シタデル さん プロフィール

  •  
シタデルさん: シタデル DAYZ ACT-2
ハンドル名シタデル さん
ブログタイトルシタデル DAYZ ACT-2
ブログURLhttp://happy.ap.teacup.com/zitader_hori_2/
サイト紹介文シタデル製品の開発と組み立て記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/01/31 21:08

シタデル さんのブログ記事

  • 観音扉
  • 暫く更新が途絶えていたオートローダー。[画像]砲塔後面の観音扉を製作です。ペーパーパンツァーだから、ディテールが分からない、、と言うか、存在する以前ですよね。[画像]一応原型段階では開閉可動はします。参考に、ずうっと以前に作った。 H2ターレットこのくらいのサイズならレジンでも開閉可動に、、。[画像][画像][画像][画像]という訳で、大きなイ号もハッチの開閉の目指して製作中です^^/ [続きを読む]
  • 見つかりません。
  • ソコソコ必死に探しましたが、サイドスカートの片側が見つかりません、、、。[画像]まぁ、それにしても結構な在り様であります、、、^^;[画像]『良い仕事には良い環境が必要だ。良い環境の基本は整理整頓清掃だ』と、職場の先輩に言われたことがありますが、全く実践できてないですね〜^^;タミヤ様にまた部品請求しようかと思いましたが、紛失パーツが結構多岐に渡るので、秘蔵の↓を使う事に。[画像][画像][画像]ブラジル版の [続きを読む]
  • T-34ボレー、組立て完了
  • 組立ての終わったボレーくんをアチコチから。[画像][画像][画像][画像][画像][画像][画像][画像]内部にコイルスプリングのカバー部品を接着する仕様のT-34を使う場合は、コイルスプリングカバーの上端を削ってください。砲塔首下が接触しますので。[画像]将来的にはボイテ状態で完成させることに。 [続きを読む]
  • ボイテの予感
  • という訳で先ず、T-34ボレーの方は形となりました。[画像]あとはパッケージ作って、組説を作るだけです。まぁパーツは少ないので容易な方だと考えてます。、、、それにしても、何故ドイツ兵が乗ってるの?[画像][画像](KV-6をボイテで仕上げたように、これもボイテにしようかと、、、) [続きを読む]
  • 砲塔注型
  • 予定より遅れてますが、ボレーから注型を、、、^^;[画像](↑)奥の砲塔は一発目だったので気泡が残ってます。[画像]ちょっとキューポラも乗せてみます。[画像][画像]このキューポラは実際に生産されたT-34が装着しているキューポラとは違い、装填手用ハッチと共通の丸いハッチのタイプで少し違うのです。中旬から月末です、、、スイマセン [続きを読む]
  • タミヤ様から、、、
  • タミヤ様から後期型のサイドスカートタイプのマチルダIIが発売される事になったので、後期型サイドスカートの開発/発売は取りやめです。[画像]、、、という訳で、サイドスカートを剥がしたマチルダの修理であります^^ [続きを読む]
  • 防盾を生産
  • オートローダーくんとボレーくんの防盾パーツをポコポコ注型です。[画像]オーソドックスなオートローダーくんの防盾に比べ、ボレーくんの防盾は大変特徴的であります。[画像]砲塔にセットしないと、普通のT-34の防盾ですね〜[画像]ざっくり砲身をセット[画像][画像][画像]砲塔セットには砲身は含まれていませんから、76.2ミリ砲はベースのT-34から、45ミリ砲は交換用の挽き物砲身をお使い下さい。(RBさんがリーズナブルでお薦め) [続きを読む]
  • 番外編
  • T-34オートローダーとボレーの砲塔を作りながら、T-34-122塔型の砲塔の気になっていた箇所を修正ナウ。(←ツイッターじゃない)[画像]上に伴い下も修正したのでストックしていた下のパーツは廃棄だな〜ww[画像] [続きを読む]
  • 実は非対称
  • ハッチの数は違いますが、何気にKV戦車の砲塔を彷彿とさせるオートローダーの砲塔。[画像]防盾基部を取り付けると、ますますKV的に。[画像]ちょっと車体に載せてみます。[画像]製作の参考にしてる計画図の段階で分かってましたが、車体天板上のモールドが邪魔で砲塔が旋回できません。(これで良かったのか?ロシア人)形状的に興味深いのが、左右非対称であること。[画像]まぁ。年末年始は大忙しであります。 [続きを読む]
  • 天板の溶接ビード
  • 両ターレット、テクスチャーが終わったのでディテーリングへ。ロシアンタンクの砲塔天板の溶接ビードは、独軍車両と異なり、何か等高線みたいな印象を受けるんだよな〜[画像]防盾無しで側面から見るとS35の砲塔みたいでスマートなんだけどね、[画像] [続きを読む]
  • オートローダーの砲塔
  • 表面のテクスチャーを付けてる途中のオートローダーの砲塔[画像]後ろは観音開きのハッチが付きます[画像]この強い前傾感が格好良いな、と思います。[画像]やっぱり、売れるのは圧倒的にオートローダーの方でしょうね。[画像] [続きを読む]
  • T-34ボレーの砲塔
  • T-34ボレーの主要パーツ、、、と言うか、他はキューポラと装填手用のハッチぐらいしか、、、^^;[画像]まあ、それにしてもイビツな砲塔であります。[画像][画像]セットに砲身は含まれませんので、F34はベースのT-34の物を、45ミリの方はMMのBT-7かRBさんの砲身を流用して下さい。[画像]原型はRBさんの砲身に合わせてます。 [続きを読む]
  • 足りてました
  • という訳でサイバーホビーさんの8トンハーフトラック[画像]「88」の影響で4号戦車より、これの方がドイツ軍らしい車両のような印象が、、、履帯は連結式ですが、この内容で一台分入ってるのか?と少し疑問が、、、[画像][画像]一つ二つ、、、と数えると、、、、ハイ入ってました。[画像]疑ってゴメンなさい。でも本当に少し不安になるぐらい、見た目が少しな分量なんです。 [続きを読む]
  • ZIS-96+MMシリーズ、旧マチルダ (完成) 
  • と言うわけで、ZIS-96付きのマチルダIIの完成であります。[画像][画像][画像][画像][画像][画像][画像][画像][画像]「ZIS-96」より、この暫定型履帯の方のが、アピールポイントのような、、、(^^;[画像][画像][画像][画像][画像]と言うわけで、見るからにロシアンタンクらしくて格好良いっすね♪製品ページに戻る / Back to Products page [続きを読む]
  • ZIS-96+MMシリーズ、旧マチルダ (15)
  • マチルダllに冬季迷彩を施します。[画像][画像][画像]ざっくり、色温度の高い白を置きます。それから色温度の高い白を吹いて、筆目を抑えます。[画像][画像][画像][画像][画像]続いて、グリーンでドライブラシします。[画像][画像][画像](この時のグリーンは黒と白で調整して、彩度を落した方が良いです。彩度が高いままだと、オモチャっぽい色になるので) [続きを読む]
  • 70口径75?砲搭載4号F型 (2)
  • 完成見本が、全〜く存在しない70口径75?砲搭載型の4号を仕上げ中であります。[画像][画像][画像]70口径で、駐退複座装置はパンターと異なり、砲塔外にはみ出しているので尚更長い印象を受けます。なお、下地には普通の紫を吹いてます。 [画像][画像]紫の次にブラウンを暗部に吹き、続いてグレイでコートします。あまり汚れていない車両のイメージです。 [画像][画像][画像][画像]砲塔も同様のプロセスを。(暗くて分かり辛いですね [続きを読む]
  • ZIS-96+MMシリーズ、旧マチルダ (14)
  • 暫く停滞していた、MMシリーズの旧マチルダの塗装を。 グリーンをタッチを付けて塗装下地を。 [画像][画像][画像]で、その後にエアブラシでグリーンをうっすら吹き付け筆目を少し抑えます。 [画像][画像][画像][画像]モデルグラフィックスの1985年10月号(多分)で、(改造しちゃイカン!の)松本先生がなされた、「ドライエアブラシ」とは、恐らくこういうテクニックだと思う。(ドライブラシではなく、ウェットブラシですけど) [続きを読む]