kencha890 さん プロフィール

  •  
kencha890さん: 四字熟語の意味
ハンドル名kencha890 さん
ブログタイトル四字熟語の意味
ブログURLhttp://yojijukugo.blog.jp/
サイト紹介文四字熟語や格言、ことわざ等についてまとめたブログです
自由文四字熟語の意味や解説、同義語を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供379回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2015/02/02 20:36

kencha890 さんのブログ記事

  • 危急存亡(ききゅうそんぼう)
  • ◆危急存亡【四字熟語-読み】(ききゅうそんぼう)【四字熟語-意味】危険が切迫して存続するか滅びるか、生き残れるか死ぬかの瀬戸際のこと。【四字熟語-解説】「危急」は危険が迫ること。「存亡」は存続するか滅びるか、また、生きるか死ぬかの意。■出典:諸葛亮「前出師表... [続きを読む]
  • 疑心暗鬼(ぎしんあんき)
  • ◆疑心暗鬼【四字熟語-読み】(ぎしんあんき)【四字熟語-意味】疑いの心があると、なんでもないことでも怖いと思ったり、疑わしく感じることのたとえ。疑いの深さからあらぬ妄想にとらわれるたとえ。【四字熟語-解説】「疑心」は疑う心。「暗鬼」は暗闇の中の亡霊の意■出典... [続きを読む]
  • 起承転結(きしょうてんけつ)
  • ◆起承転結【四字熟語-読み】(きしょうてんけつ)【四字熟語-意味】漢詩の四句からなる絶句における構成法の一つ。「起」で始まり「承」で受け、「転」で変化を出し「結」で終結させる構成方法。【四字熟語-解説】絶句は「起句」「承句」「転句」「結句」の四句から成り、起... [続きを読む]
  • 轗軻不遇(かんかふぐう)
  • ◆轗軻不遇【四字熟語-読み】(かんかふぐう)【四字熟語-意味】世に受け入れられず行き悩むさま。事が思い通りにいかず行き悩み、ふさわしい地位や境遇に恵まれないさま。【四字熟語-解説】「轗軻」は道が平坦へいたんでないさま。また、事が思い通り運ばず不遇なさま。■出... [続きを読む]
  • 閑雲野鶴(かんうんやかく)
  • ◆閑雲野鶴【四字熟語-読み】(かんうんやかく)【四字熟語-意味】世俗に拘束されず、自由にのんびりと暮らすたとえ。また、自適の生活を送る隠士の心境のたとえ。【四字熟語-解説】大空にゆったりと浮かぶ雲と、広い野にいる野生のつるの意から。「閑雲」は大空にゆったりと... [続きを読む]
  • 家鶏野鶩(かけいやぼく)
  • ◆家鶏野鶩【四字熟語-読み】(かけいやぼく)【四字熟語-意味】古いものを嫌い遠ざけて、珍しく新しいものを好むたとえ。また、身近なものや良いものを嫌い、遠くにあるものや悪いものを好むたとえ。また、良い筆跡と悪い筆跡のたとえ。家に飼っているにわとりを嫌って、野... [続きを読む]
  • 活気横溢(かっきおういつ)
  • ◆活気横溢【四字熟語-読み】(かっきおういつ)【四字熟語-意味】生き生きとした気分が、あふれんばかりにみなぎっていること。【四字熟語-解説】「横溢」は、水などがみなぎりあふれること。■出典:■英訳:■類義語:活火激発(かっかげきはつ) / 活発婉麗(かっぱつえ... [続きを読む]
  • 観測気球(かんそくききゅう)
  • ◆観測気球【四字熟語-読み】(かんそくききゅう)【四字熟語-意味】世論や相手の反応を調べるために、わざと流す情報や声明のこと。【四字熟語-解説】または、高層の大気の状態調べたり、戦場で敵の状況の偵察や、砲弾の着弾の状態を観測するための気球のこと。「観測」はよ... [続きを読む]
  • 回天動地(かいてんどうち)
  • ◆回天動地【四字熟語-読み】(かいてんどうち)【四字熟語-意味】時勢を一変させ、世をおどろかすこと。【四字熟語-解説】世間をあっと驚かせる事件・出来事の形容。■出典:■英訳:■類義語:驚天動地(きょうてんどうち) / 震天動地(しんてんどうち)/ 震天駭地(しん... [続きを読む]
  • 夏虫疑氷(かちゅうぎひょう)
  • ◆夏虫疑氷【四字熟語-読み】(かちゅうぎひょう)【四字熟語-意味】見聞が狭いことのたとえ。見聞の狭い人は広い世界を理解しえないたとえ。【四字熟語-解説】冬を知らない夏の虫は、冬に氷というものがあるのを信じない意から。見識や見聞が狭い人を卑しめていう語。■出典... [続きを読む]
  • 家給人足(かきゅうじんそく)
  • ◆家給人足【四字熟語-読み】(かきゅうじんそく)【四字熟語-意味】生活が豊かで満ち足りているたとえ。【四字熟語-解説】どの家にも衣食が十分に行き渡り、だれもが豊かに満ち足りている意から。「給」は行き渡る、豊かになる意。「足」は十分にある、満ち備わるの意。■出... [続きを読む]
  • 瓜田李下(かでんりか)
  • ◆瓜田李下【四字熟語-読み】(かでんりか)【四字熟語-意味】人に疑念を抱かせるような言動は慎むべきであるという戒めの語。また、人に嫌疑を抱かせるような言動のたとえともなる。【四字熟語-解説】「瓜田」は瓜うりのはたけ。「李下」は李すももの木の下。■出典:■英訳... [続きを読む]
  • 加持祈祷(かじきとう)
  • ◆加持祈祷【四字熟語-読み】(かじきとう)【四字熟語-意味】病気や災難から逃れようとして神仏に祈ること。【四字熟語-解説】「加持」は、仏の加護によって災いを払う祈り、「祈祷」は、心を込めて神仏に祈ることの意。■出典:■英訳:incantation and prayer■類義語:■... [続きを読む]
  • 外柔内剛(がいじゅうないごう)
  • ◆外柔内剛【四字熟語-読み】(がいじゅうないごう)【四字熟語-意味】外見は穏やかでやさしそうだが、心の中は何事にも左右されない強い意志をもっていること。外見は弱々しく見えるが、案外気の強いことにもいう。【四字熟語-解説】「柔」は穏やかなこと。おとなしいこと。... [続きを読む]
  • 佳人薄命(かじんはくめい)
  • ◆佳人薄命【四字熟語-読み】(かじんはくめい)【四字熟語-意味】美人はとかく薄幸であること。美人は美しく生まれついたため数奇な運命にあって、とかく幸せな一生が送れないものであること。また、美人はとかく短命であること。【四字熟語-解説】「薄命」は不運のこと。運... [続きを読む]
  • 我田引水(がでんいんすい)
  • ◆我田引水【四字熟語-読み】(がでんいんすい)【四字熟語-意味】物事を自分の都合のいいように取りはからうこと。自分に都合のいいように言ったり、行動したりすること。【四字熟語-解説】自分の田だけに水を引き入れるという意味から。■出典:■英訳:to draw water to o... [続きを読む]
  • 隔岸観火(かくがんかんか)
  • ◆隔岸観火【四字熟語-読み】(かくがんかんか)【四字熟語-意味】他人の災難に対して手を貸して救おうとせず、ただ傍観していること。岸を隔てて対岸の火事を見る意から。【四字熟語-解説】「観火」は火事を見物すること。■出典:■英訳:■類義語:拱手傍観(きょうしゅぼ... [続きを読む]
  • 確固不抜(かっこふばつ)
  • ◆確固不抜【四字熟語-読み】(かっこふばつ)【四字熟語-意味】意志や精神などがしっかりとしていて動じないさま。また、固く定まって変えることができないさま。【四字熟語-解説】「確乎」はしっかりとしたさま。「不抜」は移せない、動かせない意。■出典:『易経』■英訳... [続きを読む]