犬飼 犬児 さん プロフィール

  •  
犬飼 犬児さん: 房総田舎暮らし KEN2
ハンドル名犬飼 犬児 さん
ブログタイトル房総田舎暮らし KEN2
ブログURLhttp://1956kenken.blog.jp/
サイト紹介文外房で14匹のワンコと田舎暮らし。 アイデア満載の、住み家 住宅を紹介 しております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/02/01 18:21

犬飼 犬児 さんのブログ記事

  • 海上コンテナの建築確認申請について その3
  • 海上コンテナの建築確認についての、問い合わせがまだまだ多いので,ここでもう少し掘り下げて検討してみましょう。4号建物に該当するではないのかと聞かれますが、確かに構造計算も簡素化し申請できそうですが中古コンテナを購入し基礎工事を行わず設置するだけなら、建築物ではないので論外です、合法的に設置し登記までを考えるのであれば、以前にもお話しましたがハードルは高すぎます。当然ですが、コンテナは元々荷物を輸送 [続きを読む]
  • ローコスト住宅 スモール住宅2 樹木の越境
  • ベース打設前の採石敷き込みと転圧工程。隣の栗の木が越境して栗の実だいぶ大きくなりました。ここで、樹木の越境について知っておきたい知識。樹木の枝が伸びて自分の宅地に越境して邪魔になっても勝手に切ることはできないことは一般的に知られていますが,樹木の根っこが越境している場合は樹木の持ち主はこちらで切ることは拒否できない、また越境された方は、撤去の申し入れして,樹木の持ち主の費用負担で切ってもらうことが [続きを読む]
  • 建築中に無許可で占領されて、迷惑な住人参戦!
  • 巣造り完了まで、2羽で3日で完成して5日目に確認したところ卵が5個仕事が早いのにビックリ、段取り上手で可愛いから巣立ちまで共同プロジェクトで工事を進めましました。オーナー様の了解の上、巣立ちまで戸締りせず、無事完了しました。ミニキッチンの仕立て。ロフトはしごの仕立て。今回はクロスではなく、壁、天井塗装仕上げです。外壁は、ガルバニュウム鋼板 屋根もガルバニュウムです。板塀の仕立ては、注入土台の柱に厚 [続きを読む]
  • ローコスト住宅 土地込みで500万以内で建てる、スモール住宅
  • 今回のローコスト住宅は、土地込みで400万以内が目標です、外房エリアだからできるかもしれません。都内までの通勤圏内でありながら、安価な土地が豊富だから面白い。外房一宮あたりは、さすがにオリンピック影響か多少高めのようです。土地面積58坪に、土間仕様の5,5坪住宅です。ウィークエンド住宅と考えると十分でしょう。建築確認はツーバイフォー工法住宅で申請は完了しました。今回は、在来工法ではなく、スモールタ [続きを読む]
  • ウッドデッキ工事完了。
  • コンテナ周りウッドデッキで三方囲むように完成させました。コンテナ本体の内装も、プランが確定してきましたので、順次進めてまいります。以前のデッキも杉材使用してありましたので、今回も杉材で施工しました。板厚40ミリ 板幅240ミリ [続きを読む]
  • 狭小住宅依頼物件 1F6坪 ロフト3坪完成です。
  • 稼働日数38日もかかってしまい、お施主様にはお待たせしてしまいました。外房は今年、台風と雨の当たり年で最悪でした。別件ですが、台風被害物件の修復も一段落して、久々のブログ更新です。勝手口から直接、トイレとシャワー室へ、もちろん部屋内からもトイレとシャワーは利用できます。前面ポーチは、土間コンクリート使い勝手も良くなっております。サーファー向けのハウスとしてデザインしておりますので、洗濯機置き場もポ [続きを読む]
  • これでいいんです!これがいいんです、貨物コンテナ
  • 緑いっぱいの敷地に設置しましたが、違和感なく収まりました。内装編は徐々にご紹介してまいります、オーナー様のご希望どうりに完成まで工事を進めてまいります。今回は6トン車ユニックで搬入お行いましたが、やはり後ろ大きくはみ出しました。前面道路狭いためホイルベース短い6トン車なんとか収まりました。駐車場も整地されて綺麗になりました、デッキを設置することでもっと大きく見えると思います、乞うご期待本日は雨模様 [続きを読む]
  • 狭小住宅依頼物件 1F6坪 ロフト3坪 その3 整地作業編
  • 全面のフェンス及びブロック塀の撤去から作業開始。長い期間、放置状態になっていたようで腐葉土堆積し軟弱になっているため全面天地返し行います。まずは、一旦腐葉土をすきとり地中深く埋めて表層整地作業に進みます。深い地層にある土使い整地します、こうすることで草木の根の発芽を止めてしまいます、このことを一般的に天地返しいいます。農作物の生産するときも同じ工程を毎年行う、農業の場合は収穫したあとの土は痩せてい [続きを読む]