管理人H&管理人O さん プロフィール

  •  
管理人H&管理人Oさん: スローペース症候群
ハンドル名管理人H&管理人O さん
ブログタイトルスローペース症候群
ブログURLhttp://aftercity.blog.fc2.com/
サイト紹介文二本松市在住の二人の管理人によって運営されているブログ。二本松の事、競馬、創作など。
自由文基本的に「スローペース」ですが、長く続けてゆこうと思っています。

トップページ http://aftercity.blog.fc2.com/blog-entry-118.html
になります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供396回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2015/02/01 20:57

管理人H&管理人O さんのブログ記事

  • 積み重ねる為に
  • 競馬の天皇賞の事で興奮し続けた一日。キタサンブラックという名馬がスキのないレースを見せたけれど、もう国内に敵は居ないと考えて良いと思う。有名人のオーナーも凱旋門の事を意識していてかなり迷っているらしいけれど、まずはこのタフなレースの後が順調にいけるように祈りたい。現実の結果に一喜一憂し、容易に表現できない(特に感覚的な)何かを学んでいるという意味では、競馬を楽しんでいる時間は独特である。様々な不確定 [続きを読む]
  • 諦めるにはまだ、と
  • とても心地よいとでもいうのか色々な事で自分が望んでいた事があった反面、どうにもならない事をまたしっかり認識した日だった。身近なところでは自分もついつい抱きがちな偏見に対して、「例外的な事情」を無視しないように襟元を正して向かうべきなのだなという事。そもそもこのブログの事についても『正確な情報』をずっと求めてきた。情報の信頼性から一歩進んで「確実」と思われる事が増えてゆくからこそ自信をもって、そして [続きを読む]
  • 今週の重賞
  • 段々メインコンテンツ化している競馬記事ですが、ダービーが近づいてくるとますますモチベーションが高まってきます。土曜日にはそのダービートライヤルの青葉賞がありまして、結構このレース自体もテレ東の気合が入っていて好きなレースです。今回は少し小粒なメンバーですが、良血と思われる馬も出走しているのでじっくり見て行きましょう。・トリコロールブルーは父ステイゴールド、母父シンボリクリスエス。兄弟にダノンジェラ [続きを読む]
  • 自分が思う方向に
  • ちょっとした工夫とか、後の布石になるように僅かに意思を見せておいて目につくようなところに置いておくという、できることが限られている中でする(場合によっては涙ぐましい)努力というのも自分が自分を認められるような条件としても必要で、自己満足がある意味で最上の結果とも言えるなら、そこも粘り続ける必要がある。もはや「どういう風にしたいのか」を意識するのも難しいぐらいに、「今やれる事」を探して続ける事に集中 [続きを読む]
  • フレミングに宛てて⑦
  • ネットで調べられる事はかなりあると思います。かくいう僕もDTM関連の情報をネットでググって虱潰しで調べていた時期があって、情熱と根気さえあればそこからでも有益な情報を得ることが出来るという事を経験で知っています。今回の「人探し」についても、膨大な数のツイッターのアカウントを調べる気力さえあれば直接本人に辿り着かなくても、そこに繋がる情報が何気なく呟かれている場合だってあると思います。「だけど、流石 [続きを読む]
  • より難しくの
  • 意欲的に創作の活動をする場合に周期的にストイックになる事があるのだが、ストイックになり過ぎると最早「創作なんか」と思ってしまう気分になる場合があるような気もする。まあそれくらいの心境になれるほどに取り組んでいるなら十分なのだが、より難しい事がない感じでひたすらストイックにと思っても何のためにそうしているのかもよく分からなくなる。「より難しい」というのも情勢や状況によってその行為が変わってくる。数年 [続きを読む]
  • 未来志向
  • 福島開催も終わり、今週は天皇賞。自分には長距離レース愛がある方だと思っているが、今年は特別な雰囲気と緊張感がある。キタサンブラックの連覇か、サトノダイヤモンドの連勝か、というところにシャケトラ、ゴールドアクターなどの実力馬の存在感。キタサンが基本的にはペースを作る側だろうから締まったレースになるだろうし、中距離が中心の時代にあって比較的長距離適性のあるスターホースが出てくるのも興味深い現象だ。じわ [続きを読む]
  • 雰囲気こそが
  • ネタというほどのものではないのだが、駄文を承知で話題にもならない事をそれなりに真面目に考えてゆくと案外自分らしさが現れる。久しぶりに視聴を決めたテレビドラマが見つかって、その雰囲気が好きなんだろうなと思うと、やはり演技の力を感じる。ありのままの世界は、意外と「ドラマ」もある。これだけ多くの人が一緒に成り立たせている場だったら何かしらは生起するのが普通で、人の感情がやっぱり何かのきっかけで動いて、あ [続きを読む]
  • 熱量を
  • 過去にも何度か訪れている作品の質についての思い改め。作品に求めている事が可能な範囲でできる事を少し上まって来る場合にはどうしても工夫が必要だろう。基本的にはモチベーションの高さに応じた作品にできるならば方法はあまり問わないが、エネルギーを余す事なく伝えられるようなものとして完成させられるかが今は重要だと感じている。昨日の夜にKくんとカラオケに行って、そこで改めて自分には伝えたい熱量と伝えられる力が [続きを読む]
  • それくらい
  • 何らかの意味で改善があるように感じるそんな一日の終わり。そうは言ってもはっきりとした成果がなけりゃ確かめられない。ただ自分で迷いながら続けている事について、ちょっとした発見があったりする。「そういうものがあるという前提だったけど、そもそも無いのかも知れない」そんな風にかなり理論的な事で気付いた時、確かに発展を見せたのかも知れない。うん、、、でもこんな話をしても何のことやら分からないだろうと思う。特 [続きを読む]
  • これみよがし
  • 昨日二本松では暴風で、「春の嵐」の凄まじさを実感した。桜も満開だったのがだいぶ散ってしまった所もあったので勿体無い気持ちになってしまう。ここしばらく読んでいた源氏物語も光源氏亡き後の話になってきて、その無常観というのか儚さのようなものをしみじみと感じて、桜の愛で方も少しだけ違ってきたような気がする。こう何ともいえない微妙な憤りというか、やり切れなさみたいなものを薄っすらと意識はしているのだけれど、 [続きを読む]
  • 今週の競馬
  • 今週から東京、京都の開催ですね。福島は最終週で土曜日に福島牝馬Sがあり、武豊騎手も参戦。というわけで少し気合が入るのですが、GⅠがない週なのでファンとしては小休止という気分もあります。まずは福島牝馬Sから良血馬を探しますと、ギモーヴが該当。・ギモーヴは父ハービンジャー、母ヒカルアマランサス。母はGⅠでも連対した実力馬。ハービンジャーが入ってまあまあ上手く遺伝している様子で、これから牝馬限定戦などで [続きを読む]
  • 完結したので
  • 約一年に渡って書き続けていた「麗しき人の夢」が完結しました。自分にかなり近い人物を描いたので、かなりリアリティーはあると思いますが、その分エンターテインメント的な要素を考えなきゃなと思ったりした作品でした。ただこの作品を書いてみて友人との関係性が見えてきたり、この作品を基準にして次の作品を考えられるという意味では非常に面白い取り組みだったと思っています。作品を完結させるたびに、更に違う作品をと思う [続きを読む]
  • 麗しき人の夢 ⑰
  • 待ちわびた時とはいえ、実際に目の当たりにしてみると感慨深いものがある。眼前に広がるのは見事な桜だ。それも一本だけではなく何本も立ち並び、辺りは観光客で大分賑わっている。日曜日、私はN市の観光名所である城跡の公園に立ち寄り桜を眺めていた。今年は開花が遅れていたようだけれど、いざ開いてしまうと一斉に満開になってしまったような観がある。<なんだか勿体ないよなぁ>満開になったということは、少しすれば散って [続きを読む]
  • 続けてゆけば
  • 主に作品を書きたいからという理由で更新してみる。途中で停滞させている作品があるものの、優先順位としてはそれほど高いわけではなく、どちらかといえば短編をという気持ちがある。創作物については作品の強度を求めている気がしている。それはどんなものかというと無意識に作品世界にいるような気持ちにさせるほどの作品だ。それは必ずしも現実に近いという意味のリアリティを必要としない。むしろ作品世界があったとして、当然 [続きを読む]
  • 先週は
  • ここ2日でK君と浅見くんにそれぞれ会っていたりするのですが、実を言いますと先週に旅行をしてきまして、そのお土産を渡すために家に来てもらったのです。本人というよりはお子さんに喜んでもらえそうなものをと選んだのですが、やはり有名な観光地には良いものが売られているものですね。二本松も霞が城…お城山で今桜が見ごろなので期間限定の店も幾つかありますが、どうも食べものに寄っているような気がしていて、何かカタチ [続きを読む]
  • いつもの道でも
  • 呼吸をする毎に季節に染まってゆく待ち望んだ開花だから時が過ぎるのも惜しいほど淡い空に仄かに香るその木々世にある色の限りを尽くして稀な景色のいつもの道足を止めて見上げるなら思わずほころぶ歌に詠まれたその姿を己もまた [続きを読む]
  • 作ってきたもの
  • 過去に作ってきたものが、記念碑的になってきているのを感じる今日この頃。その時々で何らかの意味で全てを出し尽くした最善で最前線なところを表現しているからか、改めて振り返ってみるとちょっとやそっとの取り組み方では越えられない壁とかハードルになりつつある。もっと具体的に喩えると、様々な感情の振り幅の領域がある領域を作っているようで、その境界の内側とかで生活しているような感じ。そこをはみ出すような強いモチ [続きを読む]
  • 考えれば難しく
  • 難しい事が多い中でやりくりして、どうにか活路を見出している場合が結構ある。生きる事がそもそも創造的だと思うし、時代や環境に適応してゆくにはどうしたって今できる事を続けてゆくしかない。あるところからは積み重ねの先にしか得られない実感というものがあって、その実感こそが判断の根拠になっているという、いま一つの実感があるのだが、兎にも角にも基本的な事を再確認してゆく事は続ける価値があると思っている。難しい [続きを読む]
  • 訪れる静寂と
  • さまよう事もあるような難しさだらけの中にあって鮮やかな景色に目を奪われるそれほどのものなのか或いはそれを求めていたのか訪れる静寂と容易くは言葉にならない心想いを馳せる何処かは確かにこの向こうに [続きを読む]
  • またたく
  • 数えてゆく事に秘める慣れのめまいと親しさの悦び来る春を数えて儚さをかみしめてとどまれない生を舞う翳りさえ理というのならできる限り もしくはなるたけ上等に時に穏やかに多分それでも強くこの季節にまたたく [続きを読む]
  • 春風
  • 向き合わせていたいと思うほどのそんな何かを感じながら擦り切れてしまいそうな熱さを確かめる目を見張るような景色があった証立てるような息吹不思議な時間と春風に言葉を添えて届けられるのを待っている便りのように [続きを読む]
  • 福島開催
  • 競馬の記事でも述べたように今週は福島競馬の開催週です。20代の後半くらいから毎年春は2日間ほど競馬場に足を運ぶようになっていますが、3月にNHKであった競走馬と南相馬のドラマの影響もあるでしょうし今年は何となく盛況の予感があります。先の話になりますが22日メインは福島牝馬Sで武豊騎手も参戦予定という事で、是非ともこの日に雄姿を見届けたいなと思っています。予定では今週の日曜日の桜花賞に合せるつもりで [続きを読む]
  • 今週の重賞
  • 今週はクラシックの桜花賞があります。牝馬のレベルは高いという印象ですが、それを象徴するかのようにファンディーナが皐月賞に出走する予定で、桜花賞はその馬を除いてもハイレベルという感じ。しかも今週から地元福島開催。土曜日に行く予定です。先ずは土曜日のNZTから良血馬を。・ランガディアは父キンカメ、母父サンデー、母の母ダイナカールという血統。母がエアグルーヴの半妹で父がキンカメなので走りそうだという期待 [続きを読む]
  • 春にしたいこと
  • 創作の為なのか実用なのかは判然としないものの、ひたすら勉強し続けている日々です。知るということは限定されてゆく事でもあって、今読んでいる源氏物語も、こういう物語なのだということを確かめてみるとぼんやり思い描いていた何かの印象は薄れてゆくのを感じたりします。段階的に深く学ぶ時に差し掛かっているような気もするのですが、自分の中で非常に安定した人生観のようなものも出来上がってきて、やれることなら面倒くさ [続きを読む]