朝日 さん プロフィール

  •  
朝日さん: ぐうだら女朝日が綴る婚活ブログ
ハンドル名朝日 さん
ブログタイトルぐうだら女朝日が綴る婚活ブログ
ブログURLhttp://asa0.blog.jp/
サイト紹介文面倒くさがり屋の独女朝日32歳が婚活に奮闘するブログです(*^-^*)
自由文面倒くさがり屋の独女朝日32歳が婚活始めました。婚活初期から彼氏有の現在までなるべく詳細に書いていきます。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供237回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2015/02/04 13:56

朝日 さんのブログ記事

  • 街コン初体験『20』Dさんの笑顔にホッとしました。
  • Dさんは、そんな挙動不審な朝日にも、怪訝な顔をする事もなく、自然にニコッ。と笑ってくれました。もともと垂れ目気味の眉と目が、笑うともっと、へにょ〜ん。となり、ただ優しげな顔を見せてくれただけなのですが、ボロボロに傷ついた朝日の心には、妙に沁みてしまいました。。(T_T) Cさんは、チャキチャキとした男性で、とにかく早口で、ベラベラと喋りまくるので、そのテンポの速さに、早々と朝日は付いて行けなくなりま [続きを読む]
  • 街コン初体験『19』この街コンを選んだ理由は。
  • 失礼ながら、見た目は・・・・。。と、思ってしまいましたが、(^_^;) CさんもDさんも、ニコニコと愛想良く、「よろしくお願いします〜。(^∇^)」と挨拶してくれました。良い人そうだな。と、一瞬、気が緩みそうになりましたが、すぐに、いやいや!さっきも最初はそう思ったんだから、第一印象は、本当に当てにならないっ。と、気を引き締め直しました。 程なくして、朝日のビールが運ばれて来たので、みんなで乾杯をし [続きを読む]
  • 街コン初体験『18』Cさん、Dさんの第一印象。
  • もうこうなったら、へべれけになって、気持ちよく飲んでやる!とゆう気持ちで、ビールを頼んだのですが。。朝日の手元にビールが来る前に、「移動のお時間で〜す!」とゆう声が聞こえてきました。 あ、もう終わりなんだ。。と、すこし拍子抜けしてしまったものの、これで、もう金輪際会うこともないなっ。とホッとしました。( ;∀;) 移動しようと席を立ったAさん [続きを読む]
  • 街コン初体験『17』隣の女子たちを見て、思ったこと。
  • もう、戻りたくないな。。(~_~;)と思いましたが、あとちょっとで、またすぐ移動になるだろうしっ。と、自分に言い聞かせながら、しぶしぶ、席へと戻りました。席へと戻る前に、ふと、隣のテーブルに目がいったのですが、1組前の盛り上がりが嘘のように、シーン。としていました。。先ほど話した感じの悪い男性たちは、気まずそうに、無言でチビチビとビール を飲んでいて、さっきはあんなに話したそうにしてたのに。。と思って [続きを読む]
  • 街コン初体験『16』ただ、巻き込まれたくない。とゆう思い。
  • 全員でラインを交換し終えると、Bさんが唐突に、「栄子ちゃん、今度2人でご飯食べに行こうよ〜。」と言い出しました。その言葉に、栄子ちゃんは、「う〜ん。ご飯行くのはぜんっぜん良いんですけど・・・・。これも縁だし、どうせならみんなで行くのがいいですよね!」と言って、朝日の方を向き、ニコッと笑いました。 正直言って、もう、頼むから、朝日を巻き込まないで〜。(T_T)と思ってしまいました。Bさんからの刺々しい [続きを読む]
  • 街コン初体験『15』まるでピエロのようだな。と思いました。
  • Aさんは、まだ、「仕事は何してるんですか?」と話しかけてくれたり、「飲み物新しく頼みます?」と尋ねてくれたりするのですが、Bさんに関しては、本当に朝日のことなど、まるで見えていないようでした。(⌒-⌒; )それはそれで別にいいのですが、Bさんと会話しつつも、栄子ちゃんは朝日に気を使ってくれているのか、「朝日さんはどう思います?」と、話に混ぜてくれようとするのです。。(; ̄ェ ̄)正直にいうと、放っておいてく [続きを読む]
  • 街コン初体験『14』今までとは違うしんどさ。
  • 男性たちの気持ちは、よく分かるんです。。まだ会ったばかりで、ろくに知らない状態ですが、私が男だったとしても、栄子ちゃんにものすごく興味が沸くだろうし、すぐ好きになっているような気がしますし。( ;∀;) 美人さんだし、気がきくし、職業は看護師さんで、趣味はバイク。って、もう完璧じゃないですか。。これは、ネットよりも、パーティーよりも、しんどいかも。。と改めて思っていると、Aさんがこんなことを聞いてき [続きを読む]
  • 街コン初体験『13』隣にいるのが辛くなってきました。
  • 「2人とも度胸あるね〜。」と言われてしまい、栄子ちゃんはともかく、朝日はほとんど勢いで予約しちゃっただけなんだけどな。。σ(^_^;)と思いつつ、「そうですかね。。(^◇^;)」と笑って返しました。 朝日も、AさんとBさんの関係について、聞いてみようとしたのですが、ふと、先ほどの男性たちに、変な濁され方をされたことを思い出してしまい、尻込みしてしまっていると、Bさんが「俺たちは高校からの友達で。 腐れ縁ってやつ [続きを読む]
  • 街コン初体験『12』1人参加と伝えると驚かれました。
  • 2組目の男性たちも落ち着かない様子で、キョロキョロとし出したので、まさか、この人たちも隣の女子大学生が気になってるんじゃ。。また、さっきみたいな態度取られたらどうしよう。。(T_T)と不安になっていると、「あの、まずは 乾杯でもしましょうか。。」とぎこちないながらも提案をしてくれ、ホッとしました。 乾杯を無事済ませた後は、栄子ちゃんの会話テクのおかげもあり、スムーズに自己紹介の流れに行くことがで [続きを読む]
  • 街コン初体験『11』すこしスカッとしてしまいました。
  • それから、栄子ちゃんは頑張って会話をしようとしていましたが、盛り上がることはなく、ひたすら食べることに集中していると、「そろそろ移動の時間になりま〜す!」と、ようやく天使の声が! ( ;∀;) やっと終われる〜!と思っていると、栄子ちゃんが「ありがとうございました!」と、男性たちにさわやかな笑顔で言っていて、凄いなあ。。と思いました。( ̄▽ ̄;) 続いて朝日も、全然『ありがとう。』なんて気持ち [続きを読む]
  • 街コン初体験『10』こちらの歳を聞いておいて。。
  • シーン。。としてしまっている中、いきなりボソッ。と男性の1人が、口を開きました。 男性「いくつなんですか?」 そういえば、この人たちには、歳を言ってなかったっけ。。と思っていると、栄子ちゃんがすぐに答えました。続けて朝日も、内心、嫌々ながら、自分の年齢を告げました。すると、聞いてきた男性は、一瞬顔をしかめたかと思うと、まるで独り言のように、小さな声でこんなことを呟きました。 「・・・・結 [続きを読む]
  • 街コン初体験『9』せっかくのフォローを無駄に。。
  • こんな男性たちの態度にも、栄子ちゃんは、特に気を悪くした様子もなく、「普段、休みの日は何してるんですか〜?」とゆう質問をしていて、すごいなあ。。と感心してしまいました。(⌒-⌒; )こう言った感じで聞けば、口下手な人でも答えられやすいよね。と、思っていたのですが。。男性の1人は、「ずっと寝てるかな。。」と答え、それに続き、もう1人も「俺も寝てる。」と、ボソボソッと答えました。・・・・この人たち、話す気あ [続きを読む]
  • 街コン初体験『8』街コンが始まり、まずは乾杯から。
  • 他の店に移動する。とゆう話も聞かないし、参加人数も、あまり多くないようだし。。 そうじゃないかな。。と、うすうす、分かってはいましたが、やっぱりこの居酒屋のみで、開催されるようです。ぅう〜ん。。開催って言っていう言い方も、なんだか違うような。(⌒-⌒; )そもそも、これって、街コン。って言って良いものなのかな。。と、首を傾げてしまいました。 気持ちは盛り上がらないままですが、始まってしまったので、 [続きを読む]
  • 街コン初体験『7』負のスパイラルに陥りそうに。
  • しばらくその子と、住んでる場所の話などをしていると、「お名前聞いても良いですか?私は栄子って言います。」と言われました。あ。そっか。まず自己紹介が先だったよね・・・・。気が利かなくて情けない。。(; ̄ェ ̄)と思いつつ、名前と歳を伝えました。すると、「えっ。同じ歳くらいかと思いました!」と言われ、一瞬、どんな顔をして良いか分からなくなりました。(; ̄ェ ̄)老け顔なのは自覚してるし、そんなわけないじゃ [続きを読む]
  • 街コン初体験『6』もしかしてずっと1人なんでしょうか。。
  • それから、すこし経つと、徐々に参加者が増えて来ました。しかし、どうみても、皆さんハタチそこそこの若そうな子ばかりに見えます。。特に、女性の方は、キャピキャピとした子ばかりで、もしかして、この中で朝日が1番年上、それもブッチギリ。なんじゃ。。と思えてきました。。(T_T) 不安でいっぱいだったのですが、さらにしばらく経つと、落ち着いた女性や男性たちの姿も見え始めたので、ホッとしました。このままじゃ、 [続きを読む]
  • 街コン初体験『5』不安な要素だらけになって来ました。。
  • 朝日が思わず、ギョッとしてしまったのは、良い意味ではなく、悪い意味で。でした。。(T_T)短く刈られた坊主頭にラインが入ってるものすご〜くいかつい男性や、金の刺繍が入っている黒いジャージを着ている男性。。 それに、みなさん、ものすごくでかいサングラスをかけていました。。(・_・; 即座に、もし、この人たちとの順番が回ってきてしまったら、何話せば良いのっ。(-_-;)と思ってしまいました。 向こうも [続きを読む]
  • 街コン初体験『4』渡されたプロフィール用紙は。。
  • 案内されるまま、靴を脱いで、座敷の1番奥の席へ。。すると、対面には先ほどの男性2人がっ。( ̄▽ ̄;)うわぁ、気まずいよ〜っ。と思いつつ、へらっと笑いながら軽く会釈をして、目の前に座りました。 まだ、他の女性の姿はまったく見えず、どうやら朝日が1番乗りのようです。どうりで来るときに、それらしい人が誰もいなかったわけだ。。と納得しました。(; ̄ェ ̄) 時間もあるし、さっきもらったプロフィールを書こう。と [続きを読む]
  • 街コン初体験『3』受付をして、確信に変わりました。
  • この人たちも街コンだよね・・・・。きっと。。そう思うと、余計に気まずくなりました。べつに時間的に余裕があるんだから、そんなに焦って滑り込んでこなくても良かったんじゃ。。と思うほど、男性はハアーハアーと息が荒く、狭い密室の中ではあまり良い気はしませんでした。。(; ̄ェ ̄) ようやく3階に着き、エレベーターを降りると、すぐ目の前に居酒屋のドアがありました。予想していた通り、男性2人も降りたので、あ。や [続きを読む]
  • 街コン初体験『2』街コンが開催される居酒屋に到着。
  • 問い合わせのメールの件といい、場所といい、ここ、本当に大丈夫なのかな。。と不安になりましたが、もう開催は明日なので、行くしかありません。。(T_T) そして、街コン当日。不安な気持ちで、家を出ました。電車に乗って、##駅を降り、スマホアプリを開いて、集合場所の居酒屋に向かうことに。ここの駅前は、人が多いこともあり、治安があまり良くなくて、怪しい勧誘やキャッチが見境なく声をかけてくるので、あまり好きで [続きを読む]
  • 街コン初体験『1』申し込み時点で不安な気持ちに。。
  • ほとんど勢いで申し込みをしてしまい、すぐに、やっちゃった。。と、後悔してしまいました。(T_T)ですが、このままダラダラと続けるよりも、イロイロ試してみた方が良いんじゃないか。と思い直しました。何事も経験だ!と自分を奮起させ、街コンが開催される日を待とう。と思いました。 ところが、途中で気になることが出て来ました。。街コンを申し込んだ際に、『受け付けました。』とゆう自動送信メールは来たのですが、そ [続きを読む]
  • ネット婚活17人目穂村さん『31』ショックから立ち直ろうと。
  • ズーン。。とへこみながらも、朝日はべつに何も悪いことしてないんだから。。と思い直しました。 さすがに、もう元の場所にはいないとは思いますが、一応、違う道で行こう。と思いました。 すこし遠回りになるけど、仕方ない。と歩き始めましたが、途中で、なんでこんなことしてるんだか。。と虚しさが頂点に。(−_−;) それでも足を止めずに歩き、なんとか遭遇せず、帰りの電車へ乗り込むことができました。 [続きを読む]
  • ネット婚活17人目穂村さん『30』まるで、ストーカーを見つけたような。
  • 目が合ってしまった手前、バッ。といきなり目を逸らすのも変なので、なんとか口角を少し上げ、ぺこっと軽く会釈しました。穂村さんは、ギョッとした顔になりながらも、会釈をして来ました。ですが、すぐ、口元を手で隠すようにして、チラッ。と、朝日を見ながら電話でゴショゴショと話し出しました。その様子を見て、これは、明らかに、警戒されている。。と思い、慌ててトイレに向かいました。 トイレの中は混んでいて、並 [続きを読む]
  • ネット婚活17人目穂村さん『29』底の底まで落ち込みました。
  • 駅に着き、「じゃあ、」と、穂村さんと向き合い、別れの言葉を言おうとすると。 穂村さん「今日はありがとっしたー!」 いきなり大きな声でそう言って来たのですこしびっくりしながら、「あ、こちらこそ・・・・。」となんとか返しました。穂村さんの顔は笑っていましたが、それがまたなんとも、わざとらしい笑顔だったので、すこし面を食らってしまいました。。(⌒-⌒; ) 朝日「それじゃあ。。」 そう言いながら、軽 [続きを読む]
  • ネット婚活17人目穂村さん『28』穂村さんが嫌いなもの。
  • 穂村さんの『嫌い。』話は続き、「犬もだけど、虫、とくにあの黒いアレ!大っ嫌い!」と言い出しました。好き嫌いはともかく、犬と害虫を一緒にしないで〜っ。( ;´Д`)と思ってしまいました。 まあ、虫は朝日も苦手なので、そこは分かります。と伝えた上で、「例えば、部屋にアレ。が出た時とかはどうしてるんですか?」と気になったことを聞いてみると、即「逃げ回る。」とゆう返答が。 逃げ回るって [続きを読む]
  • ネット婚活17人目穂村さん『27』可愛がられる側でいたい。
  • 帰るために、駅へと向かい歩き出したのですが、行くときには感じなかった道のりが、今度はすごく長く感じました。(~_~;)穂村さんは、表面上は愛想よくしてくれているものの、最初の店の時とは違い、どことなく不満がある感じで、顔を合わせ辛くて。。 そんなことを考えながら歩いていると、前からポメラニアンを三匹連れている人が歩いて来ました。思わず、「わっ、可愛い。」と声が漏れたのですが、穂村さんはさっと朝日の反対 [続きを読む]