焼き鳥 さん プロフィール

  •  
焼き鳥さん: 焼き鳥 こんがり焼けました
ハンドル名焼き鳥 さん
ブログタイトル焼き鳥 こんがり焼けました
ブログURLhttp://yakitori-kongari.seesaa.net/
サイト紹介文物書き志望で公募を続ける人が日々呟くどうでもいいことを載せたサイトです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/02/10 10:30

焼き鳥 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 第23回電撃大賞一次選考
  • こんばんは僕です。久々にブログを見たらなんだか訪問数がえらい増えていたんですが、皆さんやはり電撃大賞の話題が気になっているのですね。ということで、応募していた第23回電撃大賞の一次選考の結果が本日発表になりました。てっきり明日とかにウェブ更新で、今晩から雑誌のふらげをした人がつらつらと某掲示板に書いていくのだと思っていたのでかなりの不意打ちでした。そういえば昨年の二次・三次発表も不意打ちで、会社の [続きを読む]
  • 第23回電撃大賞応募総数
  • こんばんは、僕です。さてまた間が空いてしましましたが、電撃大賞の総数が出たのでここで恒例のグラフの紹介です(しれっと恒例扱いしていますが、昨年しか載せてません)応募総数は4,878作品と、ウェブ応募が開始された割にはあまり伸びなかったなぁ、というのが印象です。自分は勝手に6,000作品くらいはいくと想像していました。書き手はさすがに作品のストックをそこまで多く持っている訳ではないですし、また現在は各レーベル [続きを読む]
  • 日本酒BAR「四季」春夏冬中 さくら薫る折々の酒
  • こんばんは僕です。ということで最近の積ん読最終話として選んだのがこちら。つい三十分ほど前に読み終えたばかりの「日本酒BAR「四季」春夏冬中」です。日本酒BAR「四季」春夏冬中 さくら薫る折々の酒 (メディアワークス文庫) - 内容に行く前に「春夏冬中」で「あきないちゅう」って読むことを初めて知りました。言葉遊びで「春夏冬」と「秋がない」から商い、という意味だそうです。また一つ賢くなりました。本書では日本酒を [続きを読む]
  • 22回電撃大賞銀賞 恋するSP
  • こんばんは、僕です。引き続いての投稿ですが、予告通りに最近読んだ本の感想など。第一弾はタイトルにある通り、僕が盛大に四次落ちを食らった回の受賞作である「恋するSP 武将系男子の守りかた」です。恋するSP 武将系男子の守りかた (メディアワークス文庫) - 確か受賞時のタイトルは「戦国えすぴゐ」でしたかね。実は発売されるまで、何故か空目していて「戦国ゑびす」だと勘違いしていました。それが「SP」となって発売 [続きを読む]
  • 23回電撃大賞応募完了
  • こんばんは、僕です。さて長い間更新をさぼっていました。もうこのブログは更新しないんじゃないかと思った人も多いと思います。僕もそう思っていました(おい)。この数カ月は過去に類をみないほどのめまぐるしさで、余裕が本当になかったなぁとしみじみ思います。思い出したら冷や汗をかいてしまうので記憶は封印します。そんなわけで、今年もなんとか電撃大賞へと応募することが出来ました。今年から始まったウェブ応募を試して [続きを読む]
  • ただ、それだけでよかったんです
  • こんにちは、僕です。さて、いよいよ電撃大賞受賞作の発売となりました。発売日に気になっていた大賞受賞作「ただ、それだけでよかったんです」を購入しましたので感想など。いつも通りネタバレはなしです。ただ、それだけでよかったんです (電撃文庫) - 公式からのあらすじは以下の通り。ある中学校で一人の男子生徒Kが自殺した。『菅原拓は悪魔です。誰も彼の言葉を信じてはいけない』という遺書を残して――。自殺の背景には"悪 [続きを読む]
  • 執筆時間
  • こんにちは、僕です。突然思い立ったので、僕の執筆スタイルというか時間の使い方的なものを今回は語ろうと思います。なんでこんな話題を選んだのかというと、時折こんな会話がネット界隈で流れているのを見たからです。「就職したら執筆時間が無いから学生の内にでぶーしなきゃ!」「ワイもワイもでぶーしたい!」「仕事してたら執筆なんて無理だよ!」「ワイもワイもそう思うで!」「小説家になるなら仕事辞めて専念しろや!」「 [続きを読む]
  • 戦場のコックたち
  • こんばんは僕です。明日は東京地方でも積雪の恐れがあるということで、いまからぶるぶると震えています。寒いの嫌い。締め切りはもっと嫌い。そんなわけで今日は最近読んだ本のご紹介。もちろんネタばれなし。昨年のこのミステリーがすごいの2位に選ばれた深緑野分さんの「戦場のコックたち」です。戦場のコックたち - タイトルと素敵な装丁に惹かれてついつい手にとってしまいました。本作は第二次世界大戦を舞台に、アメリカ軍 [続きを読む]
  • あけました
  • 新年明けましておめでとうございます。冒頭のあいさつを書こうとしたら、タイプミスで「深淵明けまして」と変換され、なんだか闇の中から蠢く者たちが這い出てきそうな厨二病も真っ青の挨拶になりました。そんな僕です、こんにちは。正月休みはのんびりと実家で過ごしたり、数年ぶりにゴルフをするなど意外と満喫していました。あ、もちろん執筆もしていましたよ!正月休み最後の3日ですが、前日夜に急きょ「ガールズ&パンツァー劇 [続きを読む]
  • 大みそか
  • こんにちは、僕です。更新ペースも落ちていますが、生存はしております。気づけばあっという間に大みそかで今年一年も色々ありましたね。ブログを始めた年に受賞してやるぞ、と思っていたものの残念ながらその夢は潰えてこんがりどころか、炭と化した焼き鳥さんです。来年は色々と新しいことをやってみようと画策しておりますが、どれだけやりたいことがかなうかは不明です。とりあえず・角川の新しい投稿サイトで連載形式にチャレ [続きを読む]
  • このミス2016
  • こんにちは僕です。なかなか書くことがないので間が空いてしまいますね。さて、師走もいよいよラストスパートのこの時期、なんちゃってミステリー好きの僕にとっての楽しみなことがあります。それは「このミステリーがすごい」の発売です。このミステリーがすごい! 2016年版 - 毎年これが書店に並ぶのを見ると「ああ、いよいよ年の瀬なんだなぁ」と感慨深くなるものです。冊子を買って帰り、あらすじを読みながら自分が未読で興味 [続きを読む]
  • 隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?
  • こんにちは、僕です。さて以前より楽しみにしていたMW文庫の新刊、伊原柊人さんの「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」が刊行されたので早速読みました。ネタバレはないのでブラウザは閉じなくて大丈夫です。隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか? (メディアワークス文庫) - 本作は、第21回電撃大賞で最終選考まで残った著者のデビュー作。重大犯罪抑制の為、五人組という隣人相互監視システムが復活した現代が舞 [続きを読む]
  • 続・選評
  • こんばんは、僕です。今年も7週間みたいな煽りを受けると、電撃の締め切りまで5か月しかないじゃん!と焦ります。毎度のことながらエンジンがかかるのが遅すぎるのが致命的ですね。今回選評を読んでいて思ったことを1つ。以前の「何故魔法少女はか細く幼女が多いのか」という話題について語った時のことですが(嘘)、もとい、「1次落ち考察」について語った時にも書きましたが昨今の小説では「キャラクター小説」というのが何よ [続きを読む]
  • 選評
  • こんにちは、僕です。すっかり更新をさぼっていましたが、まあここを見ている人はそこまでいないだろうということで平気で鼻をほじほじしながら過ごしていました。偶にいる物好きの方はごめんなさい。有給を偶にはとってのんびり家の掃除をしたりなんだりしようと思っていたのですが、まさかこのピンポイントのタイミングで届きました。あのブツが。なんたる神の悪戯……。というわけで22回電撃大賞の選評が届いたので掃除をほった [続きを読む]
  • 選評の使い方
  • おはようございます、僕です。すっかりと更新まで時間が空いてしまいました。それもこれも、異世界に迷い込んだせいです。異世界では悠久なる時間の海に漂い、悪鬼の数々に追われ、心身共に傷を負いながらも必死の思いでその全てを駆逐してやると奮闘して世界をなんとか救って現世界へと戻って来れました。(意訳:会社では膨大な仕事に気が遠くなり、仕事に追われながら心身共にストレスで身を削り、やっとのことで仕事のピークが [続きを読む]
  • 伊原柊人さん
  • おはようございます、僕です。MW文庫の新刊予定を見ていたら嬉しいニュースがあったのでこちらで取り上げます。以前の記事でとりあげていた件なのですが(当時の記事はこちらをどうぞ)、11月25日発売のMW文庫で伊原柊人さんの「隣人の死体は、何曜日に捨てればいいですか?」が発売されるようです!伊原さんといえば、昨年の電撃大賞で惜しくも受賞は逃してしまった方なのですが、四次も複数作品通過という実力者です。最終候補に [続きを読む]
  • 続・拾い上げの話
  • こんにちは、僕です。なんだか連休を驚くほど満喫して、たった今現実へと戻されました(ようこそ、社畜の世界へ!)そんな訳で今回は旅のお話しを……するわけもなく、前回に続いて拾い上げのお話を。まず、「なんで電話連絡が11月末から12月なんだよ!」という方の為に、推測の理由を。昨年拾い上げをされた方で一番早かったと思われる人(除く最終選考落ち)では、くさかべかさくさんとつるみ犬丸さんがいるかと思われます。(お [続きを読む]
  • 拾い上げ
  • こんにちは、僕です。先日の記事で電撃大賞の最終候補作を発表したところ、筆者名をキーワードに検索してここに辿り着く人が多くてびっくりしています。みなさん、どんな人が候補に残っているのか興味津々なんですね。だがしかし!残念だったな、ここにはそんな情報はない!ここにあるのは焼き鳥のどうでもいい呟きだけなんだ、ざまぁみろ!(そして人がいなくなる)使い古されたこの冒頭パターンはさておき、大部分の投稿者の方が [続きを読む]
  • 電撃大賞 最終候補作発表
  • こんばんは、僕です。さて、本日電撃大賞の最終候補作品が発表されましたのでそのご紹介をしようと思います。最終候補作品は10作品ということで、倍率にして0.2%!!なんて狭き門ですか……。そりゃ僕も電話がかかってこなくて落ち込んでふてくされてぶくぶくと太る訳です(後半は関係ない)。応募総数:4,580作品1次選考通過:592作品 (12.9%)2次選考通過:202作品 (4.4%)3次選考通過:78作品 (1.7%)4次選考通過:10作品(0.2%) [続きを読む]
  • ギンカムロ
  • こんばんは、僕です。すっかりと気温も落ち込み、猛暑でぐったりしていたのが遠い昔のことのように思えますが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 焼き鳥さんは電話がかかってこなかった精神的なショックで大ダメージを受けております。……うん、駄目だろうなとは思っていたけれど、やっぱり落選となるとショックはありますよね。ま、そういうときは新作に入魂して気を紛らわすことにします。さて、最近読んだ本の紹介を再び。今回 [続きを読む]
  • ハイカラ工房来客簿2
  • こんにちは、僕です。22回電撃大賞はもうすぐ最終候補の発表ですね。僕はたぶん残念ながらそこへは進めなかったのですが、落選した皆様にもまだ拾い上げというチャンスがあります。拾い上げというのは、惜しくも受賞には至らなかったものの、光るものがあるので編集さんと二人三脚で作品を練り上げ出版へと漕ぎつけることを指します。電撃大賞では応募数も多く、この拾い上げを経て作家デビューをした方も多くいらっしゃいます。と [続きを読む]
  • 新作を書く!
  • こんにちは、僕です。全裸待機が辛くてしんどいです。でんわは……電話はまだかっ!はやく服を着させて!(錯乱)というわけで電話はならないのでだいぶ諦めモードの僕です。ここで更新していないと「あいつ電話がきやがったな!」と邪推され、あとで「なんだよ、結局電話なかったのかよ、思わせぶりな態度とりやがって!」と何故かいわれのないことでダメージを受けそうなので更新をしておきます。まだ最終的な結果は出ておりませ [続きを読む]
  • 電撃大賞における電話とは
  • こんばんは、僕です。普段は携帯に見知らぬ番号(それも03から開始する奴)なんてかかってくることがないのに、ここ最近色んな迷惑セールス電話が突然かかってくるという異常事態に困惑しています。誰か僕が電撃さんからの電話を心待ちにしていることを知って、面白半分でからかってやがるなこん畜生! いくら僕でも、そんなことで喜ぶと思ったら大間違いですよ!(いいぞ、もっとやれ!) 毎回会社で電話がぶるぶると鳴るたび [続きを読む]
  • 過去の記事 …