おくちー さん プロフィール

  •  
おくちーさん: 競馬必敗法(笑)
ハンドル名おくちー さん
ブログタイトル競馬必敗法(笑)
ブログURLhttp://makeru-keiba.blogspot.jp/
サイト紹介文独自理論の指数を使って、クラシック路線のレースレベルを数値化し、それをもとに展望と分析をしています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供759回 / 365日(平均14.6回/週) - 参加 2015/02/01 00:15

おくちー さんのブログ記事

  • 2歳6〜8月の新馬ランキング+αから見る期間内実績と今期該当馬の予測
  • LB指数における6〜8月の新馬ランキング掲載の条件は「81以上または72S以上で勝利」ですが、今回は+αとして「新馬ランキング掲載条件をクリアしながらも、勝ち馬から1.5秒差以内で敗れた馬」を加えて、期間内とするダービーまでの実績を過去2シーズン振り返り、今期該当馬の予測をしたいと思います。16-17シーズン(2014年産)赤:G1勝利馬(7.5%)青:重賞勝利馬(17.5%)黒太:重賞2着馬もしくは2勝以上馬(45.0%)15-16シーズン(2013 [続きを読む]
  • [先週のLB指数] 2歳新馬 2017/06/18 函館5Rナンヨープランタン
  • 同クラス基準指数と水準範囲72(64-80)伸びしろAB中心とL3F12.0からL2F11.4の加速力を見ると、3F34.7-L3F35.1のやや前傾ラップもペースはスロー寄り。時計は早い部類だが、これは超高速馬場の影響だ。LB指数は73S。ほぼ基準値のSまでリカバリーに成功しており、しかも唯一の伸びしろSは断然のトップスピードだった。もっと前半からビュンビュン行ければ時計短縮は確定的だ。★★★★☆(5段階評価)ナンヨープランタンはこんな馬 [続きを読む]
  • [先週のLB指数] 2歳新馬 2017/06/18 東京6Rムスコローソ
  • 同クラス基準指数と水準範囲72(64-80)3F36.8-L3F34.5の後傾ラップ。中盤12秒台からL3F11.4-11.4-11.8で上位に伸びしろA混じりはスローの直線勝負だった。LB指数は69Aで水準下位寄り。このラップなら伸びしろSで基準値72Sまでリカバリーが理想的だ。伸びしろAはL1Fがもう一息だったということか。ただしムスコローソは残り200mから2着に0.8秒差をつける快勝で余裕残し。本気で走っていたなら72Sに相当と評価しても差し支えないの [続きを読む]
  • [先週のLB指数] 2歳新馬 2017/06/18 東京5Rテンクウ
  • 同クラス基準指数と水準範囲72(64-80)5Fまで12秒台後半〜13秒台が続いてからのL3F11.4-11.1-11.3は直線ヨーイドン。掲示板勢は全馬伸びしろSの新馬戦らしい瞬発戦だった。LB指数は69Sの新馬水準下位寄り。上がりがもう0.2秒程度早ければ基準値に届くが、上がり3Fすべて11秒台前半なら2歳序盤の新馬戦としては懸命にリカバリーしているため、前半が緩すぎたということか。今回は切れ味勝負だったが、ヨハネスブルグ産駒ならスピー [続きを読む]
  • [先週のLB指数] 2歳新馬 2017/06/18 阪神5Rコスモインザハート
  • 同クラス基準指数と水準範囲72(64-80)LB指数は83Eで新馬水準を超えた。全馬伸びしろEのタフな底力勝負。序盤3F34.7は早く、中盤少し落ち着いたものの高速上がりを繰り出せるほどの余力はなかった。それでも高指数を叩き出した要因は前半のハイラップを乗り切った上でのL1F12.1の持続力。仮にL1Fもう0.2秒かかっても80Eの水準上位になる。★★★★☆(5段階評価)コスモインザハートはこんな馬キャラ※1200〜1800mの新馬戦で78E〜 [続きを読む]
  • [先週のLB指数] 2歳新馬 2017/06/17 函館5Rベイビーキャズ
  • 同クラス基準指数と水準範囲72(64-80)LB指数は水準を大きく割る59だった(函館芝1000mは2歳戦限定のため伸びしろランク算出不可)2F11.0-3F11.4-4F11.3のハイラップからL1F11.7失速はスピード戦で時計も悪くないように感じるが、レコード連発の函館芝コースは相当の高速馬場。それを割り引くと全体的に水準を割るラップが続いており、時計は遅い部類に入る。ただ函館芝1000mは前半から踏んでいかないと時計は出ないし、LB指数的 [続きを読む]
  • [先週のLB指数] 2歳新馬 2017/06/11 東京6Rホーリーレジェンド
  • 同クラス基準指数と水準範囲72(64-80)12秒台中心の中盤から直線はL3F11.3-10.9-11.8でフィニッシュ。5着まで伸びしろSは新馬戦らしい超瞬発戦だった。こういう競馬は指数が上がりにくいが、水準までしっかりリカバリーしていることに加え、逃げ伸びて2着76Sリープフラウミルヒを差し切ったホーリーレジェンドのトップスピード値は高いと見る。★★★★☆(5段階評価)ホーリーレジェンドはこんな馬キャラ※1400〜1800mの新馬戦で [続きを読む]
  • [先週のLB指数] 2歳新馬 2017/06/11 東京5Rジナンボー
  • 同クラス基準指数と水準範囲72(64-80)5F63.0-L5F59.8はスロー直線勝負だが、残り800mからの加速が影響してかL3F最速11.2からL1F12.2へ失速している。伸びしろBC中心の通り、新馬戦らしい伸びしろSA中心の超スローとまではいかない。ジナンボーは前半折り合いに苦心しながら、直線ノーステッキにも見える絶好の手応えで残り200mから引き離すという期待が膨らむ勝ち方だった。しかし76Cは水準とは言え目立つほどでもなく、2着72Bダ [続きを読む]
  • [先週のLB指数] 2歳新馬 2017/06/11 阪神5Rアイアンクロー
  • 同クラス基準指数と水準範囲72(64-80)3F35.6-L3F34.7の後傾ラップ、L2F11.3-11.9重点はスローペースだった。逃げたナムラバンザイに有利な競馬になったが、アイアンクローがL1Fからあっさり差し切り。72Aは水準だが上がり3F34.3が示す通り、ここではトップスピードが一枚上手だった。相手強化とスピード戦でどうか。★★★☆☆(5段階評価)※LB指数(ラップバランス指数)の解説はこちら[解説]LB指数とは?指数算出の仕組みと [続きを読む]
  • [先週のLB指数] 2歳新馬 2017/06/10 東京5Rプレトリア
  • 同クラス基準指数と水準範囲72(64-80)3F12.4-4F12.4で脚を溜めてからのL3F11.6-11.4-11.8。上位3頭は伸びしろABのトップスピード勝負だった。それでもクラス水準の78Aへリカバリーしているのだからプレトリアのトップスピード値は高い。唯一の伸びしろAなら底力勝負で大幅上昇に期待できる。★★★☆☆(5段階評価)※LB指数(ラップバランス指数)の解説はこちら[解説]LB指数とは?指数算出の仕組みと目安※伸びしろ診断の解 [続きを読む]
  • [先週のLB指数] 2歳新馬 2017/06/10 阪神5Rアマルフィコースト
  • 同クラス基準指数と水準範囲72(64-80)3F35.0-L3F35.2とバランスが取れたラップだが、L2F11.2が早いことと上位に伸びしろB混じりを見るとスローに近い平均ペースだ。82Cはクラス上位。そのポイントはそこそこのペースを乗り切った上でのL2F11.2の早さだ。最後はL1F12.1へ失速しつつも抑える余裕を見せながらのフィニッシュと合わせて、スピード戦への対応力も見込める。★★★★☆(5段階評価)アマルフィコーストはこんな馬キャ [続きを読む]
  • [先週のLB指数] 2歳新馬 2017/06/04 東京5Rステルヴィオ
  • 同クラス基準指数と水準範囲72(64-80)4F12.4-5F12.5で緩んでからのL3F11.5-11.4-11.6は直線ヨーイドン。ただ2F11.1-3F11.4はそこそこ早かったためか、新馬戦らしい究極の瞬発戦とまではいかなかった。能力が及ばない馬は後方でしっかり伸びしろE。上位は伸びしろB〜C中心で底力も要する競馬だった。ステルヴィオの81Bは新馬水準オーバー。先行からのちょい差しで唯一の伸びしろBは軽い瞬発力だけではなく、総合力の高さでもぎ取 [続きを読む]
  • [先週のLB指数] 2歳新馬 2017/06/04 阪神5Rヴァイザー
  • 同クラス基準指数と水準範囲72(64-80)3F33.7-4F45.3-L4F48.2-L3F36.6の前傾ラップ。L1Fは12.9へ失速した結果5着までが伸びしろEで、新馬戦としてはかなりタフなスピード比べになった。ヴァイザーは3番手あたりの先行から押し切り。確かに最後は失速しているが余裕残しにも見える入線に強さを感じた。伸びしろEながら77のクラス上位で踏ん張ったようにスピード値は高く、追ってさらに踏ん張りさらにスロー瞬発戦にも対応できるな [続きを読む]
  • [先週のLB指数] 2歳新馬 2017/06/03 東京5Rヴィオトポス
  • 同クラス基準指数と水準範囲72(64-80)3F35.6-4F47.4-L4F47.4-L3F35.6で前後のバランスが取れた平均ペース。新馬戦としてはスピード戦に近いラップだった。上位2頭はその流れが向いているが、ほぼクラス水準の72Cでフィニッシュなら力通りと見ていい。ヴィオトポスはコーナーでの反応が悪く、直線も内外にヨレまくりながらも力強い抜け出しで完勝。経験を重ねて競馬がうまくなればジリジリ伸びていきそう。2歳戦で数を使ってくる [続きを読む]
  • [先週のLB指数] 2歳新馬 2017/06/03 阪神5Rケイアイノーテック
  • 同クラス基準指数と水準範囲72(64-80)4F50.4-L4F46.4の後傾ラップはスローペース。中盤4F13.7で底を打ってから5F12.6へ加速しつつ、L3F11.1-L2F11.2重点の直線トップスピード勝負になった。欲を言えばもう少し一瞬のキレが欲しかったかもしれないが、L1F11.5の持続力で指数をクラス上位まで引き上げた点で長い脚を使えるタイプだと見込む。伸びしろSを素直に形にできそうだ。★★★★☆(5段階評価)ケイアイノーテックはこんな [続きを読む]
  • 今シーズンの運営と変更点について
  • いつもお世話になっております。oku333ことおくちーです。このブログではLB指数を使って2〜3歳戦のクラシック路線を回顧・展望しています。17-18シーズンが4シーズン目となります。今期もどうぞよろしくお願いいたします。なお、現3歳世代の予想・回顧は先週で終了しました。今週以降は2歳世代へ完全シフトします。予めご了承ください。今シーズンの運営昨期と変わらず「LB指数ランキング」「先週のLB指数」「LB指数予想」が中心に [続きを読む]