FreelyApps さん プロフィール

  •  
FreelyAppsさん: FreelyApps
ハンドル名FreelyApps さん
ブログタイトルFreelyApps
ブログURLhttp://freelyapps.blog.jp
サイト紹介文UnityでAndroidのゲームを作る個人開発の日記です。アプリの収入で生活するのが目標です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/02/18 21:37

FreelyApps さんのブログ記事

  • ジン・ラミーの説明動画をアップロード
  • ジン・ラミーを知らない人が多いでしょうから、簡単な説明動画を作成しました。これを見れば全部わかるというわけではないですが、ゲームの目的や基本的な遊び方はわかるようになっていると思います。YouTubeとニコニコ動画にアップした紹介動画を載せておきます。内容は同じですので、お好きな方をどうぞ。 [続きを読む]
  • トランプ・ジン・ラミー
  • 3/25に『トランプ・ジン・ラミー』をリリースしました。 「ジン・ラミー」というトランプゲームがあってそれが遊べるアプリです。ジン・ラミーを知っているという人は少ないと思うので軽く説明すると、世界三大トランプゲームの一つでアメリカで発祥したゲームです。日本ではあまり有名ではないですが、世界的には有名なゲームです。2人で対戦するゲームで手札の点数を相手よりも低くすることを競います。カードの数字がその [続きを読む]
  • Look rotation viewing vector is zeroというログが出続ける
  • 次のようなログが出続けるバグがUnity 5.5.1.f1 Personalで発生しました。調べてみると原因は5.5.0f3の時からあるバグのようでした。私の環境だと、以下の条件を満たすと発生するようです。シーンビューが2DモードになっているTransform ToolsがRectTransform用になっているCanvasにRectTransformのwidthかheightが0のゲームオブジェクトがあり、それに子がある上記の子のゲームオブジェクトを選択している非常にまれな条件で発生 [続きを読む]
  • UnityEngine.Typesが使えなくなりました
  • 5.5になり、UnityEngine.Typesが使えなくなりました。`UnityEngine.Types.GetType(string, string)' is obsolete: `This was an internal method which is no longer used'というエラーログが出ます。 エディター拡張(スクリプトからそれがアタッチされたゲームオブジェクトを作成する拡張)でこれをつかっていたものがあったので対応する必要がありました。 対応方法は別のメソッドを使うだけです。Unityで有名なこち [続きを読む]
  • トランプ・ミリオネア
  • 昨年末の12/20に『トランプ・ミリオネア』をリリースしました。トランプ・ミリオネアというのは大富豪の意味を持つ英単語milionaireからつけました。大富豪というトランプゲームは日本で非常に有名なゲームだと思います。大勢の人が知っていて遊んだことがある人も多いでしょう。ローカルルールが多いことでも有名です。今回トランプ・大富豪というように名付けなかったのはトランプ・ミリオネアが大富豪の変種だからです。普通は [続きを読む]
  • トランプ・ミリオネアのアップロード
  • 以前、大富豪をもとにしたゲームを作っていると書きました。本日AppStoreに提出し、審査中の段階です。さすがにこのアプリに関しては審査がスムーズに通るものと思います。おそらくは来週のはじめか早ければ明日には配信されているでしょう。Android版はiOS版が配信されたのが確認された後、配信します。トランプ・ミリオネアという名前のアプリで、ミリオネアには億万長者の意味があります。作り始めた時には大富豪の英単語と自分 [続きを読む]
  • ゆにてくのiOS版をリリース
  • 11/21にiOS版の「ゆにてく」をリリースしました。ゲームの内容としては赤い宝石を集めてゴールに行くというものです。一筆書きのゲームに近いと思います。本来は9月の末にはリリースしていた予定だったため、予約などしていただいた方にはお待たせして申し訳なく思っています。原因としてはリジェクトを受けていてその解決がうまくいかなかったためです。ユニティちゃんというキャラクターがいまして、ユニティ・テクノロジーズ・ [続きを読む]
  • トランプ・ナポレオンのiOS版をリリースと4.0へアップデート
  • 11/15に『トランプ・ナポレオン』のiOS版をリリースしました。また今回のiOS版のリリースではAndroid版も4.0へとアップデートを行っています。 (iOS版も4.0となっています。) 4.0では「よろめき」の対応が一番大きいところでしょう。ローカルルールの中で「よろめき」というのはそれなりに知名度が高いようです。オールマイティが出ているトリックでハートのQを出すと、それが必ず勝つというルールです。「よろめき」がない [続きを読む]
  • NetworkMatchの5.3から5.4での変化
  • Unity5.3から5.4になったときにNetworkMatchつまりマッチメイキングの処理の呼び出し方法が変更されました。5.3以前の処理を書いている場合は多少修正が必要になると思います。書き直すのは面倒ですが、修正されているところ(マッチングのフィルタリング)があるのでやってみる価値があります。左が5.3で右が5.4のUnityEngine.Networking.Matchのクラスの一覧です。5.3では〜Requestと〜Responseがたくさんあります。これらはマッ [続きを読む]
  • トランプ・ゲスイットのiOS版をリリース
  • 11/3に『トランプ・ゲスイット』のiOS版をリリースしました。以前作ったAndroid版の移植になります。ゲスイットというカード当てゲームのアプリです。ゲスイット自体はあまり馴染みのないトランプゲームだと思います。A〜Kまでの13枚のカードを使って、6枚ずつ自分と相手に配り残った1枚が何かを当てるものです。質問をして正解を絞っていくことと相手を混乱させる質問をすることがゲームの本質だと思います。強化学習という方法で [続きを読む]
  • 『トランプ・17ポーカー』の作成時間
  • 『トランプ・17ポーカー』を作るのにかかった時間は約21時間でした。予想していたように短い時間で作ることができたと思います。「トランプ・ポーカー 〜5カードドロー〜』を使いまわすことができたというのが最も大きな理由です。ポーカーのルールはそのままであり、使うカードを限定したものが17ポーカーです。そのため配られるカードに制限をかければゲームとして成り立つので、ここの修正はほんのわずかです。大きな修正点は4 [続きを読む]
  • FlashNumbersのiOS版をリリース
  • 10/21に『FlashNumbers』のiOS版をリリースしました。以前作ったAndroid版の移植になります。作ったアプリの中でも時間がかかってないものです。動体視力を鍛えるものを何か作ろうと思って数日で大体作ったことを覚えています。一瞬だけ表示される数字を覚えて答え合わせをするだけのゲームですが、やってみると暇つぶしにちょうど良いです。自分の動体視力と記憶力を鍛えられるので、実益もあるかと思います。偶然知ったのですが [続きを読む]
  • 大富豪を元にしたゲーム
  • たぶん日本で最も人気があるんじゃないかと思われるトランプゲームは大富豪でしょう。ストアで大富豪と検索してそれなりの数のアプリが出てきます。主流なものはいろいろなローカルルールをON・OFFできるもので40以上のルールをサポートするものもあるようです。トランプのアプリを作っていると、大富豪はいずれ作ろうという気になっていました。ただ、既に人気があるものがある中で正面から戦いを挑むのは無謀なのではないかと思 [続きを読む]
  • トランプ・17ポーカー
  • 10/6に『トランプ・17ポーカー』をリリースしました。 17ポーカーはA、K、Q、Jの各4枚にJokerを加えた17枚のトランプを使って2人で遊ぶポーカーです。17枚のカードしかないことで普通のポーカーとは大きく変わったゲームになります。17枚のカードを使うこと以外は5カードドローポーカーと同じルールです。最大5枚まで交換できますが、17枚しかないので足りないこともあります。1人目が5枚交換を行ったときは、2人目は最大2枚 [続きを読む]
  • トランプ・スピードのiOS版をリリース
  • 9/22に『トランプ・スピード』のiOS版をリリースしました。以前作ったAndroid版の移植になります。このアプリが最もダウンロードされていたアプリでiOSでも一番期待しているものです。公開から2週間ほど経ちまして、ダウンロード数を見てみるとやはり一番ダウンロードされていました。それでも500ほどなので、多くはありません。iOSの方はどうやったらダウンロードが増えるのだろうかといえば、おそらくランキングに載ることでしょ [続きを読む]
  • このバージョンをリリースが押せない
  • 10/6に「トランプ・17ポーカー」の公開ボタンを押しました。この記事を書いているときにはまだストアには上がっていない状況です。もうしばらくすればストアから配信されるでしょう。Android/iOSの同時リリースなのですが、iOSのリリースについて問題が少し起きました。トランプ・17ポーカーの審査は問題なく通ったのでアプリではなくiTunes Connectの問題です。手動で配信時期を決めるようにしていたのですが、審査が終わってあと [続きを読む]
  • バグの修正でアップデート
  • 「トランプ・ポーカー 〜5カードドロー〜」と「トランプ・アメリカンページワン」のアップデートを先日行いました。ゲームの途中にポーズ画面があるのですが、そこからゲームをやめると点数がおかしくなるバグを修正しました。バグの原因は単純で以前の点数をリセットしていないためでした。結果を表示するシーンからメニューシーンに戻るところでのみリセットをするように作っていたのでそのようになりました。メニューシーンに [続きを読む]
  • List<T>クラスでの失敗
  • Listクラスは非常に便利なクラスです。配列のように大きさが決まっていないので、要素が増えたり減ったりするものを扱うのに適しています。トランプゲームを作るときにカード一つ一つにint型のIDを割り当てています。一度に複数のカードを出すといったときにListで複数のカードを表すと扱いが簡単です。リストの分だけ処理をforeachで行えば良いからです。Listを使うときに失敗したことをメモしておきます。たまに「あれ、どうなっ [続きを読む]
  • 通信対戦をいれてもあまり遊ばれない
  • ナポレオンというトランプゲームができるアプリ『トランプ・ナポレオン』にはオンラインでの対戦機能があります。当初からあったのではなくバージョン2.0のときに入れた機能です。Unity Multiplayerが導入されオンラインマルチプレイが簡単になったということで対応をしました。Unity Multiplayerによりマッチングの対応や同期の実装が非常に簡単になりました。コードを書かなくても位置の同期をするといったことも可能ですごく便 [続きを読む]
  • 『トランプ・17ポーカー』の開発中プレイ動画
  • 開発中の『トランプ・17ポーカー』の紹介動画を作りました。今回はMacBookに付属していたiMovieという編集ソフトを使って動画を作りました。BGMが用意されていたので、入れてみました。FreelyAppsではBGMがあるのは初だと思います。(ノートだと動画作りは大変でした。)「17ポーカーとは何か?」という疑問があるでしょうから、お答えしておきます。Joker1枚と、A、K、Q、Jの各4枚のカードのみを使ったドローポーカーのことです [続きを読む]
  • 平日の開発時間の取り方
  • 私は会社員をやっているので、開発時間を長く取ることは難しいことです。平日は定時に退社したとしても18時30分程度にはなるので、そのあと開発しようとすると相当短いです。まず最も重要なことなのですが、残業をしません。 これを守らないと開発時間は全くと言っていいほどとれません。なので残業はしないものと決め、終わらなかった仕事は明日に回します。適当に仕事を終わらして、とっとと帰ることが大事です。(まあ終わらな [続きを読む]
  • 『トランプ・ポーカー 〜5カードドロー〜』の作成時間
  • 『トランプ・ポーカー 〜5カードドロー〜』を作るのにかかった時間は約50時間でした。予想していたよりもかかりましたが、まずまずの速さでの完成ができたと思います。時間がかかったのはJokerがありのときの判定を正しく行うということです。今回からiOSの方にも同時にリリースを行いました。これは意外とスムーズにいっています。Unityを使っている大きな利点というところにプラットフォームによらずに動くということがあるので [続きを読む]
  • トランプ・ポーカー 〜5カードドロー〜
  • 8/29に『トランプ・ポーカー 〜5カードドロー〜』をリリースしました。トランプゲーム「ポーカー」が遊べるアプリです。ルールは5カードドローで日本でよく遊ばれているものです。5枚配って、1回手札を交換して勝負するものです。5枚のカードで役を作って勝負するゲームで知らなくても遊ぶことは簡単です。チップを賭けるところがちょっと難しいので、賭けなしで慣れてからやってみると良いと思います。ポーカーはいろいろなルー [続きを読む]