塗装研究室 さん プロフィール

  •  
塗装研究室さん: 外壁リフォームの時期が10年な理由
ハンドル名塗装研究室 さん
ブログタイトル外壁リフォームの時期が10年な理由
ブログURLhttp://birdhouseecological.com/
サイト紹介文外壁リフォームの費用と方法、なぜ10年周期なのか?
自由文外壁リフォームの費用と方法、なぜ10年周期なのか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/02/03 05:26

塗装研究室 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 外壁のリフォーム費用
  • 外壁のリフォームのタイミングが気になります。塗りなおしは10年くらいといわれますが綺麗であってもシールが切れていたりすると内部に水が入りかねません。そして気になる費用ですがグレードにも寄りますが足場を入れると100万を超える場合も出てくるようです。見積もりを比較検討することでなんとか100万以下の工事金額に抑えたいところです。 [続きを読む]
  • 外壁リフォーム 塗り壁
  • 10年以上建つ住宅で流行した外壁に塗り壁の建てもの、住宅があります。目地がなく外壁の質感もやわらかく風合いが良く高級感を持ちながら、自然でやさしい外壁で人気が出ました。いまも塗り壁の外壁は愛されているのですが色によっては汚れが気になってしまう場合もおおく、場所によってはコケやカビの程度が違うため塗り替えを行う場合もあります。日々などがなければ表面の色だけ塗り替えひびがあれば補修も必要になってくるで [続きを読む]
  • 熊本 屋根 リフォーム
  • 先日、インターネットで住宅の依頼を受けました。添付ファイルを見ると熊本のマップのリンクが貼ってありました。そしてリンクを するとそこには衛星からみた町の画像グーグルで敷地を見ることができるのですがその便利さに驚いたのではなく屋根の景色に愕然ブルーシートだらけではないですか雨漏り対策のために屋根に敷き詰められたブルーシートブルーシートのかかった屋根がたくさん。家が倒壊しなくても、屋根が傷んでい [続きを読む]
  • 外壁塗装リフォーム
  • 失敗しない外装塗装業者選びを考えてみましょう。コスト重視か?品質重視か誰もが品質重視したいけど、コストを気にするのは予算の関係同じコストで品質を上げるのは施工技術塗装の腕前を事前に知ることは難しいですが、塗装技能士と言う国家資格があります。塗装は長年の雨風、紫外線で次第に劣化してしまうので腕の確かな会社に依頼することが大事です。業者選びは価格だけで決められませんから値引き交渉を重要視してはいけませ [続きを読む]
  • 中古住宅 外壁リフォーム
  • 外壁リフォームは高いのはだめですが、安すぎる場合も問題です。安いなりにグレードが下がるからです。塗装業者を選ぶ時に単純に見積もり金額だけで選んでいる人もいますが、塗装の内容が変われば見積もり金額は変わるのですから、内容をチェックしておくことが重要となります。安い塗装がなぜダメかというと劣化が早いからです。汚れ落ちの良い塗装は高いのです。あなたは自分の家にいつまで住むつもりでしょうか。30年以上でした [続きを読む]
  • 屋根のリフォーム
  • 一年前ほど屋根のリフォームをしました。家を建ててから10年も屋根のリフォームはしていなかったのですが、屋根が白くなっており耐久性も心配があるとのことでリフォームしました。家の周りを囲むように鉄柱が設置され屋根に登るための階段が用意されていました。夜になるとその階段から知らない人が登ってくるのではないかと心配でしたがなんとかリフォームが終わりました。終わってみるととても綺麗な色をしていて変えてよかった [続きを読む]
  • 外壁リフォーム見積もり術
  • 外装塗装を業者に依頼する時に見積もりを取りますねそのときには複数の会社を比較すると安値が分かります。一社だけだとわかりませんね。そしてその金額に注意しましょう。塗料にもいろいろな種類があります。グレードによって金額も変わるということです。同じグレードで金額差があるのかを知るには明細もほしいところですね。塗装の細かい仕上がりはわからないかもしれません。それでも見積もりデータがたくさんあればわかること [続きを読む]
  • 外壁リフォーム 見積もり
  • 外壁リフォームともなるとそれなりの価格がかかります。先日ホームセンターを通りかかったらパネルに施工例があって100万円を超えてました。足場や塗装の費用をプラスしていくとそのぐらいかかるようです。漆喰の壁に塗り替えようと思って見積もりしたら下地のサイディングも変えないといけないようで一度すべてはがして廃棄、それからまた新たな下地作りひび割れしないようなメッシュなどを入れて見積もりを見ると200万円以上これ [続きを読む]
  • 外壁をガルバニウムにリフォーム
  • 建ててから23年の一軒家です。当時はサイディングの外壁が主流で、見た目にも鮮やかでした。しかし、10年経たないうちにコーキングや壁自体の劣化が激しく、雨風の影響か壁は段ボールのようにボロボロ剥がれてきました。このままでは中まで影響が出るのでは?と思っていた時にリフォーム会社の話しを聞く機会があり、ガルバリウムの外壁へリフォームすることにしました。ガルバリウムについては知識がなく、触ってみると頑丈な [続きを読む]
  • 外壁リフォームの金額
  • 自宅の外壁が汚れて、家全体がくすんで見えてきたので、2つの業者に塗装の見積もりを頼みました。業者からは50万円と、60万円の見積もりが提出されました。60万円の業者は、妹の友人で、妹からも頼まれていたので、少し高いけれど、こちらに決めました。奥様と二人でやってきて、3日間にわたり、丁寧に仕事をされました。汚れ落とし、傷などの修理などの塗装前の準備作業も実に丁寧でした。塗装も希望通りのダークグレーを [続きを読む]
  • 外壁リフォーム 塗装
  • 初めての外装塗装もじっくりと検討。結構な金額がかかることなのでしっかり会社を選びたい。人件費を削っている会社なら外装塗装の見積もりを抑えることができるかもしれませんが、相場並みに給料を払っている会社の見積もり価格は決して安くありません。日当たりが良い南側と日が当たらない北側では塗装の劣化の度合いが違いますからまずは痛みの激しいところからもしくは 全部塗り替えるといったところインターネットとリアル店 [続きを読む]
  • 外壁工事見積り 安く術
  • 外壁のリフォームを行うときに気になるのが予算です。予算を抑えるのに大事なことは塗装のグレードや会社選びも大事なのです。それから、足場のあるなしでも大分予算が変わってきます。そして大きく変わるのが、既存の外壁を取り壊したり廃棄する金額をなくすることです。方法としては既存の外壁を捨てず上から塗装する。既存の外壁の上にサイディングを貼るなどがあります。解体廃棄物処理のお金は馬鹿にならないのです。内部のリ [続きを読む]
  • サイディング外壁屋根 見積術
  • 外壁のリフォームを見積もりするときには屋根の劣化も気になるものです。予算があれば両方行いたいところですがどちらかしかリフォームする予算がない場合は緊急性があるほうを優先してリフォームを行います。緊急性があるのは雨漏りのある屋根や継ぎ目の劣化した外壁やひび割れなどです。継ぎ目の劣化した外壁も漏水が心配になります。どちらも汚れや見栄えというよりは漏水対策です。次に緊急性があるのは劣化です。劣化を放置す [続きを読む]
  • 外壁見積術 テクニック
  • 外壁のリフォームのグレードですが大きく三つに分かれます。1.足場を必要としないシールやコーキングなど劣化したもの交換部分的な清掃や塗装2.足場をかける全面的な再塗装3.下地から変更してサイディングを張り替えて壁を交換1.は20万から50万2.で100万前後3.で150万から200万建築の規模でも変わり、塗装のグレードで上下します。どのぐらいまでのリフォームをするか決めたらあとは業者を複数社ピックアップ同じ条件 [続きを読む]
  • 外装塗装は定期的に行う
  • 以前に外装塗装をしたことがあるなら、その時の費用を確認してください。目安にはなるはずです。足場と塗装代だけでもかなりの額になっていたと思います。今度は安物買いの銭失いとならないようにしてください。外装塗装は10年おきなど、定期的に行わなければなりませんから、事前に計画を立てておくことが一番です。外壁の塗装の費用はグレードによっても変わりますから、高すぎるのはだめですが、安すぎる場合も問題です。ホー [続きを読む]
  • 外壁リフォームを安く術
  • 外壁リフォームの時に初めていろいろな塗装があることを知るのです。そのため複数の業者に見積もり依頼をして比較することになります。塗装は1回だけ塗るのではありません。重ね塗りしていくので金額が変わってきます。見積もりを見れば、どのような塗装をするかわかります。塗装のグレードと回数で変わってきます。家を建てる時に10年後の外装塗装のことまで考えている人もいます。グレードが高ければ長持ちしますので安くすれば [続きを読む]
  • 外壁塗装リフォーム見積り術
  • 外壁のリフォームといってもそのグレードで10万円以上の開きがあります。例えばウレタン塗装とフッ素の塗装であれば家一軒当たりで、20万円ぐらいの開きはあるでしょう。ですから見積もりをする場合は塗装のグレードをそろえること。フッ素の塗装なら家一軒で80万円ぐらいウレタンなら60万から70万ぐらいが相場でしょうか?耐久年数はフッ素塗装で15年くらいウレタン塗装で10年くらいです。耐久年数を考えればグレー [続きを読む]
  • 外壁リフォームの金額と相場
  • 外壁の傷みは人任せではなく自分でもチェックしておくことが必要。外回りの営業マンから塗装をしませんかと指摘されてから考えるのではなく、常に自分が把握しておくのです。そして、見積もりも知り合い以外にもネットで見積もりして両者を比較して安値を知っておきましょう。単純に数字だけを見れば、適正な価格になったと思うかもしれませんが、最初に提示された見積もりが怪しかっただけです。 [続きを読む]
  • 外壁リフォーム 金額 相場
  • 外壁塗装をすると家が新築のようにきれいになります。ウレタン系塗料とシリコン系塗料のどちらがいいのか、じっくりと考えてみましょう。そして塗り回数も聞いておくこと。手抜きをされる可能性があるからです。屋根や軒裏と外壁の塗料の色を合わせるのもいいでしょう。外壁リフォームの相場は規模や素材によりますがインターネットを利用すると安い会社が見つかります。 [続きを読む]
  • 外装塗装シュミレーション
  • 外壁の塗装の色はいまやCGのパースなどでチェックできます。外壁メーカーなどにプランを持ち込めば作ってもらえます。気になる外壁の耐用年数ですが塗装はやはり10年ぐらいといわれそれで塗装がはげるわけではないですが塗り替えをする家も多いです。したがって、10年と言うのはあくまでも目安に過ぎないのです。もちろん、費用が妥当かも判断できないでしょう。推奨する塗装の方法も違うのです。 [続きを読む]
  • 外壁リフォームdiy
  • 最近の外壁は耐候性も比較的高くなっています。グレードがやすいから悪いということもないです。見積もりの金額だけで業者を判断しないことです。手抜きをしようとすれば、どれだけでも手を抜くことができますから同じ面積の塗装でも見積もり金額が変わってくるのです。 [続きを読む]
  • 塗装工事の見積もり方法
  • コストパフォーマンスを考えるとウレタン塗装が一番おすすめです。見積もりを取る時は相見積もりをすることと、その内容をある程度理解できることが大事です。インターネットは確かに低価格でもインターネットだけで塗装業者を選ぶべきではありません。地元の塗装やさんと比較してこそコストのメリットを感じます。地元の塗装やさんは数人の職人でやっている会社もあります。見積もりは遅いかもしれませんね。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …