やんちゃ親父 さん プロフィール

  •  
やんちゃ親父さん: 2stスクーター改造・レストアブログ
ハンドル名やんちゃ親父 さん
ブログタイトル2stスクーター改造・レストアブログ
ブログURLhttp://gennchakaizou.blog.fc2.com/
サイト紹介文今後、消えゆく運命の2st原付スクーターの改造・レストアブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/02/12 23:09

やんちゃ親父 さんのブログ記事

  • ジャイロXのフロントサス交換
  • いや〜台風18号が日本列島を縦断していきましたね〜今回の台風は雨台風で風は大したこと無かったですが、かなりの雨が降りました。ニュースでも川の氾濫での被害の様子を放映していました。ここ松山でも、週末までは水不足で節水を促す放送が流れていましたが、台風が来ると一変して川の氾濫に備えて避難勧告が出た地域もありました。床下浸水が有ったところもあったようですが、幸い大事には成らなかったようでホッとしています。 [続きを読む]
  • ジャイロ新エンジン製作
  • 今日、バイク屋に部品を頼みに行ったので、少し話しを聞いて来ましたが、かなり酷い状況みたいですね〜お客さんが来ても買いたいバイクは全て販売終了という有様です。アドレス125、モンキー、エイプ、リトルカブ、ズーマー、VOX、BW'Sなど人気車種は軒並みです。そうそう、ジャイロキャノピーも6月で終了しているそうです。(最新情報ではジャイロは仕様変更して9月22日発売予定)排ガス規制をヨーロッパの基準に合わせたようです [続きを読む]
  • 今後の原付を楽しむために
  • 皆さんは年間でどれぐらいの距離を走行していますか?通勤に使っている人は、かなりの距離を乗りますし、趣味で乗っている人は数千kmですかね?私の場合は年間で1万km以上は走ります。それも重い荷物を積んでwチューニング車両ですので各部の消耗もそれなりにあります。ベルトは半年ぐらいで交換ですね。そして、とうとうフロントフォークが寿命のようです。伸び側も縮み側もストロークが減ってしまいました。もともとジャイロは商 [続きを読む]
  • 大口径プーリーでの再加速
  • 父の49日も終わったので、お盆明けからは今まで出来なかった長距離テストをしています。週一ぐらいのペースで200〜250kmのテストです。そうそう、初めてノーヘルでの高速走行も体験してきましたよ。それにしても、愛媛県郊外の車の流れは速いですね〜法定速度より20〜25km/hぐらい速く流れていますので、車の流れに乗って走るのは一苦労です。あてに成りませんが、GPSで計測してみると1時間の平均速度が40km/hぐらいでした。信号で [続きを読む]
  • マッハ 400SSのドライコーティング(2)
  • コメントで頂いたスクーターの駆動ベルトについて少し書きますね。まずファンベルトの形状ですが、下記の写真のように薄くて断面は長方形のベルトです。これはベルトの内側の面がプーリーに接触するベルトです。自動車のファンベルトは溝の有るプーリーでベルト側にも、その形状に合わせて溝があります。対して、スクーターのドライブベルトは厚みが有り、断面は台形をしています。プーリーと接触するのは面では無く、ベルトのサイ [続きを読む]
  • マッハ 400SSのドライコーティング
  • 8月21日に高速主体のツーリーングに行く予定でしたが、断念しました。前半は断念した理由についてと後半のカワサキのマッハについて少し書きますね。PE20&75マロの仕様で高速走行にチャレンジする予定でした。駆動系はステージⅤとKNトルクカム直線立ち溝の組み合わせで7600rpmでプーリーを端まで使い切れるセッティングを出しました。計算上では7600rpmで95km/h出る計算です。ちょっと控え目ですが「PE20ならこのぐらいが限界か [続きを読む]
  • PE20仕様の75マロ
  • まず、前回のリードバルブの続きです。2stのエンジン特性はポートタイミングとマフラーの性能で変化します。純正の2stスクーターは乗り易く、扱い易く造られています。ところが、チューニングが進むにつれて乗りにくい車両に成っていきます。これはエンジン特性が変わってくるからです。青い線が純正の出力特性、赤い線がチューニングした後の出力特性です。赤い線は途中でパワーの谷が出来ていますね。これが2stエンジンを [続きを読む]
  • KH250の腰上修復
  • コメントを頂いた「何故、私がカーボンリードバルブに拘るのか?」ですが、その前にカーボンという材質について説明しますね。カーボンは強くて軽いということで、テニスラケットやゴルフクラブを始め、多くの商品に使われています。モータースポーツでもF1などは、ボディからサスペンションまでカーボン素材で作られています。カーボン素材の整形はドライカーボンとウエットカーボンが一般に知られていますね。製法や違いは、こち [続きを読む]
  • ジャイロの仕様変更(part2)
  • せっかくお盆休みなのに全国的に天気が悪いようです。それでも、読者の方の一部は愛車を弄っているようで質問も多く成っています。私もジャイロをリチューンしては試乗を繰り返しています。私の車両については後半にして、お客様からの質問が多い駆動系について前半は書きたいと思います。チューニングする人が、まず最初に変えるパーツはプーリーが一番多いと思います。このプーリーも、高回転エンジンに向くプーリーと、トルク型 [続きを読む]
  • ジャイロの仕様変更
  • 暑い中、皆さんどうお過ごしですか?早い方は、もうお盆休みに入っている方もいると思います。そろそろブログ記事の整理を始めますので、拍手の少ない記事は観られなくなります。ご了承宜しくお願いします。最近はBIG2stの腰上レストアの記事が多くなってきてます。今日は昔のBIG2stの歴史や技術について少し書きますね。BIG2stの開発、市販化は1960年代から本格的に始まりました。当時、2stは「理論上、4ストロークの半分 [続きを読む]
  • 2stの腰上をドライコーティングで補修する。
  • 父の49日と納骨で東京に行ってきました。6日の日曜日の法事でしたので土曜の夕方に松山を出発して池袋に2泊して月曜の夕方に松山に戻ってきました。久しぶりに夏に東京に行ったのですが、やっぱり松山より涼しいですね〜松山は連日35〜36度の猛暑日が続いていましたが、東京は2度ほど低いようです。それに、やっぱり池袋は落ち着きます。実は松山に来る以前は池袋に住んでいたんですよ〜今回は法事ですので飛行機で行ったのですが [続きを読む]
  • マッハⅡ 350ssのピストンリング
  • 毎日暑いですね〜熱中症で倒れる人も多いようです。私も外での作業が多いので、短めの休憩を入れながら水分を取るようにしています。スマホのGPS機能を使ったスピード計測についてコメントがあったので少し取り上げたいと思います。スマホには便利なアプリが沢山有り、とても便利ですよね。私も高速走行でスピードを計るためにダウンロードして使ってみたのですが、エラーで計れませんでした。その後、徳島まで走る機会があり、そ [続きを読む]
  • マッハⅡ 350SSシリンダー再入庫
  • 秋に向けて新たな仕様にするため、サブエンジンのシリンダーを外しました。このエンジンは、この春に松山⇔御荘湾のツーリングを行って帰りは高速道路を約1時間、ほぼ全開走行を行ったエンジンです。駆動系は熱ダレしないよう考えて作り込み、ギアは2丁アップハイギア、腰下には2mmロングクランクを入れ、腰上は75マロ、PEキャブレターと自作エアクリ、ハイパーリバイブという仕様でした。この仕様でも楽に90km/hオーバーで走れ [続きを読む]
  • 私のジャイロのエンジン特性を考える
  • 前回説明した通り、ブログに「拍手」機能を付けたことで、残す記事と整理して限定記事にすることの判断基準にすることをお知らせしました。お盆休みを利用して記事を整理する予定ですのでご了承くださいね。そして、非公開でもコメントが残せるように成ったのですが、拍手からのコメントには返事が出来ないんです。だから、質問や問い合わせはブログのコメントやメール、掲示板を利用して頂ければ助かります。拍手コメントで「親父 [続きを読む]
  • 駆動系のメンテナンス
  • 梅雨も明けて、本格的に暑く成ってきましたね。皆さん、熱中症に成らないよう気を付けてくださいね。マッハ350ssのシリンダーが腰上オーバーホールで入ってきました。全てのシリンダーに0.5mmオーバーサイズのピストンが入っています。ピストントップのカーボンの着き方が、それぞれ違いますね。右は燃調が濃い、真ん中は薄い、左は良いようです。まずは真ん中のシリンダー&ピストンをチェックしてみます。この黒い部分ですが、シ [続きを読む]
  • 大口径プーリーの作り方
  • 本題に入る前にお知らせです。ブログに拍手機能を追加しました。記事の左下にあるピンク色のボタンです。私のブログは記事が古く成ると、定期的に限定記事にしてきました。できるだけ新しい情報を発信していきたいのと、ショップブログですので当店のお客様と一般の方に差をつける意味があってのことです。ですので、一般の方には観たくても見られない記事が有るわけですが、今後は記事の書き方や整理の方法を変えていこうと思いま [続きを読む]
  • エンジン回転数とギア比から最高速を考える
  • そろそろ秋に向けてジャイロの新しい仕様にしたいと妄想しています。今度の仕様は高速道路を巡航80km/h!最高速90km/h!が目標なのですが、何から手を付けて良いか?分からない方も多いと思いますので、まずは駆動系の考え方から説明したいと思います。速度はエンジン回転数とギア比から計算が出来ます。ノーマルジャイロ(後期型)の変速は駆動系の無段階変速とギアボックス内の変速比で計算が出来ます。これは、他のスクーターで [続きを読む]
  • KH250シリンダーの再生
  • やっと大口径プーリーが完成しましたのでショッピングサイトにアップしました。(ブログを書いている数時間で売り切れてしまいました)*今後は受注生産に切り替える予定です。最近は旧車のビッグ2stの腰上がかなり入庫してきます。安値で再生出来、コストパフォーマンスが良いので旧車マニアの間で噂に成ってきているようです。そこでビッグ2st用の腰上再生のメニューを増やしました。これについては後半に説明しますね。これ [続きを読む]
  • ドライコーティングの効果とチューニングについて
  • 松山は、まだ梅雨明けは先に成りそうですが、すでにクーラーをかけています。これじゃ〜先が思いやられますぇ〜今年は暑く成りそうですから熱中症や夏バテには注意しないといけませんね。夏場のトラブルと言えば駆動系の熱ダレですが、ブログでフリクションロスを低減する記事を散々、書いてきたためか熱ダレに関する質問はかなり減ってきました。代わりに増えてきたのがシリンダーの焼き付きについてです。特にボアアップシリンダ [続きを読む]
  • AF28 スーパーディオZXエンジンのレストア 2
  • 松山も梅雨らしく成って、毎日雨が降り続いています。九州北部では記録的な大雨が降っていますので、この地域の方は気を付けてくださいね。雨が一時的に上がったタイミングでバイク屋さんに部品を頼みに行くとバイク屋のお兄ちゃんが2stのマフラーを洗剤で洗っていました。車種を聞くとヤマハのジョグのマフラーとのこと。年式が古いと、ホンダのマフラーは詰まって使用出来ないことが多いが、ヤマハは詰まらないと言う。純正マ [続きを読む]
  • AF28 スーパーディオZXエンジンのレストア
  • 私が、このブログを始めたのが2015年の2月。それまでの仕事を辞めて2stガレージ松山を立ち上げたのですが、サラリーマンを辞めるきっかけに成ったのが、高齢に成った両親の面倒を見るためです。母親は痴呆が進み日常生活が困難に成ってきて、父親は短期入院を繰り返しました。病院に入院をすると治療の方向性や許可書にサインするために10日に1度ぐらいは病院に呼ばれます。会社勤めでは早退や休暇を取らなければいけません。会 [続きを読む]
  • 今と昔、チューニングの違い
  • まずは皆さんにお知らせです。たびたびブログで書いてきましたが、私の父親は去年の4月から入院していて現在は延命治療中です。最近は体力も落ちてきて、先週は最後の父の日を一緒に過ごしました。夕方に帰宅したのですが、その後、危篤状態に成り再び病院に呼ばれました。何とか山を乗り切って現在は落ち着いていますが、意識が戻らないんです。きっと危篤時に血圧が下がって脳への血流が滞った為でしょう。そこで、私は現在行っ [続きを読む]
  • AF27スーパーディオのオーバーホール
  • 当店販売の大口径チューニングプーリーについての問い合わせが増えています。このプーリーは上級者向けの商品ですから、チューニング初心者・中級者は購入しないでください。今まで着いていたプーリーと交換しても、このプーリーは最大変速しません。チューニング=調整ですから、取り付け時にベルトが外側まで回るように調整が必要です。ですので、「着けたけど最大変速しない」ていう質問のレベルの人はこのプーリーを使いこなせ [続きを読む]
  • ライブディオZX中期極上エンジンのレストア
  • 前回記事で紹介したピストンですが、ダメ元でKN企画さんにメールしたところすぐに代用品を送っていただき、交換していただけました。チューニングパーツは全部確認してから加工に入らないと駄目ですね。そして、まだ開封していないシリンダーキットを開けてみたところ・・・・・[高画質で再生]KNシリンダーのピストンクリアランス[広告] VPSクリアランスが激狭です。1/100〜2/100mmぐらいでしょうか?ホーニングして調整しましたが [続きを読む]
  • 道路交通法について
  • ここ数年でだいぶ目が悪く成りました。釣りに行っても浮きが見えづらいし、ポート加工していても目がボヤけてきます。特に乱視で横の線は見えても縦の線は見えないんです。今、メガネ作ると幾らぐらい掛かるのかなぁ?ポート加工と言えば、発売予定のシリンダーがトラブルで足踏み状態で発売が遅れています。そのトラブルですが、キットに付属のピストンなんですよ。この2つは、どちらも吸気側から撮った写真です。同じキットなの [続きを読む]