Myitta さん プロフィール

  •  
Myittaさん: Myitta ビルマの工房
ハンドル名Myitta さん
ブログタイトルMyitta ビルマの工房
ブログURLhttp://myitta.com
サイト紹介文ミャンマーでの暮らしや手仕事、芸術、育児、語学教育などなどつづります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/02/16 19:35

Myitta さんのブログ記事

  • 人生って、旅のようなもの
  • 以前お世話になった方から、しばしイタリアはミラノ住まいになった由、絵葉書をいただきました。ミラノには留学した頃の思い出がたくさんあり、忘れかけていたシーンがぐるぐると蘇ります。その後、仕事でいろんな国のいろんな方や考え方と出会い、ミャンマー人の今の夫とも出会い、当時進むつもりでいた道は諦め、娘が生まれてからは専業主婦も経験し、家庭優先にしながら新たな仕事も挑戦してみたり。ミャンマー暮らしの現実を経 [続きを読む]
  • 旧友からもらった花瓶が映える季節
  • 庭のバラが咲き始めました。5月だけガーデニングが趣味な私にとっては心踊る季節です。今年は、庭にある10種類のバラのうち、蕾がついた後に一種類だけ枯れてしまいましたが、他の株は順調に蕾をつけてくれました。そしてもう一つの楽しみは、高校時代に仲良しだった友達から誕生日プレゼントにもらった花瓶です。ステンドグラス調のなかなか華やかな花瓶、もう25年くらい経ち、アンティークな存在感が出てきました。今考えると、 [続きを読む]
  • 忘れがたいローマのパスタの味
  • 忘れられないパスタがあります。ローマのL'Archettoというパスタ屋さんのトマトソース味。ときどき、ふとあのよく焦げたガーリックとオリーブの風味が蘇るのです。ちょっと太めのパスタにいいお味が染み込んで、もう、一度食べたらやめらません。突然脳裏によぎるあの香ばしい匂い…やはり嗅覚は脳に記憶として残るものなのだということを再認識。とくにあの店のペスカトーレときたら!!様々な種類の貝が載って、ボリュームも本当 [続きを読む]
  • ビルマシルクの本
  • かつてのビルマシルクの情報を教えてくれるお気に入りの本があります。1901年にビルマ政府から発行された英語の本です。著者はJ.P.Hardimanという方です。当時のビルマでのシルク産業についてまとめられていて、カイコの育成から糸の作り方、機織り機の様子、代表的な装飾紋様、値段などが紹介されています。ところどころ、水彩画のような絵があるのですが、これがとても味があります。代表的な織紋様も描かれています。この本はハ [続きを読む]
  • チューリップに囲まれ
  • ガーデナーのお友達からチューリップをたくさんいただきました。広い庭にたくさんの春の花々が咲いた友人の庭はゆめのような美しさ。今日は飾っていたチューリップの絵を描いて、2度美味しい。中には、とても香りの良いチューリップも。こんなに香りがある種類もあるとは知りませんでした。バラの季節にまた遊びに行くのが今から楽しみです。 [続きを読む]
  • 日本の犬もミャンマーでは冬毛にならない?
  • 日本に帰って半年になる我が家のワンちゃん、コロリン。春の抜け毛の多さで気づいたのですが、この子がこんなにモコモコになって冬を過ごしたのを初めて見ました。ミャンマーではこんなに抜け毛が気にならなかったし、そもそもこんなにモコモコの冬毛になったことはなかったはず。ミャンマーに渡ったときは1歳すぎくらいだったため、まだ体がフレキシブルで、暑さに耐える環境に適応していたのでしょうか。そして帰国が秋だったた [続きを読む]
  • 長年の友人で、手作り友で
  • 先日、久しぶりに長年の手作り友達との時間を楽しみました。学生時代からの友人ですが、歳を重ねて全く別の生き方をしている今でも手作りが共通の関心事で、話が尽きません。ギリシャ美術史が専門だった彼女は、センスもバツグンで、今年の冬もトルコやギリシャで素材集めをしてきたという行動力も健在!お互いステキな刺激をもらえて、こんな友達がいてくれるのはきっと人生の贅沢の一つですね。 今週は娘がインフルエンザで [続きを読む]
  • アンティークのアクセサリーからリメイク
  • 春めいてくると、春らしいアクセサリーが作りたくなります。だいぶ前に母からもらってお蔵入りだった真珠層のビーズネックレスが出てきたので、解体して新しいイヤリングを作ってみました。 角ばったオーバル型なので、シンプルながら飽きのこないデザインに。元はネックレスだったので、まだたくさんあるこのビーズパーツ、他にも何を作ろうか思案中です。そういえば、ついでに白系の ブローチを作ったり、 緑色のガラ [続きを読む]
  • 春らしいアトリエコーナーを
  • すっかり春になってきました。気分転換を兼ねて、これまであちこちに分散していた手作りの道具をまとめて、小さなアトリエスペースを作りました。元々ミシン用にしていた小さなデスクをパソコン用にして、壁際に板でカウンターデスクを作成して新しいミシン&作業コーナーに。奥の縦長の小タンスは、母が結婚した際に親戚からいただいたもので、もう50年近く昔のもの。最近見ないデザインなのでインテリアとしても見栄えするのです [続きを読む]
  • メイプルの木からシロップ
  • 先の梅の木ばかりでなく、職場の研究所は緑豊かでとても恵まれた環境です。1月から3月はあちこちで大きな木の剪定が行われていましたが、駐車場脇のカエデの大も写真のように大胆にカットされていました。が、晴れた日なのに木のあちこちから水滴がポタポタ。よく見てみると、切られた幹から樹液がたくさん落ちていたのです。それを目当てにムクドリのような鳥も来ていました。これはまさにメイプルシロップ⁉?こんなに樹液が出る [続きを読む]
  • 春を告げる梅の木
  • 職場から毎日見える梅の木。まだ寒かった3月上旬にこんなに満開でした。春を一番先に伝えてくれる木です。季節の移ろいというのが日本の魅力と感じてやまないこの数年。寒さに飽きた頃に春を告げる梅の木を改めて見直してしまいました。夕焼けもきれいでした。去年もたわわに実がなって、たくさんの楽しみをくれる木でもあります。今まで梅は和風と思ってあまり庭の木としては興味がなかったのですが、こんなにステキな木だったの [続きを読む]
  • マスカラと間違えてまつ毛に、、、
  • 疲れがたまっていた先日、気分転換にいつもよりしっかりメイクをしてお出かけしようと思いたち、久々にマスカラも塗ってみました。コンタクトで目が疲れやすいこともあり、普段はめったにマスカラはしないので、手元が狂ってまぶたにもつく始末。なんだか綺麗に拭き取れなかったものの、日ごろよりはボリュームアップしたし、まあいいかと自己満足してその日を過ごしたのでした。はたと気づいたのは次の日のこと。いやーな予感がし [続きを読む]
  • 娘の表現に励まされる
  • ゆっくりとお風呂に浸かっていたら、「ママのダイアリー読んだらbeautiful !」と先にお風呂からあがっていた娘が目を輝かせて駆けつけてきて、ダイニングテーブルの上に日記帳を置きっぱなしだったことを思い出しました。実は英語の勉強に日記をつけるのが効果的だと聞いて、100均でハードカバーの日記帳を買ってきたのですが、数日前に少し書いてみただけで忘れていたのでした。娘はすぐに私の真似をしたがるので、早速自分も日記 [続きを読む]
  • 大人向けこだわりバイオリン工作教室にも参加!
  • 昨年参加して無事年末にニスまで終わったバイオリン工作教室。まだ完成の喜びも冷めやらぬところですが、今度は、体験できる工程が増えた大人向けのこだわり工作教室がスタートするとのことで、特別体験教室に参加してきました!こちらの教室では、バイオリン本体の表板を膠付けするところから体験でき、ペグを切ってドリルで穴をあけたり、コマの高さの調整、そしてなんといっても、バイオリンの聖域ともいえる魂柱を立てる作業も [続きを読む]
  • ヤンゴンの環状線を走る日本の電車の車両
  • (ミャンマーには電車はない!というブログを目撃し、「車両」になおしました)昨年、帰国する前にヤンゴンの環状線に乗ってみたときの写真が出てきました。なんと、記念に乗ってみた電車が新潟製の日本の電車の車両だったのです。記憶が薄れてしまう前にご紹介します。ヤンゴンの市街地をかこむように走るローカル線、実はミャンマー人の主人も一度も乗ったことがないというのです。車通勤の渋滞の酷さを考えると、時間帯によって [続きを読む]
  • バイオリン工作が完成!
  • 昨年参加したバイオリン工作教室。(キットバイオリン教室http://www.trymaking.com/)その後、宿題だったニス塗が完成しました!2種類のニスを合計12回塗っています。もっと塗っても良いみたいですが、色合いが気に入ったところで終わりにしました。仕上げにヤスリやオリーブ油で磨くのは加減がわからずかなり適当でしたが、最後に顎宛てや弦をつけて、なんとか形になりました。裏側はこんな感じで、遠目にはきれい(?)脇など、 [続きを読む]
  • 大変だったミャンマーからの犬の帰国
  • そういえば、我が家のワンちゃんは、家族の帰国から数ヶ月遅れての帰国となりました。血液検査後、180日経過しないと入国できないためです。採血はたしか、二回目の狂犬病予防接種の2週間後だったので、トータルで帰国の準備を始めてから8ヶ月かかったことになります。詳しくは、成田などの動物検疫所とメールでやりとりしながら進めましたが、大変だったのは血液検査と、帰国直前の書類の確認作業でした。血液検査はミャンマー国 [続きを読む]
  • バイオリン工作教室
  • もう数ヶ月前ですが、友人に誘われて、バイオリン工作教室に娘と友人親子と参加してきました。あらかじめ、サイズを伝えておくのですが、うちは娘が1/4を持っているので、次の1/2サイズで申し込み。教室には10組くらいの親子や夫婦などが参加していましたすでに板材をはりあわせて成形された白木のバイオリンに、ペグや顎あて、弦などを組み立てていくのです。最初に講義や音大生の方による弾き比べなどもあって、一通りバイオリン [続きを読む]
  • いつの間にか育児もひと段落
  • 夕方買い物に行ったスーパーで、激しく泣き叫ぶ幼児を複数目撃。シャボン玉かなんかのオモチャを手に激しく泣き続けてママにアピールする子を見ると、お母さんの毎日の大変さに胸が痛くなりました。と同時に、うちはいつの間にかその年代を卒業していたな・・・と、ふっと思いました。娘はあまりスーパーで泣き叫んだことはなかったけれど、買い物カゴに入れた会計前のヨーグルトをカートの幼児席で勝手に開けて食べていたり、ウロ [続きを読む]
  • 久しぶりに
  • 実に久しぶりのブログ更新となります!我ながら時の経つのの速さに驚いています。あっという間に飛び去った1年の間に、ミャンマーではいろいろ、いや本当にいろいろなことを経験し、主人の仕事がまた日本ベースとなり、家族で日本に帰国、今月になってようやく犬の帰国も完了し、やっと落ち着いた今日この頃です。また少しずつ、ミャンマーでの心に残るあれこれを書きながら、最近も続けている手作りの話題などを書きたいと思いま [続きを読む]
  • 高い英語力、起業家精神あふれるインターのママ達
  • 7歳の娘が通うヤンゴンの英系インターは、生徒の増加でクラスも増え、クラスメイトも半分くらい新しいメンバーで8月からの新学年がスタートしました。この勢いは、ミャンマーに流入する外国企業の勢いをそのまま反映していて、子供たちは本当に多国籍。それにしても、生徒が増えているわりに、お迎えのときに見かけるママ達が減っている・・・?と思たら、仕事を始めたママ達が多いよう。学校の送迎バス組が増えているのです。お勤 [続きを読む]
  • オリジナル裁縫セット
  • 裁縫道具を売る店も多いと聞いて、ダウンタウンのテインジーゼーに行きましたが、日曜日はちょうど祝日で、ほとんどの店が閉まっていて、ほんとに残念!それでも数件のミシン屋さんや裁縫道具屋さんが空いていたので暑い中ぶらぶらしてみました。ミシン屋さんには工業用ミシン屋や、古〜いシンガーミシンなども現役用に売ってます。日本なら骨董品ですね。そういえば、メティラーの実家にも骨董級のミシンが現役であります。この日 [続きを読む]
  • おすすめ虫除けスプレー&クリーム
  • 先月デング熱にかかった際、先生からこちらの蚊除けのほうが効果があると教えていただき、スプレーやクリームをいろいろ試してみました。実はそれまで、薬類はほぼ日本から持参したものを使っていたのです。容器に表示されている虫除け成分のDEET濃度をみると、確かに日本から持参した虫除けスプレーがDEET6%とか8%程度なのに対し、ミャンマーで売られている虫除けは、スプレーでもDEER12%が主流のようです。日本で定められた市販 [続きを読む]
  • つい買ってしまう、サクゥヨウ
  • このあいだの休日、久しぶりに家族でシュエダゴンパコダに行きました。娘の楽しみはもちろん参道の階段脇にあるおもちゃ屋さんです。実は私も、ですが。いつも探してしまうのは、お気に入りのミャンマーおもちゃ、サクゥヨウ(訳して紙製の人形?)です。張り子の動物たちは、一つ一つ表情が違っていて、ほんとにかわいいのです。お土産にもいいので、買ってもすぐにあげてしまったりして、しょっ中買い足しています。小さいほうは [続きを読む]
  • 日本人医師が毎日いるヤンゴンの病院
  • 8月以来、家族が何かと体調を崩して免疫力低めな我が家。今月の私のデング熱は極めつけでしたが、先週は娘も発熱と嘔吐。幸い、血液検査でデング熱は陰性でした。そんな我が家が何度もお世話になっているのは、インヤーレイクホテルにあるインターナショナルSOSの日本人女性医師です。外国で病気というのは不安なものですが、とりわけ子供の場合は、やっぱり日本語で、しかも優しくて元気な女性の先生に診てもらえるのは安心です。 [続きを読む]