ofumi_3 さん プロフィール

  •  
ofumi_3さん: ミニマリスト日和
ハンドル名ofumi_3 さん
ブログタイトルミニマリスト日和
ブログURLhttp://mount-hayashi.hatenablog.com/
サイト紹介文書籍発売中。夫婦でミニマリスト。「スッキリだけど落ち着く部屋」を目指しています。ほぼ日手帳/絵日記
自由文「本当に好きで、これをボロボロになるまで使いたい!」と思うものは買い替え・買い足しOKというルールを設けて断捨離中。
捨てる際に考えたことや買ってよかったものなどを、ほぼ日手帳に絵日記で綴っています。
あたたかみのあるシンプルなインテリアを目指しています。
休みの日はいつでも断捨離日和。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供215回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2015/02/17 22:58

ofumi_3 さんのブログ記事

  • わたしの好きな「夫の服」【私服の制服化・メンズ春ver】
  • わたしの好きな「夫の服」夫はわたしよりずっとおしゃれというものが好きな人だ。何事においても保守的でないし、レストランに行っても必ず毎回新しいメニューに手を出す。一度おいしいと思ったら繰り返し繰り返し同じメニューを頼むわたしとは正反対だな、といつも思う。そんな人なので、おしゃれに対してもいつも新しいものを取り入れようとしている。わたしなら一生袖を通せないであろう、不思議な切り替えが入ったシャツを [続きを読む]
  • 読書は人生の軌道を少しづつ変える。この1年の読書記録。
  • 読んでよかったなー。そう思った本の忘備録。世界中で迷子になって (小学館文庫)作者:角田光代出版社/メーカー:小学館発売日:2016/08/05メディア:文庫この商品を含むブログ (3件) を見る結婚してから4年、海外旅行にぱったり行かなくなっていた。この先もこんな風に「海外行きたいな、でもしばらくは行けないんだろうな」と思いながら過ごしていくのだと思ってた。そんな時にラジオから流れてきた言葉で、気持ちの向 [続きを読む]
  • 検索は応援になる。そして、自分の暮らしを見直す。
  • 検索は、買うは、応援になる。昨年の今日知ったことなのですが、「検索は応援になる」fukko.yahoo.co.jpYahoo!で「3.11」と検索すると、一人につき10円が復興支援のために寄付されるそうです。そして、買うことも応援になるそうです。yellmarket.yahoo.co.jpこんなに綺麗なお箸もあるんですね。プラム工芸 五角箸 一般女性用 :3361:らら・いわてYahoo!店 - 通販 - Yahoo!ショッピング気になっているのがこの手ぬぐい。やわら [続きを読む]
  • 一気に足し算すると息切れしてしまう。今月は引き算して余白をつくりたい。
  • 今月は引き算して余白をつくりたい先月あわただしく動き回った反動か、今月はゆっくりしたい。足し算してうまく回る時と、そうでない時があるのだろう。今は引き算してもう少し余白をつくらないといけない、って自分の体が言ってる気がする。自分の精神と身体のサイクル、波、そういうものを無視しては体に不調をきたすみたいだ。自分の声をちゃんと聞こうと思う。耳をすまさないと、いつも聞く気でいないと、すぐに無視して突っ [続きを読む]
  • ファブリックパネルを作って部屋の飾りをアップデート。
  • 自分が変わっていくのに合わせて、インテリアも変えてみるリビングの一角を現代の「床の間」的スペースにしたいと考えています。飾りものを少し置いて、ふとした瞬間に視界に入る場所を整えておきたいなと思います。mount-hayashi.hatenablog.com以前はミナペルホネンの手ぬぐいを額装して飾っていました。縦長のラインが少し和の雰囲気を作り出します。柄がポップなので和に寄りすぎないところが気に入っていました。instagra [続きを読む]
  • ミニマルライフは人生の加速装置だ。
  • 何かを引くことは、人生を身軽にしてくれる。ものを減らして新しい家に引っ越した時、よどんで同じ場所をぐるぐる回るうちにどろどろしていた人生が、川の水のようにスーッと流れ出した感覚があった。自分のやりたいことをやる、それは案外難しい。やりたいと口に出すことは気軽にできても、実際に動きだすことは本当に難しい。新しいことを始めるには、まずは何かを減らさないといけないのだと思う。そうでなければいつか睡眠時 [続きを読む]
  • 写ルンですで写すんです。フィルム写真たのしいな。
  • 昨年の秋〜冬は「気軽にフィルムカメラを持ち歩いて写そうキャンペーン」を一人で勝手にやっていました。コンビニでインスタントカメラ「写ルンです」を買って、コートのポッケに突っ込んで、撮りたいと思ったらパシャっと撮る。瞬発力で、何も考えず、いいなと思ったらただ撮る。自分の目で見た空気を取り込んでくれるんじゃないかなーと思って。特に公共交通機関移動の時は重宝しました。一眼レフは重たくて、ついつい身軽に [続きを読む]