kencha890 さん プロフィール

  •  
kencha890さん: 四字熟語の意味
ハンドル名kencha890 さん
ブログタイトル四字熟語の意味
ブログURLhttp://yojijukugo.blog.jp/
サイト紹介文四字熟語や格言、ことわざ等についてまとめたブログです
自由文四字熟語の意味や解説、同義語を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供473回 / 365日(平均9.1回/週) - 参加 2015/02/02 20:36

kencha890 さんのブログ記事

  • 治乱興亡(ちらんこうぼう)
  • ◆治乱興亡【四字熟語-読み】(ちらんこうぼう)【四字熟語-意味】世の中がよく治まることと、乱れること。盛んになることと、滅びること。【四字熟語-解説】「治乱」は、治まることと乱れること。「興亡」は、興ることと滅びること。世の中が変わっていく様子をいう。■出典... [続きを読む]
  • 佇立瞑目(ちょりつめいもく)
  • ◆佇立瞑目【四字熟語-読み】(ちょりつめいもく)【四字熟語-意味】目をつぶって、長い間立ちつくすこと。また、深い悲しみのために、目を閉じたまま佇むこと。【四字熟語-解説】「佇立」は長時間たったままでいること。「瞑目」は目を閉じること。■出典:■英訳:■類義語... [続きを読む]
  • 多趣多様(たしゅたよう)
  • ◆多趣多様【四字熟語-読み】(たしゅたよう)【四字熟語-意味】さまざまな趣で、さまざまなありさまであること。【四字熟語-解説】「多趣」は、趣がさまざまであること。「多様」は、さまざまなようすであること。■出典:■英訳:■類義語:多種多様(たしゅたよう) / 多... [続きを読む]
  • 大胆奔放(だいたんほんぽう)
  • ◆大胆奔放【四字熟語-読み】(だいたんほんぽう)【四字熟語-意味】度胸があって、周囲にとらわれずに思い通りに振る舞うこと。【四字熟語-解説】「奔放」は、周囲にとらわれず、思いどおりに振る舞うこと。■出典:■英訳:■類義語:剛毅果断(ごうきかだん) / 広壮豪... [続きを読む]
  • 大旱雲霓(たいかんうんげい)
  • ◆大旱雲霓【四字熟語-読み】(たいかんうんげい)【四字熟語-意味】ひどく待ち焦がれること。また、苦しいときに援助を強く待ち望むことのたとえ。【四字熟語-解説】日照りが続いたときに、雨雲が集まり雨が降り、虹が出るのを待ち望むということから。「大旱」は、ひどい日... [続きを読む]
  • 大人虎変(たいじんこへん)
  • ◆大人虎変【四字熟語-読み】(たいじんこへん)【四字熟語-意味】優れた賢者が、時の流れに合わせて、日に日に自己変革すること。または、すぐれた統治者の制度変革によって、古い制度が新しくてよりよい制度に改められること。【四字熟語-解説】「大人」は徳があって立派な... [続きを読む]
  • 託孤寄命(たくこきめい)
  • ◆託孤寄命【四字熟語-読み】(たくこきめい)【四字熟語-意味】父に死なれ、幼くして即位した君主の補佐を頼み、国政をゆだねられる重臣のこと。国の大事を信頼してまかせること。また、それができる人のこと。【四字熟語-解説】「託」は頼む、ゆだねる。「孤」は父をなくし... [続きを読む]
  • 大官貴顕(たいかんきけん)
  • ◆大官貴顕【四字熟語-読み】(たいかんきけん)【四字熟語-意味】地位や身分が高く、世に知られている人。【四字熟語-解説】「大官」は、地位の高い官職。「貴顕」は、身分が高く、世に知られていること。また、その人。■出典:■英訳:■類義語:貴顕紳士(きけんしんし)... [続きを読む]
  • 大海撈針(たいかいろうしん)
  • ◆大海撈針【四字熟語-読み】(たいかいろうしん)【四字熟語-意味】大海の底に落とした針をすくいあげる意から、ほとんど実現不可能なこと。【四字熟語-解説】「撈」はすくい上げること。海の底に落ちた一本の針をすくい上げるという意味から。■出典:『法苑珠林』■英訳:... [続きを読む]
  • 託孤寄命(たくこきめい)
  • ◆託孤寄命【四字熟語-読み】(たくこきめい)【四字熟語-意味】父に死なれ、幼くして即位した君主の補佐を頼み、国政をゆだねられる重臣のこと。国の大事を信頼してまかせること。また、それができる人のこと。【四字熟語-解説】「託」は頼む、ゆだねる。「孤」は父をなくし... [続きを読む]
  • 大器小用(たいきしょうよう)
  • ◆大器小用【四字熟語-読み】(たいきしょうよう)【四字熟語-意味】大きな器を小さなことに用いるということから、大人物につまらない仕事をさせること。優れた才能の持ち主でありながら、低い地位にしか用いられないこと。人材の用い方が当を得ていないことの例え。【四字... [続きを読む]
  • 大隠朝市(たいいんちょうし)
  • ◆大隠朝市【四字熟語-読み】(たいいんちょうし)【四字熟語-意味】真に悟りを得た隠者は、人里離れた山中などではなく、一般の人にまじって町中で超然と暮らしているということ。【四字熟語-解説】「大隠」は、悟りきっていて、俗事に心を乱されない隠者。「朝市」は、人が... [続きを読む]
  • 胆戦心驚(たんせんしんきょう)
  • ◆胆戦心驚【四字熟語-読み】(たんせんしんきょう)【四字熟語-意味】恐怖で恐れること。また、臆病なこと。【四字熟語-解説】「胆」は肝臓・きも。「心」は心臓のこと。ここでは、ともに心の意。「戦」は恐ろしくて震える、おののくこと。■出典:『西遊記』■英訳:■類義... [続きを読む]
  • 粗製濫造(そせいらんぞう)
  • ◆粗製濫造【四字熟語-読み】(そせいらんぞう)【四字熟語-意味】いい加減な作り方の質の悪い製品を、むやみやたらに数多く作ること。【四字熟語-解説】「粗製」は粗末な作り方、「濫造」は無計画に大量に物を作ること。■出典:■英訳:■類義語:■対義語: [続きを読む]
  • 騒人墨客(そうじんぼっかく)
  • ◆騒人墨客【四字熟語-読み】(そうじんぼっかく)【四字熟語-意味】詩を作ったり書画をたしなんだりする風流な文人のこと。【四字熟語-解説】「騒人」は「離騒」の作者で楚その詩人屈原およびその一派のこと。転じて、広く詩人を指す言葉となった。また、風流を解する人の意... [続きを読む]
  • 蒼生万民(そうせいばんみん)
  • ◆蒼生万民【四字熟語-読み】(そうせいばんみん)【四字熟語-意味】あらゆる人民。【四字熟語-解説】「蒼生」は、人民。あおひとくさ。人の増えるのを草の生い茂るのにたとえて言ったもの。「万民」は、あらゆる人民。■出典:■英訳:■類義語:天下万民(てんかばんみん)... [続きを読む]
  • 則天去私(そくてんきょし)
  • ◆則天去私【四字熟語-読み】(そくてんきょし)【四字熟語-意味】小さな私にとらわれず、身を天地自然にゆだねて生きて行くこと。【四字熟語-解説】「則天」は天地自然の法則や普遍的な妥当性に従うこと。「去私」は私心を捨て去ること。夏目漱石が晩年に理想とした境地を表... [続きを読む]