さとみ さん プロフィール

  •  
さとみさん: 絶望の底から青空を見て・・・
ハンドル名さとみ さん
ブログタイトル絶望の底から青空を見て・・・
ブログURLhttp://yoshikasatomi.muragon.com/
サイト紹介文吐血後緊急入院、24時間の余命宣告、最愛の夫が他界した。哀しみに耐え独り未亡人として生きる奮闘記
自由文突然の死。肝硬変、糖尿病、肝性脳症、溶血性貧血を抱えながらも必死に働き家族とお酒を何よりも愛した夫。一人娘と共に23日間の介護生活をおくった。それから1年。拭い去れない「哀しみ」。それでも「喜び」を探し・・「独り未亡人」として生きる奮闘記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2015/02/15 14:16

さとみ さんのブログ記事

  • あいしてる
  • 寝返りができないほど…腕もお腹も足も・・・体全体がパンパンに腫れ上がり、足と手には毎日5,6本の点滴がぶら下がり… 6日間の昏睡状態が続いていた。 病室のドアを開ける度に、目覚めているあっちゃんを想像した。 「あっちゃん…起きたかね。」って言いながら…期待して・・ゆっくりドアを開いた。あっちゃんは眠っていた。そんな毎日…だった。 もちろん…「愛」の力であっても、病気は治せないと分かっていた。しかし [続きを読む]
  • そんなこと…聞かないでください。
  • 元気になった? って… 元気になるはずないじゃないですか! 元気になろうと…必死に頑張っているのです。私だって元気になることを望んでいるのです。でも…なかなかなれないんです。 まだまだ…駄目なんです。 以前のように… 笑えないんです。 以前の自分と全く違うんです。 だから… 一人で思い出探しに出掛けたり… 生きることへのメッセージを求めて人に会ってみたり… なっちゃんに会いに行ったり… 夢中になれ [続きを読む]
  • 体はやる気0…心はザワザワ騒いでる。
  • すごい無気力… 起き上がれない程の脱力感… 駄目だなぁー。 また…「何もしたくない病」が出てきてしまったようだ。 直ぐに食べれそうな物も、野菜も麦茶もアイスクリームも…お腹を満たしてくれそうな物が何一つ入っていない冷蔵庫を開けたり閉めたりしながら、そんなことを考えていた。 買い物に行くのは苦手…。って言うか、知り合いに会いたくないから、極力行かないようにしている。行くにしても閉店間際か、お昼の2時 [続きを読む]
  • 命を繋げるためにも…
  • 人と出会い… 語り合い… 笑い合う・・ その繋がりを求めるならば、仕事を共にすることが、一番の近道なのでは…と思った。 思い出巡りをしたところで… 美しいものを見たところで… カウンセリングを受けたところで… その時その時は、心が和んでも、後が続かない。 一つ一つの点で終わってしまう。 命を繋ぐためにも 誰かと… 何かが… 繋がらなければ 生きていけない… だから・・・ [続きを読む]
  • あいたい…人。
  • カーナビをホテルに合わせて発進した。 沖縄の南の方に来たのは…何年ぶりだろう…と、そんなことを思いながら進んで行くと、ひめゆりの塔の看板が目に入った。 懐かしい… あっちゃんと初めて訪れた沖縄でまず…いの一番に観光したのが「ひめゆりの塔」だった。 それから…姉達と1、2度訪れただろうか。 そこは当時の面影が残っていて、今はもう消えて無くなったであろうあっちゃんの足跡さえも見えるような気がした。 無 [続きを読む]
  • 平和の礎に寄り添って…
  • 平和祈念公園に着いた。 直ぐに目に付く白い塔…それを通り過ぎると広々と広がる緑の中に、広島の平和公園を思い出させるような慰霊碑があった。思わず手を合わせ黙祷をした。 平日だからか…人はまばら… 海を眺められる格好で、平和の礎が綺麗に並んで立っていた。 私は何故か…ここに来たかった。 ここに座っていたかった。 地域毎に刻まれた人の名前… 同じ苗字も多いものだ。 その人の名前に…手を添える。 戦争の犠 [続きを読む]
  • マインドフルネスとグリーフ
  • グリーフワーク沖縄の会に参加した。 講演会に参加している人は、看護師や介護士、医療関係者らしき人達のようで、初めて耳にする言葉も多く半分以上退屈な時間を過ごしていた。 所々に興味深い話が出てくると、その時ばかりは前のめりになって聞いた。 私は今、悲嘆のプロセスの間を行ったり来たりしているらしい。過去にとらわれ、未来に不安になり、自分の前の苦悩から目を背け、耳を塞ぎ、そうして避ければ避けるほど、ます [続きを読む]
  • 沖縄の父からもらった宿題
  • 占いなんて全く信じていなかったけれど… 心が優しい言葉を欲していた。 椅子に座ると・・・その人は、 名前も生年月日も…何も伝えていない私の両手を見た。直ぐに…「どうしてこうも一人で頑張ったかねぇ。」と言った…。 その瞬間…声にならない涙が後から後から…流れた。 そして、 貴女の横にご主人を感じない。と… ドキっとした。 それから… 私は、「沖縄の父」と言われるその人の言葉…その一言一言を聞き逃すま [続きを読む]
  • 途中報告
  • 友達…まだ1人もできていない。 ダイエット…効果は全くないが、浜辺は、ほぼ毎日気持ち良くて…夕方歩いている。 ブログは、号泣してなかなか進めないが、初めから読み返し、精選し写し取っている。 カウンセリングを受けるために那覇市に行くので、明日ホテルを移動することにした。 そして仕事は、全て終わってから考えることにする。 [続きを読む]
  • 一人でも二人…
  • 全ての部屋の前には鉄でできたテーブルとビニール製の椅子が置かれている。 椅子は、決まって2脚… あっちゃんを座らせた。 釣りが好きだったから…この椅子に座ったら…目の前の海を見て・・ 「沖に出て…糸垂らしたいのぅ。」って、最高の笑顔で言った。 「お前はいいのぅ。自由気ままで…。一人で好き勝手にできるのぅ。」とまで言った。 好き勝手…⁉? 気まま…⁉? 「自由だけど…好き勝手だけど、2つの椅子を見て [続きを読む]
  • 色々な思いを乗せて…(ごめんなさい)
  • 倒れますよ! どんなに気丈な人も… 誰からも…何事にも挫けない強い精神を持っている…と言われる人も…。 死にたくなりますよ! 最愛の人が亡くなったのですから。当然です。 どうしようもありませんよ! 本当の事を言うと… 大変申し訳ないのですが、 ( 一緒に同乗していた方々には、そして、そのご家族の方には随分気分を害されるだろうとは思いますが…) 私は、6月3日飛行機に乗って、その飛行機が離陸した時… [続きを読む]
  • 水平線まで泳いでいく…
  • 水平線までの距離って、たった4.5kmなんだ。たった…の…。 遠くて…遠くて、果てしなく続いていそうなのに… 行っても行っても辿り着きそうもないのに…。水平線の彼方には4.5kmで到着することができるんだ。 心が笑う日などない! 哀しみは消えるはずがない! しかし… 何事にも、限界が・・終わりが・・存在するのだろう…。 それも、果てしなく遠い未来ではなくて、わりと近いところに終点があるのかもしれな [続きを読む]
  • あーぁ!もう帰りたい…
  • いつもなら…レンタカー借りて…スイスイ運転してホテルにチェックイン・・・ それが、今回は一ヶ月滞在しようと思っているので、レンタカーは借りずにホテル(コンドミニアム)に行くことにした。 1週間前に目的地までのルートをファックスで送ってもらっていた。 その通りにまずは、高速バスに乗り宜野座インターンで降り、そこから路線バスに乗り換え、ある停留所で降りた。だけど行けども…行けども見当たらない… 汗びっ [続きを読む]
  • スタートラインに立つために…
  • 心が…深く深く傷ついたから… これ以上傷つきたくないから… いや、 もう…傷つく心も残ってないから… 人を遠ざけ…逃げようとしているのかもしれない。 あっちゃんがいたら… あっちゃんがいてくれたら…って… そればかり・・・で… それでも…どうにか 荷物の詰め込みが終わった。 この頃…まるで永遠の別れでもするかの様に…姉と電話で話していても、娘とテレビ電話で話していても、涙が出てしまう。どうしてだろ [続きを読む]
  • 「生きられる」という確証が欲しいから
  • 何故・・・涙が出るのだろう… 一つ一つ・・ スーツケースに詰めていく。 いつもなら… この服を着て何処へ行こうか… 靴は、二足か三足か…なんて・・ 荷物を…詰め込むのが楽しくて… 1週間くらい…出したり入れたり…。 詰められていく…服も、靴も常備薬さえも笑っているように感じた。 夢見心地… 嬉しくて…興奮度100% パンパンに・・笑顔と一緒に詰めていく…。 しかし今回は…今回だけは、 何故か…哀し [続きを読む]
  • 永遠に…人生落ちこぼれ・・
  • 沖縄に何を求めて来たのだろう… 実は… ここを私の新しい居場所にしようと考えている。 誰も知る人のいない所で… 綺麗な海が毎日見られる所で… 気さくに話ができる・・お酒片手に腹の底から語れる人達がいそうな所で… あっちゃんとの思い出が多い所で… 新しい人生を始めてみたいと思った。 分からないだろうなぁ。誰も・・ 2人で築き上げた家だけど…誰も居なくなった家に居ることの喪失感。 のしかかってくるよう [続きを読む]
  • ジンベイザメが並んで…
  • 2人の思い出が多い沖縄だったから… 海を見たら… 空を見上げたら… いつも・・・ 涙が溢れ出るだろうと思っていた。 しかし… オーシャンビューのベランダに座って考えていることは、あっちゃんのことではなかった。 今…そばにいる愛しい人達のことを考えていた。 こうして… 会いたくても会えないことを… 一緒にいたくても、できないことを… その「哀しみ」を繰り返し実感し続けることで… この…なんとも言えな [続きを読む]
  • 孤独
  • 夫婦と小さな子供たち… 沖縄の長期滞在のためのホテルでは、そんな家族構成が良く似合う。 この輝かしい光のどこかで…涙している者がいようとは、誰が思うものか… この美しい海の色が 哀しみを増してしまう。 [続きを読む]