植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」 さん プロフィール

  •  
植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」さん: 植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」
ハンドル名植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」 さん
ブログタイトル植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kanazawa-uechan
サイト紹介文金沢に永住して金沢・石川が好きになりました!その魅力を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2015/02/04 05:00

植ちゃんの「金沢・いしかわに恋をしました!」 さんのブログ記事

  • 「奥能登国際芸術祭スズ2017」9月3日(日)より開催!!
  • 「奥能登国際芸術祭スズ2017」9月3日(日)より開催!!(No.1084)能登半島の先端に位置する石川県珠洲市。古くから海と陸の交流が盛んに行われ、特異な文化が育まれた珠洲は、地理的に孤立していることから、日本文化の源流ともいうべき昔ながらの暮らしや風習がいまでも残る町。“忘れられた日本”がそこにあります。連日のように「キリコ祭り」が行われ、奥能登が一年で最も活気づく秋に開催される「奥能登国際芸術祭201 [続きを読む]
  • カフェ モロゾフ(香林坊大和2F)
  • 金沢のグルメレポート その40(No.1083)◇カフェ モロゾフ(香林坊大和2F)金沢市香林坊大和2Fカフェ モロゾフでランチしました。モロゾフは8Fにもある。□パスタランチセットA:サラダ、お好みパスタ、コーヒーまたは紅茶 1,296円B:お好みパスタ、コーヒーまたは紅茶     1,080円■写真はボルチーニクリームソース■写真はバルミジャーニボロネーゼ■写真は香林坊バス停撮影日:2017.7.28(つづく) [続きを読む]
  • 兼六園 こばなし(翠滝、海石塔)
  • 金沢の観光スポットレポート その720(No.1082)◇兼六園 こばなし(翠滝、海石塔)■写真は瓢池■写真は翠滝と海石塔○翠滝 霞ヶ池から流れ出て瓢池に注ぎ込む、園内最大の滝です。高さ6.6m、幅1.6mで水量が豊富、滝音も大きく、目と耳を楽しませてくれます。その荘厳さと迫力は他庭にはないスケールで、兼六園の中でも特に優れた庭景の一つです。別名「紅葉滝」とも呼ばれています。 第11代藩主治脩(はるなが)が安永3 [続きを読む]
  • 金沢の夏2017 ⑲ 21世紀美術館ベルギー自転車展
  • 金沢の観光スポットレポート その719(No.1081)◇金沢の夏2017 ⑲ 21世紀美術館ベルギー自転車展○日本・デンマーク外交関係樹立150周年記念展展示期間:2017年8月5日(土) - 2017年11月5日(日)デンマークと日本は、それぞれの歴史や文化を背景に、ときに影響し合いながら発展してきました。特に、機能と実用性に加え、美しい意匠をまとった優れたデザインは、両国の文化的アイデンティティと美意識を示すものとして、 [続きを読む]
  • 金沢の夏2017 ⑱ 21世紀美術館
  • 金沢の観光スポットレポート その718(No.1080)◇金沢の夏2017 ⑱ 21世紀美術館 ○21世紀美術館 2004年10月9日にオープンしたガラス張りの円形美術館。金沢市の中心に位置しています。「まちに開かれた公園のような美術館」を建築コンセプトとし、誰もがいつでも立ち寄ることができ、様々な出会いの「場」となるような美術館を目指しています。 昨年度の入館数は255万人(前年比108%)となり過去最高記録を達 [続きを読む]
  • 金沢の夏2017 ⑰ 大乗寺丘陵公園 
  • 金沢の観光スポットレポート その718(No.1079)◇金沢の夏2017 ⑰ 大乗寺丘陵公園■写真は見晴らしハウス  ○大乗寺丘陵公園 金沢の南部に広がる丘陵地帯。その豊かな緑を復元し、永く未来に継承するために整備された金沢を代表する公園(総合公園)です。 眼下に金沢の街が広がり、晴れた日には日本海まで見渡すことのできる壮大な眺望。 約13,000株のツツジをはじめ、ウメ、アジサイ、ツバキ、サクラなど、四季の [続きを読む]
  • 金沢の夏2017 ⑯ 尾山神社おついたち参り
  • 金沢の観光スポットレポート その717(No.1078)◇金沢の夏2017 ⑯ 尾山神社おついたち参り○尾山神社の概況 慶長4年(1599)に加賀藩藩祖前田利家を祭り創建された卯辰八幡社(現宇多須神社)を、明治6年(1873)に卯辰山から金沢城の出丸金谷御殿跡地(現在地)に移し、本殿、拝殿が建てられ、尾山神社とした。尾山神社の神門は明治8年(1875)に完成したのですが、神門の和洋中の三様式が取り入れられた五色のギヤ [続きを読む]
  • ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ(石川県立美術館内)
  • 金沢のグルメレポート その40(No.1077)◇ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ(石川県立美術館内) 「素材」と「アート」、そして「おもてなし」 ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュのスイーツは、素材に徹底的にこだわっております。 能登の食材、北陸の食材をふんだんに使用したスイーツの数々には、洗練されたデザインはもちろんのこと、人の健康を考えた思いが詰まっております。そして、くつろいだ空間でスイーツを召し上がっていただ [続きを読む]
  • 金沢の夏2017 ⑮ 鈴木大拙館、緑の小径
  • 金沢の観光スポットレポート その716(No.1076)◇金沢の夏2017 ⑮ 鈴木大拙館、緑の小径○鈴木大拙館金沢市出身の仏教学者である鈴木大拙への理解を深め、思索の場とすることを目的に、金沢市が2011年(平成23年)10月18日に開設した。施設の設計は金沢市にゆかりの深い日本芸術院会員の谷口吉生。大拙生誕地の近くに立地し、借景となる本多の森公園との調和や大拙の精神とされる「静か」「自由」の具現化を図ったとされ [続きを読む]
  • 金沢の夏2017 ⑭ 本多公園誕生!
  • 金沢の観光スポットレポート その715(No.1075)◇金沢の夏2017 ⑭ 本多公園誕生!鈴木大拙館から中村記念美術館へは緑の小径でつながっていたが、この春本多公園が誕生し、面でつながった。鈴木大拙館、松風閣庭園、中村記念美術館、旧中村邸、石川県立美術館などの本多の森公園と広いエリアが一体になりました。■写真は本多公園東口○本多家(加賀八家 筆頭)加賀藩の直臣は、人持組頭、人持組、平士、足軽に大別され [続きを読む]
  • 喫茶白鳥(兼六園)、蕎麦山猫(白山市瀬戸)
  • 金沢のグルメレポート その39(No.1074)◇喫茶白鳥(兼六園)、蕎麦山猫(白山市瀬戸)兼六園の桜ヶ岡口近くにあり、内装も落ち着いていて撮影時に時々訪れ日替わり定食を食べる。■写真は喫茶白鳥店内ブログ「チャリパカ」白鳥紹介ページ住所:金沢市兼六町2-48(兼六園桜ヶ丘口付近)電話: 076-261-6314■写真は日替わり定食(980円)■撮影日:2017.6.22番外)◇山猫そば茶ソフトクリーム私のロードバイク定番コース白山市 [続きを読む]
  • 寿しと手作り料理 長八金沢駅前店、片町店
  • 金沢のグルメレポート その38(No.1073)◇寿しと手作り料理 長八金沢駅前店、片町店○長八駅前店■写真は店頭(2017.5.9)長八はハチバングループで、少し高いがおいしくてお気に入りです。駅前店は15年にオープンし、席にゆとりがあり、今回初めて東京から友人が来沢してランチを食べました。■写真はお造り御膳住所:  金沢市此花町5-5 玉川駅前ビル1F営業時間:11時〜24時(ラストオーダー23時)定休日: 年中無休予約 [続きを読む]
  • 金沢の夏2017 ⑬ 長町武家屋敷跡-3
  • 金沢の観光スポットレポート その714(No.1072)◇金沢の夏2017 ⑬ 長町武家屋敷跡-3○旧高田家跡 旧加賀藩主 高田家跡は長町武家屋敷跡の中級武士高田家の屋敷跡に藩政時代の長屋門を修復したものです。屋敷内の大野庄養用水を引きこんだ池泉回遊式庭園がある。■写真は旧高田家門■写真は旧高田家長屋門(復元)○長町足軽資料館 加賀藩では武士が約11,000人いたうち約5,800人が足軽であったという、他の藩では足軽 [続きを読む]
  • 金沢の夏2017 ⑫ 長町武家屋敷跡-2
  • 金沢の観光スポットレポート その713(No.1071)◇金沢の夏2017 ⑫ 長町武家屋敷跡-2■写真は長町武家屋敷跡■写真は今夏オープンした九谷焼窯元 鏑木商舗■写真は鏑木商舗本店○大屋家住宅 藩政時代の直臣平士級の武家屋敷の遺構です。門を構え、敷地周辺に土塀を巡らし、広い庭があります。建物は、内部や建具も含めて当時の状態をよく残している。正面に高く広い妻面のあるアズマダチの屋根は、元々は板葺き石置き屋 [続きを読む]
  • 金沢の夏2017 ⑪ 長町武家屋敷跡-1
  • 金沢の観光スポットレポート その712(No.1070)◇金沢の夏2017 ⑪ 長町武家屋敷跡-1○長町の由来長町は前田八家の1つ長氏の屋敷があったことから名付けられました。現在の長町武家屋敷一体は長氏、村井氏をはじめ上級武士から中級、下級武士などが住んでいました。現在では、当時の武家屋敷は殆ど残っていませんがその中で中級武士だった野村家邸は当時の武士の邸宅の様子を伺うことができます。○前田土佐守家資料館 [続きを読む]
  • 金沢の夏2017 ⑩ 寺町寺院群周辺
  • 金沢の観光スポットレポート その711(No.1069)◇金沢の夏2017 ⑩ 寺町寺院群周辺○加賀水引 津田明治時代まで結納や金封にかけられる水引結びや折型は、ほとんど平面的なものだった。大正4年(1915)頃、石川県金沢市の津田左右吉(加賀水引初代)が、立体的な和紙の包み方(折型)と、鶴亀や松竹梅などの立体的な水引の結び方(水引細工)を考案し、結納や金封に飾るようになった。■写真は加賀水引津田店舗その後、津 [続きを読む]
  • 金沢の夏2017 ⑨ 泉野、寺町 寶勝寺
  • 金沢の観光スポットレポート その710(No.1068)◇金沢の夏2017 ⑨ 泉野、寺町 寶勝寺○金沢市 泉野図書館星陵泉野幼稚園生が植えた朝顔が咲きはじめました。■写真は泉野図書館○太白山 寶勝寺(ほうしょうじ)臨済宗妙心寺はのお寺で、寛永8年(1631)加賀三代藩主前田利常の帰依をうけた美濃出身千岳宗仞禅師(せんがくそうにんぜんじ)が建立。本堂および山門は創建当時の建物である。加賀藩に仕えた由緒ある武家一 [続きを読む]
  • 茶の湯の建築文化・由緒あるお茶室めぐり ④ 完
  • 金沢の観光スポットレポート その709(No.1067)◇茶の湯の建築文化・由緒あるお茶室めぐり ④ 完○市民企画型観光モデルコース この企画は地元のもてなしの機運をさらに高めるため、平成27年の秋に金沢市が広く募集した「市民企画観型光モデルコース」で栄えある準グランプリに輝いた福岡澄子さん企画のコースを紹介します。■写真は検察庁前信号から仙叟屋敷に向う9)仙叟(せんそう)屋敷跡現在は裏千家業躰・奈良宗久宅 [続きを読む]
  • 茶の湯の建築文化・由緒あるお茶室めぐり ③
  • 金沢の観光スポットレポート その708(No.1066)◇茶の湯の建築文化・由緒あるお茶室めぐり ③○市民企画型観光モデルコース この企画は地元のもてなしの機運をさらに高めるため、平成27年の秋に金沢市が広く募集した「市民企画観型光モデルコース」で栄えある準グランプリに輝いた福岡澄子さん企画のコースを紹介します。■写真は石川県立美術館7)石川県立美術館・ショップ 中村記念美術館より美術の小径を登ると左手に [続きを読む]
  • 茶の湯の建築文化・由緒あるお茶室めぐり ②
  • 金沢の観光スポットレポート その707(No.1065)◇茶の湯の建築文化・由緒あるお茶室めぐり②○市民企画型観光モデルコース この企画は地元のもてなしの機運をさらに高めるため、平成27年の秋に金沢市が広く募集した「市民企画観型光モデルコース」で栄えある準グランプリに輝いた福岡澄子さん企画のコースを紹介します。4)中村記念美術館茶の湯に造詣の深かった中村酒造の蔵元から寄贈された美術品を中心に収蔵・展示し [続きを読む]
  • 茶の湯の建築文化・由緒あるお茶室めぐり①
  • 金沢の観光スポットレポート その706(No.1064)◇茶の湯の建築文化・由緒あるお茶室めぐり①市民企画型観光モデルコース 2016年3月12日(土)金沢都ホテルB2Fセミナールームにおいて北陸新幹線金沢開業1周年記念「もてなし向上フォーラム」が開催され、「市民企画型観光モデルコース募集事業」表彰式が行われた。 この企画は地元のもてなしの機運をさらに高めるため、平成27年の秋に金沢市が広く募集した「市民企 [続きを読む]
  • 歴史の道「臼が峰往来」を行く!②
  • 石川の観光スポットレポート (No.1063)◇歴史の道「臼が峰往来」を行く!② 6月17日(土)石川県ウオーキング協会は第26回「石川県スポーツレクリエーション交流大会」歴史の道「臼が峰往来」を行くを宝達志水市志雄運動公園発着に参加した。■写真は歴史の道100選碑○大伴家持(おおとものやかもち) 大伴 家持(養老2年(718)頃〜 延暦4年(785)は、奈良時代の貴族・歌人。大納言・大伴旅人の子。官位は従三位 [続きを読む]
  • 歴史の道「臼が峰往来」を行く!①
  • 石川の観光スポットレポート (No.1062)◇歴史の道「臼が峰往来」を行く!①6月17日(土)石川県ウオーキング協会は第26回「石川県スポーツレクリエーション交流大会」歴史の道「臼が峰往来」を行くを宝達志水市志雄運動公園発着に参加した。■写真は志雄運動公園をスタート○臼が峰と志乎路(しおじ)往来奈良・平安時代以来の官道で、文化庁「歴史の道100選」にも選ばれている、宝達志水市下石より、深谷、見砂を経て [続きを読む]
  • 金沢の夏2017 ⑧ 金沢の新盆とキリコ
  • 金沢の観光スポットレポート その705(No.1061)◇金沢の夏2017 ⑧ 金沢の新盆とキリコ□お盆の由来 お盆の正式な呼び名は「盂蘭盆会(うらぼんえ)」といい、サンスクリット語の「ウランバーナ(逆さ吊りにされる苦しみという意味)」に由来します。子孫から長い間供養をうけていない先祖は逆さ吊りの苦しみを受けているため、そうした先祖の霊を慰めるため飲食を与えたのが発祥とされています。■写真は大乗寺境内のお [続きを読む]