愛救館 さん プロフィール

  •  
愛救館さん: 命を守る~救急車両
ハンドル名愛救館 さん
ブログタイトル命を守る~救急車両
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/ems119119119119119119119
サイト紹介文救急車両を取り上げるブログです。愛救館が運営しています。コメント大歓迎ですよ!
自由文救急車を紹介していきます。(*'▽')
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/02/02 18:35

愛救館 さんのブログ記事

  • お詫び 
  • 当ブログは3か月にわたって更新ができていない状況です。ご迷惑をおかけしておりますことを深くお詫び申し上げます。ホームページのリニュアル作業に思いの他時間がかかっていることと、PCの不調が原因です。今月中もしくは来月中には更新を再開しますのでどうかご理解ください。今後とも命を守る〜救急車両をどうぞよろしくお願いいたします。 [続きを読む]
  • その-195- 病院救急車 医療法人社団 智聖会 安藤病院
  • 安藤病院の救急車です。赤色灯の形状と、ホイールの銀メッキが珍しいです。デザインは側面のロゴがおしゃれです。所属名は赤色で、赤帯も入れられています。前面上部には「AMBULANCE」の鏡文字が入っています。病院救急車としては凝った仕様になっています。車内はシンプルです。用途は主に転院搬送です。似ていますが3000 SUPER AMBULANCEとは異なります。病院専用駐車場に常駐しています。 しかし赤色灯の形状は変わっています。 [続きを読む]
  • その-194- 消防機関の救急車 豊中市消防局南消防署予備車(豊消82)
  • 南消防署の予備車です。3代目ハイメディックの前期型になります。前期型は予備車への転用が大都市の消防本部を中心にかなりすすんでいます。豊中市でも一線車の主流は3代目ハイメデイック中期型で、3代目ハイメディック最新型も南消防署の一線車として導入されており、新しい車両が活躍しています。それでも当車両も予備車として車庫で待機しながら必要な時には、命を守るべく活躍しています。今後も長く活躍してほしいものです。 [続きを読む]
  • その-193- 消防機関の救急車 大阪市消防局 東野田救急隊
  • 都島消防署東野田出張所配置の救急車です。大阪市消防局の救急車らしく純白です。京橋界隈も管轄しています。車両は3代目ハイメデイック最新型になります。この車両はステッカー類も少なく、また側面ドアのステッカーは白なので、純白が非常に際立って見えます。私はこのような純白が際立つ車両は清潔感もあり良いと思います。またこのような車両は究極に近い大阪市消防局でも3代目ハイメディック最新型の導入が進んできました。純 [続きを読む]
  • その-192- 消防機関の救急車 守口門真市消防組合門真消防署救急隊
  • 門真消防署配置の救急車です。デザインは他の守口市門真市消防組合同様で、前ドア部には消防章がデザインされ、側面ドア部には救急車の適正利用を促すメッセージが、所属名は青で、赤帯が入り、反射テープも貼られ、番号も、前ドア部と、前面に大きく書かれています。車両は3代目ハイメディックの前期マイナーチェンジタイプです。現在の高規格救急車の主流ともいえるタイプです。ただ3代目ハイメディックは後期型も配備がどんどん [続きを読む]
  • その-191- 病院救急車 医療法人宝持会 池田病院
  • 東大阪市にある池田病院の救急車です。病院裏の月極駐車場に常駐しています。あまり目立ちません。外観は赤帯+所属正式名称でシンプルなデザインになっています。補助警光灯は2灯あります。前の赤色灯の形がこのタイプのトヨタ救急車としてはやや特徴的です。車内は綺麗で、酸素ボンベが3本積載され、さらに医療器具棚もやや大型です。病院救急車としては力が入っています。さらに無線機が積載されています。積載場所は運転席と助 [続きを読む]
  • その-190- 病院救急車 医療法人聖和錦秀会 阪本病院
  • 東大阪市にある阪本病院の救急車です。以前ご紹介した錦秀会グループの病院です。ただ錦秀会グループの救急車に振ってある通し番号はありません。別扱いになっています。車種は最近増えているタイプで、トヨタ救急車とは異なります。この車種のこのタイプとしては赤色灯の仕様が珍しいです。外観は非常にシンプルで、赤帯と所属名表記のみです。ただ所属名表記の字体はシンプルながら少しおしゃれなものになっています。車内は一般 [続きを読む]
  • その-188- 病院救急車  医療法人永広会 島田病院
  • 大阪府羽曳野市にある島田病院の救急車です。島田病院は非通年ですが整形外科の救急対応を行っています。整形外科に力が入った病院の救急車です。外観は細字で書かれたAMBULANCEの文字が目につきます。それ以外は電話番号等の記載もなく、病院名だけの所属名表記で、車体はすっきりとしており、比較的シンプルなデザインです。赤帯もありです。サイレンアンプが大きく、赤色灯内蔵型のため目立ちます。内部構造はシンプルになって [続きを読む]
  • その-187- 病院救急車 八尾市立病院
  • 八尾市にある八尾市立病院の救急車です。車種自体は最近増えているタイプですが、この車両は前部の赤色灯に特徴があります。この赤色灯のタイプで前に張り出した形の赤色灯はこの車種では珍しいものです。救急搬入口横の専用スペースに常駐しています。張り出した赤色灯がよく目立ちます。用途は主に転院搬送等になります。内部は比較的シンプルな構造です。器具もあまり積載されておらず、酸素ボンベの積載もありません。このよう [続きを読む]
  • その-186- DMATカー 済生会千里病院千里救命救急センター
  • 千里救命救急センターのDMATカーです。DMATカーは救急搬入口前ロータリーの一番奥の車庫右にに常駐しています。NV350キャラバンがベースです。DMATカーは所属が分かりやすいよう、比較的派手なデザインにすることも多いですが、この車両も例にもれず派手になっています。前面上部には生命の星、救命の鎖の象徴である、スターオブライフがマーキングされています。また側面上部の所属名表記は「千里救命救急センター」で済生会のロ [続きを読む]
  • その-184- 病院救急車 医療法人吉栄会 吉栄会病院
  • 大阪市生野区にある吉栄会病院の救急車です。最近よく見られるタイプの車両です。H200系レジアスエース初期タイプがベースとなっています。前面下部には2灯の補助警光灯が付けられています。後部側に赤色灯がないため後部方から少し離れてみると前部赤色灯も見えず、赤色灯がついていないようにも見えます。所属名表記が「リハビリの吉栄会病院」となっています。これは吉栄会病院の車両共通の表記ですが、救急車としては珍しいも [続きを読む]
  • その-183- 消防機関の救急車 高槻市消防本部五領出張所救急隊
  • 五領出張所配置の救急隊です。高槻市の南側にあり、淀川にも近い地域を管轄しています。現行ハイメディック最新型です。高槻消防のデザインをまとった最新ハイメディックも大変かっこいいです。高槻消防のデザインは赤帯ありに、市章つきの所属名表記で、前面の赤帯内の「TAKATUKI FD.」は珍しいポイントでです。マグネットは救急安心センターの他、写真で見にくいですが「悪質商法にご注意」というマグネットで市民に広報していま [続きを読む]
  • その-182- 消防機関の救急車 茨木市消防本部下井分署
  • 下井分署の救急隊です。彩都地域の南側に位置し、彩都も管轄します。車両は現行ハイメディック後期型で、前ドアには消防章が描かれています。本部名表記は黒です。前ドア下に小さく黒文字で「下井」と所属表記があります。尚茨木消防の最新車両ではデザインが異なっていますが、それ以外は同じデザインです。側面上部には救急車の適正利用を促すメッセージがあります。皆さん救急車の適正利用にはご協力をお願いしますね。車両を見 [続きを読む]
  • その-181- 病院救急車 大阪府済生会茨木病院
  • 茨木市にある済生会茨木病院の救急車です。古い車両で、現在では現存が珍しくなりつつあるタイプの3000型(用語解説)になります。当ブログ掲載車では大道会のものと同じタイプです。駐車場の一番左奥に常駐しており、外からも分かります。しかし懐かしいタイプです。ただ状態もよく、大切に使われていると感じました。内装はシンプルで、今でも十分使える仕様となっています。酸素投与設備と換気扇が装備されています。デザインは赤 [続きを読む]
  • その-180- 消防機関の救急車 茨木市消防本部 茨木消防署救急隊
  • 茨木消防署配置の救急隊です。茨木消防署は市内唯一の消防署のため通称本署と呼ばれ、所属名がそのようになっています。所属名は前ドア下に表記されています。また側面上部には救急車の適正利用を呼びかける文字もあります。車両は3代目(現行)ハイメディックの最新型で、マーキングも独自のデザインをとなっています。所属名も緑色で他の茨木市消防本部の車両とは異なります。また側面の消防章をあしらったロゴもカッコいいです。 [続きを読む]
  • その-179- 病院救急車 協和病院
  • 都島区にある明生会系列(直営ではない)の協和病院の救急車です。救急車ちとしては珍しい車両です。又デザインもベース車の白に赤帯と所属名を入れた少し個性的なものになっています。明生会は付近で系列病院を3つも展開し複数救急車を保有しています。(こちらとこちらとこちらに掲載) 稼動もそれぞれ多く救急車には力を入れているようです。ちなみにこの車両は元日から稼動していました。内装はシンプルです。酸素投与設備もありま [続きを読む]
  • その-178- 病院救急車  医療法人明生会 明生病院&明生記念病院?
  • 都島区にある明生病院と近接する明生記念病院の救急車です。尚この2病院は他にも2台共用で救急車を持っています。(こちらとこちらに掲載) 両病院は密接に連携して運営されいますので共用も十分うなずけます。車両は珍しい標準ルーフのハイエースベース以前掲載した生野病院と同じタイプで、車内処置の都合上ある程度天井高が必要な救急車としては珍しい仕様です。しかし工夫された内装により不便が無いようにされています。また事 [続きを読む]
  • その-177- 消防機関の救急車 豊中市消防局 新千里救急隊
  • 北消防署新千里出張所配置の救急隊です。3代目ハイメディック最新型です。しかしこの最新型はどの本部もチョーカッコいい。豊中消防の可愛いロゴともすごくマッチしている・・・。とそれは置いておいて千里ニュータウンなどを管轄する千里中央駅近くの出張所に配置されています。デザインは豊中消防のほかの救急車と共通です。ニュータウン管轄で多忙だと思われます。しかし最近はこの3代目最新ハイメディックの配備が急増していま [続きを読む]
  • その-176- 病院救急車 社会医療法人大道会 森之宮病院&ボバース記念病院
  • 大道会の二つの病院が共用する救急車です。距離の近い両病院には一台ずつ救急車が常駐していますが、森之宮病院に常駐している方(こちらに掲載)は共用ではないようで、森之宮病院のみの所属名表記となっています。当車両は大阪市城東区のボバース記念病院に常駐していてこちらメインで運用されています。古いタイプの3000型(用語解説)で現役車両は少なくなっています。しかし本車両は走行シーンも見ましたが安定した走りで、外観も [続きを読む]
  • その-175- 消防機関の救急車 東大阪市消防局 長堂救急隊
  • 西消防署長堂分署配置の救急隊です。3代目(現行)ハイメディックの最新型です。この最新型の配備が全国的にもどんどん進んできました。この車両は東大阪市の標準的な救急車デザインを採用し、文字は青メインでスッキリとした仕上がりです。但し側面上部にに作業灯が設置され、その分側面上部の「HIGASIOSAKA」の表記が小さくなっているタイプのデザインです。私は好きなデザインです。東大阪市の北部寄り、布施駅の北側くらいからの [続きを読む]
  • その-174- 病院救急車  医療法人正和会 新協和病院
  • 大阪市鶴見区にある新協和病院の救急車です。病院救急車にはよくあるキャラバンベースの仕様です。簡便な使用ですが酸素投与設備などがあります。外観はシンプルにまとめられており、緑の所属名と側面ドア部の緑十字となっています。補助警光灯無しのタイプです。車内はシンプルですが、酸素投与設備ありです。前向きの三人がけシートが運転席後ろ(患者室内)に設置されているのは特徴です。新協和病院は鶴見区の2次救急指定病院と [続きを読む]
  • その-173- 病院救急車  生野病院
  • 生野区にある生野病院の救急車です。この車両は200系ハイエースの標準ルーフ仕様ベースという珍しい仕様です。200系ハイエースの2型モデルになります。同種の車両が他にも存在しないかとネットで随分調べましたがヒットしませんでした。かなり珍しい一台のようです。旧型のハイエースでは標準ルーフの救急車も散見し、当ブログでも掲載していますが、200系となるとレア車となるようです。車両は病院横の月極駐車場に常駐しています [続きを読む]
  • その-172- 病院救急車  医療法人仁風会 牧野病院
  • 東大阪市にある牧野病院の救急車です。今となっては大変珍しくなったタウンエース2代目DXベースの救急車です。またベース車そのものも少し前まで多く走っていましたが今では倉庫などとして使われて、走らない車も増え、懐かしく感じる車両です。病院裏の業務用駐車場に常駐しています。今でも現役で活動しています。デザインは赤帯+黒の所属名に前面部と前ドア部の緑十字でシンプルにまとめられています。やはりどこか懐かしさを [続きを読む]