静 さん プロフィール

  •  
静さん: スイカの育て方.com
ハンドル名静 さん
ブログタイトルスイカの育て方.com
ブログURLhttp://xn--m9jp5n2a9d8536b7pvb.com/
サイト紹介文スイカの育て方。大きく甘く育ててたくさん収穫しよう!
自由文摘芯・授粉・収穫時期などスイカ栽培のコツをど〜んとご紹介していきます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2015/02/05 12:47

静 さんのブログ記事

  • シュガーベイビー 育て方
  • シュガーベイビー シュガーベイビーは、ヨーロッパでとても人気のあるスイカ品種です。スイカは実は日本だけでなく、世界中で愛されているのです。 重さは2〜4kgほどで日本でいえば小玉〜中玉サイズになる品種で、日本の家庭菜園でも育てやすくお勧めです。 甘くておいしく、とても濃い緑色の表皮が目をひく、 シュガーベイビーの育て方をご紹介します。 ■シュガーベイビー 育て方 ・種ま [続きを読む]
  • 大和小町クール
  • 大和小町クール 大和小町クールは、大和農園が改良して作った小玉スイカの品種です。見た目は縞模様の普通の小玉スイカのように見えますが、 大和小町クールの、特徴と育て方のポイントをご紹介します。 [大和小町クール] ◎つや美人の小玉スイカ大和小町クールは、球型〜やや腰高の形をしていて、 表面の皮はつやつやとしていて、スイカとしてはとても美しい姿をしています。 表面の模様 [続きを読む]
  • グリーンマルチ
  • グリーンマルチ C)日本農業システム グリーンマルチは、黒や透明の種類と同様、ビニールでできたマルチ資材です。名前の通り、緑色をしたこのグリーンマルチには、 どのような効果と短所があるのでしょうか。 [グリーンマルチ] ■グリーンマルチの特徴 グリーンマルチの最大の特徴は、緑色をしていることです。「マルチ」という言葉を聞いて連想するのは、黒や透明なことが多いですが、 [続きを読む]
  • たべて味
  • たべて味 たべて味は、大和農園が改良して作ったスイカ品種です。食味に自信のある品種とのことですが、たべて味とはどのような特徴を持ちどのように育てるスイカなのでしょうか。 [たべて味] ◎たべてみてほしい小玉スイカたべて味は「たべてみぃ」と読みます。たべてみぃとは、関西弁で「食べてみて」という意味になります。 スイカ品種の名前としてこの言葉を使っているのは、食味に自 [続きを読む]
  • 夏だより
  • 夏だより 夏だよりは、大和農園が改良して作ったスイカの品種です。スイカといえば、果肉は赤いものが一般的ですが、夏だよりは赤肉タイプのスイカではありません。 夏だよりとは、どのような特徴があるスイカなのでしょうか。 [夏だより] ◎珍しい黄色い中玉スイカ一般的にスイカといえば、中の果肉は赤いものをイメージします。けれどこの夏だよりは、果肉が黄色いタイプの品種です。 しか [続きを読む]
  • 透明マルチ
  • 透明マルチ マルチといえば、色つきを想像する方が多いでしょうが、透明なマルチもあります。 価格も安く黒マルチと同じくらいです。透明マルチには、どのような効果、長所短所があるのでしょうか。 [透明マルチ] ■透明マルチの特徴 透明マルチの特徴は、まさに透明であることです。他のマルチは、黒や白、シルバーなどの色がついているため、どれも不透明です。 籾殻やワラな [続きを読む]
  • あっぱれ☆スター
  • あっぱれ☆スター あっぱれ☆スターは、萩原農場が改良して作った大玉スイカの品種です。一般的なスイカと違い、枕のような楕円形をしたあっぱれ☆スターとは、どのような特徴のあるスイカなのでしょうか。栽培のコツもご紹介いたします。 ■あっぱれ☆スター ◎果肉が詰まった楕円形大玉あっぱれ☆スターは、1玉が8kg前後にもなる、立派な大玉スイカです。一般的なスイカは、丸い形をしていることが [続きを読む]
  • SORA〜そら〜
  • SORA〜そら〜は、萩原農場が改良し作った小玉スイカ品種です 見た目は普通の小玉スイカのようですが、実は最近の空中栽培方法に向いている品種なのです。SORA〜そら〜とは、どのようなスイカなのでしょうか。 栽培のコツもお伝えします。 ■SORA〜そら〜 ◎空中栽培向けの小玉品種SORA〜そら〜が他の小玉品種と違っているのは、空中栽培(立体栽培)に適したように作られていることです。 ス [続きを読む]
  • シルバーマルチ
  • シルバーマルチ C)日本農業システム楽天市場店 シルバーマルチは、日常的にはあまり目にしないマルチです。農家の方や、広い敷地で菜園をしている方なら、スイカ栽培で、使ったことがある方もいるかもしれません。 家庭菜園ではあまり使われないシルバーマルチには、 どのような効果があるのでしょうか。 [シルバーマルチ] ■シルバーマルチの特徴 シルバーマルチは、スイカ、トマト [続きを読む]
  • ひとつだね Tiger
  • ひとつだねTiger ひとつだねTigerは、萩原農場が販売しているひとつだねシリーズの1つです。ひとつだねシリーズは、どれもほぼ種のない種なし品種です。 ひとつだねは3kg前後の小玉種、ひとつだねBearは黒皮種、そしてこのひとつだねTigerが種なしの大玉種です。 その特徴と育て方のコツをご紹介します。 表皮はスイカらしい、緑と黒の縞模様をしていて、球型〜やや腰高くらいの美しい形をしています [続きを読む]
  • 黒マルチ
  • スイカ縞王に黒マルチ スイカにも、マルチングをするとよく育ち病害虫の被害にあいにくいです。 マルチングの中でも、一番よく使われているのは黒マルチではないでしょうか。ホームセンターの園芸コーナーなどでも、置かれていることが多いですし、100円均一でも売られているほどです。黒マルチの特徴と効果を知っておくと、有効に使うことができます。 [黒マルチ] ■黒マルチの特徴 [続きを読む]
  • ひとつだね Bear
  • ひとつだね Bear ひとつだねBearは、萩原農場が育成販売している、ひとつだねシリーズの黒皮品種です。 ひとつだねシリーズは、萩原農場の種なしスイカのシリーズです。もちろん、このひとつだねBearも種なし品種です。特徴と育て方のコツをご紹介します。 ◎黒皮種で美しい種なしスイカスイカの中でも、皮の黒いタイプの黒皮種は希少とされていますが、その中でもさらに種なしで、ひとつだねBearはかなりレ [続きを読む]
  • ひとつだね
  • ひとつだね ひとつだねは、萩原農場が販売している種なし小玉スイカの品種です。1玉が3kg前後の小玉品種で、縞模様も美しく味も良いスイカです。 ひとつだねの特徴と育て方のコツをご紹介していきます。 ◎選りすぐりの種なし品種スイカを食べる時、大きく切ったり、スプーンなどで食べる場合でも、四角くカットしたものを食べる場合でも、気になるのは種の存在です。 種を噛んでしまわないよう注意して食 [続きを読む]
  • サマージャンボ
  • サマージャンボ サマージャンボは、萩原農場が改良した、超大玉タイプのスイカ品種です。一般的な大玉スイカといえば、だいたい6kg〜8kgほどです。 このサマージャンボは、なんと20kgを超えることがあるそうです。 その特徴と育て方のコツをご紹介していきます。 スイカで20kgといえば、普通の大玉スイカの2倍〜3倍の重さがあります。大人でも一人で持ち上げるのは難しいかもしれません。 20k [続きを読む]
  • マイティーX
  • マイティーX スイカ マイティーX(エックス)は、萩原農場が品種改良した大玉スイカの品種の1つです。マイティシリーズには、他にマイティ21という品種があります。 萩原農場の大玉スイカは、日本人のイメージ通りでマイティーXも同じです。 特徴と育て方のコツをご紹介します。 肩張りよく育った実は、豊円形をしていて、緑色に黒い縞模様の入った柄も、絵にかいたようなスイカの姿をしています。 中の [続きを読む]
  • 夏のぜいたく
  • 夏のぜいたく 夏のぜいたく、というまさに夏の風物詩のスイカにぴったりな品種があります。萩原農場というところが改良して作った品種で、夏のぜいたくの他にも、春のだんらんや夏のだんらんというスイカもあります。 夏のぜいたくは、大玉スイカの品種です。日本人がイメージするスイカそのままの、 やや腰高ではっきりと縞模様の入った姿をしています。 立派な大玉なので、冷たい水の入ったタライに浮かべ [続きを読む]
  • 愛娘あすか
  • 愛娘あすか 愛娘あすか(まなむすめあすか)は、ナント種苗が改良した小玉スイカです。 愛娘シリーズの中の1つで、このシリーズの代表格の愛娘とよく似ています。 愛娘に比べて、やや高温に強いのが特徴となっています。鮮やかな緑色の表皮にスイカらしい黒い縞が入ります。縞目が少し太めな上に、球型〜やや腰高の形をいているため、遠目から見ると大玉種かと見間違える、どっしりとした雰囲気があります。 [続きを読む]
  • 籾殻くん炭 効果と使い方
  • 籾殻くん炭 籾殻くん炭、もっと近くで見ると 籾殻くん炭という土壌改良資材をご存知でしょうか?籾殻くん炭は、米の籾殻を400度以下の温度で、火を出さずいぶして炭化させたものです。 見た目は真っ黒の籾殻で、ホームセンターや直売所などでも販売されていることがあります。 この籾殻くん炭には、どのような効果と使い方があるのでしょうか。 もみがらくんたん 40L 税込 1,620 円 C)所 [続きを読む]
  • 愛娘
  • 愛娘 愛娘(まなむすめ)は、ナント種苗が改良した小玉スイカの品種です。鮮やかな緑色の表皮に細めの黒い縞が入り、形は球〜やや腰高という、スイカらしい姿をしています。 小玉スイカとはいうものの、1玉が2.5kg〜3.0kgほどになるため、収穫した時の喜びが大きいです。 このくらいのサイズなら、冷蔵庫のも収まりやすく、一人から家族数人で楽しむなら十分です。 果肉は桃紅色で、色の濃い品種と [続きを読む]
  • きこだま
  • きこだま C)サントリーフラワーズ株式会社 きこだまは、サントリーフラワーズ株式会社が販売している、 「本気野菜」シリーズのガーデンスイカの品種です。特徴と育て方のコツをご紹介していきます。名前の通り、表皮全体が明るい黄色をしている小玉スイカです。明るい黄色の表皮、細めの濃い黄色のラインが入っているので、近くで見るとスイカであることが分かります。 細長い楕円形をしていて、ウリボウのようで [続きを読む]
  • くろこだま
  • くろこだま C)サントリーフラワーズ株式会社 くろこだまは、サントリーが販売している「本気野菜」シリーズの仲間です。黒皮が特徴の小玉スイカですが、一般的な黒皮のスイカに比べると、真っ黒というほど皮が黒くありません。 それでも、スイカの縞模様が分かる程度の濃い緑色をした実は、菜園の中になっていればすぐに分かります。 くろこだまの特徴と育て方のコツをご紹介します。サントリーの本気野菜シ [続きを読む]
  • しまこだま
  • しまこだま C)サントリーフラワーズ株式会社 しまこだまは、サントリーの本気野菜シリーズから販売されている、小玉〜中玉のスイカ品種です。 1玉が3kg〜4.5kgほどになるので、収穫できた時は、 一般の小玉スイカ以上の満足感があります。しまこだまは、家庭菜園でも気軽に育てることができるよう、全体的にコンパクトに育つように改良されているため、スイカ栽培が初めての方でも育てやすい品種です。 [続きを読む]
  • スイカ 成り疲れ
  • スイカを育てていると、栽培後半に、急に生育が悪くなることがあります たくさん実をつけていると、果実の生長に体力を奪われてしまい、成り疲れ=樹勢が落ちて収量が減る状態になってしまいます。 ところが、成り疲れには実のつけすぎ以外にも原因があるのです。この成り疲れの原因を覚え、予防することで、 栽培後半まで体力を維持でき、良い収穫ができるようになります。 [スイカ 成り疲れ] [続きを読む]
  • つるボケ対策
  • つる先が上を向き葉色が濃いのは、つるボケの兆候 つるボケとは、スイカなどの果菜類が育つ時、枝葉やつるばかりが伸び、花付きや実付きが悪くなることを指します。 つるボケの見分け方は? そして、防止する対策をご紹介しましょう。 [つるボケ対策] ■つるボケとは?スイカやキュウリ、ゴーヤなど、つる系の野菜の場合は「つるボケ」と呼ばれ、トマトやナスのような野菜の場合は「樹ボケ」と呼ばれること [続きを読む]
  • 敵芯しすぎ
  • スイカ栽培では、摘芯という作業が必要です 摘芯は、簡単にいうとつるの先端を摘んで、そのつるの生長を止めることです。生長の具合によって、つるの先端を摘む場合もあれば、根本で摘む場合もあります。 本来は生長の必要がないつるを、それ以上伸ばさないようにするために行います。では、側枝が発生しはじめたら、すぐに摘芯を繰り返すと、それだけ余分な体力を消耗せずに済むのでしょうか。 スイカ栽培で [続きを読む]