弁理士 宮下桂輔 さん プロフィール

  •  
弁理士 宮下桂輔さん: 弁理士の中小企業向けヒトゴトでない身近な商標講座
ハンドル名弁理士 宮下桂輔 さん
ブログタイトル弁理士の中小企業向けヒトゴトでない身近な商標講座
ブログURLhttp://ameblo.jp/keisukemiyashita/
サイト紹介文中小企業経営者様、個人事業主様が無関心でいられない商標・ブランドの情報をご提供します。
自由文商標初心者の中小企業社長様や個人事業主様に商標出願手続・商標登録することのメリット、中小企業のブランド戦略について分かり易く説明します。弁理士の仕事もご紹介します。地域のマスコットキャラクター・イメージキャラクター、介護施設ブランド、旅館・ホテルブランド、農林水産物ブランドに注目しています。たまに犬(ラブラドールレトリバー)ネタも。千葉県佐倉市。早稲田大学法学部。よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/02/08 16:21

弁理士 宮下桂輔 さんのブログ記事

  • 「〇〇」が商標出願されていた?!
  • ↑↑↑イメージ↑↑↑ 最近、すっかりブログの更新頻度が落ちまして...なので、少し前の情報になりますが。 「〇〇」が商標出願されていた?! というと、皆様「PPAP」を思い起こすのではないでしょうか? 2017年3月4月の朝日新聞の朝刊の千葉版です。 「チバニアン」が商標出願されていた という記事が載っていました。 千葉県市原市にある「地磁気逆転地層」なる地層があり、地球 [続きを読む]
  • 色だけでねぇ〜
  • 2月はブログ記事を書く時間をとれず...遂に3月を迎えてしまいました。 本日、特許庁より「色彩のみからなる商標」について、初めて2件、商標登録を認める判断をしたとの発表がありました。 「色彩のみからなる商標」というのは、その名の通り、色だけで構成された商標です。2015年4月から導入された「新しいタイプの商標」の1種です。 商標は、自社商品・サービスと、他社商品・サービスとを区別する [続きを読む]
  • 「PPAP」絡みの無関係人の商標登録出願の問題点はここ
  • 「ペンパイナッポーアッポーペン」とか「PPAP」関連で、”本家”とは無関係の会社が商標登録出願しているということが話題となっています。我々、商標業界人からすると、”あ〜また、あの人ね。”という感じですが...その”あの人”は、残念ながら元弁理士らしく、その彼個人名義や関連会社が大量に商標登録出願を行っていて、昨年、特許庁は、「特定の出願人が大量に商標登録出願をしているとして」異例とも言える注意喚起を [続きを読む]
  • ネーミングの最終関門
  • 世の中のあらゆるものに”名前”がついています。 ビジネスの関係で言うと、・会社の名前・事務所の名前・店舗の名前・商品の名前・サービスの名前・イベントの名前等々。 こういった名前を皆さん、どう名付けているのでしょうか?”ネーミング”ってやつですね。 個人的に、こういうパターンが1番多いのかな、というのが、”提供している商品・サービスの内容を暗示させる言葉を2つ組み合わせるパターン”。&nb [続きを読む]
  • 今年こそは気をつけたい飲食店の商標登録
  • 今年2017年も早くも半月が過ぎました。やや今さらという感じもありますが、昨年の自分のブログを振り返ってみると、飲食店同士の知財トラブルが多かった印象があります。”知財トラブル”とは、商標や不正競争防止法に関する紛争です。店舗の名称やら店づくりなどの、いわゆる”パクリ”の問題です。比較的名の通った大きな会社同士の争いもあれば、あまり知られていない小さな会社同士の争いも。店づくりや店構えといったと [続きを読む]
  • 明治の「きのこの里」って、実はこういうこと?
  • 少し前の話題になります。 昨年12月に菓子大手の明治が「きのこの里」と「たけのこの山」という商標を出願したことが判明し、”新商品発売か?!”等といった憶測を呼びました。 念のため。「きのこの山」「たけのこの里」じゃないですよ。 「山」と「里」が入れ替わってます。 明治によれば、”類似品が出てくるのを防ぐため”の商標出願のようです。 それもわからないでもないですが、”いまさら感 [続きを読む]
  • 商標「直虎」、浜松VS須坂どうなる?!
  • ↑イメージ↑ 「直虎」という商標を巡って、浜松市・浜松商工会議所と長野県須坂市等の事業者が争っています。 この件については、以前、本ブログでも少し触れましたが(商標「直虎」で困ったら...こうすれば。)、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」の放映が始まって、また再燃しているようです。 事案は、この大河ドラマにちなんで、浜松市や浜松商工会議所が地元の事業者に関連商品の開発を働き掛けていたと [続きを読む]
  • 今さら”ダメ!”と言われてもな「かに道楽」
  • 明けましておめでとうございます。 ありがたいことに、年始早々バタバタとしておりまして...やや出遅れ感ありますが、今年初のブログ記事となります。 年末年始にスーパーで立派なカニをよく見かけました。(ちなみに、私は殻をむくのが面倒なのでカニはあまり食べない派) カニといえば、動くカニの看板で有名なかに料理専門店「かに道楽」ですが、「かに道楽」を運営する㈱かに道楽と、練り製品の製造 [続きを読む]
  • 今度はコメダ珈琲が...
  • 昨日は、「大江戸温泉物語」が上海でパクられた事件を取り上げましたが、本日は、日本国内の事件。 コメダ珈琲店の店舗外観等と酷似する店舗外観等を使用しているとして、㈱コメダが、マサキ珈琲中島本店を運営する㈱ミノスケに対して、仮処分の申立てをしていた事件について、東京地裁が店舗外観等の使用を禁止する仮処分命令を発令しました。 飲食店同士のこの種の争いとしては、鳥貴族と鳥二郎の事件が記憶に新しい [続きを読む]
  • 上海「大江戸温泉物語」の二の舞にならないように...
  • 上海で、「大江戸温泉物語」の名称や建物外観をパクった(?)入浴施設が話題になっています。 「名称の使用許諾があったのか、無かったのか」「くまモンまで使っている」 等々、色々ありますが、本家の大江戸温泉物語株式会社が中国で「大江戸温泉物語」を商標登録していないことも問題がスッキリ解決しない一因のように思われます。 もっとも、大江戸温泉物語㈱は中国でビジネスをしていないみたいですので、中 [続きを読む]
  • 時代とともにキャラクターも...
  • 先日、おやつカンパニー「ベビースター」のキャラクターが引退するとの発表がありましたが、早くも新しいキャラクターが公表されましたね。 おやつカンパニーの場合は、時代が変わるにつれキャラクターも変えていく、という戦略なのでしょうか。 中には同じキャラクターを使い続ける企業もあり...でも、結構、同じようでいて時代とともにマイナー(?)チェンジが施されていて...各社の昔の登録商標を見ていると [続きを読む]
  • 24時間365日
  • 早いもので、今年も残すところ2週間弱。 そろそろ、周りの事業者等の年末年始の休業期間を考えないといけない時期。 ちなみに、お役所である特許庁は、12月29日〜1月3日は休みです。 ところが、商標などのオンラインでの出願は24時間365日受け付けています。 なので、1月1日に商標を出願することもできたりします。誰が出願するのかは、わかりませんが... 1月1日に商標を出願すると [続きを読む]
  • キャラクターの引退
  • おやつカンパニー「ベビースター」のキャラクター「ベイちゃん」と「ビーちゃん」が2016年で引退するそうですね。 キャラクターも引退するのか... 例えば、赤城乳業の「ガリガリ君」」は、発売当初は”昭和30年代のガキ大将”のイメージで中学3年生という設定だったらしいですが、現在では小学校低学年のイメージということで、車で言うと”ビッグマイナーチェンジ”みたいにキャラクターが変遷することはあ [続きを読む]
  • 「果汁贅沢なお酒」の商標登録ってアリ?!
  • 「果汁贅沢なお酒」という商標が、お酒の分野で商標登録されています。 これって何か変じゃないですか? 商品の普通名称や品質を表しているに過ぎないような(ざっくり言うと)”一般的な名称”は、商標登録できなかったはずじゃ... 「果汁贅沢なお酒」って、要は”果汁がたくさん入ったお酒”という品質を表しているだけじゃないの??? という疑問アリですよね。こういう疑問を抱くのがむしろ常識的か [続きを読む]
  • 先を越される前に商標登録
  • 「ゆるキャラグランプリ2016」で第一位となった、高知県須崎市のキャラクター「しんじょう君」。 それは良いのですが... とある民間企業に「しんじょう君」の文字を含む商標を商標登録出願されてしまった、との報道があります。 報道によれば、その民間企業の商標は特許庁の審査に通らず、結果的に商標登録できなかったようです。 これまで商標登録を行っていなかった須崎市は、慌てて商標登録出願を [続きを読む]
  • 「ブラックフライデー」...商標もこれから?
  • 最近のイオンのチラシに「BLACK FRIDAY」と書いてあるのを見かけましたが、アメリカで感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日で、クリスマス商戦の初日にあたり大規模なセールが行われる日だそうですね。これを日本でも導入するとか... このように日本では、あまり馴染みのない言葉でも、商売で使われる言葉って、”先見の明”のある企業が既に商標登録しているケースはよくあるのですが、「BLACK FRI [続きを読む]
  • トランプ商標
  • トランプ氏が中国で約80件もの商標登録の申請をしているとの報道がなされています。 日本では? と思い、簡単に調べてみると、わずか4件。 「ドナルド ジェイ トランプ」名義で、「TRUMP」「TRUMP TOWER」「TRUMP INTERNATIONAL HOTEL & TOWER」「TRUMP INTERNATIONAL GOLF CLUB」の4件。 トランプ氏的には、日本の方が中国よりも市場価値が低いという判断なのか? それとも、中国 [続きを読む]
  • 「やわもち」が商標登録される訳
  • 前回の記事で、「あずきバー」や「やわもち」といった商標が、お菓子の分野で商標登録されているということをお伝えしました。 なぜ「あずきバー」のような”一般的”な名称が商標登録されるのか?といったことを前回書きましたが、今回は「やわもち」です。 「やわもち」と聞けば、ほとんどの方は、「柔らかい餅」とか「柔らかい餅菓子」を連想することと思います。 なので、「やわもち」もやっぱり商標登録され [続きを読む]
  • FAはFAでも...
  • 毎年この時期になると、プロ野球ではFAが話題になりますね。今年は、ひいきにしている某在阪球団O・Bの大物選手がFA権を行使...なんてことでヤキモキしていますが。 FA=”フリーエージェント”のことですね。 我々の業界でFAといえば”ファーストアクション” 商標登録出願や特許出願に対する特許庁審査官の審査結果の最初の通知とでもいうのでしょうか。 商標の場合ですと、ファーストアクショ [続きを読む]
  • ハロウィンに見る商標登録の活用方法の変遷
  • 「ハロウィン商戦」が熱いようです。ハロウインの経済効果がバレンタインデーのそれより大きくなったとか。すっかり日本でも秋のイベントとして定着してますね。ハロウィンといえばカボチャ。だから、カボチャ味のお菓子。ということで、お菓子業界では比較的古くからハロウィン商戦が行われていました。その関係で、お菓子の業界では、「ハロウィン」絡みの商標登録もたくさんある、という記事を昨年書きました。「ハロウィン」 [続きを読む]
  • ”男気”vs”二刀流”
  • ”男気”vs”二刀流”といっても日本シリーズの話でなくてこんな登録商標もありますよ、なんて話です。まずは、「男気」のみで商標登録しているのが7件。「二刀流」のみは6件。「男気」や「二刀流」の前後に言葉が付いている登録商標は他にももっとあるんですけどね。「男気」「二刀流」は、結構、古い登録商標もあるので、必ずしも黒田選手や大谷選手にあやかるために商標登録されたものばかりではありません。もちろん、比 [続きを読む]
  • 「商号登記できたから大丈夫」...な訳ないですよ。
  • ビジネスを行ううえで、商標登録は必須の場合が多いです。主力商品名の商標登録、店舗名称の商標登録...等々。1つの企業の中で、商標登録をしておいた方が良い商標は1つであるとは限らず、複数あることも多いです。そんな中でも、”企業ブランド”が一番重要であり、真っ先に商標登録すべき、というのが一般的です。企業ブランドとは、”ハウスマーク”と呼んだりもしますが、商号から「株式会社」等の会社形態を表す文字を [続きを読む]
  • 商標「直虎」で困ったら...こうすれば。
  • 来年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」のドラマ放映の発表以降、「直虎」関連の商標登録が増加し、このドラマにちなんだ商品開発をしている地元浜松市の事業者が商品名に「直虎」の文字を思うように使用できないとして困惑している、との報道がなされています。浜松市や浜松商工会議所も、関連商品を利用しての地域活性の支障になると問題視しているようです。しかし、こうした現象は、今に始まった訳ではなく、特に珍しいことで [続きを読む]