白猫 さん プロフィール

  •  
白猫さん: ミュージカル徒然日記
ハンドル名白猫 さん
ブログタイトルミュージカル徒然日記
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/cheshire-teatro/
サイト紹介文ミュージカルを中心に、観劇した作品について、徒然なるままに書くブログ
自由文1ミューヲタによるブログ 観劇モットーは「広く!浅く!」
普通の舞台だけでなく、オペラや歌舞伎など、興味のあるものは観に行こうと心がけてます

観劇歴がまだ浅く、文章も下手ですが、観に行った方ぢけでなく、観に行けなかった方にも伝わるようなものを書きたいと思ってます!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/02/10 20:23

白猫 さんのブログ記事

  • 子午線の祀り 劇場ツアー
  • 昨日は「子午線の祀り」の劇場ツアーへ学生団体が2ついたので、一般の枠は少なかったのかな?そんな気がしましたツアーは3組に分かれて、劇場内を上から下まで案内していただきました「かなりの距離歩きますので!」という言葉通り、めっちゃ歩きます笑荷物はロッカーに預けられますが、100円玉が必要ですね(返金されます)今後劇場ツアーに参加される場合は、歩きやすい靴で行くのをオススメします!!階段上がったり下がったりし [続きを読む]
  • レ・ミゼラブル 7月14日夜
  • 今期ラストのレミゼでした2階のどセンだったので、舞台全体を眺めつつ、歌声とオケが混じり合って奏でる音楽を堪能できました(^^)バルジャン/福井さん福井さんのバルジャンは、終始迷いが垣間見られたような♪独白で生まれ変わるぞー!と決意を固めたけど、様々な局面で悩んでいるある意味人間らしい人間だったジャベール/吉原さんちょこちょこ演技が変わっていましたガレー船ではける時にゆっくり歩いてる囚人を小突いたり、パリ [続きを読む]
  • 子午線の祀り 7月8日
  • 子午線の祀り@世田パブ2階のやや下手ですが、最前列で観ました萬斎さんが「2階から観るのがオススメ」と仰ってたそうですが、本当に綺麗まず星空や潮の流れを表す照明や舞台美術が綺麗に見えます。「レディ・ベス」のようなあの感じ。そして第3幕で後ろに佇んで、戦乱を見守る影身の内侍と同じ目線の高さになること。知盛や義経が見上げる星々の1つになった気分になります。さて、源平の戦いを天の視点から見つめたこの作品「Requ [続きを読む]
  • 髑髏城の七人 7月3日 *ネタバレ注意*
  • 関東荒野はめちゃくちゃ暑かった!風は吹いてますが…ほぼ日なたなので暑かったです笑劇場周辺のベンチも、僅かな日陰の部分が人気でした(日なたのベンチ温まってたし)さて鳥髑髏今回は歌ありダンスありの新感線らしい作品になってますワカ花しか見たことないので(アオのOPはちらっと見たことあるけど)、阿部サダヲの捨之介ってどうなんだろ〜歌あり踊りありってどうなんだろ〜と最初は思ってましたが、ちゃんと嵌め込んできて、い [続きを読む]
  • 浮世風呂+映像3本
  • こんにちは!雨が強いですが、今日はシネマ歌舞伎「弥次喜多」から、歌舞伎座の「浮世風呂」へ梯子してきました!弥次喜多は昨夏以来、久々でしたが、いろんなカメラアングルがあって面白かったです!いらないアングルとか映像とかありましたが……()終わってすぐ歌舞伎座戻りましたが、雨のせいか、幕見は余裕でしたねあらすじだけで「面白そう!」と思って行きましたが、そもそもなんでこんな舞踊つくろうと思ったんだろ、昔の人 [続きを読む]
  • レ・ミゼラブル 6月13日
  • 今週は30周年スペシャルウィークということで、客席もいつもより熱め今まで一番前方の席だったので、じっくり観ることができました(^^) その代わりすっごく疲れましたが笑バルジャン/ジュンモさん最初はかなり荒々しいバルジャン対決は猛獣vs猛獣だったその中で細かく細かく心の機微を表現してて、素晴らしいこれが一番分かるのが、マリからコゼへの手紙読むシーンコゼットに恋をしている青年がいること、何よりもコゼットが大人に [続きを読む]
  • 夢から醒めた夢 6月11日昼
  • 今日は「夢から醒めた夢」を観ました!劇団四季のカテゴリーに入れちゃったけど、まあいいかw何気にファミミュは初めてです観たいーて思った頃に、イロイロ変わっちゃったから…さて今回の夢醒めは初演版に回帰?したそうで劇場のキャパの問題とかもあるだろうね当然今までのを知らないので、何がどう変わったかは衣裳以外サッパリですがドラマチックなお話で、役者さんも皆良くて、舞台としては結構クオリティが高かったですです [続きを読む]
  • パレード 5月31日昼
  • 書こう書こうと思ってたら、寝てました笑あらら…U25だったので、二階の上手 客席からは上手の花道自体は見えませんが、立った人は見えますむしろ上手に出てくるセットとかの方が見辛かったかな裁判冒頭の歌はどこで歌ってるんだろうと思ったら、上手端だったんですね。ワトソンかな?事件の概要だけ頭に入れていきましたが…想像以上のストプレ寄りミュージカル裁判の時点で精神的に「帰りたい!」て思いました。でも頭は先を知り [続きを読む]
  • レ・ミゼラブル 5月30日夜
  • 今回は上手寄りの席だったので、前回とはまた別の視点から観れましたプリンシパルは半分くらい、前回とは違う方昨日は中学生団体が2組いたので、客席が賑やか。ロミジュリみたいだったバルジャン/吉原さんガレー船のところで、隣の人(グランテール枠)が歌って崩れ落ちた後、そっと介助してた、という新たな気づきがありましたジャベール/川口さんああ、この感じ!この声!ていうぐらいの安定感初志貫徹!ていうところが好きです。 [続きを読む]
  • 髑髏城の七人 5月27日夜
  • 昨日は2ヶ月ぶりの登城でした!ライブビューイングの感想から、いろいろ変わってるのが気になって、気になって…この時期の公演買っておいた自分、エライ!笑腹ごしらえはキッチンカーのチーズホットドッグ肉屋さんだけあり、ウインナーはめちゃ美味しかったですチーズはあってもなくても今回の席は中通路挟んで後ろのブロック(23列)でしたが、どセンで運良く前の方の頭がそんなに気にならない位置でした舞台のツラまで出てくると [続きを読む]
  • レ・ミゼラブル 5月26日夜
  • 初日2日目のソワレでした下手の席で、ちょうどバリケードのバルジャベの件がよく見えるところだったため、上手があんまり見えなかったです斜め前の方が少し大きかったのもあるけどキャストをガラッと変え、演出の変更も多々ありました1番大きいのは宿屋がよりコメディになったことと、エポマリコゼの描写が若者らしく(機敏に)なったことでしょうか曲のテンポも早くなりました。出だしが軽いです、ちょっと笑バルジャン/吉原さん余 [続きを読む]
  • 吉野山、魚屋宗五郎
  • おはようございます??一昨日は幕見で、「吉野山」と「魚屋宗五郎」を見に行きました「吉野山」「義経千本桜」の一部で、静御前と源九郎忠信の踊りですね「義経千本桜」はまだ見たことがないのですが…宙吊り観たいな今回は清元のいない珍しいバージョンらしいのですが、そもそも「清元」が何なのか、ちゃんと理解してない…(^^;「清元」とか「竹本」とか、割と聞くのにね使う三味線とか衣裳が違うらしいんだけど…あと背景に川が [続きを読む]
  • ブラックコメディ 5月7日
  • GW最終日に行きましたあらすじに興味を持ってくれた友達と一緒。たまにはこういうのもいいなー暗闇にいる人間の慌てふためきを楽しむといえば、歌舞伎の「だんまり」がありますが、こちらはそれをお芝居にしてしまいましたなので照明が点いた途端の、皆さんの動きがもう…笑ドタバタコメディなので、いろんなことが次から次へと起こりますしかも予想の斜め上を突いてくるので、もう腹が痛いw仏像やバンベルガーの行く末はもう()一 [続きを読む]
  • きみはいい人、チャーリー・ブラウン 4月17日夜
  • 外の大雨とは、全く正反対の、ほんわかした温かいミュージカルでした日常の何気ない喜怒哀楽がギュッと詰まった舞台です。あらすじらしいものはありません。ただただチャーリー・ブラウンたちの日常が描かれるだけで、何か話のオチがある訳ではありませんたったそれだけみんな可愛いし、愛おしいなぁ〜〜〜公開舞台稽古で見た、♪きみはいい人、チャーリー・ブラウンや♪ベートーベン・デイが更に進化してました♪サパータイムは、 [続きを読む]
  • ハムレット 4月14日
  • 先週の金曜日に観に行きました。平日昼×シェイクスピアということで、赤坂と年齢層が変わらないwハムレットといえば、もう星の数ほど「ちょっと捻った演出」があると思いますが、こちらは「大人なハムレット」でしたまず主人公がよくある青年じゃないからね笑そうなると周りの役、というか中の人との年齢差が気になるけど、そこまで気にならないような演出にしてました(内野さんと貫地谷さんの年齢差いくつよ)だからハムレットの [続きを読む]
  • 赤坂大歌舞伎 夢幻恋双紙
  • 今日は新作歌舞伎「夢幻恋双紙」へ赤坂も満開の桜2ヶ月前に来た時は半分近くは若い子だったのに、今日は希少種(笑)蓬莱さんの作・演出で、台詞は全て現代語。花道〜幕前で物語は始まりますが、客席の空気をスッと江戸の街に変える役者さん凄いし、話の中で自然に「長屋に住んでる人はどういう人たちか」ていうのも提示されてて、歌舞伎初心者でも分かりやすいようになってます全体的に、現代劇に歌舞伎の要素が入ってる(新感線みた [続きを読む]
  • 髑髏城の七人 〈花〉
  • 開幕3日目市場前に出来た新しい劇場です!駅の周り、何もない!!市場前駅降りて、劇場に向かって歩くんですけど、劇場の前の道に横断歩道がなく、しかも道にガードレールがあるので、それがないところを見つけて、道路を横断する必要がありますつまり「劇場はすぐそこなのに、道がない」状態w新豊洲駅から歩くといい具合に道があります。なら、豊洲から歩いちゃえ!て思ってしまいます。駅は見えてるので、あんまり遠いとは感じま [続きを読む]
  • オペラ座の怪人 3月29日昼
  • 先日5年使っていたスマホを落として、遂に画面にヒビが入り、機種変更と復元に追われていたら、気がつけば4月になってました笑既に先月になってしまいましたが、水曜日は久々のKAATに行きました久しぶり過ぎて感慨深いオペラ座そもそも箱の大きさが変わったので、オケの規模も舞台美術もかなり変わりましたオケは本当にいい!これぞグランド・ミュージカル!ていう感じの重厚感が出ました舞台美術は例えば・プロセニアムアーチの中 [続きを読む]
  • キューティブロンド
  • 先日、シアタークリエにて「キューティブロンド」を観ました旅公演だから、予算抑えめのセット(MM!に似てる)シーン転換多いものねー…近くで観たから余計ちゃっちい…もし再演をするなら、その時はドーン!とやってほしいなそれに伴って、演出も凝ったことはそんなに出来なくて一豪さんなのにー!でも流石にヴィヴィアンがエルを「仮装パーティ」に誘うシーンで、ヴィヴィアンたちが美容院にすっと入って、台詞終わった途端に出て [続きを読む]
  • コメディ・トゥナイト 3月7日
  • ちょっと日が経ってしまいましたが、「コメディ・トゥナイト」観てきました!マチソワなので、ボリューミーでした笑同名の舞台の江戸版ですが、ソンドハイム直々のOKもらったんですねw映画が面白かったので、ちょっと期待してました薬問屋の丁稚・町吉を中心に、個性豊かな面々が引き起こす、ドタバタコメディですが、テンポ良く進んで2幕はゲラゲラ笑ってしまいました1幕はその準備みたいなものなので、ソワレはちょっと…アキタ [続きを読む]
  • グランドホテル/カルーセル輪舞曲 2月25日夜
  • 今日は宝塚でした昨年のグランドホテルが懐かしい??新トップの大劇場お披露目公演だったのですねダブルキャストは左から2列目ラファエラとエリックを交互…!宝塚なので主役は男爵になるよう改変されてますし、話を端折ってるので、満足かというとウソになりますが笑、それでもトミー・チューン版の良さを十分楽しめました棒を使った演出やチャールストンやワルツの群舞とか特に群舞は一度に20〜30人が、舞台の進行と平行して踊 [続きを読む]
  • LA LA LAND
  • 寝落ちしました笑、おはようございます昨日のラストはLA LA LAND話はとってもシンプル売れない女優の卵・ミアと、同じく売れないジャズピアニスト・セバスチャンが出会って、恋に落ちて…ていうだけ予習も何もいりませんもう冒頭からグッと惹きつけられました高速道路であんなパフォーマンスやられたら、こっちもノリノリになっちゃう笑 この映画を一言で言えば「ミュージカルだけど、ミュージカルじゃない」かな心情が高ぶっ [続きを読む]
  • 猿若江戸の初櫓・女殺油地獄
  • こんばんは!2月ももうすぐ終わりなので今日は「見たい作品を全部消化する」日として、1日銀座周辺に朝は幕見で猿若江戸の初櫓を観ました「足跡姫」を観たから、どうしても観たくて幕見で来ました桃太郎人気凄い…w10時に行って、40番代だったので私は余裕でしたが舞踊あり、芝居ありの作品勘九郎さんの猿若、すごく軽やかに舞っているのに、多分体幹とかめっちゃ使うような動きがいっぱい凄いなぁ…七之助の出雲の阿国は、品のあ [続きを読む]
  • ノートルダムの鐘 2月16日
  • 久々の四季今日は一階席のセンターなので、鐘もクワイヤもステンドグラスも全部綺麗に観えました!これは数ヶ月に一度は観たい作品かなー音楽の美しさ、物語の見せ方がニクい重いから短期間で通うのは難しいけど、1回で満足しきれなくて、また音楽を聴きに、言葉を聞きに行きたくなるそんな作品ですカジモド/海宝さんこれからレミだから、かなり貴重だったかも海宝さんの持ち味でもある「純粋さ」が、カジモドの境遇とうまくリンク [続きを読む]