熟年夫婦 さん プロフィール

  •  
熟年夫婦さん: 熟年夫婦の温泉旅日記
ハンドル名熟年夫婦 さん
ブログタイトル熟年夫婦の温泉旅日記
ブログURLhttp://fuufuonsen.publog.jp/
サイト紹介文温泉大好き夫婦が訪問先の温泉宿や、観光スポットの状況をお伝えします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/02/11 19:14

熟年夫婦 さんのブログ記事

  • 福地温泉Ⅱ(奥飛騨)
  • 4日目の朝、部屋で朝食を済ませ10時に望雲をチェックアウト。今日は④泊目の奥飛騨温泉郷に向け国道144、143から158号線を進み、上高地の入り口 沢渡から安房トンネルを抜けて平湯温泉、さらに国道471号線を北上し福地温泉まで約160kmを走行。15時30分、今日のお宿 福地温泉 元湯孫九郎に到着。玄関口フロント&ロビー百年以上前の古民家を移築したとされる本館のロビーでチェックインを済ませ、部屋へ案内される途中ですが、衝立 [続きを読む]
  • 草津温泉(上信越)
  • 3日目になりました。ホテル渓山亭を10時にチェックアウト、県道66号線の笠岳〜熊の湯区間が車両通行止めとの情報を得ていたので、上信スカイライン(県道112号線+県道466号線)で万座峠を越えて草津温泉までのルート(下図の青線)を進みます。66号線を3kmほど戻ると「名勝 雷滝」の案内標識と説明書きを見つけ、見学に。 別名「裏見の滝」と言われているように、珍しく滝の裏に通路があり、裏の通路を真っすぐ進み階段を降りた展 [続きを読む]
  • 七味温泉(上信越)
  • 赤倉観光ホテルを12時チェックアウト。ホテルから訪問のアドバイスを受けた「いもり池」の水芭蕉見学前に、ホテル出口ゲート付近から雪で覆われた妙高山をバックに、標高1,000mに建つホテルの全景をもう一度...いもり池到着後、また角度を変えて見る雲一つない青空にそびえる妙高山。対岸に水芭蕉群が、水芭蕉見学に池の周りを一周後、そば処(芭蕉苑)で昼食を済ませ、今日のお宿②泊目の七味温泉 ホテル溪山亭へ、上信越自動 [続きを読む]
  • 妙高高原 赤倉温泉Ⅲ(上信越)
  • 前回訪問の鶯宿温泉 長栄館に続き、湯の花が咲く源泉掛け流し温泉を求め、①妙高高原 赤倉温泉 赤倉観光ホテルの再訪問を5月初旬に計画し、合わせて②泊目の七味温泉 ホテル渓山亭から、③泊目の草津温泉 望雲へ向かい、帰り道に奥飛騨温泉郷 ④泊目の福地温泉 元湯孫九郎に立ち寄る4泊5日の日程で、選び抜いたこだわりの源泉掛け流し温泉を下図の青いルートに沿って巡りました。西宮ICより名神高速、中央、長野、上越自動車道と乗 [続きを読む]
  • 鶯宿温泉(東北)
  • 3日目の朝、昨日降った雪の為、新雪を踏んで朝の露天風呂入浴です。入浴後、朝食処へ(昨日の夕食とは又別の食堂)、自分で卵を割って焼くベーコンエッグ、コンロで焼くアユとマスの一夜干し、わらに包まれた納豆などメニューに色んな工夫がなされています。チェックアウト間近、昨夜の積雪で駐車場に停めた車が気になり、昨日の夕食処から外を見ると、車の上に多量の積雪が...よく見ると、妙の湯のスタッフが車の雪払い実施中 [続きを読む]
  • 妙の湯温泉(東北)
  • 2日目です。①赤倉温泉 三之亟を9時30分にチェックアウトし、今日のお宿②妙の湯温泉へ向かいました。妙の湯手前の194号線で雪道を走行したものの、それまでの幹線道路は完全に除雪され、スムーズなドライブで15時丁度に妙の湯温泉到着。妙の湯温泉建屋全景玄関口フロント&ラウンジ チェックインを済ませ、案内された部屋までの道順ですが、フロント横の廊下を進み突き当たりを右に曲がって10mほど進むと3階?までの階段、上まで [続きを読む]
  • 赤倉温泉(東北)
  • 正月明けのTV番組「雪見&混浴ふれあい湯めぐり」で、南東北チームから紹介された山形県赤倉温泉 湯守の宿 三之亟の天然岩風呂深湯に大変興味を覚え、すでに計画済みであった雪見露天風呂で有名な、秋田県の乳頭温泉郷近辺湯めぐりの一部を取りやめ、2月22〜25日の3泊4日の日程で、大阪伊丹より飛行機でいわて花巻空港へ、?地点の花巻空港からはレンタカーを借りて①泊目の赤倉温泉 湯守の宿 三之亟、②泊目の乳頭温泉郷 妙の湯、 [続きを読む]
  • 土肥温泉(東海)
  • 3日目の朝、川奈ホテル部屋の窓からの景色です。雲が晴れれば伊豆諸島が見えるようですが、朝風呂から部屋に戻り、地下一階の朝食会場(グリル)まで地下の通路を通って行きましたが、この通路には「川奈のあゆみ」というタイトルで色んなものが展示されており、大倉財閥で使われていた食器類を始め、川奈ホテルの歴史の写真、ホテルの建設風景から、アメリカ軍に接収されていた時期を経て、皇室や著名人の宿泊時の写真まで、その [続きを読む]
  • 蔵王 4 改訂版
  • 3日目の朝を迎えました。今日の予定は②から③地点の鳴子温泉郷へ移動します。移動距離は、松島の瑞巌寺へ立ち寄りを含め約135kmとなります。11時、一の坊をチェックアウトし、瑞巌寺を目指しました。瑞巌寺入口に立ち、9年前の訪問時に比べ、左側の杉並木がバッサリなくなっており、又右の杉並木には枯葉が目立つのが気になりました。後で分かったのですが、3.11の津波で海水が侵入、入口付近で1.5mの高さとなったようで、杉並木 [続きを読む]
  • 伊東温泉(東海)
  • 2日目の朝、目を覚ますと晴れの予報が外れ曇り空。大きな窓から期待していた富士山の優美な姿を見ることはできず、昨晩、幻想的な水のドラマを吹き上げていた噴水の池も今朝は何か元気がなさそうです。何とか天気が回復するのを待ちましたが、10時半になっても回復の気配はなく渋々チェックアウトに...、一階のフロントに行くと、今朝の御殿場地方には濃霧注意報が発令されていることを耳にしました。 エ〜、今日の予定してい [続きを読む]
  • 六日町温泉Ⅱ 改訂版
  • 貝掛温泉の朝の長湯を最後に、10時に旅館をチェックアウトしました。屋根には雪が積もっていますが、れでも今年の雪は少なく例年の半分ぐらいとのことでした。3日目の今日は、②地点の奥湯沢貝掛温泉から、まつだい芝峠温泉(雲海)に立ち寄りスノーシューウォーキング 体験後、③地点の六日町温泉に戻って宿泊の予定です。約1時間半で芝峠温泉(雲海)に到着。ただ残念ながら心配していました雨が降ってきた為、この [続きを読む]
  • 御殿場東田中温泉(東海)
  • 一度は泊まってみたいと思ってました伊豆「川奈ホテル」への宿泊と合わせて、御殿場を起点とした富士五湖を巡る旅を計画し、富士山周辺道路路面凍結前の12月初旬(希望的観測)、3泊4日の日程(12月4〜7日)で自宅からノーマルタイヤの車でスタートしました。ただ4日の出発日は曇り空で、東海地方も曇りの予報の為、富士山の眺望が期待出来ないと思い、名神〜伊勢湾〜新東名高速を乗り継いだ後、急遽、下図の島田金谷ICで高速を降 [続きを読む]
  • 鳴子温泉Ⅱ(東北)
  • 4日目の朝曇り空です。名残惜しい栗駒山荘を9時半にチェックアウトし、今日は③から④地点の鳴子温泉に向かいます。昨日訪問の子安峡を通り過ぎ、県道51から310号線に入り20分程行くと、突然、草木のない灰白色の山肌が出現。しかもいたるところから蒸気を吹き出しており、火山活動がいまだに継続しているような不気味な光景に遭遇。そのまま進むと、ここは川原毛地獄と呼ばれる案内板のある入口前にさしかかりました。思いがけな [続きを読む]
  • 須川温泉(東北)
  • 3日目の朝、晴れ模様です。今日は下図②〜③地点の須川温泉へ移動します。②地点の大沢温泉・山水閣を9時30分にチェックアウト。一昨日花巻空港到着時、レンタカー・カウンター前に大きな写真で、紅葉スポットとして宣伝されていた西和賀町に立ち寄ってみました。北上線・ほっとゆだ駅前の西和賀町観光協会で、紅葉見学スポットを訊ね、推奨された焼地台公園に向かいましたが、紅葉は未だ時期尚早のようでした。 [続きを読む]
  • 大沢温泉(東北)
  • 朝の6時です、3階の部屋の窓のカーテンを開けると、紅葉の上に朝靄が立ち込めていました。7時に2階のレストラン「こまくさ」へ、朝靄が晴れ紅葉が綺麗に見えます。窓際の席に座り朝食をとりました。部屋に戻ると、朝日を浴びた紅葉が黄金色に輝き、圧巻の絶景です。     田沢湖側の窓から      山側の窓から今日は、②地点の大沢温泉に移動しますが、その途中下図の抱返り渓谷、角館等の紅葉スポットに立ち寄る予定で、 [続きを読む]
  • 田沢湖高原温泉(東北)
  • 八幡平から鳴子峡までの紅葉スポットと、その近くの温泉を巡る旅、4泊5日(10月25〜29日)を計画し、?地点の花巻空港からレンタカーで下図の青いルートに沿って、①田沢湖高原温泉、②大沢温泉、③須川温泉及び④鳴子温泉を巡りました。尚、赤字の箇所は立ち寄りスポットです。10時25分大阪伊丹発‐いわて花巻行の便に、バスで飛行機の駐機場へ移動して搭乗。定刻の11時45分いわて花巻空港に到着。今回お世話になるレンタカーは日 [続きを読む]
  • 蔦温泉(東北)
  • 4日目の朝今日も晴れ模様です。ただ昨日の八甲田山登山トレッキングが堪え、思うように足が動きませんが、午前6時50分、酸ヶ湯温泉の朝風呂へマイクロバスで向かいました。朝もい早い為か館内はガラガラです。浴場入口前には、酸ヶ湯とのつきあい方十か条や、各浴槽への入浴方法等が説明されており、特に女性専用時間(朝夕の8時〜9時)の設定、ならびに浴槽での男女入浴区域が設けられたことが明記されています。規則に従って恐る [続きを読む]
  • 荒川温泉(東北)
  • 3日目の朝、天気は晴れ、今日は八甲田山登山トレッキングに挑戦の為、8時15分に椿館をチェックアウトし、八甲田ロープウェー山麓駅に急ぎました。山麓駅で登山ガイドの大平さんと出会い、9時20分発の山頂行きに乗り込み、約2,500mの距離を10分で山頂公園駅に到着。駅を出た... [続きを読む]
  • 荒川温泉(東北)
  • 3日目の朝、天気は晴れ、今日は八甲田山登山トレッキングに挑戦の為、8時15分に椿館をチェックアウトし、八甲田ロープウェー山麓駅に急ぎました。山麓駅で登山ガイドの大平さんと出会い、9時20分発の山頂行きに乗り込み、約2,500mの距離を10分で山頂公園駅に到着。駅を出たところの山頂公園案内図に赤倉岳・井戸岳・大岳が描かれています。我々のトレッキングは、下図の北八甲田登山道案内図の現在地で示された山頂公園駅から、田 [続きを読む]
  • 浅虫温泉(東北)
  • 2日目の朝、目を覚ますと天気は晴れ、台風9号は昨晩青森県を通過し北海道へ抜けたようで、台風一過の快晴です。9時にホテルをチェックアウトし、本州最北端の大間崎に向かいました。津軽海峡を挟んで北海道がクッキリと見えています。写真右端は恵山でしょう。次の目的地「仏ヶ浦」訪問の為、佐井港へ進みました。約30分で佐井港に到着。幸いなことに10時30分発、仏ケ浦往復の高速観光船「ニューしもきた号」に空席があり乗船する [続きを読む]
  • 浅虫温泉(東北)
  • 2日目の朝、目を覚ますと天気は晴れ、台風9号は昨晩青森県を通過し北海道へ抜けたようで、台風一過の快晴です。9時にホテルをチェックアウトし、本州最北端の大間崎に向かいました。津軽海峡を挟んで北海道がクッキリと見えています。写真右端は恵山でしょう。次の目的地「仏ヶ浦」訪問の為、佐井港へ向け出発。約30分で佐井港に到着。幸いなことに10時30分発、仏ケ浦往復の高速観光船「ニューしもきた号」に空席があり乗船するこ [続きを読む]
  • 浅虫温泉(東北)
  • 2日目の朝、目を覚ますと天気は晴れ、台風9号は昨晩青森県を通過し北海道へ抜けたようで、台風一過の快晴です。9時にホテルをチェックアウトし、本州最北端の大間崎に向かいました。津軽海峡を挟んで北海道がクッキリと見えています。写真右端は恵山でしょう。次の目的地「... [続きを読む]
  • 下風呂温泉(東北)
  • 前回の5月下旬に、本州(橋つながり)最西端の角島を訪問しましたが、今回は避暑を兼ね、本州最北端の下北半島大間崎まで足を延ばし、標高の高い八甲田山周辺の温泉(八甲田登山を含め)を巡る旅を8月22〜26日の4泊5日で計画しました。 ただ、大阪から青森や、三沢空港往復... [続きを読む]
  • 下風呂温泉(東北)
  • 前回の5月下旬に、本州(橋つながり)最西端の角島を訪問しましたが、今回は避暑を兼ね、本州最北端の下北半島大間崎まで足を延ばし、標高の高い八甲田山周辺の温泉(八甲田登山を含め)を巡る旅を8月22〜26日の4泊5日で計画しました。 ただ、大阪から青森や、三沢空港往復の飛行機便の予約が取れず、大阪−花巻空港往復便で対応することになり、今回訪問の温泉地は花巻空港からレンタカーで下図の青いルートに沿って、①下風呂温 [続きを読む]
  • 下風呂温泉(東北)
  • 前回の5月下旬に、本州(橋つながり)最西端の角島を訪問しましたが、今回は避暑を兼ね、本州最北端の下北半島大間崎まで足を延ばし、標高の高い八甲田山周辺の温泉(八甲田登山を含め)を巡る旅を8月22〜26日の4泊5日で計画しました。 ただ、大阪から青森や、三沢空港往復の飛行機便の予約が取れず、大阪−花巻空港往復便で対応することになり、今回訪問の温泉地は花巻空港からレンタカーで下図の青いルートに沿って、①下風呂温 [続きを読む]