kencha890 さん プロフィール

  •  
kencha890さん: 四字熟語の意味
ハンドル名kencha890 さん
ブログタイトル四字熟語の意味
ブログURLhttp://yojijukugo.blog.jp/
サイト紹介文四字熟語や格言、ことわざ等についてまとめたブログです
自由文四字熟語の意味や解説、同義語を紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供513回 / 365日(平均9.8回/週) - 参加 2015/02/02 20:36

kencha890 さんのブログ記事

  • 粗製濫造(そせいらんぞう)
  • ◆粗製濫造【四字熟語-読み】(そせいらんぞう)【四字熟語-意味】いい加減な作り方の質の悪い製品を、むやみやたらに数多く作ること。【四字熟語-解説】「粗製」は粗末な作り方、「濫造」は無計画に大量に物を作ること。■出典:■英訳:■類義語:■対義語: [続きを読む]
  • 騒人墨客(そうじんぼっかく)
  • ◆騒人墨客【四字熟語-読み】(そうじんぼっかく)【四字熟語-意味】詩を作ったり書画をたしなんだりする風流な文人のこと。【四字熟語-解説】「騒人」は「離騒」の作者で楚その詩人屈原およびその一派のこと。転じて、広く詩人を指す言葉となった。また、風流を解する人の意... [続きを読む]
  • 蒼生万民(そうせいばんみん)
  • ◆蒼生万民【四字熟語-読み】(そうせいばんみん)【四字熟語-意味】あらゆる人民。【四字熟語-解説】「蒼生」は、人民。あおひとくさ。人の増えるのを草の生い茂るのにたとえて言ったもの。「万民」は、あらゆる人民。■出典:■英訳:■類義語:天下万民(てんかばんみん)... [続きを読む]
  • 則天去私(そくてんきょし)
  • ◆則天去私【四字熟語-読み】(そくてんきょし)【四字熟語-意味】小さな私にとらわれず、身を天地自然にゆだねて生きて行くこと。【四字熟語-解説】「則天」は天地自然の法則や普遍的な妥当性に従うこと。「去私」は私心を捨て去ること。夏目漱石が晩年に理想とした境地を表... [続きを読む]
  • 蒼蠅驥尾(そうようきび)
  • ◆蒼蠅驥尾【四字熟語-読み】(そうようきび)【四字熟語-意味】つまらぬ者であっても、優れた人についていけば功名を得ることができるということのたとえ。【四字熟語-解説】「蒼蠅」は青ハエ、「驥尾」は一日に千里を走るという名馬のしっぽ。ハエは遠くには飛べないが、駿... [続きを読む]
  • 桑土綢繆(そうどちゅうびゅう)
  • ◆桑土綢繆【四字熟語-読み】(そうどちゅうびゅう)【四字熟語-意味】災難を未然に防ぐために、事前に準備しておくこと。【四字熟語-解説】鳥は風雨が来る前に、桑の根で巣穴をふさいで風雨に供えることから。「桑土」は、桑の根。「綢繆」は、糸などを絡めて結ぶこと。■出... [続きを読む]
  • 正確無比(せいかくむひ)
  • ◆正確無比【四字熟語-読み】(せいかくむひ)【四字熟語-意味】他とは比べものにならないくらいに正確であること。【四字熟語-解説】「正確」は、正しくて確かであること。「無比」は比べるものがないほどこの上ないこと。■出典:■英訳:■類義語:■対義語: [続きを読む]
  • 青銭万選(せいせんばんせん)
  • ◆青銭万選【四字熟語-読み】(せいせんばんせん)【四字熟語-意味】青銅の銭は質がよいので、一万回選び取っても、他の粗悪な銭と取り間違えたりしないこと。転じて、何度受けても必ず科挙の試験に合格できるほどのすばらしい文章のこと。【四字熟語-解説】■出典:『新唐書... [続きを読む]
  • 先手必勝(せんてひっしょう)
  • ◆先手必勝【四字熟語-読み】(せんてひっしょう)【四字熟語-意味】戦いの局面で相手よりも先に攻撃を仕掛ければ、必ず勝てるということ。【四字熟語-解説】「先手」は相手よりも先に戦いを始め、出鼻をくじくことによって局面を有利にすること。■出典:■英訳:■類義語:... [続きを読む]
  • 前途多難(ぜんとたなん)
  • ◆前途多難【四字熟語-読み】(ぜんとたなん)【四字熟語-意味】これから先多くの困難や災難が待っているさま。また、待っているだろうことが予期されること。【四字熟語-解説】「前途」は将来、目標までの今後の道のり。「途」は道のり。「多難」は困難や災難の多いさま。■... [続きを読む]
  • 世運隆替(せうんりゅうたい)
  • ◆世運隆替【四字熟語-読み】(せうんりゅうたい)【四字熟語-意味】世の中のなりゆきが、時代が移るに従い、盛んになったり衰えたりすること。【四字熟語-解説】「世運」は世の中の流れ、時代のなりゆき。「隆替」は勢いがよくなったり、弱くなったりすること。■出典:■英... [続きを読む]
  • 是生滅法(ぜしょうめっぽう)
  • ◆是生滅法【四字熟語-読み】(ぜしょうめっぽう)【四字熟語-意味】生命のあるものは、いつかは必ず滅びて死に至るということ。【四字熟語-解説】仏教語。この世のすべてのものは、常にとどまることなく移り変わり、生きているものは必ず死ぬという考え方。■出典:『涅槃経... [続きを読む]
  • 性行淑均(せいこうしゅくきん)
  • ◆性行淑均【四字熟語-読み】(せいこうしゅくきん)【四字熟語-意味】性質や行為が善良で片寄っていないさま。性質がひねくれておらず、行動も片寄りのないこと。【四字熟語-解説】「性行」は性質と行動、「淑均」はしとやかで公平なこと。■出典:諸葛亮「前出師表」■英訳... [続きを読む]
  • 千朶万朶(せんだばんだ)
  • ◆千朶万朶【四字熟語-読み】(せんだばんだ)【四字熟語-意味】たくさんの花が咲き乱れているようす。【四字熟語-解説】「千」「万」は、数が多いことを示す。「朶」は、枝についている花ぶさを数える単位。■出典:杜甫の詩■英訳:■類義語:■対義語: [続きを読む]
  • 絶世独立(ぜっせいどくりつ)
  • ◆絶世独立【四字熟語-読み】(ぜっせいどくりつ)【四字熟語-意味】この世で並ぶものがないほど独り優れている意で、美人や優れた人についての形容。【四字熟語-解説】「絶世」は世の中に並ぶものなくすぐれていること。「独立」は他から離れて独りそびえ立っていること。■... [続きを読む]
  • 紫電一閃(しでんいっせん)
  • ◆紫電一閃【四字熟語-読み】(しでんいっせん)【四字熟語-意味】一瞬の変化や、物事の急激な変化をいう。【四字熟語-解説】「紫電」は、鋭い刀を振るったときにひらめく紫の稲妻、「一閃」は、さっとひらめくことの意。■出典:■英訳:■類義語:電光石火(でんこうせっか... [続きを読む]
  • 思案投首(しあんなげくび)
  • ◆思案投首【四字熟語-読み】(しあんなげくび)【四字熟語-意味】名案が浮かばず、困りきって首を傾けていること。【四字熟語-解説】「思案」は、考えをめぐらすこと。「投首」は、思案に暮れるさま、しょんぼりするさま。■出典:■英訳:■類義語:■対義語: [続きを読む]
  • 遮二無二(しゃにむに)
  • ◆遮二無二【四字熟語-読み】(しゃにむに)【四字熟語-意味】後先のことを考えず、まただがむしゃらに物事に取り組むこと。無鉄砲。周囲の状況に目を配らず強引に事を進めること。【四字熟語-解説】「遮二」は二を遮るで、1つのことに熱中することの意。「無二」は二がない... [続きを読む]