スマートリード さん プロフィール

  •  
スマートリードさん: 速読はじめました
ハンドル名スマートリード さん
ブログタイトル速読はじめました
ブログURLhttp://mkks.asia/
サイト紹介文速読のトレーニングを始めました!効果は出るでしょうか?
自由文知り合いのできるビジネスマンが教えてくれた速読法をやってみることにしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/02/09 15:12

スマートリード さんのブログ記事

  • 速読 通信講座
  • 通信講座で有名なところと言えば、資格取得のユーキャンですね。ユーキャンにも速読講座があり、目指すところは、3ヶ月で3倍速。3倍速程度であれば、3ヶ月もかからないと感じているのが、速読の学校で学んだ感想です。1ヶ月無料なので、3倍速を目指すのであれば、無料期間中に達成するのも十分可能だと思います。速読の学校 [続きを読む]
  • 速読 ワールド
  • 速読のトレーニング教材として、速読ワールドというソフトがあります。日本能力開発学院が開発したもので1日5分〜10分のトレーニングで読書速度を3倍〜5倍上げるというもののようですね。5倍というと、一般の読書速度が分速500字と考えると分速2500字ですね。管理人は、分速2500字は、速読の学校でトレーニングして、1週間でクリアした数値です。そのときの記事がこちら。↓http://mkks.asia/speedup/20150212.html [続きを読む]
  • 速読 日本一
  • 速読の日本一の方は、角田和将さんという方だそうです。速読甲子園で準優勝し、全国速読・速解力コンテスト特別優秀者決定戦で1位を獲得されたという実績を持たれているそうです。そんな角田さんが書かれた書籍がこちらです。速読日本一が教える 1日10分速読トレーニング [続きを読む]
  • 速読 黙読
  • 普通に教育を受けて、普通に黙読をしていると、自然と頭の中で音声化して文字を読んでいると思います。この音声化をしている間は、速読のトレーニングを行っても大きくスピードが上がりません。分速3000文字くらいが境界というように言われています。まずは、ここを超えていくことが、速読の第一歩と言えるかもしれません。 [続きを読む]
  • 速読 btrメソッド
  • 速読の方法のひとつに、クリエイト速読スクールが行うBTRメソッドというものがあります。読書に必要な認知機能を改善し、認知視野の拡大を狙ったトレーニング方法のようです。速読でよく問題とされる具体的に理解することについてフォーカスされている方法で、一定の効果は見込めるようですね。 [続きを読む]
  • 速読 数学
  • 速読は、文章を速く読む技術です。数学とは一見関係無いように見えますが実は、速読を習得することによって記憶力や論理的な思考などもつられてレベルアップします。そのため、速読をすることで、数学力が上がるのは理にかなっているように思います。 [続きを読む]
  • 速読 5000字
  • 速読5000字くらいになると、だいたい、一般の人の10倍程度のスピードで読めることになります。何もトレーニングしていなければ、500字から600字くらいで普段から、本を読むなどして、スピードが速い人は、1000字くらいと言われています。最初に目指すスピードとしては、この5000字というレベルがちょうど良いと思います。ただ、本当の速読の効果は、このレベルを突破したあとから実感できることでしょう。 [続きを読む]
  • 速読 時間 ページ数
  • 速読を習得すると、1冊の本を読む時間が大幅に短縮できます。2時間かかっていた本が、1時間、30分、10分、5分とそれまででは考えられなかった短時間で読めるようになります。ページ数によって、読書時間も変わってきますが、それはあまり重要ではないでしょう。同じ理解度で、時間が短縮できるというのが重要なポイントですね。 [続きを読む]
  • 速読 ソフト 評価
  • 速読をトレーニングできるソフトはいろいろとありますね。管理人は、速読の学校でトレーニングを積んできて、読書速度が2万字を超え、最近では3万字を超えることも出てきています。おそらく、他のソフトでもトレーニング内容はさほど変わらないはずです。ソフトの出来よりも、速読のトレーニングをサポートしてくれる環境が上達には必要だと感じています。ソフトが使いやすいかどうかという評価をするならば、速読の学校のトレーニ [続きを読む]
  • 読書速度4000字
  • 読書速度4000字というスピードは、一定の訓練をすれば、だれでも到達できるスピードです。分速4000文字なので、一般の人が500字程度、つまり、約8倍のスピードで読めるくらいの速度です。管理人は、すでに2万字に到達し、かなりの情報を処理する時間が飛躍的に向上しました。仕事の効率も上がり、たまっていたこともこなせるようになりストレスもスッキリしたと思います。今思うと、4000字は、ほんとに基本的なレベルです。速読の [続きを読む]
  • 速読 有名人
  • 速読ができるようになると、仕事の効率もあがるので、有名人にも速読ができる人が数多く存在します。表だって速読していると公表していない有名人も多数いることでしょう。マイクロソフトのビル・ゲイツも速読を身につけた1人で、身につける能力を選ぶとしたら、という問いに速読と即答したとか。日本の有名人で言えば、勝間勝代や橋下徹、茂木健一郎など多くの有名人がいます。手塚治虫やえなりかずきも、速読を身につけているそ [続きを読む]
  • 速読 バッティング
  • 速読のトレーニングをすると、野球のボールも打てるようになるというパフォーマンスがあります。速読のトレーニングでは、目を動かすトレーニングなど、眼筋を鍛えたり、それにより動体視力が向上するので、素早い動きもとらえられるようになります。ただし、実践的には、投手と打者の駆け引きや変化球や緩急など、いろいろな要素が加わりますし、そもそもバッティングフォームも練習する必要があるでしょう。野球選手はもとより、 [続きを読む]
  • 読書速度20000字到達!
  • 分速1万文字を超えてから、一気に読書速度が上がりました。今では、時々20000字という数値が出ます(^_^)vそもそも、それくらいの能力は持っているはずなので、心理的なブロックを外せれば、あっという間に上がるんですね。実践でも、仕事で文書を読みますが、スピードはかなり上がったので、処理効率が良く、はかどります♪さすがにまだ、所見の文章を分速2万字で完璧には読めませんが、それでもかなりの効率化ができました。仕事 [続きを読む]
  • 分速10000文字超えました!
  • 昨日、ついに、分速10000文字を超えました!これまで、5000文字前後をウロウロしてたんですが、急に一気に読書速度が伸びました。今朝は、14000文字という数字が出て、自分でもビックリしてるくらいです。分速1万文字といえば、一般の人の20倍のスピードです。これから、まだスピードアップできそうなので、どんどん伸ばして行きたいと思っています。もちろん、1万文字を突破するきっかけはあって、マインドブロックがあったから伸 [続きを読む]
  • 速読 比較
  • 速読を学ぶ、習得すると考えたとき、いろいろな速読法や教室があり、どれを選ぶのが良いのか、よくわからないかもしれません。特に、できるだけ早く習得したい、と考えるなら、教室に通うことも視野に入りますが、費用はかなり大きくなるため、判断に迷うところです。高速に読もうとすればするほど、脳の情報処理能力を呼び起こすことが大事になります。速読法を比較するとすれば、分速何文字のレベルを目指すのか、自分に習得でき [続きを読む]
  • 速読 ユーキャン 効果
  • ユーキャンに速読の講座があります。わずか3ヶ月で3倍速が目指せる!というキャッチコピーですが、一般の人の速度で考えれば、500文字の3倍で、1500文字(分速)なので、それほどたいしたことではありません。それくらいのスピードなら、独学で本を読んでも出せるレベルだと思います。他の速読トレーニングなら、もっと効率良く速度アップできる可能性が高く、3倍程度にはとどまらないでしょう。管理人は、最近、4000〜5000字のス [続きを読む]
  • 速読 cm
  • 速読教室で、CMを出しているところがあるようです。たとえば、これ。みんなの速読という速読教室のようですね。日本速脳速読協会がやっている教室です。基本的な対象は、高校生までですが、社会人を対象にした講座もあります。ホンマでっか!?TVに出ている澤口俊之先生がアドバイスを寄せているところです。 [続きを読む]
  • 速読 文字数
  • 速読のトレーニングでどのくらいのレベルにあるのかということを把握するためにある指標が読書速度です。1分間にどのくらいの文字数を読むことができるのか、という数値です。例えば、2000文字を30秒で読めたら、分速4000文字ということですね。インターネットには、文字数をカウントしてくれるというサイトもあるので、そういった物も活用するといいと思います。速読の学校では、全て用意されているので、わざわざ探さなくてもい [続きを読む]
  • 速読 文庫
  • 速読のトレーニングをするとき、読書速度のチェックなどで、適当な文章が必要になるとき、青空文庫を使うのもひとつの手です。適当な作品を選び、文字数をカウントしたら、ストップウォッチ片手に読んでみると、読書速度がわかります。速読のトレーニングで読書速度が上がれば、文庫本なら1冊数分で読むこともできるようになります。是非、そのレベルまで到達したいですね! [続きを読む]
  • 速読 税理士
  • 税理士になるためには、税理士試験に合格しなければいけません。もちろん、必要な知識はかなり膨大になるので、それなりの勉強が必要になります。そこで、速読が役に立ちます。税理士試験に必要な科目について参考書を用意し、速読でその内容を読めば、数倍から数十倍のスピードで、知識を得ることができます。レベルによって異なりますが、速読の習得自体にも期間が必要なので、税理士のための勉強と速読のトレーニングを平行して [続きを読む]
  • 速読 やり方
  • 速読とは、速く文章を読むことです。そのやり方といっても、文字をひとつひとつ読んでいく一般的な読み方をレベルアップさせたものからページ全体を一気に脳に入れる方法まで、いくつも方法があります。もちろん、速読の習熟度によってもそのやり方は変わってきます。レベルが上がれば上がるほど、いろいろな読み方ができるようになるようですね。 [続きを読む]
  • ピアノ 楽譜 速読
  • ジャズピアノなどを練習する中に、音符速読トレーニングというものがあるそうです。音楽にあまりなじみが無いと、楽譜を見たときに、線の数を数えたり、ドレミファソラシドの音階をたどったりして、やっとその音を特定します。そこから鍵盤の場所を押さえて、やっと1音弾けるという感じです。。。これを、パッと見ただけで、音階や鍵盤の位置がわかるというのが、音符速読トレーニングですね。 [続きを読む]
  • 速読 無料
  • 無料で速読トレーニングできるサイトがいくつかあります。こういった無料の速読トレーニングでも、おそらく読書速度3000字くらいはいけるのではないかと思います。ただ、体系だってカリキュラムが組まれているわけでは無いので、どのトレーニングをどのくらいやるのか、どういう順序でやるのが効果的なのか、といった事は自分で判断する必要があります。また、より高速な読書スピードを得たい場合、視読にシフトチェンジするための [続きを読む]
  • 速読 速度 測定
  • 速読で欠かせないのは、現在どのくらいのスピードで読めているのかということを把握するための読書速度測定です。いろいろと読書速度を計測するツールがありますが、基本的にはストップウォッチなどを利用して、用意した文章をどのくらいの時間で読めるかを計るということになります。速読のトレーニングを進める上で、自分のレベルがどのくらい上がったのか、ということを把握するためには、同じ文章を使って読書速度を計測しない [続きを読む]
  • 速読 倉敷
  • 倉敷には、ラピッド速読教室があります。高校生までを対象にした速読教室なので、残念ながら社会人対象ではありませんが。月額7000円で、学びたい内容に応じてオプション(有料)を付けるという料金体系になっています。速読することは学習に良い影響を与えるので、子ども達に速読を習得させるのはとてもいいですね。ちなみに、この教室は、日本速脳速読協会の認定教室のようです。 [続きを読む]