弁理士 宮下桂輔 さん プロフィール

  •  
弁理士 宮下桂輔さん: 弁理士の中小企業向けヒトゴトでない身近な商標講座
ハンドル名弁理士 宮下桂輔 さん
ブログタイトル弁理士の中小企業向けヒトゴトでない身近な商標講座
ブログURLhttp://ameblo.jp/keisukemiyashita/
サイト紹介文中小企業経営者様、個人事業主様が無関心でいられない商標・ブランドの情報をご提供します。
自由文商標初心者の中小企業社長様や個人事業主様に商標出願手続・商標登録することのメリット、中小企業のブランド戦略について分かり易く説明します。弁理士の仕事もご紹介します。地域のマスコットキャラクター・イメージキャラクター、介護施設ブランド、旅館・ホテルブランド、農林水産物ブランドに注目しています。たまに犬(ラブラドールレトリバー)ネタも。千葉県佐倉市。早稲田大学法学部。よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/02/08 16:21

弁理士 宮下桂輔 さんのブログ記事

  • 小学館VS新星出版社 類似料理本(続編)
  • 先日、小学館が新星出版社に対して、類似する表紙の料理本の販売停止を求めていた件について、本ブログでもご紹介させて頂きましたが、早くも決着がついたそうです。 「料理本の類似問題 小学館VS新星出版社」https://ameblo.jp/keisukemiyashita/entry-12283274576.html 新星出版社、やややり過ぎと思っていましたが... 6月9日に小学館が申し入れ、6月14日には両社で合意したことが発表されています。 スピード決着です [続きを読む]
  • ”ジェネリック”菓子?!
  • SNSなどで、”ジェネリック菓子”が話題になっているようですね。 各地の銘菓などにそっくりな菓子がコンビニでも気軽に買えるという... ”ジェネリック菓子”というネーミング、誰が言い始めたのかわかりませんが、きっと、「ジェネリック医薬品」から派生したのでしょう。 「ジェネリック医薬品」といえば「後発医薬品」とも呼ばれます。医薬品の特許権が切れた後に、特許権者であった会社以外の会社が製造・ [続きを読む]
  • 料理本の酷似問題 小学館VS新星出版社
  • 小学館が、同社の「やせるおかず 作りおき」という料理本と酷似した料理本を販売したとして、新星出版社に対して販売中止を求めたとのことです。 両者の本の表紙は、他のニュース記事等でご確認頂ければと思います。 公平中立的な立場から、個人的には、新星出版社ちょっとヤリ過ぎという印象があります。 3点ほど、どうかと思うところがあります。 まず1つめ。 本のタイトルです。小学館が「やせる [続きを読む]
  • ”市民権”は得られるか?
  • 今日(2017年6月9日)のヤフーニュースの記事一覧を見ると 「伊藤園の特許無効 カゴメ勝訴」 「特許侵害 米がソニー調査へ」 「チバニアン商標 異議申し立て」(これについては、以前、本ブログでも触れました。)「チバニアン」??異議申立て?? なんて見出しがあります。 知的財産権に関するニュースが3件も掲載されているとは、何とも珍しいですね。 記事の当事者の方は何かと大変かと思 [続きを読む]
  • 「チバニアン」??異議申立て??
  • ↑↑↑これはイメージ。 地質学的なネーミングなのでしょうか、「チバニアン」。 関連する日本の研究チームがこのネーミングを国際学会に申請する予定とのことですが、とある個人に「チバニアン」を商標登録されてしまったという報道があったかと思ったら、この登録商標について国立極地研究所らが特許庁に異議申立てをしたとのこと。 「チバニアン」については、以前このブログでもご紹介しました。(「〇〇」が [続きを読む]
  • 実はこんなのも商標登録されている?!クリニック編
  • 先日、商標の調査をしていたところ、意外な登録商標を発見しました。 「神奈川クリニック」 指定商品・指定役務は、比較的に幅広く押さえているのですが、もちろん「医業」も含まれています。 なぜ意外かと言うと、「神奈川」といえば「神奈川県」ですよね。「クリニック」は「診療所」。なので、「神奈川クリニック」は、単に神奈川県にある診療所を意味するので商標登録できないようにも思われます。 でも [続きを読む]
  • 「カール」の歴史のその前は?
  • 東日本での販売終了が発表された明治の「カール」。 「カール」は、1968年7月に発売されたそうで、約50年前ですね。 恐ろしいくらいの超ロングセラー!! ところが、明治は、さらにその30年以上前である、1933年に「KARL/カール」という商標を出願し、その翌年1934年に商標登録しています。 今から80年以上も前のことです。 当時、「KARL/カール」は、どんな商品に使われ [続きを読む]
  • 「KUmA」はNG、「SHI-SA」はOK???
  • 日米欧中韓の特許庁が共同で(日本の特許庁が主導しているらしいです)、「悪意の商標出願事例集」を作成し、発表しています。 本日の朝刊にも、そのような記事が掲載されていました。 「悪意の商標出願」の日本での事例の1つとして、以下の商標が挙げられています。 おわかりですね。 「PUMA」のパロディ(?)商標です。一旦は、商標登録されましたが、その後、商標登録を無効とされています。  [続きを読む]
  • 元号と商標登録
  • 最近、天皇陛下の退位、新しい元号といった話題についての報道を見かけます。 実は、元号と商標登録とは、無関係なものではありません。 特許庁の商標審査基準には、「現元号として認識される」商標は商標登録を受けることができないと明記されています。 なので、現時点では「平成」や「HEISEI」といった商標は、商標登録できません。 その理由は、現元号として認識される商標は、その商標が付されていても [続きを読む]
  • 脱獄iPhoneと商標の品質保証機能
  • OSを不正改造したアップルの「iPhone」を販売していた人に対して、千葉地裁が、アップルの商標権を侵害するとして、商標法違反で有罪判決を下しました。 改造していたから、アップルの正規品ではなく、”別物”ということですね。 報道によれば、この脱獄「iPhone」は、アップルの商標の品質保証機能を害するため、商標権を侵害するとの判断であったようです。 商標には、幾つかの機能があると言われています。&nb [続きを読む]
  • 「、」or「・」or「,」
  • 商標登録出願をするときの願書には、「指定商品」と「指定役務」を記載する欄があります。 「指定商品」と「指定役務」の欄には、出願する商標を使用する商品やサービスを記載します。 商品やサービスは、1種類でなくとも複数種類のものを記載することもできます。 さて、ここで複数の商品サービスを記載するときのルールが結構細かい。 「、」(読点)と「・」(中黒)と「,」(カンマ)の区別。 例 [続きを読む]
  • 「のんある」?「ノンアル」?
  • 「ノンアル」っていえば、「ノンアルコール飲料」の略称ですよね。 当たり前のように使っていますが、「のんある」は、サントリーホールディング㈱が、指定商品「清涼飲料、果実飲料」で商標登録しています。(ノンアルコール飲料は、概ね「清涼飲料」に含まれます。) 商標「のんある」が、この指定商品で商標登録されているのは、やや不思議な気もします。 おそらく以下のようなことかもしれません。あくまで推 [続きを読む]
  • 野蛮な商標?!
  • ここのところ、北朝鮮のミサイル問題で、なにかと物騒な事件・報道がありますが、商標の世界でも物騒なのはある訳で... 正確に言うと、商品・サービスのことです。 商標登録をする場合、その商標をどういった商品・サービスに使用するのかを指定するのですが、商品・サービスは45通りの区分に分類されていまして。 区分のうち、最も恐ろしいのが「第13類」。 ”13”ですよ。 内容は、「鉄砲」 [続きを読む]
  • 母の日にお酒?!
  • さて、昨日5月14日は母の日でした。 そんな訳で、ご紹介するのは、 商標登録第1966977号「母の日/Mother's Day」指定商品 第32類:ビール、ビール風味の麦芽発泡酒       第33類:日本酒、洋酒、果実酒、中国酒、薬味酒 父の日にお酒を贈るのは定番(?)だけど、母の日にお酒を贈ることはあまりない(?)から、商標登録されたのか?! 昭和62年に商標登録された商標なので...&n [続きを読む]
  • 「とろけるリッチ」の謎を解く
  • またしても不思議な登録商標を発見しました。 その名も 「とろけるリッチ」 お菓子やパンなどを含む食品関係の区分で商標登録されています。 「とろける」は、「とけて形がくずれる」。つまり、「口溶けがよい」といった意味合い。 「リッチ」は、「豊か、贅沢」。なので、「濃厚」という意味合いが出てきます。 とすると、「とろけるリッチ」は、「口溶けがよくて濃厚な」というふうに考えるのが [続きを読む]
  • 登録商標「女子会」って?!
  • 商標の調査などをしていると、たまに奇妙な登録商標に出くわします。 「女子会」という登録商標?! しかも結構ありますね。 「女子会」は出願中のものを含めて6件。 「女子会」の前後に別の言葉を組み合わせた商標は44件(出願中の商標を含め)。 「女子会」って結構、巷で使われていますが、確かに商標登録されてもおかしくない言葉です。 要注意なのは、第41類で商標登録されている [続きを読む]
  • ケチをつける訳じゃないけど「習志野ソーセージ」
  • 最近、「習志野ソーセージ」という商標が地域団体商標として登録査定となりました。この商標を出願していたのは習志野商工会議所。 習志野市といえば、比較的近所なので親近感わくのですが... ちょっと気になることも。 地域団体商標制度というのは、ざっくり言うと、「地域の名称+商品・サービスの普通名称等」という商標について、商標登録を認める制度です。 「地域の名称+商品・サービスの普通名称 [続きを読む]
  • 「ホッテ〜ルカーリフォ〜ニャ」
  • 海外のお話です。 イーグルスが、メキシコの「ホテル・カリフォルニア」を商標権侵害で訴えたそうな。 (「イーグルス」とか「ホテル・カリフォルニア」って解説いるかな?ひとまず省略。) 不謹慎かもしれませんが、ほのぼのしく感じます。 報道の内容からは、具体的な事情が全くわからないのですが... 日本の商標法の枠組みで考えると、商標権侵害でいくのは難しいような気もしますね。 黙っ [続きを読む]
  • 「ロリエ」VS「エリス」
  • 生理用品のお話です。 花王の「ロリエ エフ しあわせ素肌」と、大王製紙の「elis Megami 素肌のきもち」。 花王が、商品パッケージが紛らわしいとして、不正競争防止法に基づき、大王製紙に商品の販売差止等を求める仮処分を申し立てたとのこと。 これら2つの商品、ラインナップがたくさんあり、花王が「elis〜」のどの商品パッケージを問題視しているのか不明ですが、”あんまり似てない”よ [続きを読む]
  • 「肉フェス」って商標登録されていて...
  • ゴールデンウィークの谷間ですが、野外フェスティバルに最適なシーズンですね。 肉族としては、やっぱり、”肉フェス”?! というところで、「肉フェス」って商標登録されているんですよね。 「肉フェス」なんて商標登録できる?! という疑問もあるかと思いますが。 されています。 一般的なようでいて商標登録されている商標って、実は玄人からすると、”いい商標”。なのです。皆、何気なく使 [続きを読む]
  • お店の名前が変わった理由
  • ↑イメージです↑ 先日、ビジネスパートナー達と新橋のとあるお店でランチをしました。 元々そのお店(仮に)「〇〇」という店名でした。 ところが、(仮に)「△△」という店名に変わっていました。 飲食店の店舗名称等が変わる理由は幾つか考えられるのですが、例えば、店主が店名を変えたくなった、店舗の運営主体が変わった、とか。 もう1つは、商標の問題で変えざるを得なくなった。つまり、他の [続きを読む]
  • 長州力と商標登録
  • 先日のこと、自宅ポストにあるチラシが...チラシの中身はさて置くとして、 「〇〇革命」® という表示がありました。 そういえば、「革命」という言葉を含む商品名やサービス名って世の中にたくさんありますよね。 元々「革命」って、例えば「従来の被支配階級が支配階級から国家権力を奪い、社会組織を急激に変革すること」(岩波書店「広辞苑」第六版)のように、穏当でない言葉ですよね。 ところ [続きを読む]
  • 「Gâteau」と 「Rusk」で商標登録?!
  • 「Gâteau Rusk」という商標が商標登録されています。指定商品は、「ラスク、チョコレートを使用したラスク」です。商標権者は、あの”ガトーフェスト ハラダ”の株式会社原田。 なんかおかしくないですか? 「Gâteau」は、”お菓子”のことですよね。「Rusk」は、お菓子の一種の”ラスク”だし。 「Gâteau」も「Rusk」もお菓子の業界では、一般的に使われている言葉のはず...これら2つの言葉を組み合わせ [続きを読む]
  • 商標特集
  • 特許庁の広報誌「とっきょ」平成29年4・5月号が発刊されています。 「NIPPONの商標」として、商標の特集が組まれています。 商標登録の効果、手続、メリットといった基本的なことから、花王(株)の商標管理なども掲載されています。 個人的に注目したのは、統計的な情報です。 2015年の全商標出願のうち、約55%は、中小企業によるものだそうです。(ちなみに、特許出願は14%、意匠 [続きを読む]
  • おもしろい焼肉
  • 先日、とある焼肉屋に行きました。 これまでに何回か行ったことのある焼肉屋です。 リピートです。 なぜかというと、ちょっと変わった焼肉屋で... ワンコも入店できる焼肉屋なのです!!犬同伴可のレストランやカフェは、ちらほら見かけますが、中々、焼肉屋はないので、非常に珍しい焼肉屋です。 このお店、もう1つ面白い点があって。 メニューを見ると、肉の欄に「実用新案登録申請中」と書 [続きを読む]