンバー最速の上がりを再三記録している [続きを読む]
  • 荒ちゃんのスプリングSの解説
  • スプリングSの枠順が確定。中山の芝1800mのスタート地点はスタンド前の中央辺り。 スタート後は直ぐに最初のコーナーがあるので基本的には内枠の馬が有利となろう。 人気になるサトノアレスは7枠9番を引いた。頭数が11頭と少ないので影響はない。暮れの朝日杯FS以来になるが仕上がり面に不安はないようだ。差して3連勝してきたが、前に行ける脚もあるので、中山コースなら中団辺りには着けてくるは [続きを読む]
  • 荒ちゃんのフィリーズRの解説
  • フィリーズRの枠順が確定。阪神の1400m芝内回りコースのスタート地点は、向こう正面の左より、ちょうど2コーナー辺り。スタート後は1400mの外回りコースに比べ、長い直線を走り、最初のコーナーまでは距離がある。それでも内が良いのでイン有利は否めず、内枠に越したことはない。 レーヌミノルは7枠15番を引いた。もうす少し内目の枠が良かったかも。 スピードがあるので良馬場になりそうなのは有り難い [続きを読む]
  • 荒ちゃんの弥生賞の解説
  • 弥生賞の枠順が確定。中山の内回り2000m戦のスタート地点は、スタンド前右の直線の入り口辺り。1800m戦に比べると最初のコーナーまでは距離があり、激しく先を急がなくても良い。なので、隊列が決まるのが比較的早く流れが落ち着くことが多い。基本的には内枠の馬が有利ではあるが、12頭立てと少頭数なのでそう神経質になる必要もない。注目はカデナ、枠は8枠11番。外枠を引いたがそう影響はないと見る。500万クラス [続きを読む]
  • 荒ちゃんの阪急杯の展望
  • 阪急杯の枠順が確定。阪神の芝1400m内回りコースのスタート地点は、向こう正面の左奥にあり、スタート後は最初のコーナーまではそこそこの距離があり、激しい流れにはなり難い。内回りコースなので出来れば内枠を引きたいところだ。人気の中心になるシュウジは6枠7番を引いた。枠は問題ないだろう。スプリンターズSでの僅差4着もさることながら、前走の阪神Cの勝ち方はメンバーを考えると非常に優秀だ。今回のほう [続きを読む]
  • 荒ちゃんのフェブラリーSの解説
  • フェブラリーSの枠順が確定。東京の1600ダート戦のスタート地点は、向こう正面の右寄りのコーナー辺り。最初のコーナーまでは距離があるが、芝コースからのスタートになり、内枠の各馬から先にダートに入るので、外枠の馬は少しだけ長く、軽い芝コースを走れるので、外枠を歓迎する馬は多い。近年まれに見る大混戦の中で、注目はサウンドトゥルーか。枠は1枠1番を引いた。最後方に近い位置まで下がるので枠はあまり関係ない [続きを読む]
  • 荒ちゃんの京都記念の解説
  • 京都記念の枠順が確定。京都の芝2200m戦のスタート地点は、スタンド前のすぐ右側辺り。2400m戦よりは最初のコーナーまでは短いが、枠順の内、外に関しては大きな不利まではない。注目のマカヒキは3枠3番。枠は問題ない。この馬のデビューからのレースを観る限り、その能力の高さは疑いようもなく、世界へ向けて挑戦してもらいたいぐらい馬だ。同世代のライバルであるサトノダイヤモンドとの対決の日まで無傷で行きた [続きを読む]
  • 荒ちゃんのきさらぎ賞の解説
  • きさらぎ賞の枠順が確定。京都の1800m芝コースのスタート地点は向こう正面の左奥のポケットから。スタート後は長い直線を走り、最初のコーナーまでは相当な距離があり、そのカーブも3コーナーと4コーナーにかけて概ね2回のみ。その為、スピードが落ちないので好時計が出易いコースである。枠順に関しては頭数も少ないので影響はない。注目はもちろんサトノアーサー。2連勝の内容が完璧で、陣営が今年もこの馬でクラシ [続きを読む]
  • 荒ちゃんの根岸Sの解説
  • 根岸ステークスの枠順が確定。東京の1400mダート戦は、マイルのそれと比べるとスタート後に最初のコーナーに入る距離が1F短い。これは忙しい競馬である事を証明している。そのせいか、一気の外差しが決まる事も多々ある。ペース次第では入れ替え戦も十分だ。枠としては若干内有利。注目はカフジテイク。枠は2枠3番。枠は問題無い。追い込み一辺倒ながら、堅実に寄せる脚は魅力だ。昨秋の武蔵野Sではメンバー最速の上 [続きを読む]
  • 荒ちゃんのアメリカJCCの解説
  • アメリカJCCの枠順が確定。中山の2200m外回りコースのスタート地点は、スタンド前の右奥のポケットから。スタート後は比較的長い直線を走るので距離面からも激しい先行争いはなく、枠的に内も外も大きな差はない。 人気のゼーヴィントは5枠10番を引いた。枠はここで良いだろう。福島での実績が目立つが、中山でもセントライト記念でディーマジェスティと首差の勝負をしており、能力そのものは相当ある。殆 [続きを読む]
  • 荒ちゃんの日経新春杯の解説
  • 日経新春杯の枠順が確定。京都の芝2400mのスタート地点は、スタンド前右奥のポケットから。スタート後は、最初のコーナー迄は距離もあり、先行争いが激しくなることはない。枠順も内、外とも特に不利はない。 人気を集めそうなミッキーロケットは5枠8番を引いた。枠は良い。ここまでで大敗したのは遠征した皐月賞ぐらいで、掲示版を外したのはそのただ一度だけ。昨夏は500万クラスからの再スタートだったが、と [続きを読む]
  • 荒ちゃんのシンザン記念の解説
  • シンザン記念の枠順が確定。京都のマイル戦の外回りコースは最初のコーナーら4コーナまでの概ね1回だけの大きなカーブを進む。忙しいコースではないが、馬場も良く上がり時計も速いので、後方から一気の追い込みは届き難い。枠順の有利、不利はそれほどないだろう。注目のベルシアンナイトは3枠5番。枠は良い。キャリアは未だ3戦ながら3度の1番人気に応えるべく、2勝、2着1回の好成績だ。3戦とも好位からレースを進めており [続きを読む]