藤田耕司 さん プロフィール

  •  
藤田耕司さん: カウンセラー会計士 藤田耕司  心と経営と人生と
ハンドル名藤田耕司 さん
ブログタイトルカウンセラー会計士 藤田耕司  心と経営と人生と
ブログURLhttp://ameblo.jp/k-fujita53625/
サイト紹介文脳科学と心理学の観点から経営と人について、心温まるエピソードと共に書いていきます。
自由文経営もビジネスも『人』が要となります。
お客様という人、従業員という人、経営者という人。
人を相手にし、人を動かすことが経営であり、ビジネスであるならば、『人』という存在がどういう存在かを理解した上で経営やビジネスを始めた方が成功の確率は言うまでもなく高まります。
そんな『人』について、脳科学と心理学の観点から経学びを深められ、心温まるエピソードと共に楽しめるブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/02/09 22:19

藤田耕司 さんのブログ記事

  • やる気がない、欲がない若手社員との付き合い方
  • JBpressで連載させていただいている『経営を変える心理学講座』第90回。若手社員の扱いに困っているという管理職の方からの相談が増えています。さとり世代といわれる方々の価値観は我々世代とは大きく異なるところもあります。その理解をしているかどうかで、若手社員に対する気持ちと対応が変わってきます。まずは相手に対する理解から始めることが大事ですね。 やる気がない、欲がない若手社員との付き合い方さとり世代 [続きを読む]
  • 20代のやんちゃな営業マンを叱ってみた
  • JBpressで連載させていただいている『経営を変える心理学講座』第88回。叱るのが苦手。最近はそう話される管理職の方からのご相談をよく受けます。叱ると相手との距離が疎遠になる、嫌われると思って叱れない、そんなイメージがある一方で、叱ることで信頼関係が深まったという事例も経営心理士講座の受講生の方やクライアントの方から多く寄せられています。そんな中、昨年、私が若手の営業マンを叱った話を書いてみました。 [続きを読む]
  • 部下を潰していることに気づかないデキる上司たち
  • JBpressで連載させていただいている『経営を変える心理学講座』第85回。いわゆる「仕事ができる」という人がマネージャーになって部下の可能性を潰しているというケースをこれまでたくさん見てきました。そして、その多くは本人の自覚がないという状況。そういった上司の一方的な思いやりが部下の脅威になっていたりします。仕事ができる人こそ注意していただければと思います。 部下を潰していることに気づかないデキる上司 [続きを読む]
  • 言うことを聞かない部下を動かす効果的な方法
  • JBpressで連載させていただいている『経営を変える心理学講座』第77回。「相手が言うことを聞いてくれない」これは経営コンサルティングをするなかでよく寄せられるご相談です。相手が自分の言うことを聞いてくれるかどうか、それは自分の相手に対する態度が大きく影響します。何を言うかよりも、どういう関係を築くか、そういう発想を持つことで、問題が好転するケースは少なくありません。 言うことを聞かない部下を動かす [続きを読む]
  • 運が良い人と悪い人の差はどうして生まれるのか
  • JB PRESSで連載させていただいている『経営を変える心理学講座』第76回。初詣で御利益を祈願された方も多いと思いますが、今回は「運」について心理学の観点から分析しました。運をもたらしているのは誰なのか。運に対するイメージが少し変わるかもしれないですね。 運が良い人と悪い人の差はどうして生まれるのか第76回 セルフイメージと運の良し悪しの因果関係http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48849 [続きを読む]
  • ビジネスに役立つ禅修行、人間関係も改善
  • 『経営を変える心理学講座』第75回。今回は11月に行った1週間の禅の修業で何をしたか、そしてどのような気付きがあったかをまとめました。禅にはいろいろな効果があると感じました。 ビジネスに役立つ禅修行、人間関係も改善第75回 「今」に集中し続けることで得られた気づきhttp://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48657 [続きを読む]
  • 成功者と見られている経営者は本当に幸せなのか?
  • JBpressで連載させていただいている『経営を変える心理学講座』第73回。 右肩上がりの成長を遂げている。でも実は危機的状況にある。そんな会社をたくさん見てきました。その危機的状況とは、人が十分に育たないうちに新たに人を増やし続けた結果、能力も考え方も価値観もバラバラの人間から構成される収拾のつかない組織となり、一方で経営者の責任はどんどん重くなり内部崩壊寸前という状況です。経営者として幸せな人生と [続きを読む]
  • 多くの上司が気づいていない、部下が上司に望むこと
  • 金曜日にJB pressに連載させていただいている『経営を変える心理学講座』第71回。今回は部下に共感することの大切さについてです。主催しているセミナーや経営コンサルティングでは繰り返し共感の大切さをお伝えしていますが、現場で実践されている方の中で数々のドラマが生まれています。現場の状況が変わった、部下との関係が変わったという報告を聴く中で、思わず涙ぐんでしまったことも多々あります。共感が持つ力は人間関係 [続きを読む]
  • 久々にオープンセミナーをやることにしました。
  • 普段、あまりコンサルティングの内容をお伝えすることはないのですが、久々にオープンセミナーでお話しすることにしました。業績改善させた会社の事例を基に、人間心理にどのようにアプローチしていくと業績が上がっていくのかについて、人間の心の原理原則と合わせて解説していきます。経営者、後継者、管理職、士業の方にはお勧めの内容です。 『人間心理に基づいた経営改善の具体的手法』〜経営心理学によって組織の業績 [続きを読む]
  • 指をくわえて会社が潰れるのを待つのか?
  • JBpressにて連載させていただいている『経営を変える心理学講座』第69回。今、科学技術の進化により、ビジネスモデルの破綻が懸念される会社が続々と出てきています。今、新たな挑戦をするか、何もしないか。そこのせめぎ合いと嘆きが様々な会社から聞かれます。何もしなければ潰れるだけの現状とどう立ち向かうかについて、書きました。 指をくわえて会社が潰れるのを待つのか?第69回 コンフォートゾーンから飛び出す勇気 [続きを読む]
  • こんな人間を出世させると、組織に悲劇が訪れる
  • JB pressにて連載させていただいている『経営を変える心理学講座』第68回。これまで、一人の人間に実権を持たせたことによってみるみるうちに会社が衰退した事例を多く見てきました。仕事ができる人間が必ずしもリーダーに適しているとは限らない。その点を考慮せずに安易に部下を出世させたことで悲劇は生まれます。実績はあっても徳のない者には地位を与えてはならない。これは古代から伝わる人間の知恵です。 こんな人 [続きを読む]
  • 部下の成長を絶対に諦めないリーダーたち
  • JB pressにて連載させていただいている『経営を変える心理学講座』第67回。今回はミスを繰り返す部下を粘り強く育て上げ、業績を伸ばしているリーダーの話をご紹介します。部下を成長させた経験は、リーダーにリーダーとしての自信をもたらしてくれます。その意味では、部下を成長させることを通じて、リーダーも成長していくのでしょう。「部下の成長を絶対に諦めないリーダーたち」第67回 リーダーとしての自信は部下の成長に [続きを読む]
  • 人工知能時代こそ光る、松下幸之助と吉田松陰
  • 『経営を変える心理学講座』第66回。会社の経営判断をする人工知能が研究されています。人工知能が上司となる日もそう遠くないのかもしれません。正確無比な判断をする人工知能ではなく、人間が上司を務めることの意義が問われることになるでしょう。この点、松下幸之助、吉田松陰、両氏の人材育成から人工知能にはない人間固有の力を見てとることができます。今回は両氏のエピソードに交えて人間固有の力について心理学の話をさ [続きを読む]
  • 自己破産寸前の人を救った何気ない一言
  • JB PRESSの『経営を変える心理学講座』第65回。「美しい景色を探すな。景色の中に美しいものを見つけよ」これは画家、ゴッホの言葉です。今回は自己破産寸前の状況に追い詰められても、その生活の中に美しいものを見つけられるようになった経営者の方の話です。人は何に意識を向けるかで、同じよう状況でも、地獄にも天国にもなります。『自己破産寸前の人を救った何気ない一言』第65回 気の持ち方でがらりと変わる周囲の風景h [続きを読む]
  • 売れない人を売れる人に変える達人の技
  • JB PRESSにて連載させていただいている『経営を変える心理学講座』第64回。人を変えることができる人たちが人を変えるために何をやっているのか、どんな力が求められるのかをテーマに書きました。Googleが生産性の高いチームが共通して持っている要素が何かを調査した結果、分かったのがこの力でした。北風と太陽はビジネスの現場にも当てはまる話でした。『売れない人を売れる人に変える達人の技』第64回 リーダーを評価する時 [続きを読む]
  • 著書が発売になりました!
  • 先日、2冊目の著書『リーダーのための経営心理学』が日本経済新聞出版社から発売されました。この本は経営の現場で見てきた『人』の問題と、心理学・脳科学などの知識から、『人』の原理原則を体系的にまとめるという企画で書きました。また、『人』の原理原則について、自分とじっくり向き合い、自分を経営できるようになることもテーマとしています。経営心理学に基づいたコンサルティングの事例や、その中で私が心を打たれた [続きを読む]
  • 意外と知られていない「感情が伝染する」事実
  • JB PRESSにて連載させていただいている『経営を変える経営心理学講座』第63回。今回は保育士さんや小学校の先生から聞いた感情に関する不思議なお話です。自分の感情は無意識のうちに相手に伝わります。このことに気付けると、相手の感情を変化させることができます。身近なものなのに、あまり理解されていない感情。今回はその感情の理解に役立つ内容です。『子供や部下の情緒不安定、原因はあなたに』第63回 意外と知られてい [続きを読む]
  • 叱ると褒めるは同じ意味、叱ると怒るは違う意味
  • 『経営を変える心理学講座』第60回。今回のテーマは叱るです。最近、叱るのが苦手というご相談が増えています。とはいえ、上司部下の関係、親子関係など叱らなければいけない場面もあります。そんな時、この記事を参考にしていただければと思います。「叱ると褒めるは同じ意味、叱ると怒るは違う意味」第60回 部下が叱られたことを自慢する叱り方とはhttp://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46774 [続きを読む]
  • 人の魅力はどのように形成されるのか
  • 『経営を変える心理学講座』第58回。人の魅力はどうやって形成されるのか。対人魅力という心理学の言葉があります。対人魅力を構成する要素としていくかの要素が挙げられています。今回は4つの要素についてお話しします。『人の魅力はどのように形成されるのか』第58回 人間関係に影響を与える対人魅力の4要素http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46488 [続きを読む]
  • 部下が育たないと嘆く上司が部下を変えた一言
  • JB PRESSとYahoo!で配信している『経営を変える心理学講座』第57回。高校生の時、担任の先生に言われた一言が今もなお僕に小さな勇気をくれます。その一言は、上司と部下の関係においても関係改善に大きな効果を発揮します。これは親子の関係でもあてはまるでしょう。人間はいつまでも成長したいという欲求を持ち、自分の可能性を信じたい、自分を信じたいと願う存在です。そんな願いに関する一言についてのお話です。部下が育た [続きを読む]
  • 仕事はできるが部下が離れるリーダーの勘違い
  • 『経営を変える心理学講座』第56回。仕事はできるけど当たりがきつい、そんな人の存在が会社の雰囲気を乱している。これは経営者からのご相談の中でもかなり多い悩みです。仕事ができる人=業務をこなす能力が高い+会社の雰囲気を良く保つ能力が高い会社の将来を考えると、こういった視点でリーダーを選ぶことが必要になるでしょう。仕事はできるが部下が離れるリーダーの勘違い〜第56回 PM理論で明らかになるリーダーの2つの役 [続きを読む]
  • 挑戦を続け結果を残す人は失敗をどう捉えているのか
  • Yahoo!JapanとJB PRESSに連載させていただいてる『経営を変える心理学講座』第55回。今回は失敗に関する心理の話です。挑戦に失敗はつきもの。失敗を恐れて挑戦できない。では、挑戦を続ける人は失敗をどう捉えているのか。失敗に対する捉え方次第で生き方は大きく変わります。『経営を変える心理学講座』第55回挑戦を続け結果を残す人は失敗をどう捉えているのかhttp://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46114 [続きを読む]