kencha890 さん プロフィール

  •  
kencha890さん: 四字熟語の意味
ハンドル名kencha890 さん
ブログタイトル四字熟語の意味
ブログURLhttp://yojijukugo.blog.jp/
サイト紹介文四字熟語や格言、ことわざ等についてまとめたブログです
自由文四字熟語の意味や解説、同義語を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供434回 / 365日(平均8.3回/週) - 参加 2015/02/02 20:36

kencha890 さんのブログ記事

  • 確固不抜(かっこふばつ)
  • ◆確固不抜【四字熟語-読み】(かっこふばつ)【四字熟語-意味】意志や精神などがしっかりとしていて動じないさま。また、固く定まって変えることができないさま。【四字熟語-解説】「確乎」はしっかりとしたさま。「不抜」は移せない、動かせない意。■出典:『易経』■英訳... [続きを読む]
  • 同文同軌(どうぶんどうき)
  • ◆同文同軌【四字熟語-読み】(どうぶんどうき)【四字熟語-意味】天下を統一すること。また、天下が統一されていることの形容。【四字熟語-解説】「同文」は文字を、「同軌」は車の車輪の幅を統一すること。■出典:■英訳:■類義語:千里同風(せんりどうふう) / 万里同... [続きを読む]
  • 斗酒隻鶏(としゅせきけい)
  • ◆斗酒隻鶏【四字熟語-読み】(としゅせきけい)【四字熟語-意味】一斗の酒と一羽の鶏。転じて、亡き友人を哀悼し述懐すること。【四字熟語-解説】「斗酒」は一斗の酒。「隻」は鳥を数える単位。■出典:『後漢書』橋玄伝■英訳:■類義語:■対義語: [続きを読む]
  • 同病相憐(どうびょうそうれん)
  • ◆同病相憐【四字熟語-読み】(どうびょうそうれん)【四字熟語-意味】同じ病気に苦しむ人々が、互いに同情し合うこと。また広く、同じ境遇で苦しむ者同士は、互いになぐさめ合うことをいう。【四字熟語-解説】■出典:『呉越春秋』闔閭内伝■英訳:■類義語:■対義語: [続きを読む]
  • 読書三余(どくしょさんよ)
  • ◆読書三余【四字熟語-読み】(どくしょさんよ)【四字熟語-意味】読書をするのに好都合な三つの余暇。【四字熟語-解説】一年のうちでは冬、一日のうちでは夜、時のうちでは雨降りをいう。中国三国時代、魏の董遇が勉学する時間がないと嘆く弟子を諭した語。■出典:『魏志』... [続きを読む]
  • 銅頭鉄額(どうとうてつがく)
  • ◆銅頭鉄額【四字熟語-読み】(どうとうてつがく)【四字熟語-意味】銅の頭と鉄のひたいの意から、きわめて勇猛であるさま。また、刀や槍を通さない厚い甲冑や、それに身を包む兵士のこと。【四字熟語-解説】■出典:『史記』■英訳:■類義語:■対義語: [続きを読む]
  • 霑体塗足(てんたいとそく)
  • ◆霑体塗足【四字熟語-読み】(てんたいとそく)【四字熟語-意味】つらい労働の様子。からだをぬらし、足を泥まみれにして、田畑で仕事をする姿から。【四字熟語-解説】「霑」はぬらすこと。「霑体」はからだをぬらす意。「塗」は泥にまみれる意。■出典:『国語』斉語■英訳... [続きを読む]
  • 天涯地角(てんがいちかく)
  • ◆天涯地角【四字熟語-読み】(てんがいちかく)【四字熟語-意味】二つの土地がきわめて遠く離れていることのたとえ。また、はるか遠く辺鄙な場所のたとえ。【四字熟語-解説】「天涯」は空の果て、「地角」は大地の果ての意。天の果てと地の果ての意から。■出典:■英訳:tw... [続きを読む]
  • 天姿国色(てんしこくしょく)
  • ◆天姿国色【四字熟語-読み】(てんしこくしょく)【四字熟語-意味】生まれつきの絶世の美人のこと。【四字熟語-解説】「天姿」は生まれつきの姿、天から賦与された美しい姿。「国色」は国中で一番の美人。■出典:■英訳:■類義語:傾国美人(けいこくのびじん) / 傾城傾... [続きを読む]
  • 抽黄対白(ちゅうこうたいはく)
  • ◆抽黄対白【四字熟語-読み】(ちゅうこうたいはく)【四字熟語-意味】美しい色を巧みに配合すること。また、美しい文章を作ること。【四字熟語-解説】「抽黄」は黄色を抜き出すこと。「対白」は白に対するということ。■出典:柳宗元「乞巧文」■英訳:■類義語:■対義語: [続きを読む]
  • 地平天成(ちへいてんせい)
  • ◆地平天成【四字熟語-読み】(ちへいてんせい)【四字熟語-意味】世の中が平穏で、天地が治まること。【四字熟語-解説】「地平」は地の変動がなく、世の中が平穏に治まること。「天成」は天の運行が順調で、万物が栄えることをいう。■出典:『書経』■英訳:■類義語:天下... [続きを読む]
  • 朝秦暮楚(ちょうしんぼそ)
  • ◆朝秦暮楚【四字熟語-読み】(ちょうしんぼそ)【四字熟語-意味】ふらふらして住所が定まらず、流浪するたとえ。【四字熟語-解説】朝には中国の西部にある秦にいて、暮れには南部にある楚にいるということから。また、朝には秦国に頼り、暮れには楚国に頼るという、主義・主... [続きを読む]
  • 長命富貴(ちょうめいふうき)
  • ◆長命富貴【四字熟語-読み】(ちょうめいふうき)【四字熟語-意味】長寿で財産があり、しかも身分が高いこと。【四字熟語-解説】「富」は財産が多いこと。「貴」は身分が高いこと。高貴。■出典:『旧唐書』姚崇伝■英訳:■類義語:富貴長生(ふうきちょうせい)■対義語: [続きを読む]
  • 張三李四(ちょうさんりし)
  • ◆張三李四【四字熟語-読み】(ちょうさんりし)【四字熟語-意味】ありふれた平凡なつまらない人のたとえ。張氏の三男と李氏の四男の意。【四字熟語-解説】張も李も中国ではありふれた非常に多い姓であることから。■出典:『景徳伝灯録』■英訳:■類義語:■対義語: [続きを読む]