空苑 さん プロフィール

  •  
空苑さん: あたらし(o-ω-o) 〜空苑のにっき〜
ハンドル名空苑 さん
ブログタイトルあたらし(o-ω-o) 〜空苑のにっき〜
ブログURLhttp://sorazun.blog.fc2.com/
サイト紹介文日々の日記と作曲家の発掘などなどヽ(´・ω・`)ノ
自由文歴史に埋もれた作曲家を発掘・録音しております。
でもだいたいなんでもない日記が多めかも。。。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/02/07 19:11

空苑 さんのブログ記事

  • 自分の録音のツギハギ方法(笑)
  • 前回の「森のこだま」の録音で事前にツギハギをするかもと言っていましたがしっかりと2か所継いでます(^▽^;)今日は、この機会にツギハギの仕方をメモしておきます〜φ( ・`д・´)メモメモ...少しゴチャゴチャした説明なので畳みますね(笑) [続きを読む]
  • ボンダジェフスカ:森のこだま(朝のさえずり)
  • 今回は「乙女の祈り」で有名なポーランドの作曲家・ピアニスト、テクラ・ボンダジェフスカ(183?-1861)の「森のこだま(朝のさえずり)」をなんとか弾いてみました。主題は変ロ長調の2/4拍子。大きく分けてABAの3部形式。前奏は1羽の鳥のこだまが響いている様子(Echo.とあります)です。(0:00)A部主題aは小鳥のさえずりとカッコウ(?)が交互に現れながら進行します。(0:27)少しポルカの様な印象ですね。A部中間部bはオクターブ間でこだ [続きを読む]
  • 今日の日記(03/18)
  • 最近は新たな録音に挑戦していますが、全然良いテイクが録れずです(´・ω・`)ツギハギ録音になる予定です。レベル的には中〜上級曲なのですが、練習不足かなぁとか。練習はアップライトで、録音は音質重視でデジピです。ので、タッチ以前に、鍵盤の高さの違いの問題があるのかなと思ってます。コルトーも鍵盤の高さの統一性について、何々cmじゃないとダメ!と言っているのを、録音になるといつも思い出します(笑)今日の夕方はギ [続きを読む]
  • カリフラワー"Romanesco natalino"収穫
  • 最近になると花粉がスゴイみたいで、昨日も外に出ていたせいかなんだか調子が変です〜(´ω`)桜の枝も遠くから見るとなんとなくピンク色になってきて、これからは暖かくなるのですね〜。で、記事が連続しますが、カリフラワーのロマネスコを4日に一つ収穫しました。少し紫になってきた部分があったので、とうが立ったか何かでおいしくなくなるのではと急いで採ったのです。しかしよく考えると、カリフラワーというのは遮光して美 [続きを読む]
  • カリフラワー"Romanesco natalino"の経過
  • 先月末日の2月28日にタマネギの最後の追肥が出来ました。1,2,3月の1日を基準に追肥。マルチシート栽培は良く育ちますが追肥や草取りが大変です(汗)で、肥料をやり過ぎて失敗したと思っていたカリフラワーですが花芽が大きくなってきたので写真を撮りました!逆光ですが(笑)その、、、イタリア野菜の種子だったのですが、存在感がすごい。ロマネスコというカリフラワーです。品種名"R. natalino"は"クリスマスのロマネスコ"でいいの [続きを読む]
  • シュモール:"馬車の小さな運転手"ギャロップ(作品50-5)
  • フランスで活躍した作曲家、アントン・シュモール(1841-1931)の"若いピアニストの贈り物:進歩的で旋律的な25のレクリエーション"作品50より第5番"馬車の小さな運転手、ギャロップ / Le Petit Postillon, Galop"を弾きました。全5部のうち、第1部の最後の曲です。ハ長調、2/4拍子。形式は前奏-A-B-A-[Coda]。ブリュッセルのピアノ教師、A. Wouters夫人の若い生徒に。"Postillon"は星座のぎょしゃ座で言葉が使われる"御者(馭者)"に [続きを読む]
  • 音源アップの技術的な悩み
  • 録音をまた上げようと思っていますが、音量を大きくしようかなとか思ってます。けど、、、過去の録音はけっこう音が小さめで、前にローデか何かで音量上げを試みましたがやっぱり色々続けて聞く分には差があって、少しびっくりするんですよね〜youtubeにもっと音量のあるファイルに差し替えとか出来たらいいんですけど曲数的にかなり難しいという(´-ω-`)。。。取り込んだCDの音量に合わせてたのですが、もう少し初期の段階で音 [続きを読む]
  • タマネギ栽培報告(笑)
  • 11月の中頃に苗を植えたタマネギ「アトン」です。手前のが一番大きいかもしれません。このマルチシートをすると、しないものと比べると成長が目に見えて良いです。写真のマルチシートで栽培しているのは50株ほどで、元々の苗が160本だったので残りの約100本は露地栽培です。露地だと場所によっては全然育ってなかったり(汗)カリフラワーも育てていて、窒素肥料(葉肥え)をやり過ぎたのか葉っぱばかりで巨大化して、花芽が出る12月下 [続きを読む]
  • 今日の日記(02/12)
  • この休日は愛媛のこちらは雪が積もったりしたので寒いです((゜ロ゜))明日は晴れだとか。今日も曇りの予報が雪だったのでわかりませんけど(汗)今日はハンドクリームの、、、どうでもいい(?)変な話です(笑)毎年冬はハンドクリームは欠かせないのですが1年くらい前は自分用に変なこだわりで天然系成分のを使ってました。今期の冬はユースキンA(30g)というのを初めて使ったのですけど今までで一番なじみやすくて良い感じに思いました。 [続きを読む]
  • A.シュモール:"エマ、ワルツ"(作品50-4)
  • フランスで活躍した作曲家、アントン・シュモール(1841-1931)の"若いピアニストの贈り物:進歩的で旋律的な25のレクリエーション"作品50より第4番"エマ、ワルツ / Emma, Valse"を弾きました。エマと女性の名前が付いたワルツです。第2番から3曲が女性名ですね。ハ長調。3/4拍子。形式はA-B-A-C-[coda]。スヌッフ(ベルギー)の音楽教師、友人Ch. Latinisの若い生徒に。メロディの右手に6度などの重音が出てきます。この曲になると、 [続きを読む]
  • 今日の日記(02/02)
  • うわ〜。もう2月ですね(汗)。空苑です(`・ω・´)もうすぐ新しい録音をあげられると思います〜。といってもA.シュモールのOp.50の続きで初級曲ですけど。(^▽^;)2ページの初級曲なのに練習1か月っていうのもですが。。。(滝汗)最近は更新できてないので、練習してないんじゃないかみたいな感じがありますが、ちゃんとしてますよ!(`・ω・´)今、練習中の曲目を公開すると〜A. Schmoll Op. 50 No. 4, No. 5.S. Joplin 1曲T. Bąd [続きを読む]
  • 今日の日記(01/15)
  • 八重の水仙。愛媛に戻ってきました(*´?`*)といっても土曜になる前に帰ったのですけどね。今朝は雪が少し積もっていて、一日中寒いですし、時々降り続いているようです〜。多分今日は日本中がこんな感じなんですよね。暖かくしましょー[  ]ε¦)いつもと生活リズムが違ってたので、曜日感覚がズレてたのか日曜の朝の「題名」を見過ごしてしまいましたー(´・ω・`)難しいピアノ曲としてアルカンの鉄道があったのですね!グヌヌ. [続きを読む]
  • 今日の日記(01/08)
  • もう8日ですが2017年最初の記事です〜!ヽ(・ω・)ノブログの活動もなかなか出来てませんが、今年宜しくお願いします!今日は雨でしたが試験があったので行ってきました。ですので今はまた愛媛を出ています〜。もちろん音楽関係のです。試験なので緊張しましたが、会場までの交通の乗り継ぎもかなり緊張します(笑)試験が終わって廊下に出た瞬間に、カバンからなぜか脱出したいろ〇すのペットボトルを転がすというグダグダぶりでした [続きを読む]
  • 新しい年へ。
  • 2016年はリアルではびっくりするほど大転換な年でした〜(*゚?゚*)その分ブログ活動ができなかったですけどね2017年は更なる躍進の年にして行きますΣ((っ`・ω・´)っ記念年の作曲家も多いようですから(笑)、もう少し録音もしたいです。ありがとう2016年。よろしくお願いします2017年。そして何より、ブログで仲良くしていただいている皆様。楽しいことがより多く見つかる年になりますように。ありがとうございます(*´ω`*) [続きを読む]
  • 今日の日記(12/25)
  • ハッ!Σ(゜д゜ )もう27日ですか!あ、25日はもう1つの福祉関係のクリスマス会に行ってきました(´ω`)こちらは伴奏はありませんが、たこ焼きの役を毎年してます(笑)小さい子が多かったので賑やかで楽しかったです〜。クリスマスが過ぎればお正月〜ですが、1月上旬は少し忙しい予定です。また愛媛から離れて、しなければならないことがあります((´ω`))音楽関係ですが、試験?みたいな?んですよね(´∀`;)また詳しくお伝え [続きを読む]
  • 今日の日記(12/23)
  • 昨日今日と風が強い日が続きますね( ˘ω˘ )やっぱり、弱い風邪ぎみの状態が数日続いててしんどい感じです。こう寒い時期になると体温っていうものの重要さがわかりますね。まずは着込みます(`・ω・´)クリスマスのために用意していた曲ですが、じつはどこで聴いたのか分からなくなって、記事の下書きすら書けてません(滝汗)なんだか、今年のクリスマスには似合わないかも〜とも少し思ってたので今年は何もできないと感じになり [続きを読む]
  • 今日の日記(12/15)
  • 昨日は松山のカウンセリング関係の集まりに行ってました〜。少し早めのクリスマス会で、恒例となった讃美歌の伴奏をしました。毎朝が寒くなってきたせいか、少し体調が優れなかったのですが讃美歌2曲は慣れてきたので無事弾ききることが出来ました(´▽`)朝は雨なのもあってか人は少し少なめかなということでしたが昼からは雨も上がって夜はすんごい大きな満月が帰路ではいろいろな表情を見せてくれてました。スーパームーンっていうん [続きを読む]
  • 今日の日記(12/10)
  • ツワブキの花って結構、いろんな形があります。これは面積が広くて豪華ですね。1か月前の写真を出すのを忘れてましたので、今頃です〜(´▽`;)ブログ記事もすぐに1週間が開いてますさらにもう12月ですものね〜。クリスマスもすぐで、クリスマス曲で何か紹介できるものはと思うのですが密やかというか12月の空気のような静けさのある歌みたいなのを考えてます。僕が知らないだけで有名なのかもしれませんがというか、僕自身それを [続きを読む]
  • コンサートに行ってきました!
  • 愛媛県八幡浜市道の駅「八幡浜みなっと」のイルミネーション。もう12月ですね〜。昨日3日はここの交流館で行われた中村天平さんのピアノコンサートに行ってきました(≧▽≦)天平さんはクラシックというよりロックピアノ?系のコンポーザーピアニストの方です。空苑的には、R. Yedidiaさんに学んばれたというところなどに注目してしまいますが。。。(笑)天平さんの曲は、2ndアルバムの頃に知りました。で、このコンサートのことは新 [続きを読む]
  • 【録音】ナザレー:ブレジェイロ(ろくでなし)
  • 久しぶりの録音、何年も練習のままだったブラジルの作曲家、エルネスト・ナザレー(1863-1934)の"ブレジェイロ(ろくでなし)"をやっとしてみました。Y〇utubeへのアップできるレベルではないのでSoundCloudにしました。音が小さいかもしれませんブレジェイロ(1893)はブラジル風タンゴでナザレーの代表作ですね。軽快な曲でAABAAの3部形式。B部で転調があります。タンゴではなくマシシェ(Maxixe)のジャンル付けもあるみたいですね。な [続きを読む]
  • 今日の日記(11/15)
  • また3週間くらい空いてました。空苑です〜(・ω・ )すっかり秋になって、寒くもなってきましたね。1日1〜2時間は畑の時間も必要になってきました(汗)タマネギの植え付けの時期なので、山の低いところの畑に畝を立てて、マルチシート(黒ビニール)を張って、植え穴を開けてと、1週間くらいちょこちょこしてたのですが、この前、夜のうちにイノシシに見つかって一面耕されてました( ゜д゜ )なので、近くの畑に急遽、スペース確保の [続きを読む]
  • 今日の日記(10/21)
  • 千日紅。また更新が開いてしまいました〜(汗)忙しいですが、時間の使い方がいまいち上手にできません(´?`;)おとといは、歯医者に行きました。数回の治療だと歯はやっぱり大事にしなければというか定期検診が重要だなぁといつも思います。けど、なかなか、、、(笑)今日は地震が鳥取でありましたね。こちらもすこし揺れました(>_結構長くゆらゆらとした揺れがありました。余震も続いているようですね。地中?の活動が活発みたい [続きを読む]
  • 日曜は新居浜の〜
  • 日曜は新居浜の別子銅山、東平(とうなる)にいってきました!遺跡が東洋のマチュピチュと言われる観光地ですが、そのままThe・山道を上がってこんな高いところまで。標高750mだそうです。駐車場から。奥の街が新居浜です。天気が曇りなのもあって、かなり涼しいというか寒かったです(笑)ここを降りると、、、こんな。ススキがありますが、季節的に紅葉もまだまだでした(^_^;)貯蔵庫の建物がこの石組み?の上に立っていたそうです。 [続きを読む]
  • 今日の日記(10/06)
  • ランタナ。本当にこの花は強いですね(笑)機能の台風、こちら愛媛はお昼くらいに2時間程度の間に土砂降りの雨だったり、猛烈な風だったり、途中で晴れ間が見えたりで済みました。日中は今日も暑かったし、最近の天候はどうなのでしょうね(´・ω・`)そんな中今日は歯医者に検診に行きました。検診と言っても、やっぱり行きづらいというか、予約までに勇気がいりますね(汗)次回1回、歯の治療が必要なようですーzzz(´-ω-`)録音も [続きを読む]
  • C.ジャヌカン:「鳥の歌」
  • 今回はピアノ曲ではなく、多声歌曲です。動画紹介も兼ねて。変な曲です(笑)フランス・ルネサンス期の作曲家クレマン・ジャヌカン/Clément Janequin (ca.1480-1558)のシャンソン「鳥の歌」(Le chant des oiseaux)です。シャンソンと言っても、この時代では多声の通模倣様式(今日のフーガのように各声部が模倣し合う様式)の世俗的な"歌"がこのように呼ばれます。イタリアではフランス風カンツォーナと呼ばれるのですかね。この曲は [続きを読む]