管理人H&管理人O さん プロフィール

  •  
管理人H&管理人Oさん: スローペース症候群
ハンドル名管理人H&管理人O さん
ブログタイトルスローペース症候群
ブログURLhttp://aftercity.blog.fc2.com/
サイト紹介文二本松市在住の二人の管理人によって運営されているブログ。二本松の事、競馬、創作など。
自由文基本的に「スローペース」ですが、長く続けてゆこうと思っています。

トップページ http://aftercity.blog.fc2.com/blog-entry-118.html
になります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供361回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2015/02/01 20:57

管理人H&管理人O さんのブログ記事

  • 思ったりした
  • 常にその状況、その状況で最善をと思う気持ちが強い。月曜から日曜日まで、やはり何かしらのテンションが周期的に巡ってくると感じるのは、これだけSNSで同期しやすい時代だからかも知れない。世の中というのは多くの人が織りなしていて、それぞれの人がやはり何処かしらで似た思いを抱いているのなら傾向が生まれるもの。でその状況に応じたテンションは致し方がないとまず認めるとして、その場合にもやはり次に巡って来た時の工 [続きを読む]
  • 今週の重賞
  • 今週の重賞は2つ。どちらも日曜日ですが個人的には中京記念のワンアンドオンリ―を注目しています。ただこのコーナーでは良血馬紹介なので該当馬を探すのですが、どうも良血とは言い難い馬が多いのでここは一年前の「マイナー血統」の馬を探してみます。・グァンチャーレは父スクリーンヒーロー、母父ディアブロ。ヘイローとノーザンダンサーなどのインブリード。スクリーンヒーロー自体が少数ながらもよく走るので何となく良血の [続きを読む]
  • 平日の休み
  • 都合上、何でもない平日にブログを書く時間がある。自分なりに休日についての妥協があったわけだが近所の床屋で散髪をしてもらいながら世間話をしていると月曜日が休みという職もありふれていて、色んな過ごし方があるのだと実感する。前までそういう状況が「特殊」だという気持ちでいたので何とか適当な作業をして少しでも時間を有効に使おうという意識だったが、そうでもないのかも知れない。ただ今日も猫に囲まれながら過ごして [続きを読む]
  • こういう方法で
  • 新たな環境と思っているうちにも時は経過し、何だかんだでまだ慣れてないと言えなくもなってくる。そこで活かしきれていないものがあるのも事実で心のどこかで「まだできそうだ」と思ってしまう。時折自分の境遇を忘れそうになるくらい、色んな事情を知ってゆくとどこか別世界のお話のようにも思われてくる。色んな面で何とかなっている状況で果たして自分をどこまで出すのかみたいな事を考える。スロペとか「ナンセンスに」で出し [続きを読む]
  • 今週の重賞
  • 今週の重賞は函館記念。過去に紹介していない馬でアングライフェンを。・アングライフェンは父ステイゴールド、母父パントレセレブル。ノーザンダンサーのインブリードで世代的にパント『ル』セレブルで記憶していた母父は凄く強いイメージがありますが、さすがに日本での活躍馬はいないですね。アングライフェンは前走2着でもしかするとここは面白いんじゃないかなと思います。そして注目の新馬は土曜中京5レースのスワーヴポル [続きを読む]
  • 情報から
  • 特別な感じというか、どこか違う世界を感じさせる情報がある。非日常とは少し違っていて、おそらくは何かの分岐点になっていた事があって、それを感じた時に漂っている雰囲気がきっかけになって呼び覚まされる記憶というか。その向こうを辿っていけば、これまでとは違う捉え方も出来るのかも知れない。作品として表現し得るものにできれば尚更。現実主義というのは「現実の後追い」という表現を何かで読んだ事がある。アランの定義 [続きを読む]
  • やはり
  • 忘れていると思っていても何かのきっかけで想起されて重要さが確かめられる、という少し不思議な事がある。すごく必死で記憶にも残らないような事も近づくというか。忙殺されそうになっても、どこかで近づけているような気がする。すごく大切にしてきた想いとか記憶とかが、どういう状況にあっても再構成されるようになっているがゆえに。「その先」が結局は大切で、回り道をしながらも挑んでいるのかも知れない。 [続きを読む]
  • ある種の
  • 夏らしい暑さでセミの鳴き声も少し聞こえている。無暗に出歩きたくはないけれど散歩はしていたいなと思っていて、『強い意志』がないと継続は難しくなってくる。『強い意志』については書く事どころかPCに向かう事にも必要らしく、いつものように目標とする創作の為のプロセスとしての当面のメモのような事については、どうにも意識が続かない。「仕事」という要素については何とかなっているという意味で、以前とは主眼とすると [続きを読む]
  • 今週の重賞+α
  • 今週も福島で重賞があります。中京もプロキオンSがあって騎手がどちらの方に遠征するかという事もなかなか興味深いですね。まずは七夕賞から例外的にマイナー血統の馬を。・ヴォ―ジュは父ナカヤマフェスタ、母父タニノギムレット。http://db.netkeiba.com/horse/ped/2013102596/この血統を見ていると、母父がフジキセキなのでサンデーの3×4という凄みが感じられます。しかもブライアンズタイムの血があるので大分ヘイルトゥリ [続きを読む]
  • それだけじゃ
  • 早くも「仕事だけで良いのか?」という問いが擡げてきている。望み通りやるべき事をやっていたとしても仕事の為に必要な事だけをやっていれば良いというわけでもないように思えてくる。こういう状況になっていよいよ確信になってきた。「動かす」というよりかは自分がある方向に動いて行きたいのだろうと思う。そしてその方向に進んで行くことは仕事、作業とはまた違う努力も必要なのだ。もちろん広い視点ではどこかでは関係してい [続きを読む]
  • 状況が
  • 状況というか環境も変わってきて少し一息ついている。これまでの事を存分に活かして動いているけれど、そうなってみたらなったで「これで良かったんだろうか?」とすこし思ってしまうことも。状況が変わってもまだ通用する事を振り返ってみようと思うけれど、今は精神的な問題よりも体力的な問題になってくるのだろうか。今後は余力をどう活かすかという事に尽きてくるかも知れない。 [続きを読む]
  • 今週の重賞+α
  • 今週から福島競馬の開催です。重賞もラジオNIKKEI賞があり、出走馬のレベル的に福島で最も重要とも言えるレースのように感じます。中京のCBC賞も同じく日曜日でこちらも面白いメンバーになりそうです。先ずは福島の方から良血ならウインガナドルを。・ウインガナドルは父ステイゴールド、母タイムフェアレディ。ステゴ×マック配合でアウトブリード。母は重賞馬ですが血統が素晴らしいですね(涙)。血統内に溢れかえるカ [続きを読む]
  • そこから語る事で
  • 暑い。梅雨だというのに、雨も殆ど降らない。でも夕涼みに散歩すると気持ちいい。そんな一週間も半分が終わり、いよいよ自分にとっては大事な日々が始まる。仕事の方面で結構いい展開になって、本腰を入れて取り組めるんだろうなと思うけれどそれに反比例するように書くべき事も少なくなってきた。なるべく「日常」という言葉は使わないようにしているけれど、ある範囲の中で完結してゆく生活の中で何かについてはやれるだけの事を [続きを読む]
  • 夏の福島開催に向けて
  • 宝塚記念は応援していたゴールドアクターが2着でまあまあ気分は良いのですが、キタサンの敗戦は色々考えさせられたような気がします。前日に降った雨でサトノクラウンの人気が一気に上がった時には「なんか不穏な空気が…」と思っていましたが、それよりも当日武騎手が9、10と連勝したのを見て「逆に大丈夫かな…」と不安に思ってしまった自分がいました。もともと「ワイド」を狙う方が堅実だなと考えていましたし、1倍台で大 [続きを読む]
  • フレミングに宛てて ⑬
  • 8月になっていよいよ逃げ場のない暑さにウンザリし始める頃エアコンの効いた居間でテレビを見ていますと、そこに映し出される海の光景にぼんやりとした気持ちで憧れをもってしまいます。学生時代もこれと言って青春を謳歌した方のグループでもなければ、勉強で見返してやろうという気概もそれほどない人間だったせいか、キラキラと輝く浜辺もそこに居る人の表情もどこか異世界の事のように思われてきて、少し溜息をつきそうになり [続きを読む]
  • それが目覚め
  • それまでの習慣とか、そうなり易い方向に流される一歩手前で目覚めて、何がしかの意志をそこに見出す。逆らうという程の事ではないけれど、敢えて早起きする理由が言葉に言い表せないレベルの事がある。そう考えられる。『出来ればそうしたい』というような希望で動いているのかも知れない。なるべく目覚めたこの意識で何かを見出していたい。消化不良のままとりあえず進んでいるような物事が結構あるように思える。炎上して話題に [続きを読む]
  • 今週の重賞(宝塚記念+α)
  • 今週はグランプリ宝塚記念です。少し前にコラムのようなものを書いたばかりですが、今度は予想をしてみようかなと思います。枠順が発表になって、ゴールドアクターが2番でキタサンが10番という事が最初に目に付きましたが、ちょっとは影響するかも知れないもののキタサンにとって不利と言えるかまでは微妙ですね。ここは武騎手の自信も相当のものであると考えられるので素直にキタサンが本命。シュヴァルグランが2、3着に来そ [続きを読む]
  • 宝塚記念で思う事
  • 宝塚記念の武豊の勝利宣言、と受け取れるような発言は「らしいな」と思う。常人ならプレッシャーで冷静な騎乗が出来なくなるという躊躇いもあるかも知れないが、考えようによっては『モチベーション』をあげる上では最善かも知れない。11頭立てで必ず勝たなくてはならないという陣営の意志とモチベーションがあるのは凱旋門をにらむキタサンブラックだけれど、一方で「別に勝たなくてもキタサン最強を疑う理由にならない」という [続きを読む]
  • ぶつけてゆくような
  • 意欲が高まっているのを感じる。自分の中でハードルが高いと思っていた事をちょっとでも動かせたら、という気持ちと気分になっていて同時にポケモンGOの散歩促進もあり身体の調子がすこぶる良い。ここ数日で少し戸惑うような事もあったけれど、その時々で色んな状況を想定して、そのどれでもそれなりに処理できるかなという気持ちになっている。大体半径3、4キロの範囲を散歩しながら一月程前に旅行に出かけた時に感じた事を思 [続きを読む]
  • 近づくように
  • 自分がそう思えているときに意味があるようなものがあるとして、何かと何かを繋ぐものもそう思えているという事が起点になってどこかに導いてゆけるなら、と思う。圧倒的に「これでいい」という感覚があって、それを肯定しないならば少し日常から逸脱するような気分でやってみたことの記憶が囁く。知らない場所だろうとも冒険するように迷わず進んでいって見つけた世界、そこで感じた事。なぜか町の端の方の雰囲気が好きで、そこに [続きを読む]
  • 住んでいて
  • 地元で数少ない動物病院の一つに今日もお世話になった。駆っている猫のちょっとした診察と注射なのだが、近くにある方がやはり色々都合が良い。そういう環境から考えると二本松に住んでいて他の地域と比べて住みにくいというような事はないし「常識的な不便」をそれとして受け入れると、特に不便と感じることも少なくなってきたような気がする。というか普通に猫を飼える環境だからメリットもあるわけで。個人的には競馬の福島開催 [続きを読む]
  • 更新する為という
  • 今日久々に二本松と季節を題材にした短編を書いたのだが、何というか更新したいから書いたという意味合いが強いのかも知れない。創作についての地味な悩みになってきているのが主に私小説の体裁を取っているものの、自分は男性でも女性視点で書いていた方が好評になっていたりする事である。まあ確かに自分の素直な見方は面倒くさい部分があるし、考えてみれば自分の意識は書くとき以外はほとんどあっさりしているのが実情である。 [続きを読む]
  • 6月のある日
  • 「求めよ、さらば与えられん」と誰かに言われた気がした。去年の梅雨入り前のこの季節の出来事がふと脳裏に浮かび、詳細を思い起こすためにSNS上に残していた記録を読んでいた時の事だ。幸運な事に、これまで出会いの少なかった人生で今の彼女と知り合えた通り雨のあの日の午後。彼女の顔を見たその瞬間の事はとても印象に残っているけれど、付き合うようになって他愛もないやり取りをする日々で当初の新鮮な感覚に溢れている短 [続きを読む]
  • 今週の重賞(プラスα)
  • 来週が宝塚記念ですが今週は重賞2つ。いよいよ夏競馬という雰囲気になってきましたが函館SSなどはまさにその第一弾という感じ。日曜日の東京のユニコーンSから見て行きます。ここではちょっと思うところがあって良血馬とマイナー血統を一頭ずつ取り上げます。・アンティノウスは父クロフネ、母父ネオユニヴァース。母は覚えている人もいらっしゃると思いますがミクロコスモス。Vice Regentのインブリードでネオユニヴァース産 [続きを読む]
  • フレミングに宛てて ⑫
  • 『高橋雅仁?ああ、知ってるかも。クラスは同じじゃなかったけど、確か高校K市の方に行ってたような気がするな。合ってる?』僕は高校時代の友人の一人に連絡を取ってみました。その人も三中出身でしたが三年間同じクラスだったので気軽に話せる仲です。三中出身の『高橋雅仁』という名前の人を知っているか?という切り出しでメッセージを送ってみたのですが、すぐに返信がありました。なので思い切って正直に、『ああ、そうだよ [続きを読む]