ウエダリクオファン さん プロフィール

  •  
ウエダリクオファンさん: ウエダリクオ ファンサイト
ハンドル名ウエダリクオファン さん
ブログタイトルウエダリクオ ファンサイト
ブログURLhttp://uedarikuo-fan.com/
サイト紹介文大阪の現代アーティスト、ウエダリクオさんのファンブログです。
自由文大阪のけったいな現代美術家のウエダリクオさんの作品や動向を、勝手に書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/02/12 10:22

ウエダリクオファン さんのブログ記事

  • ウエダリクオさんの奥様の追悼
  • ウエダリクオさんの奥様が亡くなられまして、はや2ヶ月。先日、お友達数人で、追悼会といいますか、お別れ会が自宅のアトリエで行われました。 お葬式は、親族だけで済まされておられます。お通夜お葬式の日程は、私も聞いておりましたが、ご身内だけということでしたので、私は参列を遠慮させていただきまして、このブログでも告知はしなかった次第です。遠方の方には、このウエダリクオファンクラブの記事で奥様のことを知ったと [続きを読む]
  • ウエダさんの奥様の不調と展覧会の延期
  • ウエダリクオさんがウインドドローイングをはじめてから、今年で20年ということです。それで、展覧会予定がいろいろあったのですが、延期になっています。延期には事情がありまして、実はウエダさんの奥様の体調がよくなくて、ただいま、入院されているのです。ウエダさんも毎日病院通いで、海外の展覧会に出かけられないという事情なのです。(フランクフルトでのグループ展だけは、ハンブルグのギャラリーにある作品が出品されま [続きを読む]
  • スティーン・ラスムッセン氏を囲んでの懇親会
  • 展覧会開催中のスティーン・ラスムッセン氏を囲んでの、ギャラリーいろはに主催の懇親会に参加させていただきました。(左端の人がスティーンさん)会場は山之口商店街にある味亭という中華料理屋さんでした。ギャラリーから徒歩15秒。コックさんと女将さんの2人でやっておられるらしき小さなお店ですが、わりと人気店のようで予約で満席でありました。>>味亭ふたりだけで20人くらいのお客を捌いておられるので、なかなかにゆっ [続きを読む]
  • Steen Rusmssen展 at ギャラリーいろはに in 山之口商店街
  • Steen Rusmssen(スティーン・ラスムッセン)氏はウエダリクオさんの親友のアーティストで、デンマークの人です。そのスティーンさんの個展が、大阪府堺市にある山之口商店街の中の例の防空壕がある「ギャラリーいろはに」にて開催されております。会期は2017年3月17〜3月29 日まで。ちなみに、今回のイベントは、日本ーデンマーク150周年記念事業の一環だそうです。初日はオープニングパーティが大々的に楽しく開催されました。 [続きを読む]
  • ギャラリーいろはに 新春チャリティー小品展
  • あけましておめでとうございます。ウエダリクオさん贔屓の堺市の山之口商店街にある「ギャラリーいろはに」では、新春チャリティー小品展を開催しています。(2017年1/8-1/25)>>ギャラリーいろはに 今年で18回目、チャリティで集まったお金は、発展途上国に井戸を掘るために使われます。(東日本大震災のあとの数年は、復興支援のために寄付されていました。)出品作品は、絵画、版画、陶芸などいろいろ。素敵な食器や、ポスト [続きを読む]
  • ウエダリクオ ギャラリーいろはに 2016展覧会
  • 大阪府堺市は山之口商店街にある「ギャラリーいろはに」さんにて、ウエダリクオ展が開催されております。>>ウエダリクオコレクション+α展(2016年12/2 ? 12/21)12月3日(土)と4日(日)は、ご本人もギャラリーに来られます。(お昼2時頃より) 今回はインスタレーションです。ギャラリーの真ん中に、大きな木の枝が吊るされてあって、ウィンドドローイング作成中です。ウエダさんはだいたい、作品のテーマを明らかにしない [続きを読む]
  • 現代美術・アバンギャルドとは
  • 堺市にある、メキシコ料理の美味しい、ベリーダンスが楽しい、オランダ人のオーナーが経営しているダイニングバーに、アフガニスタンからのお医者さんや、他の縁ある人と、そしてウエダリクオさんとで、お食事に行ったのです。>>ジョージズダイナー ファンブログ管理人の私の妻と5歳の娘も一緒に行きました。娘もダンサーと一緒に腰をくねくねさせて踊っておもしろかったです。最近のウエダさんは、このアフガニスタンからのドク [続きを読む]
  • 全関西美術展のウエダリクオ作品
  • 今年も全関西美術展にウエダリクオ作品が出展されておりましたので、見に行きました。>>全関西美術展ウインドドローイングの作品です。デンマークの缶ビールの缶に、風が描いた絵を写真で撮ったものでありました。画像は、Wind drawing/Rikuo Ueda よりhttp://www.uedarikuo.com/2016-malmoe/作成中の写真↓ 家族で見に行ったんですけど、5歳の娘に、「どれがウエダさんの絵か、わかるかなー。」と聞いてみたところ、あれだよー [続きを読む]
  • スウェーデンからの手紙
  • ウエダリクオさんが、滞在中のスウェーデンよりお手紙をくれました。お手紙といってもメールですけど。マルメのオープニングの写真はこちら。スエーデンの全国紙に大きく掲載されたとのことで、こちらが新聞のウェブサイトです。>>SYDSVENSKAN 来年の6月辺りから、ドイツのサンクトペーターケルンとリュウゲン島のプロジェクトとのこと。サンクトペーターケルンは、ボイスやボルタンスキーなどが展覧会を行なった特異的なカ [続きを読む]
  • ウエダリクオ スウェーデンメルマ展覧会
  • 現代アーティスト、ウエダリクオ氏の、スウェーデンでの展覧会のインビテーションカードができたそうです。こちら。ウエダリクオ アトリエウエダさんのアトリエ「混沌製作所」は、現在、こんなかんじです。シャッターに数式。こちらは、色即是空を表した数式だそうです。色即是空空即是色というのは般若心経に出てくる言葉で、「この世にある一切の物質的なものは、そのまま空(くう)であるということ」ですね。数学の世界では、そ [続きを読む]
  • ウエダリクオ スウェーデンマルメ展覧会
  • 現代アーティスト、ウエダリクオ氏の、スウェーデンでの展覧会のインビテーションカードができたそうです。こちら。ウエダリクオ アトリエウエダさんのアトリエ「混沌製作所」は、現在、こんなかんじです。シャッターに数式。こちらは、色即是空を表した数式だそうです。色即是空空即是色というのは般若心経に出てくる言葉で、「この世にある一切の物質的なものは、そのまま空(くう)であるということ」ですね。数学の世界では、そ [続きを読む]
  • 8月にウエダリクオさんはスウェーデンへ
  • しばらくブログ更新をしておりませんでしたが、最近のウエダさんの動向です。医療技術習得のため来日しているアフガニスタン人留学生とお友達になったみたいで、あれこれ、生活のお手伝いしておられてました。私も留学生のパーティーに参加させてもらったりして、お友達に。戦争被害で大変な国から、日本に留学って、スゴイことですね。堺市にある清恵会病院の山野先生の力添えが大きいというお話です。 また、ウエダさんの奥 [続きを読む]
  • 4月2日はウエダリクオさんのお誕生日
  • 4月2日は、ウエダリクオさんのお誕生日でありました。おめでとうございます! (写真は、ちょっと前に撮影したものです。左はスティーン・ラスムッセン氏) ウエダリクオさんは、ご本人のFacebookのデータによると、1950年生まれ。66歳になられたわけですね。>>ウエダさんのFacebook 冬の冷たい琵琶湖に跳び込んだり、とても60代とは思えません。大阪から軽自動車で福島第一原子力発電所の近所まで走って行った [続きを読む]
  • 堺アルテポルト黄金芸術祭2016 閉幕
  • 堺アルテポルト黄金芸術祭が閉幕いたしました。はっきり言って、開幕も閉幕もなんだかわからないうちに、という感じだったんですけど、私はけっこう会場を回りました。ウエダリクオさんの作品が展示されていた山口家住宅、妙法寺だけでなく、利晶の杜、開口神社、アゴーラリージェンシーホテルなども行ってみました。(妙法寺 ウエダリクオ) (妙法寺) (妙法寺 スティーン ラスムッセン) (利晶の杜)  [続きを読む]
  • スティーン・ラスムッセン個展
  • ウエダリクオ氏の親友である、デンマークのアーティスト、スティーン・ラスムッセン氏の個展が北浜の北浜のギャラリー&カフェ「アムリタ」にて始まりました。http://gallery-amrita.com/info/1108837オープニングパーティーに行ってみました。 スティーンさんのアートのテーマは、「家」ということです。火事で燃えてしまった家が、素材に使われていました。 オープニングパーティーには差し入れ歓迎ということでしたの [続きを読む]
  • 堺アルテポルト黄金芸術祭 2016
  • 3月11日より、堺アルテポルト黄金芸術祭が始まっております。どうも広報活動が地味なようで、ひっそり始まっている感がありますが、盛大に始まっております。ウエダリクオ作品が展示されている、山口家住宅にいってみました。  ただの古い民家に見えますが、江戸時代の庄屋さんの跡です。当時の贅の限りを尽くされております。お雛人形もありました。  ウエダさんの作品はこちら! すごい数の、古今東西 [続きを読む]
  • 混沌製作所の屋根の傘
  • 混沌製作所の屋根の上の怪しげな傘は、一体どうなっているのでしょうか? この傘は、雨を防ぐためでも電波を拾うためでもなくて、風に吹かれるためのものです。傘が風に吹かれてゆらゆら揺れると・・・  あっ、なにか描いてる!どんな作品ができあがるか楽しみです!  [続きを読む]
  • ウエダさんちの屋根から傘が…
  • ウエダリクオさんのアトリエ「混沌製作所」の屋根から、傘が生えておりました。なんだこれ?パラボナアンテナ??宇宙人との交信???と近所の評判です。ヨーロッパの建物の窓から生えた木が、風を受けているユラユラしている写真は見たことがありますが、日本の下町で、こんな光景は異様ですね。(ヨーロッパでも異様なのかも)この大掛かりな仕掛けの先は、どうなっているのでしょうか?また内部も取材したいと思います。  [続きを読む]
  • 風を捕る人の写真
  • 堺アルテポルタ黄金芸術祭への作品作りにいそしむウエダリクオさんです。ウエダさんのライフワーク的作品に、風を捕まえる人の写真を撮り続けるというのがあります。行った先で、そのあたりの人にお願いして、空き缶に風を詰めてもらうところを写真に撮るということを、ずーっとされています。以前は、イスラエルとパレスチナの国境を吹く風を、警備の兵隊にとってもらったりとか、ずいぶん危ないこともやっておられたそうです。今 [続きを読む]
  • ドイツ語のプレス資料
  • ドレスデンの展覧会のプレス資料が届いたようですので、こちらファンブログにも載せさせていただきます。ドイツ語なので、なんだかよくわかりません。ウエダさんになんて書いてあるのか教えてくださいとお願いしたら、「ドイツ語なのでわかりません。」とのこと。英語は達者ですが、ドイツ語はできなかったのですね。しょっちゅうドイツに行っているのに!そういえば動画で紹介されていた時も英語で喋っておられました。 ニュ [続きを読む]
  • さかいアルテポルト黄金芸術祭
  • 2016 年3月11日より開催の、「さかいアルテポルテ黄金芸術祭」にウエダリクオさんも参加されます。  意外なことに、堺で現代アートの芸術祭は初めてのこころみだそうで。言われてみれば、ファンサイト管理者は生まれも育ちも堺ですが、そんなイベントは記憶になかったですね。音楽祭や農業祭はあったような気もしますが。そういえば、堺って美術館もありません。文化館や博物館に美術コーナーがあったり、小さい画廊はあ [続きを読む]
  • ウエダリクオ氏2016年の展覧会
  • 2016年になりまして、ウエダリクオさんの活躍もますます活発に。3月11日より2週間、堺市の山口家住宅(重要文化財)にて、作品の展示があるということです。また、チラシなどできあがってきましたら、こちらにも掲載いたします! 山口家住宅は、私も見学に行ったことがありますが、素敵なところです。⇒堺観光ガイド 江戸時代の庄屋さんの跡でして、すごく広い土間とか、一枚板の廊下とか、素敵です。現代アートとの融合 [続きを読む]
  • 混沌製作所の裏庭
  • ドイツから帰られて、あらたな作品作りに取り掛かられているウエダリクオ氏です。混沌製作所のおとなりの裏庭の木で、作品を作っておられます。3つもいっぺんに。倉庫の明かり採りの窓とドアができて、素敵な空間ですね。  混沌製作所。 お写真は、ウエダリクオさんのフェイスブックから、拝借いたしました。https://www.facebook.com/rikuo.ueda?fref=ts  [続きを読む]
  • ドレスデン美術館でのウエダリクオ氏
  • 2015年11月、ドイツのドレスデン美術館の展覧会に呼ばれて、ウエダさんはドイツに行っておられました。このお城の中に美術館があるんです。KUPFERSTICH-KABINETT DRESDENという名前の美術館です。http://www.skd.museum/de/sonderausstellungen/disegno/index.html版画とドローイングのコレクションに関しては世界一だそうです。 展覧会のオープニングでは200人以上の方が来られて賑わっていました。(キュレーターの人とツー [続きを読む]
  • FOUJITA 映画の感想
  • ウエダリクオ氏と親しくさせていただくようになってから、私もアートとか美術にも興味をもつようになった今日このごろです。先日は、メガアートストレージ北加賀屋を見物しに行って、このたび、映画「FOUJITA」も見に行ってみました。FOUJITAとは藤田嗣治のことですね。美術関係の本を読んでいたら、必ずと言っていいほど出てくるお名前です。どんな人かサッパリ知らなかったんですけど、新聞の映画紹介にあった、オカッパでロイド [続きを読む]