ryouma さん プロフィール

  •  
ryoumaさん: 田舎暮らしと野菜栽培
ハンドル名ryouma さん
ブログタイトル田舎暮らしと野菜栽培
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/ryouma123jp
サイト紹介文田舎暮らしと素人の野菜栽培です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/02/18 12:10

ryouma さんのブログ記事

  • エンドウの状況
  • エンドウは収穫時期が短く量もとれないのですが、春に食べられる野菜として少し栽培しています。きぬさやとスナップエンドウの2品種を栽培しています。今回はエンドウを這わせるために建設用として用いられている金属ネットを利用しました。 [続きを読む]
  • 小麦の状況
  •  昨年に引き続き今年も小麦を栽培しています。今年は畑周りだ栽培しています。 小麦は購入した方が品質が良いものが大変安い価格で購入できるので、自家製のうどんとパン用に少し栽培しています。 [続きを読む]
  • 頑張りダイコン
  •  昨年の10月12日に播いた青首ダイコクが今食べごろになっています。若い成長期にあるダイコンは霜にもびくともしなくすくすくと成長して美味しいダイコンになりました。  真冬でもダイコンが成長することがわかりました。 [続きを読む]
  • タマネギの状況
  •  タマネギの状況です。今回もタマネギの品種は早生タマネギのソニックというものです。この玉ねぎは普通のタマネギよりも1月ぐらい収穫時期が早くとても美味しいタマネギです。 毎年種を取り寄せて種を播いています。今年は300個ぐらい芽がでています。化成肥料を少し追肥しました。 [続きを読む]
  • 苗代の準備
  •  早いもので今年も3月に入り、太陽の陽に力強さが感じてきました。 今年も稲作の準備として苗代を田んぼにつくりました。 苗代といっても深さ20センチ程度のプールのようなものです。このプールに水を入れて水漏れがあるかどうかをチェックします。常時水が入っている田んぼではそのような心配はないのですが、私のところの田んぼは5月にならないと水が入りません。なので、この間にお米の苗を作るには水が漏れるプールではせっ [続きを読む]
  • ジャガイモ(だんしゃく)の植え付け
  • 今年は例年よりも早いですがジャガイモ(だんしゃく)を9mの畝2列に植え付けました。 たくさん作ってもジャガイモは秋までにはしからびてしまいますしたべきれません。 12月にしっかりとしたジャガイモを食べるには夏に新たに植え付ける必要があります。 我が家では夏に少し植え付けてます。いろんな品種のジャガイモを栽培しましたが、煮崩れしなくてほくほくのダンシャクが一番のようなきがします。 ジャガイモは1個130グラ [続きを読む]
  • 夏ミカンとデコポンの収穫
  •  夏ミカンは零度以下の気温になると実が凍ってしまいスカスカになってしまうようで、今年は凍る前にデコポンと一緒に収穫しました。  デコポンはもともと九州のような暖かい地方で育つ柑橘類なのですが、関東地方も年々暖かくなったせいか、今年は50個ちかくとれました。 冬に収穫するのに「夏ミカン」というネーミングには?です。植えてから2年目の今年は実がなりすぎて枝が折れてしまいました。 凍る前に収穫したものは来年 [続きを読む]
  • 山ブドウジュース
  •  山ブドウのジュースを作りました。  今年で2年目を迎えた山ブドウは12月に入り黒く熟してきたので収穫して、実をほぐして水洗いしてから、皮ごとつぶして5日経過後に濾して瓶詰にしました。 もっと長くほっとくとブドウ酒になってしまうので早めにジュースにしました。山ブドウ独特の甘みとコクがあって美味しいブドウジュースとなりました。 山ブドウの皮には自然のワイン酵母が付いているで少しアルコール発酵しているよう [続きを読む]
  • 東京散歩
  • 日本の首都「東京」には江戸時代からの建物も数多くあり、時間があればときたまでかけて見て回っています。今回は徳川将軍家の菩提寺の「増上寺」、明治天皇の果樹や野菜の供給畑であった「新宿卸苑」、寛永4年(1627年)に創建された「富岡八幡宮」、成田山新勝寺の東京別院の「成田山深川不動堂」を一日かけて見てきました。増上寺徳川将軍家の墓入口の門、日光東照宮にある家康さんの墓の入り口にある門と同じような門でした。な [続きを読む]
  • なめことり
  •  きのことりの名人に連れられて、東北の深山になめことりに行ってきました。天然のなめこをとったのは初めての経験で感動した場面がなんどもありました。 きのこ生えている山は険しい山奥に入っていきます。気温はマイナス1度で樹氷がありました。 急な斜面の山なのでステンコロリンと転ぶこと限りなく、危険きわまりない所でした。生まれて初めて経験する命がけの「なめことり」でした。 しかし、枯れ木にびっしりと生えてい [続きを読む]
  • タマネギの植え付け
  • 9月14日に種を播き育てていたタマネギの苗が鉛筆の太さになったので植え付けました。昨年は11月6日だったので約1週間昨年より遅れての植え付けになりました。 ご近所の畑友達の話では、タマネギの苗がもうホームセンターなどでは売ってないとのことです。昨日の農協祭りでもタマネギの苗が売っていなかったので不思議だとは思っていました。 苗不足の原因はどうやら異常気象でうまく育たなかったようです。 毎年タマネギは種を [続きを読む]
  • うこんのハチミツ漬け
  • 今年も大量のうこんがとれたので、うこんのハチミツ漬けを作りました。 うこんのハチミツ漬けは風邪のひきはじめに良い、のどの痛みやせきどめにも効果があるとのことです。 レシピはとても簡単で、皮ごとうこんをスライスしてハチミツに浸けるだけです。 食べられるようになるのは半年後から1年後になるようです。コンテナ一杯とれました。皮ごとスライスします。黄色でとてもきれいです。煮沸消毒したガラス容器に入れます。 [続きを読む]
  • ひらたけ
  • 昨年の4月3日に植菌してから約1年と半年が経過して、畑の隅に藁をかぶせておいていた木からひらたけがとれています。 きのこを発生させるためには手間と時間がかかりますが、未来への貯金と考えて栽培していますが、やっときのこという利息をうけとれるようになりました。         たくさんの木に植菌をしました。発生してくる形が不思議なかんじがします。 木が太いのでできるひらたけも大きく、左のガラ携と比べると [続きを読む]
  • 日光白根山
  •  日光いろは坂、中禅寺湖、竜頭の滝、戦場ヶ原、金精峠、丸山高原、日光白根山、吹割の滝と行ってきました。 いろは坂は紅葉が見ごろでしたが、竜頭の滝、戦場ヶ原では終わって冬枯れの景色で金精峠では雪があり、群馬県側に入ると雪の世界で道路はアイスバーンでノーマルタイヤの車がスリップ事故を起こしていました。栃木県と群馬県の峠を越えると景色が突然変わるのには驚きました。 先月冬用タイヤに交換しておいてよかった [続きを読む]
  • 椎茸の芽出し
  •  素人のきのこ栽培は失敗を重ねながらもなんとか計画的にきのこを発生させることができるようになりつつあります。畑に移して発生させているひらたけは今年は雨が多かったせいかたくさんとれています。 一方我が家に作った椎茸小屋の椎茸は適度な間隔で発生させています。 椎茸を人工的に発生させるには、椎茸菌が植え付けてある木をドラム缶に溜めた水の中に一晩浸けておき、取り出す際にコンクリートのたたきに思い切り落して [続きを読む]
  • キウイジャム
  •  カチカチに硬かったキウイを籾殻と一緒にダンボールに入れていたのをどんな状態かみてみたら、なんと柔らかくなっていて食べごろになっていました。 籾殻の影響なのか熟成が進んだようです。 200個のキウイは夫婦二人ではどんなにしても食べきれません(@@ そこでネットで調べてみるとジャムにすると美味しくいただけて長期保存ができるようです。 さっそくキウイジャムを作ってみました。レシピでは、キウイ5個に砂糖100 [続きを読む]
  • 収穫
  •  キウイの葉っぱが落ちてきたので収穫しました。植えてから2年目の今年は198個のキウイがなりました。昨年は12個でしたからその増量には驚くものがあります。あまりにもたくさんのキウイがなったので、段ボールの箱にもみ殻と一緒に入れて保存しました。来年の2月ごろには食べられるようになるのかもしれません。単管パイプの棚に鈴なりになりました。下と上もみ殻をかけて保存しました。  [続きを読む]
  • ブジミノリが熟してきました。
  •  だいぶ涼しくなってきて、フジミノリが熟してきました。今年はたくさんなったのですが、ハウスが狭くなり一部うどん粉病が発生しました。消毒をしない素人のブドウ栽培はなかなか難しいことがわかりました。来年は大幅に枝を伐採して風通しをよくして病気にならないブドウ栽培をめざしたいと思います。摘果を大胆にしたので形はよいものになりました。 [続きを読む]
  • 山ブドウワイン
  •  山ブドウが熟してきたので、試しにジュースを作ってみました。660gの山ブドウをつぶして4日涼しいところに置いてから網で濾してジュースにしたのですが、ジュースが自然にブドウについている酵母により醗酵してワインになっていました。量は280ccのワインができました。初めて口にする自家製のワインは山ブドウの味がした飲みやすいワインになりました。簡単にワインが作れることがわかりました。この山ブドウから熟した実だけ [続きを読む]
  • 大内宿と塔のへつり
  •  福島県の奥会津の「大内宿」と「塔のへつり」に行ってきました。以下はウィキメデアの文章を引用しました。「大内宿は、会津城下と下野の国(日光今市)を結ぶ32里の区間の中で会津から2番目 の宿駅として1640年ごろに整備された宿場町です。 昭和56年4月18日 重要伝統的 建造物群の指定を受けることに至り、通年を通し約120万人の観光客が訪れるように なりました。」 有名なのがソバをネギの箸で食べるという [続きを読む]
  • 2年目の山ブドウ
  •  今年移植してから2年目の山ブドウが色づきはじめました。この山ブドウは植えたときの苗木は小さく高さが30センチぐらいで幹は1センチもなかったのですが、今は単管パイプの棚を埋め尽くして幹の太さは8センチぐらいになっています。  もともと山にあった野ブドウなので生長がたくましいのかもしれません。ジュースとワインにしようと思っています。たくましくなった幹こんなかんじでびっしりなっています。 [続きを読む]
  • 8/5播種のキャベツ
  • 8/5に播種したキャベツがそろそろ収穫できそうです。しかし、台風や長雨の影響で一株一株の生長がバラバラでまだまるまっていないのもあります。 冬に食べるキャベツは先月移植しましたがこちらのほうはゆっくりネットの中で生長しています。生長がバラバラです。  [続きを読む]
  • ネットをとりはずす
  •  白菜が大きくなりまるまり始めたのでネットをはずしました。このくらい大きくなると少しモンシロチウの幼虫に食べられてもびくともしないで生長します。虫に食われていても太陽光にあたり元気に無農薬で育った白菜は何にでも使用できる冬のスーパー野菜と思っています。  毎年たくさん白菜を栽培してますが、一番左側の白菜は時期をずらして種を播いたのでネットをはずすにはまだ先になります。           すこしま [続きを読む]
  • 2回目の脱穀
  • 9月30日に稲作で2回目の脱穀をしました。 秋の長雨とたび重なる台風によりはせ干しの稲が乾きにくくなっていて、さらに台風18号が来るということで約2週間干しての脱穀でした。 雨にぬれたままの籾はなんと発芽してしまうようです。 そうならないうちに足踏み式脱穀機で脱穀をしました。 今年の収量は30キロ入りの袋に5袋、150キロの収穫でした。昨年が7袋でしたから今年は2袋約60キロの減収という結果です。 ただ、今年は自 [続きを読む]