かごめかごめの真実とは さん プロフィール

  •  
かごめかごめの真実とはさん: かごめかごめの真実とは
ハンドル名かごめかごめの真実とは さん
ブログタイトルかごめかごめの真実とは
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kagome1248
サイト紹介文空海様が私に教えてくれた秘密の暗号
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供381回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2015/02/07 17:12

かごめかごめの真実とは さんのブログ記事

  • 「山間荘園の地頭と村落」・・丹波国和知荘を歩く
  • 2017年3月22日(水) 3月19日(日)17:31 和知駅(京都府)へと着きました。六甲道を14:45頃に出発して、尼崎から「特急こうのとり15号」で福知山へと行って普通電車に乗り換えて、そこから36分ほどで和知の駅です。六甲道からおおよそ2時間42分かかります。武部さんは、月に一回のセミナーが終わってから車でお宿まで駆けつけてくれることになっていました。始めて降り立つ町には、どこか遠い昔に帰ったよう [続きを読む]
  • 安栖里は応神天皇の故郷
  • 2017年3月21日(火) 3月20日(月)春分の日、十倉氏のご先祖様へのご挨拶に、京都府京丹波町の安栖里(あせり)へと行きました。素晴らしいところでしたねぇ。先ずは、戸倉先祖塚へと行ってご挨拶をしてから、目指す山(お墓)へと登りました。コンビニで買ったお酒「白鶴 まる」を、山頂点にタップリと撒きました。 安栖里は、第十五代 応神天皇の故郷でした。 ・・つづく [続きを読む]
  • 3月25日(土)名古屋で講演会です
  • 2017年3月20日(月)25日、土曜日は名古屋での講演会です! 会場は、オフィスパーク名駅プレミアホール40312:30〜17:00  申込みは、(株)トータルヘルスデザイン ちょうどこの頃に第四冊目の本が出る予定ですが、この日に間にあったら良いな〜と思う私です。中部地方の方とやっとお会いする機会に恵まれて嬉しく思っています。楽しみにしています。申込みは、(株)トータルヘルスデザイン 迄。・・3月25日 [続きを読む]
  • 気になる十倉さんのルーツ
  • 2017年3月19日(日)応神天皇の故郷を調べていたら、素戔嗚尊=牛頭天皇を先祖神とする十倉氏の先祖塚などが祀られていると言う地域だった。十倉氏とは何者!?  十の倉・・とは!私にはカタカムナの文字が過ぎりましたねぇ。十倉のトは、意味は、「統合で」数霊が17(10次元)です。  この不思議な世界へと入り込んだ最初の頃に、胡麻駅という駅の近くの丸山へと行った時、謎の女性「翼さん」にそこから電話した時、 [続きを読む]
  • またもや・・333
  • 2017年3月18日(土) 桓武天皇のお墓へと先日行きましたが、今度は、応神天皇が思い出の地である故郷へ行きたいと言って居られるご様子です。マリアの墓と、応神天皇陵と、応神天皇の故郷に眠るご両親のお墓でしょうか・・、キッチリと2:1:√3の直角三角形を描きます。私達は、肉体を捨てたら自由にどこへでも行けると錯覚しているところがあるようです。この肉体があって初めて自由に移動し感じることができます。そ [続きを読む]
  • 空海様と七福神
  • 2017年3月16日(木) 昨日15日に、ヒカルランドから第二校のゲラが午前中に送られてきました。又、同じ別の荷物には、注文していた双葉葵の株が二株同時に届きました。なにやら大いに意味がありそうな・・・。・・そして早速、ワクワク、ドキドキしながらゲラを読みましたが、素晴らしい内容です。ほとんど手直しは無い状態ですが、少しでも完成度をあげたいと思います。明日17日にはDTP会社へと届ける為に、今日発送を終え [続きを読む]
  • テラファイトペンダントの発売を始めました
  • 2017年3月15日(水) 我が国の歴史の真実が、これからどんどんと明らかになっていきます。私が教えられた、これから世界の聖地になる播磨国風土記に記された「埴岡の里」、現在の生野、神河町がその地です。卑弥呼の黄金比率の十字架をクロスで、ダビデの星をブリリアントに表現しました。このペンダントの容器に、テラファイトの水を入れる、又は、水を入れてテラファイトをかざします。そしてそのペンダントを身に着ける [続きを読む]
  • 閻魔さまや門番さんにご挨拶をしてから
  • 2017年3月14日(火) 12日(日) 前日、電車に遅れたことで見せられ教えられたコースを選択することになりました。先ずは大事な場所である「大瀬の滝の神々様達にご挨拶をして行きなさい」と言うことだと思いました。・・ので、行ってご挨拶。 空海様、不動明王、役行者様が古い時代から祀られていたことでしょう。おそらく・・、何千年も経って当初の石佛は風化して、地元の皆さんの手によって新たにされたのでしょう [続きを読む]
  • 神河に魅かれて二日間も・・
  • 2017年3月13日(月) 12日(土)は兵庫県考古学博物館へと行きました。 そしてそこから姫路まで行って播但線にゆられて車窓からの眺めがこれから楽しくなるというあたりにある溝口駅で降りて、迎えに来てくれていた市川さんの車に乗り込みました。近くのファミレスでいろいろと、たわいもない話でくつろいで、そこから神河町へとドライブです。その途中、神河町へと来ると左手奥に、イエス様の陵墓の山が見えます。なんと [続きを読む]
  • これから・・
  • 2017年3月11日(土) 今から第四冊目の本が書店に並ぶのをたのしみにしている私です。そして・・、休む間もなく、5冊目に取り掛からなくてはならないと思っていま〜す。あまりにも情報は膨大で、日々新たなことを教えられ続けています。でも、一般的な本だけでは、少々分かりづらく伝わりにく面も否めませんので、もうちょっと皆さんに分かってもらえるようにしたいと思っています。役行者や行基、そして最澄様や空海様達が [続きを読む]
  • 木嶋坐天照御霊神社(蚕の社)の謎
  • 2017年3月10日(金)木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ、木島坐天照御魂神社)は、高野山にある弘法大師廟に向けて造営されていました。人は、コンパスグラスで13度方向にある、京都市北区雲ヶ畑出谷町にある711mの山に手を合わすようになっています。そしてそのラインから直角に西に向かったところに、イエス・キリストの陵墓と女王卑弥呼の陵墓があります。神社の参道から西に入った所に沢山 [続きを読む]
  • 天武天皇陵の真北に天智天皇陵がある
  • 2017年3月9日(木)壬申の乱(じんしんのらん)は、天武天皇元年6月24日-7月23日、(ユリウス暦672年7月24日-8月21日[1])に起こった古代日本最大の内乱である。天智天皇の太子・大友皇子(弘文天皇の称号を追号)に対し、皇弟・大海人皇子(後の天武天皇)が地方豪族を味方に付けて反旗をひるがえしたものである。反乱者である大海人皇子が勝利するという、例の少ない内乱であった。・・・(ウィキペディアより)・ [続きを読む]
  • 行基はこの国の歴史の真実を知っていた
  • 2017年3月8日(水) 神護寺の金堂で手を合わせるとコンパスグラスで3度方向、京都市右京区京北上弓削町の589mの山に手を合わすようになっています。その180度逆、つまり金堂が向いている方角は183度で、奈良県生駒市有里町にある行基のお墓です。途中、獅子窟寺や、行基の墓の先には熊野本宮大社もあったりと、重要なラインです。そして589m地点から重要ライン直角に西へ行った地点が、生野の姫宮神社へと渡る橋の下に [続きを読む]
  • 啓蟄の日に
  • 2017年3月6日(月) 5日、日曜日は啓蟄(けいちつ)でした。土に潜っていた虫などもはい出してくる時期のようですが・・、まさにその時だったのかもしれません。だって、第50代桓武天皇の遺体は1200年もの長きに亘って土に潜っていた訳で、昨日、いよいよはい出されたのかもしれません。・・・「こんな時期に人の足音がするぞ」と微生物君。「勘違いじゃないの〜〜」「いや、間違いない3人だ」「あっ、ホントだぁ〜 [続きを読む]
  • ご期待ください
  • 2017年3月5日(日) 昨日4日(土)は、一日中事務所で、第4冊目の本のキャプション作りをしました。私の思いに残る写真に、私の感想を書き入れました。素晴らしい本が出来上がります。3月の末と思っていましたが、ちょっと厳しい状況でもありますかねぇ。でも・・、矢野さんが完ぺきに近い状態で入念に仕事してくれていますから、二校目にはさほど時間はかかりません。遅れても4月の初めには書店に並ぶことでしょう。今 [続きを読む]
  • マリア様のお墓と淳和天皇陵
  • 2017年3月4日(土) 昨日3日ひな祭りの日、事務所で新たな商品開発の為の金型の最終打ち合わせをしました。世になかった提案をしたいと思っています。商品が世に出るのは、5月の末頃でしょうか・・。又、この商品が出来上がる頃に、テラファイトとの事とこの商品を使っての健康法が書かれた本が全国の書店に並ぶ予定です。・・打ち合わせが終わって・・、アネモネ3月号に載ったマリア様のお墓の話をすると、金型屋さんの [続きを読む]
  • 真魚の山へ登る日は薄っすら雪化粧されていた
  • 2017年3月3日(金) 2月11日建国記念の日に、岡山県浅口市の「遙照山」に登りました。そしてその日のうちに山口県へと移動しました。泊まったお宿は、「紫水園」。山口に住む藤井さんが指定した宿でした。夜は長年待っておられた神様達の宴のように感じた私でした。朝起きると、そこは薄っすらと雪化粧の風景で、聖地へと向かう為にホコリ一つたたないように打ち水ならぬ、歩くのに支障なきほどに小雪が撒かれたように思 [続きを読む]
  • 江戸城の大天守はどこを向けて造ったか
  • 2017年3月1日(水) 今日の新聞で、江戸初期の絵図「江戸始図」発見のニュースがありました。この江戸城の大天守が向けられた方角を今に教えているのは、皇居の造りがその方角を意識して造ってあるようにも思えますが・・。ただただ広い敷地にお城を建設するとき、「お殿様、どちらに向けて造ったらよいのでしょうか」と・・、こんなことを聞いたら怒鳴られそうですねぇ。皇居を設計した時は、富士山のように思えますが、家 [続きを読む]
  • なかなか解けなかった謎が解けそうです
  • 2017年2月28日(火) 気比神宮で七日七夜、最澄様も空海様も祈り続けたという謎が解けそうです!やはり神様は、メッセンジャーを使って教えてくれましたぁ。解けたと思っていましたが、もっともっと重要なことが隠されていました。七日七夜のこの謎を解いてしまったら・・、知ってしまったら・・、大変なことです!これは、大変なことです・・・。 [続きを読む]
  • 東京で4月から3回シリーズで講演会決定
  • 2017年2月27日(月)4月5月6月と三回シリーズで東京で講演会が決定しました。主催は株式会社トータルヘルスデザイン様です。今からスケジュール帳に書き入れましょう!トータルヘルスデザイン様でも表に出るのはこれからのホヤホヤ情報です!サブ)見えない存在に導かれ、たどり着いた真実がいま明らかに!タイトル)ゼロ磁場の秘密と日本人のルーツ、役割をひも解く日時:4月28日(金)、5月26日(金)、 [続きを読む]