しら(じんじゃぶ さん プロフィール

  •  
しら(じんじゃぶさん: 神社部(主に尾張地方の神社散歩
ハンドル名しら(じんじゃぶ さん
ブログタイトル神社部(主に尾張地方の神社散歩
ブログURLhttp://jinjabu.blog.fc2.com/
サイト紹介文尾張地方を中心にゆるく神社散歩するじんじゃぶ(神社部)です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/02/08 14:20

しら(じんじゃぶ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 御朱印帳 『日本の神様 御朱印帳』
  • 日本の神様御朱印帳神様のイメージイラストが表紙の御朱印帳。表紙の神様が祭神の神社別に御朱印を集めるのもいいかもねー。岩座さんの商品はこちらから。イザナキイザナミコノハナサクヤタマヨリヒメククリヒメウカノミタマトリイノイワクスフネコトシロヌシサルタヒコアマテラスシオツチハヤアキツヒコ/ハヤアキツヒメカミナオビ/オオナオビフトダマノミコトアメノタジカラオあめのーたじからおー おーのれのてきはおのれじ [続きを読む]
  • 『景清社』−熱田区神戸町
  • 『景清社』−熱田区神戸町2015年11月11日参拝。1185年の壇ノ浦の戦いで戦死した主人公・平景清が、「ぷれいや」なる異次元の者からの布施により復活して義経や弁慶と戦い、三種の神器を集めて平家の仇敵源頼朝を討ち取るべく鎌倉へと東上する。…で、有名な、『源平討魔伝』の主人公、景清さん。月風魔伝じゃねーよ。入口西向き拝殿は南向き。さいせん箱。クレジットを入れると 安駄婆が「ありがたや」と言う。言わない。ひつまぶ [続きを読む]
  • 『白川八幡神社』 岐阜県大野郡白川村
  • 『白川八幡神社』 岐阜県大野郡白川村2016年1月11日参拝手水場…ではない。手水場。上白川郷と下白川郷、計41ヶ村の産土神ですと。八幡神社ということで、祭神は応神天皇。例祭は「どぶろく祭り」「ひぐらしのなく頃に」の舞台のモデルになったらしく、それ系の参拝絵馬がたくさん。私の参拝中にも、それ系の参拝者たちがわいわい和気あいあいやっていた。神様の見ている風景。”合掌造り”の白川村。岐阜県大野郡白川村荻町559 [続きを読む]
  • 『(力長)若宮八幡宮』−江南市力長
  • 『(力長)若宮八幡宮』−江南市力長2016年1月4日参拝ここも何度目かの参拝なので写真もあまり撮らなかったがブログには書いていなかった模様。このあたり(丹羽?)の神社にはなんかこの球体をよく見かける。太陽?てかてかどろだんごみたいね。御朱印。書置き。通常は日曜日と祭事の際に授与所が開いている模様。江南市力長町若宮131-1 [続きを読む]
  • 『松社天神』(2)−江南市 小折
  • 2016年1月4日参拝。ここにも御朱印があるという情報があったので寄ってみた。あいかわらず犬が吠えまくり。風車はなくなっていた。いったん外に出て、壁沿いに。玉垣でなく、壁。ブロック&塀。ぶろっくろっくぶろっくろっくダイヤブロック〜右に見えるが松社天神の社務所。正面に見えるのが…生駒氏氏神神明社内宮こちらも神旗がたって、門松も備わり、お正月モード。蕃塀はあいかわらず独創的。車除けのでかいやつにもみえるけ [続きを読む]
  • 『古知野神社』−江南市古知野
  • 『古知野神社』−江南市古知野2016年1月4日参拝。参拝済で御朱印をいただいていない神社に正月に伺ってみようシリーズなのですが…(前回参拝分はまだ記事にしていない模様)無事?御朱印をいただけたのですが…おもっとったんとちゃう…というか、古野神社??神印はちゃんと古知野。ネット上の画像検索で「古知野神社 朱印」とやると普通に「古知野」と書かれている。どゆこと?何種類かの筆致の御朱印がでてくるが、同じ筆跡 [続きを読む]
  • 『別小江神社』(2)−北区安井
  • 『別小江神社』(2)−北区安井2016年1月3日参拝参拝済みで御朱印の存在が確認されているけど未だ受けていない神社も三箇日なら授与所に人がいらっしゃるだろうツアー最終日。お正月三日目だけどフル装備?元旦はどんなだっただろう。三日目の夕方でも多くの参拝者の方々がいらっしゃった。また、授与所も特設されており、複数の巫女さんがいらっしゃった。神様の見ていらっしゃる景色。神社規模のわりに蕃塀がないね。秋祭りな [続きを読む]
  • 『(大須)富士浅間神社』(2)−中区大須
  • 『(大須)富士浅間神社』−中区大須2016年1月2日参拝。正月三が日だから御朱印頂きやすいんじゃないの?と、これまで参拝済で御朱印の存在が確認されているけど頂戴していない神社へと。と、いうわけで、無事に頂けました。社務所に2名のご婦人が。「御朱印をお願いできますでしょうか?」『紙に書いたのでよければあるんだけどね』「書置きのものですか?お願いいたします」『書置きっていう言葉をしってらっしゃるということ [続きを読む]
  • 田光八幡社(2)−瑞穂区(堀田)
  • 田光八幡社(2)−瑞穂区(堀田)2016年1月2日参拝…と、いうわけで、御朱印頂戴してまいりましたよ。前回(神社部>>田光八幡社−瑞穂区(堀田))参照16時ちょっと前に到着。「ちょうどしまっちゃったとこだったんだよー、ちょっとまってて準備するわー」と快く御朱印に応じてくださった。氏子総代の法被を着ていらっしゃった。「どこから来たの?何見てきたの?」から始まっていろいろお話してくださった。私はこう [続きを読む]
  • 田光八幡社−瑞穂区(堀田)
  • 田光八幡社−瑞穂区(堀田)2015年12月31日参拝。大晦日でも人がいるかなキャンペーン第2弾。ここも何度か参拝したことがあるんだけど(これで3回目かな?)ブログには未掲載みたいね。八幡社ということで、祭神は応神天皇。782年(延暦元年)の創建であると。ご朱印、社務所内にスタンバってるんだけどなー。氏子の方が新年の準備をされていたのだけど、「今は社務所のカギがないからまた来てね、今日は夜はやってるよ [続きを読む]
  • 『蝮ヶ池八幡社』(2)−名古屋市千種区池下
  • 『蝮ヶ池八幡社』(2)−名古屋市千種区池下2015年12月31日参拝。元旦は朱印ゲッターが大漁旗を揚げて帰ってくる日だけど、私的に元旦は個人の趣味の神社を家族に優先させられないので、31日のうちに人がいるといいなー、って、「朱印を扱っているのは判明しているけど、これまで参拝しても人がいなかったのでもらえなかった神社」にいくつか参拝。その1。無事ご朱印を受けてまいった。数年前は筆によるものだった記録が画像 [続きを読む]
  • 西暦二〇一六年、平成二八年、皇紀二六七六年 謹賀新年 
  • 新年おめでとうございます。なかなか時間を取れず、更新も滞っていますが、今年ものらりくらりと更新していく所存でございます。誰が見てくださっているかわかりませんが、まとめサイトに無断転載とかされていたりするので、誰かが見てくださって、誰かのお役に立っているのかもしれません。転載するならコメントくれろ。米米米米。毎年、年末の中日新聞に掲載される初詣ガイド。緑色枠は参拝済み。赤枠が未参拝。枠なしが寺。ま [続きを読む]
  • 『清洲山王宮 日吉神社』(2)−清須市清洲
  • 『清洲山王宮 日吉神社』(2)−清須市清洲2015年12月30日参拝。猿猿申年猿神社。昨日は参拝中に日が暮れて写真が撮れなかったのでもう一度。祭神は、大己貴尊、スサノオさん、大山咋神。宮司さんがなんか書いてござる。読めん。神橋と…楼?…の屋根には猿、御幣を持ってるのかな。焜炉?がある。蕃塀。天下随一…か?「ここ」が、でなく、全国の日吉神社が…か?手水場。赤いお屋根。吐水龍。奥には御嶽信仰。山の神様だけに [続きを読む]
  • 『清洲山王宮 日吉神社』−清須市清洲
  • 『清洲山王宮 日吉神社』−清須市清洲2015年12月29日参拝尾張地方申年初詣の対抗馬(不動の大本命=熱田神宮)、清須の日吉神社。申年だから猿田彦…というのもあるけど、超個人的に尾張猿田彦は(略)だし、犬山猿田彦もどうしても針綱や三光稲荷の(略)なので(略)稲荷の眷属としての狐、大山咋神…山神の眷属としての柏原、でなく、猿。猿のお守り、猿みくじ。他の祭神は、素盞嗚命と大己貴命。場所柄、尾張三英傑との縁も [続きを読む]
  • 『少彦名神社』−中区丸の内(京町通) 薬祖神大祭
  • 少彦名神社の薬祖神大祭。2015年10月16日参拝。創建100年の大祭ということで、中日新聞朝刊に全面広告が出ていたり、CBCラジオの番組でも取り上げられたりしていた。うむ。常時だと駐車場の奥にある祠…という感じのところですが、この人出。翌日の中日新聞市民版の記事では千人以上が訪れたとのこと。よそ様のブログにケチつけても仕方がないですが、引用「(宗教法人と書かれているので)営利目的な印象が強く打ち出されるよ [続きを読む]
  • 『新戸隠神社』(廃)−名古屋市昭和区(鶴舞)
  • 地図を見て、常々気になっていた「新戸隠神社」。戸隠というからには、あーめのーたぢからおーさんを祀っていらっしゃるのかのう。と。おーのれの敵は己自身だ。平日午前に毎日、千代田〜富士見をとおって東別院から名古屋高速へ…と移動しているので、近くはよく通る。ちょっと足を延ばしてみた。なにもなかった。。。いや、マンションはあった。神社はなかった。人様の住むマンションを写真に撮ってるのも不審者なので、グーグ [続きを読む]
  • 『稲荷が怖い』
  • 稲荷が怖い。これだけ神社を回って、なぜか稲荷が怖い。通りがかる稲荷も怖い。怖くて写真を撮れないからグーグルさんの力を借りる。大須。安用寺となり。「手たたき稲荷」と言われ、明治時代は昼も夜も参拝客が途切れなかったそうだ。絶え間なく柏手が打たれたから手たたき稲荷。でも、こわい。名古屋市中区門前町4-20 [続きを読む]
  • 『晴明神社』−名古屋市千種区(晴明山)
  • 晴明神社2015年3月31日参拝。晴明山の交差点の北。987年(寛和3年)、安倍晴明がこの地に在住していた際に、付近の村がマムシの被害に悩まされていたのを見た晴明が、術でマムシを退治した、という伝説が残っている。その後数年で晴明は京に戻ったのだが、江戸時代に再びマムシに悩まされた村人が、1778年(安永7年)、晴明の神霊を勧請し、塚とほこらを建てたところ、マムシはいなくなったという。戦後、県営清明山住宅の建設の [続きを読む]
  • 過去の記事 …