fxspread さん プロフィール

  •  
fxspreadさん: FX(ローソク足・スプレッド・チャート)@初心者〜
ハンドル名fxspread さん
ブログタイトルFX(ローソク足・スプレッド・チャート)@初心者〜
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/fxspreads/
サイト紹介文為替を中心に更新しています。 ローソク足の足型もあります。
自由文為替を中心に更新しています。
ローソク足の足型もあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供311回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2015/02/12 05:32

fxspread さんのブログ記事

  • 2017年6月19日〜23日までの要人発言一覧
  • 2017年6月19日〜23日までの要人発言一覧2017年6月19日の要人発言一覧 ロウRBA総裁 「豪経済はより強い成長が可能」 「今後数年の豪経済はやや加速する公算」 「雇用の伸びと企業の景況感は大幅に改善」国際通貨基金(IMF) 「日銀は持続的な緩和スタンスを維持すべき」 「日本の消費税率は、15%に達するまで段階的な引き上げが必要」 「日銀の対話枠組みの強化は、国債買入額への言及を控えることも一案 [続きを読む]
  • 2017年6月23日の要人発言一覧
  • 2017年6月23日の要人発言一覧トランプ米大統領 「非常に厄介」ドラギECB総裁 「賃金の伸びなお弱い」 「基調インフレまだ上昇していない」 「金融緩和策は当面維持へ」トゥスクEU大統領 「英首相が主張する在住圏に関する要望、我々の期待にそぐわず」メルケル独首相 「欧州は自分たちの未来に焦点を当てる必要がある、ブレグジットがこの障壁になってはならない」 「ドラギECB総裁がリーダーにとって欧州経済の楽観 [続きを読む]
  • 2017年6月22日の要人発言一覧
  • 2017年6月22日の要人発言一覧岩田日銀副総裁 「物価の上昇力は力強さを欠いており、物価2%にはなお距離がある」 「実質金利を引き下げる金融緩和を粘り強く続ける必要」 「予想物価上昇率が米国より低いため、実質短期金利は日本の方が高い」 「金利を引き上げていく局面ではまったくなく、今後も強力な金融緩和を推進」 「国債買入80兆円のめどを掲げてYCC(イールドカーブ・コントロール、長短金利操作)を行ってい [続きを読む]
  • 2017年6月21日の要人発言一覧
  • 2017年6月21日の要人発言一覧 麻生財務相 「日銀がマネタリーベース増やしてもマネーサプライ増えてない] 「民間に意欲が乏しい」黒田日銀総裁 「世界経済は昨年半ば以降、着実な改善」 「成長のモメンタムが一段と強まっている」 「わが国の景気の足取りも、よりしっかりとしたものに」 「2%の物価安定の目標に向けたモメンタムはしっかりと維持されている」 「物価動向、引き続き注意深く点検していく必要」  [続きを読む]
  • 2017年6月20日の要人発言一覧
  • 2017年6月20日の要人発言一覧 エバンス米シカゴ連銀総裁 「今年の利上げ、2回か、3-4回かはまだ分からない」 「緩やかな利上げとゆっくりとしたバランスシートの縮小が必要」 「FRBの利上げは目標達成見通しによって決められるべき」 「米経済は完全雇用に戻った」 「経済データは第2四半期GDPの力強い回復を示している」 「低インフレは深刻な政策の失敗」 「現在の状況は緩やかな利上げを後押し」 「経済状況 [続きを読む]
  • 2017年6月19日の要人発言一覧
  • 2017年6月19日の要人発言一覧 ロウRBA総裁 「豪経済はより強い成長が可能」 「今後数年の豪経済はやや加速する公算」 「雇用の伸びと企業の景況感は大幅に改善」国際通貨基金(IMF) 「日銀は持続的な緩和スタンスを維持すべき」 「日本の消費税率は、15%に達するまで段階的な引き上げが必要」 「日銀の対話枠組みの強化は、国債買入額への言及を控えることも一案」 「日本のインフレ率は、2017年は+0.7%へ上昇 [続きを読む]
  • 2017年6月9日〜16日までの要人発言一覧
  • 2017年6月9日〜16日までの要人発言一覧2017年6月9日の要人発言一覧 英労働党EU離脱担当報道官 「英国は、メイ英首相のEU離脱構想に同意していないことが判明したことで、離脱構想お再考が必要となった」コービン英労働党党首 「この国に仕える準備はできている」 「ブレグジットで欧州との話し合いでは貿易交渉が一番重要」 「ブレグジットの話し合いを遅らせるかを英国が決めることはできない」 「誰が選挙 [続きを読む]
  • 2017年6月15日の要人発言一覧
  • 2017年6月15日の要人発言一覧 スイス国立銀行(SNB) 「17年GDPは+1.5%を予測」 「18年インフレ見通しは+0.3%に下方修正(前回+0.4%)」 「19年インフレ見通しは+1.0%に下方修正(前回+1.1%)」トランプ米大統領 「経済やマーケットには、多くの良い数字」 「国内大工場について、近いうちに発表へ」英政府 「EU離脱交渉を19日に開始」IMF(国際通貨基金) 「ユーロ圏の金融政策は依然として緩和的であるべ [続きを読む]
  • 2017年6月16日の要人発言一覧
  • 2017年6月16日の要人発言一覧麻生財務相 「アジアインフラ投資銀行(AIIB)は融資や審査能力に疑問が残る」 「AIIBはガバナンスが働いていない」黒田日銀総裁 「景気は緩やかに拡大に転じつつある」 「需給ギャップ改善の割に物価が上昇していないのは指摘通り」 「世界的な物価低迷の背景、現時点でコンセンサスは得られていない」 「賃金上昇圧力は着実に高まっている」 「物価上昇率は先行き緩やかに高まっていく [続きを読む]
  • 2017年4月14日の要人発言一覧
  • 2017年4月14日の要人発言一覧 独財務省報道官 「ギリシャ、持続可能な策で合意へ」トランプ米大統領 「銃撃犯は死亡」ノボトニー・オーストリア中銀総裁 「数値を明示するのではなく、レンジ設定により目標緩和や広げること模索も」米連邦公開市場委員会(FOMC) 「目標レンジ25bp引き上げ1.00-1.25%」 「インフレ動向を注視」 「再投資の方針維持」※縮小計画を説明 「バランスシートの縮小、今年開始へ」 「 [続きを読む]
  • 2017年6月13日の要人発言一覧
  • 2017年6月13日の要人発言一覧 雨宮日銀理事 「国債の入札が減っているのは適切な金利誘導をしている結果」 「入札が減っているのは長期金利の上昇圧力後退が理由」麻生財務相 「米連邦準備制度理事会(FRB)が、仮に政策金利を引き上げれば、ドルは上昇する可能性が十分ある」ムニューシン米財務長官 「トランプ政権の成長目標を達成するためには、難しい予算編成をともなうことになるだろう」ポロズBOC(カナダ中央 [続きを読む]
  • 2017年6月12日の要人発言一覧
  • 2017年6月12日の要人発言一覧 デービス英EU(欧州連合)離脱担当相 「単一市場や関税同盟から離脱を望む」ルメール仏財務相 「遠くはない、最善をつくすべき」EU当局者 「英とEU離脱交渉開始日の合意に至っていない」ウィルキンスBOC(カナダ中央銀行)副総裁 「BOCは刺激策を後退させることが必要かどうか評価する」 ■初めてみたい方〜資産100万円位の方へ!幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ロ [続きを読む]
  • 2017年6月9日の要人発言一覧
  • 2017年6月9日の要人発言一覧 英労働党EU離脱担当報道官 「英国は、メイ英首相のEU離脱構想に同意していないことが判明したことで、離脱構想お再考が必要となった」コービン英労働党党首 「この国に仕える準備はできている」 「ブレグジットで欧州との話し合いでは貿易交渉が一番重要」 「ブレグジットの話し合いを遅らせるかを英国が決めることはできない」 「誰が選挙で勝ったかはかなり明らかだ」ガブリエル独外相 [続きを読む]
  • 2017年6月5〜8日までの要人発言一覧
  • 2017年6月5〜8日までの要人発言一覧2017年6月5日の要人発言一覧 プーチン露大統領 「クシュナー米大統領上級顧問による秘密回線設置の提案は聞いていない」ホワイトハウス 「トランプ米大統領はコミー氏議会証言を阻止しない」2017年6月6日の要人発言一覧 麻生財務相 「20年度のPB(プライマリーバランス)黒字化目標に変わりない」 「(骨太の方針)債務・GDP比率を引き下げる状況を作っていく重要 [続きを読む]
  • 2017年6月8日の要人発言一覧
  • 2017年6月8日の要人発言一覧 麻生財務相 「インフレ率+2%は目標として堅持すべき」 「消費増税は予定通りに実施」岩田日銀副総裁 「出口局面では、適切に政策を運営するため、長期金利の急上昇は想定しづらい」 「金利が1%上昇した場合、2017年3月末時点での保有国債の時価が24.6兆円減少。出口での日銀の収益は、受け取り利息も含めてバランスシート全体で予想すべきであり、現時点で予想するのは困難」カーンSARB [続きを読む]
  • 2017年6月7日の要人発言一覧
  • 2017年6月7日の要人発言一覧 南アフリカ財務省 「2017年予算見通しの前提がGDP+1.3%だったため、8年ぶりのリセッションに陥ったことで財政目標にリスクが生じた」 「現状の成長ペースでは国民1人当たりのGDPや所得さらに減少」 「財政の持続性にリスクが生じる可能性」 「社会サービスも低下へ」経済協力開発機構(OECD) 「日本は農家への補助を削減し貿易障壁を低くするべき」 「財政信認のために消費税の健全化 [続きを読む]
  • 2017年6月6日の要人発言一覧
  • 2017年6月6日の要人発言一覧 麻生財務相 「20年度のPB(プライマリーバランス)黒字化目標に変わりない」 「(骨太の方針)債務・GDP比率を引き下げる状況を作っていく重要性を示す」メルケル独首相 「保護主義は短期的には得るものがあるが、長期的にはダメージ」 「いつでも米国とまた自由貿易について話し合う」 「EUと米国の新たな貿易についての話し合いは9月の独選挙が終わるまで始めるべきではない」 「ECB [続きを読む]
  • 2017年6月5日の要人発言一覧
  • 2017年6月5日の要人発言一覧 プーチン露大統領 「クシュナー米大統領上級顧問による秘密回線設置の提案は聞いていない」ホワイトハウス 「トランプ米大統領はコミー氏議会証言を阻止しない」 ■初めてみたい方〜資産100万円位の方へ!幣ブログではMT4を使用し、各時間足のフィボナッチ、ローソク足、移動平均線(5・20・200)を実践しています。■また、幣ブログでは「1.スプレットがほぼ固定で深夜早朝も狭い」 [続きを読む]
  • 2017年5月29日〜6月2日までの要人発言一覧
  • 2017年5月29日〜6月2日までの要人発言一覧2017年5月29日の要人発言一覧 ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁 「バランスシートの縮小は2017年中に開始すべき」 「段階的に利上げすることにより、景気の過熱を回避できる」 「米国経済は、2つのFRBターゲットにこれまでで最も近い」 「インフレ率の2%目標は、来年までに達成されるだろう」 「市場に対し、むやみに混乱をあおることは最も避けなければ [続きを読む]
  • 2017年6月2日の要人発言一覧
  • 2017年6月2日の要人発言一覧 菅官房長官 「経済の好循環が生まれてきている」 「米国のパリ協定脱退表明に懸念」メルケル独首相 「トランプ米大統領によるパリ協定に関する決断には大いに失望」安倍首相 「20年度までのPB(プライマリーバランス)黒字化、債務対GDP比の安定的な引き下げを」 「人材への投資を通じた生産性向上がかぎ」プーチン露大統領 「意味のない、害しかないゴシップはやめるべきだ」※露の米 [続きを読む]
  • 2017年6月1日の要人発言一覧
  • 2017年6月1日の要人発言一覧ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁 「将来的には、非伝統的金融政策が中央銀行の標準になる」 「米経済は非常に好調」 「今年3回の利上げが妥当、経済が加速なら4回も可能」 「インフレ率が目標の2%から離れば、金融政策決定に影響」 「米経済は非常に好調」 「今年3回の利上げが妥当、経済が加速なら4回も可能」 「インフレ率が目標の2%から離れば、金融政策決定に影響」原田日銀 [続きを読む]
  • 2017年5月31日の要人発言一覧
  • 2017年5月31日の要人発言一覧 クーレECB理事 「6月15日のユーロ圏財務相会合までにギリシャ支援の合意に至ることが重要」チャカロトス・ギリシャ財務相 「IMFのギリシャ見通しは悲観的すぎる」 「IMFはギリシャに対する姿勢決定する時にきている」カプラン米ダラス連銀総裁 「インフレの進展は緩やか」 「今年の失業率、さらに低下へ」 「インフレは数年を要して2%に上昇へ」 「労働市場にさして弛みはない」  [続きを読む]
  • 2017年5月30日の要人発言一覧
  • 2017年5月30日の要人発言一覧 ハンソン・エストニア中銀総裁※ECB刺激策について 「極めて慎重に行う必要」ECB当局筋 「緩和バイアスを変更する可能性」ブレイナードFRB理事 「早めの新たな利上げは適切だろう」 「もしインフレの低下が続けば利上げは遅らせたい」 「債券のポートフォリオはおそらく今年中に、遅くないうちに縮小したい」 「世界経済の見通しは明るい」 「米国の第二四半期のGDP成長率は回復する [続きを読む]
  • 2017年5月29日の要人発言一覧
  • 2017年5月29日の要人発言一覧 ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁 「バランスシートの縮小は2017年中に開始すべき」 「段階的に利上げすることにより、景気の過熱を回避できる」 「米国経済は、2つのFRBターゲットにこれまでで最も近い」 「インフレ率の2%目標は、来年までに達成されるだろう」 「市場に対し、むやみに混乱をあおることは最も避けなければならない」ラッド英内務相 「ドイツや他国と、貿易 [続きを読む]
  • 2017年5月22〜26日の要人発言一覧
  • 2017年5月22〜26日の要人発言一覧2017年5月22日の要人発言一覧 中国商務相 「ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表が貿易戦争はどちらの国も興味がないと述べている」 「USTR代表には貿易問題では協力を深めると伝えてある」安倍首相 「対日直接投資の低さが課題」カプラン米ダラス連銀総裁 「2017年の3回(あと2回)の利上げ適切」 「インフレ指標の上昇にがまん強くなれる」 「緩やかでがまん強いペ [続きを読む]